新型 コロナ イラン。 【地球コラム】新型コロナで一段と中国寄りになるイラン:時事ドットコム

イラン 感染者再び増加傾向 経済活動制限には慎重 新型コロナ

新型 コロナ イラン

イランではことし2月下旬から感染者が急激に増え、その後、経済活動を制限する措置などがとられたことから、3月末をピークに1日当たりの新たな感染者の数は減少しました。 4月中旬からは経済活動が段階的に再開しましたが、先月に入ると感染者は再び拡大傾向に転じ、今月4日には新たな感染者が3574人とこれまでで最も多くなりました。 感染者の数は7日までに17万1789人と、トルコの感染者数を超えて中東で最も多くなりました。 こうした中、ロウハニ大統領は6日「この国の医療はよく機能している」と述べて、患者を受け入れる医療態勢は整っていると主張しました。 そのうえで「感染予防策を徹底し、ビジネスを続けなければならない。 それ以外に方法はない」と述べ、現時点で経済活動に再び制限をかけることには慎重な姿勢を示しました。 イランは対立するアメリカによる制裁の影響で、国を支える原油の輸出がほとんどできず、インフレ率も30%以上と厳しい状況が続いているだけに、さらなる経済の停滞は避けたい考えがあるとみられます。 新たな感染者が再び増加傾向にある中で、経済活動をもう1度制限すべきかどうかは、イラン国民の間でも賛否が分かれています。 金融関係の仕事をしている46歳男性は「インフレや不況が深刻なところに、新型コロナウイルスの問題が追い打ちをかけた。 感染は恐れていないので、活動を規制しないでほしい」と話し経済活動を優先すべきだという立場を示しました。 一方で、46歳の英語教師の男性は「収入を得る必要はあるが、感染者がさらに減るまでは経済を再開するのは間違いで、政府の措置は甘いと思う」と話していたほか、60歳男性は「人の命が最優先で、経済はその次だ。 絶対に再び制限すべきだと思う」と述べ、感染が拡大しているかぎりは規制は行うべきだと強調していました。

次の

イラン「新型コロナ致死率」が突出して高い事情

新型 コロナ イラン

感染者数や死者数が多いこともあって、中東における「新型コロナウイルスの感染源」とも揶揄されているイラン。 なぜここまで感染者数が多いのか(写真:ロイター/WANA NEWS AGENCY) 世界的に感染が広がる新型コロナウイルスは、中東のイランでも拡大、中国に次いで死者数をイタリアと争う展開になっている。 イランはウイルスの「培養器」とも揶揄されており、中東で広がり始めたコロナウイルスの震源地だ。 イラン当局が発表したところでは、新型コロナウイルスの感染者数は7161人と、イランの31州すべてで確認されている。 発表によると、死者数は237人に上るが、独立したメディアが存在せず、情報統制が行き届くイランの発表には重大な疑義が呈されており、実態はさらに深刻との見方が強い。 すでに数十万人が感染との見方も 感染者が拡大している背景には、アメリカのドナルド・トランプ政権による経済制裁に伴う経済悪化や、イスラム体制の専横的な政策や隠蔽体質、科学よりも宗教的な価値観を優先させる前近代的な土壌がある。 実際、国民のイスラム体制に対する不信感が高まる中、2月11日にイスラム革命記念日の行事を実施したほか、21日に行われたイラン国会選挙の投票率を優先させるなど、コロナウイルス拡大の実態を隠したり、過小評価していた可能性が取りざたされている。 イランは、イスラム革命前後に海外へ逃れた人が多いことに加え、イランの国教であるイスラム教シーア派の聖地をシーア派信徒が訪れることから、航空機を使った人々の国際的な移動が多い。 このため、イランに感染源を辿れるウイルス感染の症例が、イラン移民が多いカナダ、イランとの貿易や交流が活発なアラブ首長国連邦(UAE)、シーア派信徒が多いレバノンやオマーン、バーレーン、クウェート、イラク、アフガニスタンなどで確認されている。 アメリカの『ジ・アトランティック』誌によると、カナダの大学の研究論文がイラン起源の感染例からイラン国内の感染者の数を推定したところ、2月23日の段階で1万8300人だった。 3日ごとに発表される公式的な感染者の数は倍増しており、すでに58万6000人に上っている可能性があるという。

次の

【新型コロナ】なぜイランで感染者が急増してるのか?イラン保健相も感染!?

