インフルエンザ 予防 接種 副作用。 インフルエンザ予防接種の副作用は?要注意の症状と確率は?

ワクチンを打てない!?インフルエンザ予防接種の注意点!妊婦や赤ちゃんはどうする?

インフルエンザ 予防 接種 副作用

もくじ• 予防接種の副作用の症状は? 比較的よくあらわれる副作用 接種した部位(局所)の発赤(赤み)・腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)発熱、頭痛、悪寒(寒気)、下痢、倦怠感(だるさ)などがあらわれる場合があります。 インフルエンザワクチンは副作用の少ないワクチンではありますが、ワクチンに対するアレルギー反応で、じんましんやかゆみといった症状が現れる場合もあります。 じんましんは、通常数時間でおさまり他の症状も2〜3日でほぼなくなります。 また、めまい・嘔吐・吐き気・一時的な意識障害・動悸・けいれん・筋力低下などが現れたという報告もありますので、インフルエンザの予防接種後にこのような体調に変化があった場合は、病院を受診しましょう。 インフルエンザワクチンの副作用は、多くが24時間以内に現れます。 この期間の体調には気をつけるようにしてください。 非常に重い副反応として、ギランバレー症候群や急性脳症、脳脊髄炎、肝機能障害の報告もありますが、ワクチン接種との因果関係は必ずしも明らかではありません。 すぐに病院に行くべき重篤な症状 インフルエンザの予防接種後に 意識障害や意識混濁、しびれ、けいれん発作がでた場合は、検査を受けましょう。 また、38度以上の発熱が2日たっても下がらないといった場合にも病院を受診してください。 体調の変化で受診した際には、インフルエンザの予防接種を何日前に受けたと医師に必ず伝えましょう。 副作用はいつから出るの? 多くは24時間以内に症状が出る すぐに出る場合もありますので、接種後30分以内は、予防接種を受けた病院のそば、もしくは連絡の取れる場所で安静にしましょう。 その後、多くは24時間以内にあらわれます。 また、数日、数週間後にあらわれたという報告もあります。 特に自分で症状を伝えられない年齢の小さいお子さんの保護者の方は、体調に変わったことがないか、様子をみてください。 副作用が出る確率は大人と子供で違いますか? 子供だから副作用が多いという報告はありませんが、子供、高齢者は体力がなかったり、体調が万全でなかったりすると接種後に疲れが出て、発熱や体調不良を訴える場合もあります。 また、インフルエンザの予防接種を受けた後に子供の具合が悪い・発熱したなどいう話も聞きますが、それは多くの場合、予防接種を受ける前の親の様子や病院の環境で子供が緊張し、その後、疲労から発熱したとも考えられます。 他にも、高熱が出たという場合は、すでにインフルエンザや風邪に感染していた可能性もあります。 しかし、乳児や小さなお子さんが初めて接種する場合は、急性のアレルギー反応が出ないか確認の意味も含め、接種後30分程度は院内で様子を見て、体調に急変があった場合はすぐに診察が受けられるようにしてください。 できるだけ副作用が出ないようにするには? インフルエンザワクチンに限らず、予防接種を受ける前は、睡眠不足や体調不良がないように体調を整えましょう。 体調が良くない時に予防接種を受けると腫れやじんましんといった反応が出る可能性もあります。 最後に インフルエンザは、妊婦や赤ちゃんが感染すると悪化する可能性が高く、脳症や肺炎を引き起こす場合もありますので、ワクチン接種が推奨されています。 予防接種は、十分に研究され提供されています。 避けられる病気は、予防接種を受けて家族を守りましょう。 <参考> 厚生労働省 新型インフルエンザ予防接種後の症状について 東京都総合組合保健施設復興協会 インフルエンザ予防接種ガイドライン等検討委員会:厚生労働省:啓発資料抜粋.

