千と千尋の神隠し 湯屋 従業員。 【千と千尋の神隠し】ハクが冷たい?態度が二重人格の理由はエレベーター内が原因?

千と千尋の神隠しの服装について千尋や湯屋のリンが着ているのは何ですか?袴で...

千と千尋の神隠し 湯屋 従業員

\『千と千尋の神隠し』見るならここ/ サービス名 配信状況 無料期間 レンタル 30日無料 アニメ映画「千と千尋の神隠し」は2001年7月に日本で映画公開され、現在も 世界中で愛され続けています。 あまりにも有名すぎる作品ですが、紹介せずにはいられないアニメなのです。 「千と千尋の神隠し」はスタジオジブリ作品の中で記録としても残っており、 日本で公開された邦画・洋画の興行収入ランキングでは2020年5月現在でも1位であり、他にも数々の賞を受賞しました。 今回は アニメ映画「千と千尋の神隠し」の無料動画をフル視聴する方法やDVDレンタル、あらすじや登場人物・声優キャスト、監督スタッフ、主題歌などをご紹介します! 何も考えずにとにかく今すぐ安心安全高画質無料で「千と千尋の神隠し」を見たい!という方は 以下の手順で視聴してみてください。 「千と千尋の神隠し」のフル動画を無料視聴する方法とDVDレンタル 『千と千尋の神隠し』スタジオジブリの長編アニメ映画。 監督は宮崎駿。 2001年7月日本公開。 ベルリン国際映画祭にて、アニメとして史上初の金熊賞を受賞。 ただ現時点で どの動画配信サービスでも配信はされていません。 ネットフリックスでも配信されていません。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 「千と千尋の神隠し」のあらすじ・作品概要 『 ア…………ア………… 』 放送まであと2時間 — アンク@金曜ロードSHOW! ありえない場所があった。 ありえないことが起こった。 10歳の少女千尋の迷い込んだのは人間が入ってはいけない世界。 驚きと不思議の町で千尋が知るのは大きな無力感と……小さな希望。 働かせてくださいっ。 引用: 構想にあたり感化された作品に 柏葉幸子さん作・竹川功三郎さん挿絵の「霧のむこうのふしぎな町」という児童向け小説が挙げられているアニメ映画です。 現代っ子の千尋が違う世界へと入り込みそこでの生活をスタートさせる中で、 時に助けられ、時に勇気を出して行動し、成長していく物語です。 八百万神や魔女などが暮らす世界は、登場人物も皆個性的で愛着すら湧くような可愛らしいものから悍ましく感じてしまうものまで実に幅広く取り揃っています。 年齢関係なく思わず引き込まれてしまうこの不思議な世界は、何度も足を踏み入れたくなるような感覚があり、また見たくなる作品です。 2020年に再び特別編として放送している2005年のドラマ 「野ブタ。 をプロデュース」では 蒼井かすみ役を、アニメ映画 「コクリコ坂から」では 広小路幸子の声を担当しています。 ハクの声を担当している 入野自由さんは1988年2月19日生まれの東京都出身で、事務所はジャンクションに所属している声優や俳優、歌手として幅広く活動しています。 アニメや映画にもなった 「おそ松さん」の 松野トド松や 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」のじんたんこと 宿海仁太の声を担当しています。 千尋が見知らぬ土地で 働くという事を学び、いろいろな人と交流していく内に多くの事を経験し成長していきます。 おどおどしたところもありましたが、しっかりとした度胸も持ち合わせており コミュニケーション能力が徐々に備わっていきます。 千と千尋の神隠し放送中! " 彼が千だと思ってた。 — smakko📎 MakkiKotaron 多くが謎に包まれた存在で、異世界に来て不安になっている 千にも優しく助言したり困っている時には手を差し伸べてくれる頼もしい存在です。 