新型 コロナ イラン

イラン人の集団に関連するに感染した国 イランでは、がを筆頭とする諸国で流行してからもしばらくは感染例が確認されていなかったが、、首都の病院でコロナウイルス感染の疑いによる63歳女性の死亡例が報告されたことを皮切りに、次々とコロナウイルス感染の疑いによる死亡例が確認されるようになった。 当初、これらの死亡例をコロナウイルスに結び付けることを (、)(通称保健省、MOHME)は拒否していた。 同年、政府系の報道機関 (、)(IRNA)は、()のである中部ので新型コロナウイルスに感染した高齢者2人が死亡したことを保健省当局者の話として報じ、これがにおいて初となるコロナウイルス感染による死亡例となった (但し、中東初の感染例はイランではなく )。 、あくまでも主要な感染地はゴム州であるとしつつも、ゴム州で7人、テヘランで4人、で2人のコロナウイルス感染例が確認されたことを保健省当局が公表して、テヘランにも感染者が出た事実を認めた。 イラン国内での感染拡大により、以降、イランから出国した人は諸国や・で感染が確認される事態が多数発生した。 2月20日、ゴム州で2人、ので1人の感染が確認された。 2月21日、ゴム州で7人、で4人、で2人の感染が確認され、うちで2人が死亡。 2月22日、ゴム州で8人、テヘラン州で2人の感染が確認された。 また、マルキャズィー州で1人が死亡。 同日、はイランとのを閉鎖し、イラク人以外はイランからイラクへ出国できなくなった。 2月23日、ゴム州で7人、テヘラン州で4人、ギーラーン州で2人、マルキャズィー州で1人、で1人の感染が確認された。 また、ゴム州で2人、マーザンダラーン州の (、)で1人が死亡。 これによりイラン国内でゴム、マルキャズィー、ギーラーン、、、、、マーザンダラーン、、、、、、テヘランなどの14州では教育機関が閉鎖された。 また、感染の中心地であるへの訪問自粛も (、)(サイード・ナマキ)保健医療教育大臣が呼びかけた。 同日、周辺の、、、はイランとの国境を閉鎖。 2月24日、ゴム州で8人、テヘラン州で3人、マルキャズィー州・・ギーラーン州でそれぞれ2人、ハマダーン州で1人の感染が確認された。 また、4人の死亡が確認された。 ただし、ゴム州選出のは州内の死者数が既に50人に達したと言ったこともあるが、 (、)保健副大臣によって否定された。 2月25日、ゴム州で16人、テヘラン州で8人、アルボルズ州、ギーラーン州、マーザンダラーン州でそれぞれ2人、、、でそれぞれ1人の感染が確認され、その中にハリールチー保健副大臣も含まれる。 また、マルキャズィー州で高齢女性2人を含む3人(うち1人は (、)在住)、アルボルズ州で1人が死亡した。 2月26日、ゴム州で15人、ギーラーン州で9人、テヘラン州で4人、で3人、、、ファールス州でそれぞれ2人、マルキャズィー州、ケルマーンシャー州、アルダビール州、マーザンダラーン州、、ホルモズガーン州、セムナーン州でそれぞれ1人の感染が確認された。 また、同日に4人が死亡した。 2月27日、 (、)、 (、)国会国家安全保障外交委員会委員長、 (、)議員を含む106人の感染が確認された。 また、元の (、)、女性選手の ()を含む7人の死亡も確認された。 2月28日、新たに143人の感染と8人の死亡が確認された。 2月29日、女性国会議員の ()を含む105人の感染が確認された。 また、9人の死亡も確認された。 2020年3月 [ ] 3月1日、元内政部長、法務部長の (、)を含む385人の感染が確認された。 また、11人の死亡も確認された。 3月2日、新たに523人の感染と12人の死亡が確認された。 同日、のメンバーであるの (、)が死亡。 3月3日、サービスのトップであるを含む835人の感染が確認された。 また、11人の死亡も確認された。 3月4日、産業貿易大臣のを含む586人の感染が確認された。 また、15人の死亡も確認された。 同日、イラン治安当局はゴム市内でのを撮影した男を逮捕した。 3月5日、公益判別会議のメンバーである政治家のを含む593人の感染が確認された。 また、元外交官のを含む15人の死亡も確認された。 3月6日、新たに1234人の感染と17人の死亡が確認された。 3月7日、新たに1076人の感染が確認された。 また、テヘラン選出の女性国会議員のを含む21人の死亡が確認された。 3月8日、新たに743人の感染と49人の死亡が確認された。 3月9日、イラン緊急対応機関のトップであるを含む595人の感染が確認された。 また、元国会議員、元国家福祉組織のトップであるを含む43人の死亡が確認された。 3月10日、新たに881人の感染と54人の死亡が確認された。 3月11日、副大統領の、文化大臣のを含む958人の感染が確認された。 同日、63人の死亡も確認された。 3月12日、元外相のを含む1075人の感染が確認された。 同日、75人の死亡も確認された。 3月13日、新たに1289人の感染が確認された。 また、のであるを含む85人の死亡が確認された。 3月14日、女性医師、専門家のを含む1365人の感染が確認された。 また、97人の死亡も確認された。 3月15日、の議員で大のを含む1209人の感染が確認された。 また、113人の死亡も確認された。 3月16日、新たに1053人の感染が確認された。 また、大アーヤトッラーとのを含む129人の死亡も確認された。 3月17日、新たに1178人の感染と135人の死亡が確認された。 3月18日、新たに1192人の感染と147人の死亡が確認された。 3月19日、新たに1046人の感染が確認された。 また、選出の元国会議員を含む149人の死亡も確認された。 3月20日、新たに1237人の感染と149人の死亡が確認された。 3月21日、新たに966人の感染と123人の死亡が確認された。 3月22日、新たに1028人の感染と129人の死亡が確認された。 