乖離 性 ミリオン アーサー リセマラ。 【乖離性MA攻略】どのタイプも破格の超性能!『叛逆性』のアーサーたちが騎士カードになって登場 [ファミ通App]

複製型 盗賊アーサー

乖離 性 ミリオン アーサー リセマラ

リセマラとはリセットマラソンの略で、少しでも有利な条件でゲームを始められるようにリセットを繰り返す行為を指します。 このゲームでは最初に引くガチャがリセマラの対象になります。 では、実際にリセマラのやり方はどうすれば良いのでしょうか? 実はとっても簡単!リセマラの手順公開 まずは普通にゲームを開始してください。 チュートリアル終了後、最初のクエストが表示されますが、このクエストをクリアすると、ガチャチケットが手に入ります。 このガチャチケットで一回だけガチャを引くことができます。 ここで当たりを引くことができれば良いのですが、 たとえハズレだったとしてもまだチャンスはあります。 次のクエスト、強化合成を行うと、クリスタルが5つ手に入ります。 スポンサーリンク そして次はインターネットサイトから招待コードを入手し、招待コードを入力します。 招待コードを入力することで、さらにクリスタルを5つ手に入れることができます。 これでクリスタルが10個集まりました。 次に1回限定のスターターガチャをひきます。 ここで当たりを引くことができればリセマラ終了です。 もし当たりを引くことができなければアプリを削除し、 再インストールすればチュートリアルからやり直すことができます。 [adsense2] ただ、このチュートリアルは非常に長く、当たりを引くまでは非常に時間がかかります。 引いたガチャの騎士は進化合成でレアリティをアップすることもできますので、 リセマラにこだわる必要はそれほど無いのかな、と思います。 乖離性ミリオンアーサーをまだプレイしていない方へ.

次の

【2020年6月】乖離性ミリオンアーサーのリセマラのやり方と当たりランキング|おすすめリセマラランキング│スマホゲームアプリならアジケン

乖離 性 ミリオン アーサー リセマラ

乖離性ミリオンアーサーのリセマラ方法、当たりカードの紹介をしま~す。 乖離性ミリオンアーサー、通称「乖離性MA」はかなり面白いですね。 久々にどハマりです笑 ここではスタートダッシュに欠かせないリセマラのやり方、そして当たりカードを軽く紹介します。 Sponsored Link リセマラとは? 『リセットマラソン』の略です。 ゲーム開始時にランダム入手できるカードで欲しいものが出るまでリセットを繰り返すこと。 終わりが見えないのでマラソン、と言う名前になっています。 まあ終わるかどうかは運次第ですね。 乖離性ミリオンアーサーのリセマラのやり方 起動したら以下の手順に沿って進めてください。 選択肢で「はい」。 右下のオートボタンをオンにして放置、クリア 10.拠点の左上、「お知らせ」から「友達紹介」でコードを入力して報酬をゲット(石5個+配布石5個) 11.ガチャ画面でブースターガチャ1回、スターターガチャ1回 12.拠点に戻って下のメニュー「カード」から「カード合成」をする(報酬で石5個) 13.ブースターガチャ2回 これで気に入った結果が出なければアプリを削除して再インストール。 同じ手順を繰り返します。 当たり騎士カードは? URが出れば基本的に当たりです。 ただこのゲームは職業ごとの役割が決まっているので、最初にどの職業をしたいのかを決めておくといいです。 その職業のURがでればOK、と言うことですね。 (逆に出たURの職業をやる、と言う考え方もあります。 ) 職別の役割は以下の通り。 歌姫は全体回復カードが多く必要になるのでカードを揃えるのが大変です。 符号も全体ドローがいくつか必要ですが、入手しやすいので楽です。 職別の当たりカード.