なぜか 幼いころから千の事を知っていたとのことで、見た目は12歳ほどですがとても冷静な判断のできる大人びたキャラクターです。 悪行もやってのけるような性格で従業員にもキツくあたりますが、それだけではない何かも持ち合わせており 経営者としては頼もしい存在です。 銭婆というそっくりな双子の姉がいますが、なぜか相性は悪く共によくは思っていないようです。 坊:神木隆之介 坊「千を泣かしたら バーバ、キライになっちゃうからね」千と千尋の神隠し放送中!! — アンク@金曜ロードSHOW! 湯婆婆に溺愛されすぎて甘やかされて育てられたため、 わがままな性格で怒ると手が付けられなくなります。 けっこうしゃべりますし、表情も豊かな男の子です。 カオナシ:中村彰男 …自分というものを持たず、出会うもの、人によって変化するのがカオナシという存在なのです。 千と千尋の神隠し放送中! — アンク@金曜ロードSHOW! 「あ…」や「え…」などの言葉を発しますがその声もか細く、それ以外話すことはありません。 実はカオナシはこんなに目立つ存在でなく、ただの周りにいる一部だったのですが 物語が作られる中で注目される存在へと変化し、より描かれる事になったそうです。 「千と千尋の神隠し」の監督スタッフ・制作会社 【千と千尋の神隠し 名言】 「一度あったことは忘れないもんさ。 日本アニメをずっと引っ張ている存在で、 1978年に放送されていたアニメ「未来少年コナン」が2020年5月からデジタルリマスター版として放送されるなど今もなおその名を轟かせています。 プロデューサーである 鈴木敏夫さんは他のジブリ作品のプロデューサーとしても活躍し、 「もののけ姫」や 「ハウルの動く城」「ゲド戦記」ほか多くの作品に携わっています。 「千と千尋の神隠し」の主題歌・挿入歌・予告映像 千の来てしまった知らない世界で起こる出来事を凝縮させた予告で、なんだかわくわくしてしまうような、そんな気分にもさせられます。 トトロにも出ていたススワタリも可愛く登場し、 他のジブリ作品を見ていた人にも心ときめくような演出があることが分かります。 まとめ 神様がお湯屋に疲れを癒しに来るという設定は、長野県南部の遠山郷などで毎年12月に行われる「霜月祭」が発想のヒントになっています。 監督はこの祭りについて「日本中の神様を呼び出してお風呂に入れて元気にするっていう非常に面白いお祭りがあるんです。 」と語っています。 そういった デザインの観点からも興味を持って見ることの出来るアニメ映画「千と千尋の神隠し」はこれからも何度でも、そして後世に語り継いでいきたい日本のアニメです。

次の

【千と千尋の神隠しの都市伝説】油屋は風俗!?湯女の正体が明らかに | シネパラ

千と千尋の神隠し 湯屋 従業員

「 千と千尋の神隠し」の作品について 「もののけ姫」の公開から4年後。 「千と千尋の神隠し」は、2001年(平成13年)7月20日に公開されると、瞬く間に全国的大ヒットを記録した長編アニメーション映画です。 観客動員数2,350万人、 興行収入304億円という驚異的な数字をたたき出し、現在も 国内における興行収入歴代1位の座は破られていません。 2002年(平成14年)の第52回ベルリン国際映画祭では、 金熊賞を受賞し、2003年(平成15年)には、第75回アカデミー賞の長編アニメ映画賞で オスカーを手にするなど、数多くの輝かしい記録を保持しています。 日本アニメの魅力を世界に知らしめた、普遍的名作です。 作品の魅力 物語の舞台となるのは、八百万の神々が日々の疲れを癒しに訪れる不思議な町。 その中に位置し、千尋が働くことになる湯屋「 油屋」は、数あるジブリ作品の中でも、かなり特長的な佇まいをしています。 