次の

やっぱりインフルエンザワクチンは無意味?かえって重篤な副作用の恐れ

インフルエンザ 予防 接種 副作用

軽度の副作用(確率) ・注射部位の症状(10~20%):注射部位が痛む、硬くなる、赤くはれる など。 ・全身症状(5~10%):発熱、頭痛、悪寒、倦怠感など。 ・副作用が起こるまでの時間:接種後24時間以内に発症 ・副作用が治まるまでの時間:2~3日程度 重篤な副作用 ・要注意症状(0. 002%):全身の発疹、呼吸困難、アナフィラキシー、血管浮腫など ・副作用が起こるまでの時間:接種後30分以内に発症 ・副作用が現れたら:すぐに予防接種を受けた病院に電話して指示をもらう インフルエンザ予防接種の副作用について触れていきたいと思います。 インフルエンザの副作用の症状 副作用と一言にっても軽度のものから重篤なものまで様々です。 痛みがある、硬くなる、赤く腫れる、だるいなどです。 局所の反応だけでなく、全身症状を起こすこともあります。 どちらも 予防接種後24時間以内に見られ2~3日程度で回復します。 一方で、 重篤な副作用には(0. 002%)(5万人に1人) 全身の発疹、呼吸困難、激しいアレルギー(アナフィラキシー)、血管浮腫などがあげられます。 最も多いのが アナフィラキシーショックです。 アナフィラキシショックとは? アレルギー物質が体内に入ってくることによって急激に引き起こされる全身性の強いアレルギー反応のことです。 皮膚 :蕁麻疹、痒み 呼吸器 :咳、くしゃみ、息切れ 粘膜 :目の痒み、唇・舌・口腔内の腫れなど 循環器系 :血圧の低下、めまい、意識消失、顔面蒼白、嘔吐など これらの症状が複合的に起こる症状です。 重篤な場合、 接種後30分以内に発症することが多いので、病院などによってはインフルエンザの予防接種後30分は院内の見えるところに座っておいてもらうところもあるみたいです。 sponsored link こういった重篤な症状は早く現れるのです。 しかし、 予防接種後24時間は体調の変化に気を付けなければいけません。 すぐには出なくても、 高熱、けいれん、しびれ、息苦しさ、嘔吐下痢などが起こることがあるからです。 その場合 直ちに医師の診察を受けてください。 他の重篤な症状として、 けいれん、運動神経障害(ギランバレー症候群)や筋力低下、手の震え、急激な視力低下(眼球を動かした際の痛み)などが起きた報告もあるようです。 しかし、インフルエンザの予防接種との関連があるかはっきりとしていません。 いずれにしても何かいつもと違う症状が出れば医師の診察を受けてください。 インフルエンザの副作用いつから起こる? 上記で解説してきた通りです。 軽度の症状は 接種後24時間以内に発症 重篤な症状は 接種後30分以内に発症 通常は 2~3日程度で回復するものばかりです。 特に体調に変化が見られない場合でも、予防接種後24時間は体調の変化に気を付け激しい運動は控えましょう。 インフルエンザ予防接種で副作用が起こる確率 全体として20~30%と高い確率です。 予防接種による副作用のほとんどが、注射部位局所の症状です。 すぐには症状は出なくても高熱、けいれん、息苦しさ、嘔吐、下痢、急激な視力低下などが現れる場合があればすぐに医師の元へ受診してください。 最後に 副作用について調べると怖くなってインフルエンザの予防接種をためらいがちですが、重症なものは極わずかです。 予防接種によって残念ながら亡くなられる方もおられますが、そのほとんどが持病もちの高齢者ばかりです。 そして、インフルエンザに感染してなくなる方に比べればわずかなものです。 ですから、過度に気にしなくても良いでしょう。 持病のある方や免疫力の落ちている方など心配なことがある方は予防接種を受ける前にしっかり医師と確認してから予防接種を行うようにお願いします。 そして、関係ないかもと思っても予防接種後にアナフィラキシー症状がみられる場合などは直ちに医師に連絡し診察をしてもらってください。 子供の変化は大人の人がしっかり見ておいてください。

次の

インフルエンザ予防接種の副作用は?要注意の症状と確率は?