次の

乖離性ミリオンアーサーのリセマラ情報

乖離 性 ミリオン アーサー リセマラ

職によって求める性能が異なり、次のものが優秀です。 強力なカードとされるのは、 HPのボーナスパラメータが Lv. 80時に9000代(Lv. 1時に6000代)のカードです。 通常の MMRはLv. 80時にHPが6000代であるため、明らかな違いがあります。 なお、上記のようなカードの詳細はガチャの「 ラインナップ」ボタンから表示される個々の アイコンを 長押しすることで表示できます。 特にHP9000代の 各職専用のガチャ限定カードは「 極 聖杯祭」と呼ばれるガチャ限定になっています。 そのため俗に「 極 聖杯限」と呼ばれています。 (コラボカードにも極聖杯限に相当するものが登場することがあります) HP9000代の 共通カードは1コストのみであり、さらに最近のガチャ限定カードには 味方全体のトランスゲージアップが可能なカードが多くあります。 これらのカードだけでは各職の役割はこなせませんが、高難易度のクエストを 安定して戦うのに必須の性能です。 職の制限を受けないため、数種類入手するだけでもソロプレイ(「ひとりでクエスト」)が非常に楽になるのも魅力です。 属性とアーサータイプの見方 アイコンの色が属性、アイコンに書かれたマークがアーサータイプを表しています。 属性 火 氷 風 光 闇 2属性 アイコン色 火闇 2属性だと有効な敵が多くなりチェインもしやすいので活躍機会が多くなります。 ただし、パッシブスキルが控えめなカードが多いのでその点には注意しましょう。 プレイヤーとカードのアーサータイプと同じ場合、カードの 覚醒スキルが発動します。 共通カードは 覚醒スキルが無い代わりにのデッキに採用可能で、内では 錬金スキルが発動します。 用のは内で召喚することが出来、召喚後は 召喚スキルが発動します。 その他の場合は、 通常スキルが発動します。 したがって通常のクエストではアーサータイプが合わないカードは 通常スキルが発動することになりますが、共通カード以外の 通常スキルは極端に低性能なため特殊な場合を除き採用に適しません。 方針の詳細:希少性 カードの「レアリティ」とされる情報はカードイラストの下に書かれています。 レアリティは高い方から次の通り。 MMR: MMillion Rare• MR: Million Rare• UR: Ultra Rare• SR: Super Rare• R: Rare• HN: High Normal• N: Normal ただし、様々な理由からこの レアリティは入手のしにくさとは無関係と言える状況になっています。 画像 呼び名 説明 赤星 初期レアリティが MRか MMR(ガチャ限定) 紫星 初期レアリティが UR(ガチャ限定) 青星 初期レアリティが SR(ガチャ限定) 金星 絆ガチャ限定および 非ガチャ限定 (ミッション達成やドロップアイテムとの交換等) 緑星 専用のカード (リセマラ非推奨) 残念ながら騎士カード以外(召喚スフィア、等)はガチャ限定かどうかすら簡単に見分ける方法はありません。 赤星カードが登場してから長い期間が経っているため、 カード性能と入手しにくさは比例しません。 (紫星カードが中心)が第一線で活躍している一方で、1年以上前に登場した赤星カードの大部分は性能不足に陥っています。 また、金星カードにも有用なカードが多数存在します。 赤星カードのうち 極聖杯限などのHP9000代のカード 以外は 交換所に追加されます。 紫星カードも(コラボや 聖杯祭限定カードを除き) ガチャ限定のものは交換所に揃っています。 登場時には追加されないので数ヶ月待つ必要がありますが、確実に入手できます。 赤星カードは赤星カード10枚と交換、紫星カードは紫星・赤星カード5枚 or 10枚と交換になるため、弱いカードでも交換素材として一定の価値があります。 (紫星カードはガチャのおまけ等で貰える騎士メダルで交換できるカードもあります。 ) 「期間限定」と称されていても 次回以降の イベントで同種のガチャが開催されたときにラインナップに追加されているのが普通です。 しかし、ごく稀にこのような恒常復刻されない重度の「 期間限定」のカードが存在します。 騎士カードには少ないですが、 伝承カードは期間限定カードは総じて該当するのでリセマラでこちらを狙うの一手です。 聖杯祭限定の紫星カード(俗に「聖杯限」)は、現在では極 聖杯祭の UR枠として排出されます。 MMR化が進められており一部のカードは第一線で活躍していますが、あえてリセマラで狙うほどのものではありません。 コラボカードは 交換所に追加されません。 コラボ期間のガチャが終了したら入手方法は無くなり、わずかな可能性に期待しての再コラボ待ちしか出来ません。 特にHP9000代のカードは優秀な性能にされていることが多いので 出来る限り優先した方が良いでしょう。 リセマラページはコラボカードに対応していないため、コラボカードの評価を聞きたい場合はやを利用しましょう。 なお、 緑星カードは「」という実質ミニゲームとなっているモード専用のカードです。 長らく新カードが追加されておらず報酬にも変化が無いため、リセマラで狙う代物ではありません。 方針の詳細:必要なデッキの種類 基本的に 用途に合わせて複数のデッキを使い分けます。 おおよそ 半月に1回イベントボスが切り替わり、それらとほぼ同じ周期で復刻ボスも入れ替わります。 攻撃職以外も チェインが求められるので、最低限 敵属性に合わせたデッキを組む必要があります。 そのため、1属性のカードより2属性のカードの方が使い回しできるため便利な場合が多いです。 デッキの用途として代表的なものは次の通りです。 低難易度用・用: 最初から攻撃を仕掛け、短いターンで撃破するデッキ。 支援カードや 妨害カードは必要ないことが多い。 スコアチャレンジ用・聖剣杯用: ボスを撃破するのではなく、与ダメージに応じてスコアを得るクエスト。 周回報酬のためにSSSランクを取るのが目標なら高難易度用と同じか攻撃カード少し多め。 ランキングイベントである「聖剣杯」でハイスコアを目指すならダメージを伸ばすためのカードだけを詰め込んだデッキ。 スコアチャレンジで撃破を目指す場合は、ボスによって攻撃カードを多く入れたり入れなかったり。 アリーナ用: 他のプレイヤーとオート対戦する「」用のデッキ。 他のクエストと大きくゲーム性が異なるため、有効なカードがまるで異なる。 錬金クエスト用: 専用の緑星カードと共通カードでしか組めない。 他のクエストとはカード性能が完全に別物になる。 また、それぞれのデッキは「メインデッキ」「EXデッキ」「スフィアデッキ」「トランスデッキ」の4つで構成されています。 メインデッキ: 戦闘中に主に使うカード。 自職専用カードなら「」、それ以外は「」が発動する。 EXデッキ: 戦闘中に常時効果を発揮する「EXスキル」専用。 スフィアデッキ:メインデッキを補佐するカード「スフィア」をセットするものだったが、現在ではほぼ「召喚スフィア」をセットする用。 特に1枚目に選択したときに発動する「天恵」が重要。 トランスデッキ: をセットし、そのスキルにあたる「トランスアビリティ」「トランスバースト」を戦闘中に利用する。 トランスアビリティ(プレイヤーが任意発動する特殊スキル)を獲得できるのはリーダー(1枚目)ののもののみ。 メインデッキでも敵の 弱点属性以外のカードも3~4枚なら入れても問題ありません。 チェイン用に弱点属性カードも同時出ししたいので、の「トランスアビリティ」でコストダウン効果を使えないときは高コストは混ぜるのが難しくなります。 そのため、初心者のうちに使い回ししやすいカードは共通カードに集中しやすくなっています。 EXデッキには他職のカードを入れることが基本となります。 EXデッキの枠解放にはプレイヤーLv. が関わっているため、EXデッキ用に 他職の金星カード(=非ガチャ限定)を集めつつレベル上げをしていけば最初のうちは十分でしょう。 