しかしながら、どこか昔懐かしい雰囲気を漂わせ、奇妙な既視感と共に、視聴者をファンタジーの世界へ引き込みます。 冒頭の無気力な表情から、りりしく大人びた表情へ変化していく 千尋や、白い竜に変身する白面の少年・ ハク、湯屋「油屋(あぶらや)」を経営する強欲な魔女・ 湯婆婆(ゆばーば)、飲み込んだ相手の声を借りなければ、他者とコミュニケーションが取れない カオナシといった、個性豊かなキャラクターたちも魅力的。 その他にも、超豪華な声優陣や、一度聴いたら忘れられない劇中歌など、まだまだ魅力が満載です。 あらすじ 10歳の少女、荻野千尋は、どこにでもいるごく普通の現代っ子。 引越先へ向かう途中、彼女とその両親は、森の中のトンネルを抜けた先にある、無人の町へ迷い込んでしまいます。 しかしこの場所は、 八百万の神々が疲れを癒す湯治場であり、人間が立ち入ってはならない世界だったのです。 そこで出会った 美しい少年・ハクから、すぐにもとの世界へ戻るよう言われた千尋。 しかし、町の食べ物を無断で食べた両親は、罰として豚の姿に変えられてしまいました。 父と母を救うためには、神々が集う湯屋「 油屋(あぶらや)」で働く必要があると助言するハク。 それを聞いた千尋は、強欲な魔女・湯婆婆(ゆばーば)に、「油屋」で働かせてもらえるよう頼み込みます。 名前を奪われ、「千」と名付けられた千尋は、下働きをしながら数々の困難に立ち向かい、内なるたくましさや生きる力を発見していくのです。 物語を彩る キャラクターと声優を紹介 前述の通り、同作には個性的な登場人物が数多く登場します。 ここでは、主要キャラクターと、その声を演じた声優・俳優をご紹介しましょう。 荻野千尋/千 本作の主人公であり、小学4年生(10歳)の平凡な少女。 ひとりっ子として過保護に育てられたせいか、自分の思う通りにならないと機嫌を損ねてしまう、 わがままなところがあります。 こげ茶色のポニーテールや、 か細い手足が特長的です。 湯婆婆と契約を交わしてからは、「 千」と名乗ることを強いられ、湯女(ゆな)として働くことになります。 はじめのうちは手際良く仕事をこなせない彼女ですが、ドジを踏みながらもこの世界へ少しずつ順応。 持ち前の適応力や、たくましさ発揮していきます。 すねたり、泣いたり、笑ったり成長と共にりりしく変化していく表情は、 見どころのひとつです。 オーディションを通じて、千尋役の声優として抜擢されたのは、女優として活躍中の 柊瑠美(ひいらぎるみ)さん。 NHKの連続テレビ小説「すずらん」で、母親に捨てられたヒロインの子ども時代を好演し、お茶の間の人気を集めました。 本作で初の声優を務めたあと、2008年(平成20年)に「 崖の上のポニョ」、2011年(平成23年)には「 コクリコ坂から」等のジブリ作品にも出演しています。 ハク 不思議な町に迷い込んだ千尋を助け、励ます白面の少年。 心優しい性格の持ち主です。 が、 仕事中は冷淡な態度を見せることもあります。 外見年齢は12歳程の設定で、番頭として「油屋」の帳場を預かり、湯婆婆に仕えながら魔法を学んでいますが、 本当の名前を奪われていました。 しかし、千と触れ合う中で自分自身の正体を思い出し、その正体は「 ニギハヤミコハクヌシ」という 川の神。 以前から千尋を知っているのは、 現実の世界で溺れかけた彼女を過去に助けたことが理由でした。 オーディションでハクの声優として選ばれたのは、当時13歳だった 入野自由(いりのみゆ)さん。 声優業の傍ら、俳優や歌手としても活躍しています。 本作の収録時、ちょうど声変わりの最中だったという話は、ファンの間でも有名です。 千尋の両親 父親は、建設会社に勤める38歳のサラリーマンで、無鉄砲な性格の持ち主。 