3月23日、新たに1411人の感染と127人の死亡が確認された。 3月24日、新たに1762人の感染と123人の死亡が確認された。 3月25日、新たに2206人の感染と143人の死亡が確認された。 3月26日、新たに2389人の感染と157人の死亡が確認された。 3月27日、新たに2926人の感染と144人の死亡が確認された。 3月28日、新たに3076人の感染と139人の死亡が確認された。 3月29日、新たに2901人の感染と123人の死亡が確認された。 3月30日、新たに3186人の感染と117人の死亡が確認された。 2020年4月 [ ] 4月30日のイラン保健省の発表では、これまでの感染者が94640人、死者数が6028人にのぼる一方、回復したのは75103人となっている。 2020年5月 [ ] 5月16日に発表された新型コロナウイルスによる過去1日の死者数は35人で、過去70日間の1日あたりの死者数としては最少となった。 イラン政府の対応 [ ]• イランは2020年3月22日以降、各州の内訳を発表しなくなった。 出典 [ ]• Tasnim News Agency. 2020年5月16日. 2020年5月17日閲覧。 News, B. 2020年2月18日. BNO News. 2020年2月21日閲覧。 ペルシア語. 2020年2月19日. 2020年2月21日閲覧。 www. com. 2020年2月21日閲覧。 ペルシア語. 2020年2月16日. 2020年2月21日閲覧。 2020年2月21日閲覧。 2020年2月21日閲覧。 Canada, P. 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 ペルシア語. 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 2020年2月21日閲覧。 sputniknews. com. 2020年2月21日閲覧。 (英語)• (英語)• CBC 2020年2月20日. 2020年2月21日閲覧。 The Jerusalem Post JPost. com 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 Wam 2020年2月22日. Khaleej Times. 2020年2月22日閲覧。 Asharq AL-awsat 24 February, 2020. 2020年2月24日閲覧。 Reuters. 2020年2月24日. 2020年2月24日閲覧。 Foundation, Thomson Reuters 2020年2月24日. news. trust. org. 2020年2月24日閲覧。 www. bjd. com. cn 2020年2月26日. 2020年2月26日閲覧。 IRNA English 2020年3月22日. 2020年3月31日閲覧。 Press, The Associated 2020年2月19日. The New York Times. 2020年2月19日閲覧。 Reuters. 2020年2月20日. 2020年2月20日閲覧。 Post, The Jakarta 2020年2月21日. The Jakarta Post. 2020年2月21日閲覧。 Inc, Reuters 2020年2月21日. www. thechronicleherald. 2020年2月25日閲覧。 Reuters. 2020年2月22日. 2020年2月22日閲覧。 Reuters. 2020年2月22日. 2020年2月23日閲覧。 Reuters. 2020年2月24日. 2020年2月24日閲覧。 Time 2020年2月23日. 2020年2月25日閲覧。 Foundation, Thomson Reuters 2020年2月23日. news. trust. org. 2020年2月23日閲覧。 Asharq AL-awsat 2020年2月23日. 2020年2月23日閲覧。 www. aljazeera. com 2020年2月23日. 2020年2月24日閲覧。 Reuters. 2020年2月24日. 2020年2月25日閲覧。 AP NEWS 2020年2月24日. 2020年2月24日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年2月24日. 2020年2月25日閲覧。 www. aljazeera. com 2020年2月24日. 2020年2月25日閲覧。 Grothaus, Michael 2020年2月25日. Fast Company. 2020年2月25日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年2月25日. 2020年2月25日閲覧。 France 24 2020年2月25日. 2020年2月25日閲覧。 News 2020年2月25日. 2020年2月26日閲覧。 Reuters. 2020年2月26日. 2020年2月26日閲覧。 2020年2月26日閲覧。 The Independent 2020年2月27日. 2020年2月27日閲覧。 www. com. tr 2020年2月27日. 2020年2月28日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年2月27日. 2020年2月27日閲覧。 2020年2月27日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年2月27日. 2020年2月27日閲覧。 2020年2月28日閲覧。 2020年2月28日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年2月29日. 2020年3月4日閲覧。 