スフィアデッキ用に天恵が優秀なカードを揃えたいですが、大部分はガチャ限定ではありません。 ガチャ限定の召喚スフィアも登場が古いため復刻されやすくなっています。 召喚スフィアのためにリセマラする必要は無いでしょう。 トランスデッキは、 トランスアビリティが重要です。 期間限定のカードに優秀なものが揃っているので、長くプレイしたいならリセマラで狙いましょう。 ただし、期間限定ガチャは不定期かつ対象カード数に比べ開催頻度が低いため 復刻される可能性が低めになります。 非ガチャ限定でも十分戦えるがあるため、何日もガチャ開催を待つほどではありません。 このようにデッキを組むときは様々な点に注意する必要があり、慣れないと非常に難しく感じるものです。 「おすすめ編成」機能も全くと言っていいほど使い物にならないので試行錯誤しつつ良くしていくしかありません。 ルーキーのうちに等を参考に少しずつ デッキ構築に慣れていくと良いでしょう。 攻撃カードとして敵に合わせた 属性・ 種類( 物理 or 魔法)の 全体攻撃カードが求められるため、必要となるカードの種類が多くなります。 場合によっては 単体攻撃カードも求められます。 メイン攻撃職であるは 参入ハードルがやや高めになることに注意しましょう。 それでもをやりたい場合は、最初は4~5コストの 物理の全体攻撃を集めると良いでしょう。 高コストの全体攻撃は高難易度をクリアするのに向いています。 最初のうちは扱いにくいですが、何とか周回して非ガチャ限定の 伝承カード( )を入手できれば相性は抜群です。 強いデッキを作ろうとしたら EXスキルも重要になります。 攻撃職は他職のカードに強力なEXスキル持ちがいて、さらに 物理・ 魔法でスキルが分かれていることものハードルを高めている要因です。 ある程度は金星カードで賄えますが、よりダメージを伸ばすには他職の極聖杯限が求められることがあります。 「追加EXスキル」のパッシブスキル目的で使用時の効果が弱いカードも採用することがあり、欲しいカードの種類が安定して多い職です。 じゃないと難しいのは、 ターゲティングと 継続ダメージの2種類です。 被ダメージを減らすために 敵にダメージダウン効果をかけること(デバフ)もよく求められます。 そこで主力となるのが 1コストの共通カードです。 専用のカードより強力な上にデバフ以外の効果もあり、さらに2属性のカードが多いため、リセマラで狙うのも良いでしょう。 デバフを担うには EXデッキも大事なので、高難易度に挑むときはEXデッキ用の金星カードをしっかり集めることも重要です。 これも専用のカードよりも 1コストの共通カードの方がずっと扱いやすいため、その点も共通カードがリセマラで推奨される理由です。 継続ダメージは ボスのギミック次第なので、かなり活躍の場は限られます。 属性毎に別のカードが必要なのもあり、リセマラであえて狙うようなカードではありません。 ただし、ボスによっては複数枚必要になるため軽視は出来ません。 だと安定して活躍するので、入手したら大事にしましょう。 基本的に他職のサポートが仕事なので、反対にいえば他職がサポート不要なほど強いなら大して仕事しなくても勝てます。 ターゲティングとチェインさえこなせば何とかなることも多いため、比較的 参入しやすい職です。 歌姫 回復と攻撃バフにより 支援する職です。 現在HPに応じて効果量が変わるカードが多いため、毎ターンしっかり回復しないと総崩れになります。 自身も現在HPが上乗せされる ダメージアップ(俗に「攻撃アップ」「攻撃バフ」)を仕掛けていきます。 俗に「クリダメ倍率」)を行うことで、強くなった攻撃に高倍率のダメージ補正をかけてダメージを跳ね上げることが仕事です。 高難易度では味方全体のトランスゲージアップが求められたり、ボスのギミックによっては 妨害効果の解除が必要だったりと必要な仕事が多くあります。 もっと読む 毎ターン全快させるべきですが、回復だけのカードの出番はほとんどありません。 