道を確認しないまま車を運転し、不思議な町へ迷い込んでしまいます。 母親は、現実的で気が強く、夫とも対等に付き合う35歳の女性という設定です。 神々の料理を無断で食べた罰として、両親とも豚の姿に変えられてしまいます。 父親の声を担当したのは、1980年(昭和55年)に「ヒポクラテスたち」でデビューした俳優、 内藤剛志(ないとうたかし)さん。 母親は、NHKの連続テレビ小説「澪つくし」で人気を集めた女優、 沢口靖子(さわぐちやすこ)さんが演じています。 湯婆婆 湯屋を取り仕切る、 正体不明の魔女。 大柄で頭も大きく、強力な魔力と強欲を持って「油屋」を切り盛りし、従業員をアゴでこきつかう厳しさはあります。 しかし、高名な川の神の穢れを清めた千尋を褒めるなど、仕事をしっかり評価する目を持っており、 経営者としての度量や手腕は抜群です。 一方、 息子の坊を溺愛しており、ひたすらに甘やかす一面もあります。 「油屋」で働く従業員の労働協約を変えて奴隷とするために、ハクを魔法で操って姉の銭婆(ぜにーば)から契約印を盗ませました。 銭婆 声から髪形、服装まで、湯婆婆と瓜二つな双子の姉で、妹の湯婆婆と確執があり、疎遠な関係です。 強力な魔力を持ち、カンテラなどの無機物を魔法で使役しながら 「沼の底」という場所で穏やかに暮らしています。 湯婆婆とは対照的に、 物分かりが良く心優しい性格の持ち主。 ハクの代理で謝罪に訪れた千尋を家に迎え入れ、 手製の髪留めを贈って励まします。 貫禄たっぷりな湯婆婆、そしてその姉の銭婆の声は、1973年(昭和48年)に「絹の靴下」で歌手デビューした、 夏木マリさんがひとり二役で演じました。 歌手活動を中心に、女優としてミュージカルなどの舞台に立つ他、「鬼龍院花子の生涯」や「里見八犬伝」といった映画作品にも、数多く出演しています。 リン 湯屋で働く娘で、 外見年齢は14歳。 荒っぽい口調ですが、 サッパリした性格で、先輩として千尋に仕事を教える姉御肌なキャラクターとして描かれています。 いつか湯屋を出て、海の向こうの街へ行くことが夢で、 イモリの黒焼きが好物です。 リンの声優として役を担当されたのは、脚本家や女優、ミュージシャンとしても活躍する 玉井夕海(たまいゆみ)さん。 東京芸術大学在学中、宮﨑駿主催のアニメーション演出講座「東小金井村塾2」を受講したことが抜擢のきっかけでした。 窯爺 窯爺(かまじい)は、「油屋」の ボイラー室を取り仕切る老人。 伸縮する6本の腕を自在に操り、薬湯を調合する仕事をしています。 千尋が突然訪ねた際は、厳しい態度を取りましたが、すぐに彼女をサポートして、湯婆婆のところへ連れて行くようリンに頼むなど、 優しい一面を見せることも多いキャラクターです。 ススから生まれた黒いお化けの「 ススワタリ」に、石炭運びや釜炊きを手伝わせています。 窯爺の声優として演じたのは、2014年(平成26年)に惜しくも肝不全で亡くなった 菅原文太(すがわらぶんた)さん。 1958年(昭和33年)、「白線秘密基地」で映画デビューを果たし、新東宝、松竹時代に二枚目の脇役を演じたあと、東映に移籍しました。 主な出演作は、深作欣二監督の「仁義なき戦い」シリーズです。 坊/ネズミ 坊は、わがままで甘えん坊な湯婆婆の息子です。 赤い腹掛けがトレードマークの巨大な赤ん坊であり、銭婆に「太りすぎ」と評されています。 外に出ることを異常なまでに恐れていましたが、 魔法でネズミの姿に変えられたあとは千尋に同行。 銭婆の家まで旅をする中で精神的に成長し、自分の力で歩き始めます。 坊/ネズミ役に抜擢された 神木隆之介(かみきりゅうのすけ)さんは、当時小学校低学年の8歳でした。 現在も、俳優や声優として「ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章」「サマーウォーズ」「君の名は。 