2020年2月29日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月1日. 2020年3月4日閲覧。 2020年3月1日閲覧。 2020年3月2日閲覧。 2020年3月2日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月11日. 2020年3月12日閲覧。 2020年3月3日閲覧。 2020年3月6日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月4日. 2020年3月5日閲覧。 2020年3月4日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月4日. 2020年3月4日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月3日. 2020年3月5日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月5日. 2020年3月9日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月5日. 2020年3月5日閲覧。 2020年3月7日閲覧。 2020年3月7日閲覧。 Staff, IFP Editorial 2020年3月7日. Iran Front Page. 2020年3月7日閲覧。 behdasht. gov. 2020年3月9日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月9日. 2020年3月11日閲覧。 behdasht. gov. 2020年3月10日閲覧。 Tehran Times 2020年3月9日. 2020年3月9日閲覧。 behdasht. gov. 2020年3月11日閲覧。 Hana, Rim 2020年3月11日. Tunisia - News in Tunisia and the world. 2020年3月11日閲覧。 www. aljazeera. com 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 behdasht. gov. 2020年3月12日閲覧。 Reuters. 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 behdasht. gov. 2020年3月13日閲覧。 IRNA English 2020年3月13日. 2020年3月17日閲覧。 Al Arabiya English. 2020年3月17日. 2020年3月13日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月14日. 2020年3月17日閲覧。 IRNA English 2020年3月14日. 2020年3月17日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月15日. 2020年3月17日閲覧。 IRNA English 2020年3月15日. 2020年3月17日閲覧。 IRNA English 2020年3月16日. 2020年3月17日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月16日. 2020年3月17日閲覧。 www. asriran. com 2020年3月16日. 2020年3月17日閲覧。 IRNA English 2020年3月17日. 2020年3月18日閲覧。 IRNA English 2020年3月18日. 2020年3月19日閲覧。 IRNA English 2020年3月19日. 2020年3月19日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月20日. 2020年3月31日閲覧。 editor, Patrick Wintour Diplomatic 2020年3月20日. The Guardian. 2020年3月31日閲覧。 IRNA English 2020年3月21日. 2020年3月31日閲覧。 IRNA English 2020年3月22日. 2020年3月31日閲覧。 2374 2020年3月23日. IRNA English. 2020年3月31日閲覧。 1842 2020年3月24日. IRNA English. 2020年3月31日閲覧。 1842 2020年3月25日. IRNA English. 2020年3月31日閲覧。 2374 2020年3月26日. IRNA English. 2020年3月31日閲覧。 2374 2020年3月27日. IRNA English. 2020年3月31日閲覧。 956 2020年3月28日. IRNA English. 2020年3月31日閲覧。 2374 2020年3月29日. IRNA English. 2020年3月31日閲覧。 956 2020年3月30日. IRNA English. 2020年3月31日閲覧。 Tasnim News Agency. 2020年4月30日. 2020年4月30日閲覧。 english. alarabiya. net 2020年3月17日. 2020年3月19日閲覧。 2053 2020年3月19日. IRNA English. 2020年3月19日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (SARS-CoV-2) - のウイルスについて解説。 (COVID-19) - 感染症について解説。 (SARS)• (MERS)• 外部リンク [ ]•

次の