ダメージアップ(攻撃バフ)や クリティカルダメージ倍率アップ(クリダメ倍率)のカードに回復効果が付いていることが多いため、それを利用します。 味方が強く敵の攻撃に特殊なものがなければ序盤は被ダメージを低く抑えられるため、回復が不要な場合も少なからずあります。 継続回復(俗に「リジェネ」)を使い、回復効果のあるカード枚数を少なく抑えたデッキを組むこともあります。 非ガチャ限定の召喚スフィア( )で多少ケアが出来るので、回復はプレイングでカバーしやすい部分です。 かつてはアーサーパラメータ上限突破(攻撃上限アップ)もの仕事でしたが、今はトランスアビリティにより簡単に上げられるため優先度は低くなりました。 その分、攻撃バフの要求量が増えているのでコストダウンの トランスアビリティで一気に 攻撃バフを出来るようにしましょう。 コストダウンが強力なカードは 期間限定のガチャでしか登場しないため、リセマラで狙うのも多いに有効です。 解除できる 妨害効果は、 毒、 氷結、 裂風、 トラップ、 暗闇、 封印(カード封印)、 コスト封印、 呪いあたりです。 ボスによっては即解除しないと危険になるので、安定のために複数枚要求されることもあります。 様々な解除カードが登場していますが扱いやすいのは極聖杯限に偏っているため、カードを集めるのは大変です。 しかし、最近は強力な攻撃で短期戦を仕掛ける攻略が流行りがちなので、解除せずに戦うことも少なくなくリセマラで狙うほどではありません。 の中にはそれまでは当時の環境の第一線だった極 聖杯祭限定の MMRより強力なものも多数存在し、合わせて敵のHPステータス等もインフレしています。 過去産のガチャ限定 UR(紫星カード)は騎士メダルや被った紫星・赤星カードで交換可能です。 初めたばかりのうちは交換用のメダルやカードが足りないことも多いので、それぞれの職のメインとなる強力なカードと合わせて紫星カードも数枚ついでに引けると後々のカード集めが楽になるでしょう。 もちろん 優秀な効果になるを引けているならそれに越したことはありません。 カードによっては属性やアーサータイプが変わる「 乖離進化」できるカードもあるので、カードを整理するときは注意しましょう。 () 【注意】 スターターガチャは、ここで選択したアーサータイプ(職)のカードを排出する。 赤星カードは古いものしか出ないので、 した紫星カードが目当て。 データダウンロードが完了するのを待つ。 初心者ログインボーナスで クリスタル10個を入手。 クエスト「初めの一歩」の訓練報酬で スターターチケット1枚を入手。 ガチャページに移動して スターターチケット1枚を使用して10連ガチャを回す。 (この段階でプレゼントからクリスタルを受け取れるため、10個以下で回せるガチャを行うことも可能) 7. カード強化合成の訓練報酬で クリスタル5個を入手。 デッキ編成の訓練をクリア 9. 探索の訓練をクリア 10. メインストーリーを読み、その報酬の クリスタル1個を入手。 イベントクエストに挑戦して訓練報酬で クリスタル20個を入手。 (「ひとりでクエスト」の3Dボスに挑み 即リタイアしてもOK。 クリア時は報酬の クリスタル1個も入手) 12. ここまで獲得した クリスタル36個を使って ガチャを引く。 (カードコレクション枚数のミッションやストーリー閲覧でクリスタルを数個追加できるが基本的には不要) 13. でおすすめしているような有効なカードを十分確保できれば終了。 納得いかない結果の場合は アプリを削除してリセット。 4GB)とゲーム開始後のデータダウンロード(1. 5GB以上)が必要になります。 Wi-Fi環境でのリセマラを強くお勧めします。 ガチャの種類 ガチャの種類が多く、ガチャページ右にある カテゴリーバナーが上下にスクロールできるほどあります。 リセマラで関係するガチャのカテゴリーは 限定ガチャ: 初登場のカードが含まれるガチャです。 恒常復刻するカードでも「期間限定」扱いのためこの名前になっています。 ただし、「極 聖杯祭」は初登場のカードが含まれていても「4アーサーガチャ」に該当するようです。 