」他、数多くの作品に出演されています。 「ハウルの動く城」のマルクル役や、「借りぐらしのアリエッティ」の翔役を務めたことも、ジブリファンの間では有名です。 カオナシ 千尋と同じく、 「油屋」のある世界とは別の場所からやってきた謎の男。 半透明の黒い影に、お面を付けたような姿をしています。 「己」を持たず、飲み込んだ相手の声を借りないとコミュニケーションが取れない悲しい存在です。 「油屋」入り口前の橋で千尋とすれ違ったときから、なぜか千尋を求めるようになります。 砂金を餌にして従業員を丸め込み、大量に作らせた料理で巨大化。 砂金を受け取るよう千尋に迫り、それを断られると逆上して暴れますが、飲み込んだ人々を吐き出してもとの姿に戻ったあとは、千尋に同行し、銭婆の家を訪れ、この場所に留まることになります。 「 あ……」「 え……」といった、か細い声をしぼり出すカオナシ。 声優として役を演じたのは、文学座という劇団に所属する 中村彰男(なかむらあきお)さんです。 シェークスピアの舞台劇他、様々な舞台への出演に加え、「交響詩篇エウレカセブン」のマシュー役や、「精霊の守り人」のジュロ役などのアニメで声優を務めた経歴を持ち、 ジブリ作品では、「もののけ姫」にも出演しました。 番台を預かる「 番台蛙」や、カオナシに食べられる「 青蛙」、千尋の世話で白蛇の体を取り戻す「 川の神」、おびえる千尋をさりげなく匿い、エレベーターで最上階に送る「 おしらさま」等、作中に登場する「油屋」の従業員と八百万の神々も、ユニークなキャラクターばかりです。 彼らの造形や仕草にも、ぜひ注目してみましょう。 「 油屋」の構造について 断崖絶壁の海岸に面する孤島に築かれた「油屋」は、 八百万の神々が疲れを癒しに訪れる湯治場。 ボイラーやエレベーター他、近代的な設備が備わっており、極彩色の和風建築のようでありながら、土台部分はコンクリート状という、奇妙な外観が特長的です。 最下層部には窯爺が預かる ボイラー室があり、湯量の調節や生薬の配合を担っています。 崖側には 従業員用の宿舎が用意されており、神々が出入りする正面側からは見えない構造。 男衆と女衆で分けられた居住スペースに、湯婆婆とハク、窯爺を除く従業員が寝泊まりしています。 1階のほぼ全面は浴場が占めており、 蓬(よもぎ)湯や 菖蒲(しょうぶ)湯など、効能が異なる薬湯の小浴場を配置。 また、建物内には大きな吹き抜けがあり、それを取り囲むように宴会場や客室、台所などがあり、 最上階に位置する湯婆婆の御殿は、洋風建築様式です。 従業員宿舎の真上にありますが、 連絡用通路はありません。 湯婆婆が溺愛する坊の部屋もこの場所に用意されています。 不思議な町には何がある? 千尋と両親が最初に迷い込んだ場所は、 古びた駅舎のような内観の時計塔でした。 廃墟が点々とするなだらかな草原の小川を渡った先には、 派手な配色の飲食店が並ぶ大通りがあります。 千尋の両親が豚にされたのは、屋台風カウンター付きの店です。 大通りを抜けた先には、 町のランドマーク的な大灯篭が鎮座。 湯屋へ続く大きな橋の下は切り立った崖になっており、 谷底には海原電鉄が走っています。 窯爺の話で「 過去には帰りの電車があった」ということが分かりましたが、 千が訪れた時代には、単線の一方通行になっていました。 千尋たちが降車する 「沼の底」駅に加え、他の乗客が降りる 「沼原」駅なども、作中に登場しています。 モデルになった場所は? 「油屋」に登場する広間には、天井から襖(ふすま)まで、過剰な装飾が施されています。 こうしたデザインの原点、そのひとつに挙げられるのが「 目黒雅叙園」です。 この昭和の大建築は、起業家の 細川力蔵(ほそかわりきぞう)さんが1931年(昭和6年)に創設。 