インフルエンザ 予防 接種 副作用

副反応が起こるタイミング:予防接種後から24時間後まで• 軽い副反応• 注射箇所の症状(10~20%):赤くなる、腫れる、熱を持つ、硬くなる、痛くなる• 全身の症状(5~10%):発熱、倦怠感、めまい、悪寒、頭痛、嘔吐、下痢• 治る期間:どちらの場合も2~3日で治る• 対処法:症状が治まるまで激しい運動、入浴、お酒などは控えて安静にする• 重篤な副反応• 症状(0. 002%):アナフィラキシーショック、高熱、急性散在性脳脊髄炎、ギランバレー症候群、肝機能障害、ぜんそく、けいれん、紫斑• 対処法:すぐに医師に連絡して指示を仰ぐ それでは詳細に説明していきます。 予防接種の軽い副反応について 予防接種の副反応は 20~30%と高い確率で起こりますが、 そのほとんどが軽い副反応です。 摂取箇所が赤く腫れたり、熱をもったり、痛くなったり、局所的な症状の場合が多いですが、 全身症状が起こる場合もあります。 どちらも珍しいことではないので深刻に考える必要はありませんが、 症状が長引かないために 安静にしておく必要があります。 その間は激しい運動や入浴、飲酒は控えましょう。 期間にすると 2~3日程度で治ります。 症状が酷くなければ軽いシャワーくらいなら構いません。 また、摂取箇所の症状の場合気になって触ったりしがちですが、 細菌が入ったり炎症を起こしたりすることがあるので触らないようにしましょう。 予防接種の重篤な副反応について 予防接種後に重篤な副反応が起こることがある聞くと恐ろしいですが、 過去のデータを参照するとその割合はわずか 0. 002%程です。 (5万人に1人程) 参考: 確率で言うとコインを投げて15回連続で表を出すことよりも珍しいくらいですね。 また、インフルエンザワクチンと重篤な副作用との因果関係は明らかではありません。 中には予防接種の副反応で亡くなってしまう人はいますが、 そのほとんどが何かしらの疾患を抱えた高齢者でした。 インフルエンザに感染して亡くなってしまう人の数と比べると極わずかです。 重篤な副反応の症状について 重篤な症状としては、 アナフィラキシーショック、高熱、急性散在性脳脊髄炎、ギランバレー症候群、肝機能障害、ぜんそく、けいれん、紫斑など多岐にわたります。 最も多いのが アナフィラキシーショックです。 アナフィラキシーショックの具体的な症状としては、 全身のあらゆる器官にアレルギー反応が起こり、死に至るケースもあります。 じんましん、かゆみなどの皮膚の症状• せき、くしゃみ、息切れなど呼吸器系の症状• 目のかゆみ、くちびる・舌・口内の腫れなど粘膜の症状• 血圧低下(めまい、意識消失、顔面蒼白、嘔吐)など循環器系の症状 以上の症状が複数起こります。 重篤な副反応の対処法 アナフィラキシーショックの症状が見られる場合や、 それ以外の痙攣や高熱など書状が酷い場合は 迅速に医師に連絡するのが大事です。 特にこのような症状が起こる場合は予防接種を受けてから1時間以内の場合が多いので、 その間はすぐに連絡できる状況でいましょう。 あとがき 以上、インフルエンザ予防接種の副反応についてでした。 重篤な症状が起こるのは極僅かな確率ですが、 軽いものの場合は30%近くが起こるというのは頭に入れておきましょう。 慌てず冷静に対処して安静にしておくのが大事です。 ちなみに、今回の記事に関連して、 インフルエンザの予防接種の際の注意点についても詳しくまとめているのでぜひご覧ください。

次の