緑星カードが初登場のときも限定ガチャに並ぶことがあるので、間違えないよう注意しましょう。 4アーサーガチャ: 「 極 聖杯祭」ガチャまたは 初登場カードがない種類のガチャです。 こちらは緑星カードを排出するガチャがありません。 チケットガチャ: 何らか 特殊なガチャチケットを利用するときは、このカテゴリーを選びます。 普通の「ガチャチケット」はコラボガチャ以外の単発ガチャ用なので、こちらではなく 限定ガチャか 4アーサーガチャで「1回ガチャる」ときに使います。 また、ガチャのラインナップによって呼び名が付いているものがあります。 極 聖杯祭: 強力な赤星カード「 極 聖杯祭限定 MMR騎士カード」(俗に「 極聖杯限」)を排出するガチャです。 MMR登場以前に強力な紫星カード「 聖杯祭限定の騎士カード」を排出する 聖杯祭に倣ってこのような名前が付いています。 コラボガチャでは極 聖杯祭の名前は使われないものの同等の性能を持ったカードのガチャが登場することがあります。 ブースターガチャ: かつてに追加されないカードのガチャを「限定ガチャ」と呼んでいたとき、に追加されるカードが出る通常ガチャを「ブースターガチャ」と呼んでいました。 その名残で特別な極 聖杯祭ガチャではなく新登場カードが共通カードでもでもない 通常のガチャをブースターガチャと呼ぶことがあります。 最近は「1回ガチャる」では割引されず クリスタル5個求められ、 「11回ガチャる」は初回のみ半額になり クリスタル25個になっていることが多いです。 リセマラでは、 目当てのガチャの「 11回ガチャる」を1回だけ回すことになります。 何らかのキャンペーンで特殊なガチャチケットを受け取っているなら、チケットガチャも回しましょう。 ガチャによっては回した回数がリセットされ、再度初回から(=もう一度割引で)回せるようになる日があります。 リセマラして保留していたアカウントがあるなら、少しプレイしてクリスタルを集め2回目の「11回ガチャる」を試すのも良いでしょう。 その場合、スキップしようと画面タップしても演出変化が強制表示されます。 ただし、ガチャ限定の召喚スフィア(GOLDEN)は しか無く やや当たりの部類です。 現在、高性能のカードは UR(Ultra Rare)・ MR(Million Rare)・ MMR(MMillion Rare)として出てきます。 最高レアリティは MMRですが、 UR以上で当たるカード(紫星カード)は全て MMRに進化できます。 とはいえ、入手難度も考えると MMRで排出される高性能カードを狙った方が良いでしょう。 ちょうどガチャ開催時期であれば、期間限定ガチャ限定のも欲しいところです。 なお、 2017年8月15日以降スターターガチャの内容が変更されました。 スターターの内容は キャラクター作成時に選択していたアーサータイプ(職)固定のガチャになります。 また、旧カードしかないラインナップの中から 必ず赤星カード( MMRに進化済み)が1枚 だけ入手できる10連ガチャになりました。 スターターで手にはいる MRは即戦力用に URから進化済の MR(紫星カード)なので、 多くのものが として MMRへ進化できます。 UR交換所 紫星・赤星カード数枚と交換で、コラボや 聖杯祭限定カード除く 紫星カードを入手できます。 には無い新しい紫星カードもラインナップに入っています。 にもある紫星カードは 紫星・赤星カード5枚、 UR交換所のみの紫星カードは 紫星・赤星カード10枚との交換になります。 と異なり交換回数制限はありませんが、必要な枚数が多いため無計画な利用はできません。 紫星カードが余ってきた頃に 10枚での交換でしか入手できないカードを手に入れる為に使った方が良いでしょう。 最近の更新 2時間まえ• コメ 3時間まえ• コメ 8時間まえ• コメ 10時間まえ• コメ 11時間まえ• コメ 12時間まえ• コメ 21時間まえ• コメ 22時間まえ•

次の