東京都の有形文化財に指定されている「 百段階段」には、過去に晴れやかな宴が行なわれた7つの広間があり、そのうちのひとつ「 魚樵の間(ぎょしょうのま)」は、純金箔や純金泥で仕上げられ、色彩木彫と日本画に囲まれた内装です。 また、街の雰囲気や建築物の造形は、小金井公園内にある「 江戸東京たてもの園」がモデルになっている部分があります。 こちらは、 東京都江戸東京博物館の分館で、明治、大正時代のレトロな民家や商店などを移築・復元した施設。 昭和30年代、東京都内を走っていた都電は 海原鉄道、文具店「 武居三省堂」の内壁一面に取り付けられた引出しは、窯爺の仕事場・ボイラー室を彷彿させます。 建物の全面を銅板やモルタルで装飾した「看板建築様式」の建物は、大通りに面する飲食店に近しい雰囲気です。 こうした日本的な風景をファンタジーに転化することで、 不思議でノスタルジックな世界観が生まれました。 興味のある方は、モデルになった場所にぜひ足を運んでみましょう。 映像を豊かに彩る 音楽 音楽を担当したのは、数多くのジブリ作品に参加してきた 久石譲(ひさいしじょう)さん。 宮﨑監督が様々な要素を織り交ぜて世界観を広げるように、久石さんも、 バリ島や沖縄、中近東、アフリカなど、世界中の楽器を曲の中に取り入れました。 こうしたエスニックな音と、フルオーケストラと大胆に融合することで、世界観の広がりを表現していますが、 そうしたにぎやかな曲は、千尋の気持ちを表す静かな曲を引き立たせる役割もあります。 主題歌誕生の経緯 エンディングを彩る「 いつも何度でも」の作曲・歌を担当したのは、 木村弓(きむらゆみ)さん。 あるとき観賞した「もののけ姫」に感動した木村さんは、 宮﨑監督が描く作品のキャラクターに歌で花を添えたいという思いから、CDを同封した手紙を送りました。 監督からの返事には、企画している「煙突書きのリン」という作品のあらすじが同封されており、 これをきっかけに交流が生まれたのです。 それからしばらくして、木村さんの頭に「どこからか手渡されたプレゼント」のように、メロディーと冒頭の歌詞が浮かびました。 それを形にすべく、友人の作詞家、 覚和香子(かくわかこ)さんに作詞を依頼。 「 呼んでいる 胸のどこか奥で いつも心躍る 夢をみたい」というフレーズとメロディーを共有された覚さんは、それに情景をつなげるような形で、詩を書いたのです。 残念ながら、「煙突書きのリン」の企画は中止になってしまいましたが、完成した曲を聴いた監督は、これを本作の主題歌に採用。 「この曲がきっかけになって『千と千尋の神隠し』を作ったのかもしれない」と、彼は語っています。 小ネタ・雑学をまとめて紹介 本作の主要キャラクターのモデルが存在することや、 企画段階で影響を受けた作品があります。 ここからは、 作品にまつわる小ネタや雑学をご紹介しましょう。 企画の原点は「霧のむこうのふしぎな町」 宮﨑監督は、企画の初期段階に「 霧のむこうのふしぎな町」(講談社)という児童文学に影響を受けました。 こちらは、「 小学6年生の少女リナが、父の知り合いを探して「霧の谷」に迷い込み、外国のような不思議な町で働くことになる」という、和製ファンタジーの傑作です。 本来は、この作品をアニメ化する構想でしたが、紆余曲折の末に頓挫。 しかし、恐ろしいおばあさんや、仮面を取らないミステリアスな男の子など、 「千と千尋の神隠し」の原型となる要素が数多く含まれています。 お父さんや千尋のモデル 千尋のお父さんは、日本テレビに勤め、長きに渡りスタジオジブリとの映画製作に携わっている 奥田誠治(おくだせいじ)プロデューサーがモデル。 荒っぽい運転や、好奇心旺盛で様々な場所に出かける性格、 がさつな食事のとり方などが、作品にそのまま反映されています。 また、 千尋のモデルになったのは、奥田さんの娘である千晶(ちあき)さんです。 宮﨑監督の山小屋へ遊びに行った際、近くの小川を散策中に靴が流されたという 実際のエピソードが、作品のストーリーに散りばめられています。 湯婆婆と銭婆が双子になった理由 湯婆婆と銭婆は、全く同じ姿をした、双子の姉妹として描かれています。 当初、銭婆はスレンダーで背の高いデザインになる予定でしたが、宮﨑監督がキャラクター作りに難航。 つじつま合わせのために双子にすれば、同じ見た目でOKという機転から、現在の姿になりました。 単なる脇役の予定だったカオナシ 作中で重要な役割を担っている、 謎のキャラクター「カオナシ」。 当初は名前もなく、橋のたもとに立たせるだけの端役の予定でした。 しかし、映像を確認した監督は、「妙に気になる存在に感じた」と言います。 その結果、 カオナシは物語のキーパーソンに大抜擢され、長尺になることが懸念されたストーリーも、再構築されました。 契約書の漢字に注目 湯婆婆に指示され、千尋が契約書を書くシーン。 彼女の本名は「荻野千尋」ですが、 契約書に書かれた「荻」は、「火」が「犬」になっているのです。 真相は定かではありませんが、 「自分の名前を忘れると帰れない」という不思議な町の影響で、自分の名前を忘れ始めていたという説があります。 主人公・千尋は、美少女でもなく、か細い手足とふてくされた表情が特長的な、等身大の現代っ子を象徴するキャラクターです。 そんな 彼女が逆境の中、内に眠る「生きる力を獲得する」というのが、作品のテーマ。 「抜き差しならない関係の中で危機に直面したとき、本人も気付かなかった適応力や忍耐力が湧き出し、果敢な判断力や行動力を発揮する生命を、自分が抱えていることに気付くはずだ」という監督の言葉からも、 千尋と同じ年頃の子どもたちに、「生きる力」を身に付けてほしいという願いが込められています。 一方、豚にされてしまう千尋の両親は、適応力や忍耐力を発揮できず、神々に「食らい尽くされる側」として描かれる存在。 本作の世界観はファンタジーでありながら、先行きの分からない現代日本の縮図です。 だからこそ、 神様とも魔物ともつかない、異形の住人たちに囲まれた環境で、弱音を吐かずに奮闘する千尋の姿は心を打ちます。 これから10歳になる人も、かつて10歳だった人も、ぜひ作品を鑑賞してみましょう。 近くの映画館を検索する ・・・・・・・・・・.

次の

千と千尋の神隠し(映画)無料動画フル視聴と見逃し配信|DVDレンタルやネットフリックスまとめ

千と千尋の神隠し 湯屋 従業員

さて、今日も絶賛リバイバル公開中の「ジブリ作品」を見て感想を語っていこうと思います。 取り上げるのは 「千と千尋の神隠し」です。 言わずと知れた名作。 「第75回アカデミー賞長編アニメーション部門」(2003年)を獲得したことでも有名ですね。 ちなみに、当時から今に至るまで「アニメ」はピクサーを中心とした「CG」時代に突入。 そんな中で、今作品はこの部門受賞作で唯一の 「手書きアニメーション」である。 この点からも、やはり歴史に残る作品言っても過言ではないでしょうね。 しかも、いまだに日本で公開された国内映画の興行収入歴代1位の記録は破られていない。 ということで、今作も今更僕なんかが語る必要もない「名作」ですので、とにかく映画館で見てない人はいくべし!! って締めてもいいんですが・・・。 一応、今日も語っていきます笑 「ジブリ」と言ったら「食事シーン」ですが、ここまで「下品」なのは過去類を見ないんじゃないでしょうか? そんな両親が勝手に食事をしたせいで「ぶた」にされる。 それを千尋は救うために奮闘するというのが、今作のメインの物語なんですが。 この時点で 「無銭飲食はだめ」という教訓が我々に提示されるわけですけども。 この千尋が物語の流れに流される過程が「雑っちゃ、雑」なんですよね。 で、個人的には「千と千尋の神隠し」は、この「雑っちゃ、雑」って展開がいくつかあるですよね。 話は前後しますが先に挙げておくと「ハクの名前」のシーンですね。 これめちゃくちゃ良いシーンです。 でもよく考えると「脈絡」がない。 これ事前に少なくとも「川」について、そこで「溺れかけた」エピソードは提示しておくべき。 と思うんです。 しかも冒頭にわざわざ父の「川を作ろうとした」というセリフを用意しているのに・・・。 ここで一言「川の出来事」を話しておくべきだったとも思うんですがね・・・。 ただ、ここが気にならないほど、圧倒的な画面に「引き込む力」に満ちた作品であるということには変わりありませんが。 この 「湯屋」が実は「性的サービス」つまり「風俗」であるというのは、今では有名な話。 つまり「千」というのは源氏名で、ある意味で「風俗女」であるということなんですけど。 宮崎駿も、暗に示唆する発言をしているので・・・。 まぁその点を深掘りするつもりはありませんが。 そこを取り仕切る「湯婆婆」 ただ、今作の「悪」ではないんですよね。 もちろん「ハク」に対する仕打ちなどは、酷いところもありますが「湯婆婆」はある意味で「社会」というものを「千」に教える存在とも言える。 特に「腐れ神」のシーンなどは、接客業の長として、割と真っ当だったりするんですよね。 真相を見極めてからは、近づくのを嫌がる従業員に指示をしたり、ちゃんと千を褒めたり。 そして、そもそも「働かない者は消えて無くなる」というこの世界特有のルールに基づき、基本的には「従業員」になりたい。 という願いを聞き入れて働かせているわけですから、割とルールは遵守しているとも言える。 ハクに関しても、究極のところ彼が志願して弟子入りしてるのでね・・・。 だからこそどうしても「湯婆婆」が悪いとも一概には言えないな、って大人になった僕なんかは思っちゃいましたね。 そして重要なのはこの「湯屋」で千は、おそらく多くのこと、それこそ 「社会」で必要な「教訓」を学んでいるという点だ。 「無銭飲食」はダメ• 「お世話になった人(カマ爺)にはお礼をする」• どちらかというと「昔話」的教訓に今作は満ちている。 これはある意味で 「子供目線」だと言える。 そもそも今作は宮崎駿が「ジブリ」スタッフの娘である「奥田千晶」という子のために作った作品だ。 そもそもの着想で 「10歳の女の子のための作品」だと宣言して制作されている。 だからこそ「少女=子供目線」で物語は進んでいく。 ただこの宮崎駿という監督が油断ならないのは、前述したが、実は舞台が「風俗」だという強烈な「アク」に満ちた要素を盛り込んでいるのだ。 この点は「本当に油断ならない」なと思わされる。 この一筋縄でいかないのが「宮崎駿」の作家性である「面白い」ところだとも言える。 彼は 「どの世界のコミュニティにも存在していない」ある意味で「寄る辺なき存在」だ。 だからこそ「そこ濡れますよ」をいう優しい声をかけてくれた千に固執をする。 そんな彼女なら自分を認めてくれる。 そんな希望を抱いて喜ばせるために「物で釣ろう」とするのだ。 ただ千はそれを拒絶する、だから怒り狂うわけなんですが。 ある意味でカオナシは自分の居場所を求めるために、そうした 即物的なことしかできない哀れな存在だと言える。 その「欲求を満たすために、もので釣ろうとする」 ただこの欲求とは、我々の心には存在するものでもある。 今作品ではそれを満たすために「即物的なことをする」そのことの否定する存在として「カオナシ」を描いているのではないか? だからこそ最後に銭婆婆という居場所を得た時、彼の表情は晴れやかにも見える。 今作で最も優しい結末がカオナシには用意されているのだ。

次の