ご返事をいただけると幸いです。 「いただけると幸いです」の意味と使い方|ビジネスメールでの例文

「ご返信いただけますと幸いです」意味と使い方・メール例文

ご返事をいただけると幸いです

助かります / 「助かります」は、動詞の「助かる」に丁寧語の「ます」を付加した言い回しで、軽い敬意を表す丁寧語です。 丁寧語も敬語の一種ですから、敬語を必要とするシーンで用いることができます。 社外向けのビジネス文書では、改まった言い回しに変換した「幸甚に存じます」や「幸いに存じます」といった表現がよく使われます。 メールをご覧になった後、お返事いただけると幸いです• たくさんのご批評をお聞かせ顋えれば、幸いに存じます• 誠に勝手なお願いですが、納期を前倒しいただけると非常に助かります。 前向きなご返事をお待ちしております。 お祝いのしるしまでに、粗品を送らせていただきました。 ご笑納いただいて、お身近くお使いくだされば幸いでございます。 感謝の一端としまして、粗品を別送いたしましたので、ご笑納いただければ幸いでございます。 お見積もりをご持参いただけると幸いです。 どうしても都合がつかないようでしたら、ご一報いただければ幸甚です。 ご来臨くだされば幸甚の至りに存じます。 ご高覧いただければ幸甚に存じます。 当社とお取引を希望とのこと、誠にありがたく存じます。 〜していただけると助かります。 お引き受けくださると、たいへん助かるのですが。

次の

I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

ご返事をいただけると幸いです

「幸いです」は相手にお願いするときに使う 「幸いです」は、主に相手に何かを依頼するときに用います。 しかし使うのは、軽いお願いのときに限られます。 何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。 また、贈り物を渡す際も同様に、「貰っていただければ嬉しいです」という意味を込めて、「幸いです」を多く使います。 必ずやってほしい時には幸いですを使わない 「幸いです」は、お願いする方がやってくれるとうれしいだけで、相手も幸せとは限りません。 先にも紹介しましたが、ビジネスシーンで必ずやってほしいことをお願いする時には、「幸いです」を使うのは避けるようにしましょう。 「幸いです」は目上の人には相応しくない 「幸いです」は、やわらかく丁寧な表現ですが、実は目上の人に対しては使わないのが無難です。 「幸いです」の言い切りに一方的な印象を持つ人もいるので、言い換えるのがいいでしょう。 謙譲の気持ちを込めて、「幸いに存じます」としたり、シンプルに「お願い申し上げます」などとできるでしょう。 「幸いです」の類語、代替できる言葉 「幸いです」の類語:「助かります」 「幸いです」のいい換え表現として「助かります」があります。 「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。 使用上の注意点として、 「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に「助かります」を使うことは失礼に当たります。 距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。 「幸いです」の類語:「幸甚です」 「幸甚 こうじん です」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。 「幸甚です」は、「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。 相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

次の

I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

ご返事をいただけると幸いです

催促メールを送るタイミングに注意 ビジネスメールでは、約7割の人が「24時間以内にメールの返信が来ないと遅いと感じる」といった調査結果があります(ビジネスメール実態調査2017)。 こういった結果を見ると、遅くとも翌営業日中にはレスポンスをするのが望ましいといえるでしょう。 しかし、海外の人との取引では時差もあるため、思い通りにいかないこともあります。 例えば、日本とアメリカ・ロサンゼルスの時差は17時間、ニューヨークは14時間、イギリス・ロンドンは9時間あります。 日本から3月1日の午後1時にメールを送った場合、ロサンゼルスでは2月28日の午後8時です。 そのため先方が、翌日の出勤後、3月1日の午後1時にメールを確認して、社内での検討などを経て翌日の3月2日の午後1時に返事をしたとしても、日本時間では3月3日の午前6時です。 会社に出勤して午前10時に確認したとしても1日半近く時間が空いたことになります。 海外とは時差があることを踏まえたうえで、催促メールを送ったり、返信の期日を設けたりする配慮が必要です。 また、取引先に催促メールを送る前に、本当にメールを送信できているかどうか、下書きのまま保存していたり通信エラーになっていたりしていないかを確認しましょう。 また、相手の返信を見落としていたり、間違えて削除したりしていることも考えられるので、 問い合わせる前に自分のメールを確認するようにしましょう。 関連記事: 英語で催促メールを送る場合の件名 Reminderが一般的 催促メールの件名には"Reminder"を付けます。 ほかに、"Friendly Reminder"や"Gentle Reminder"のような表現もあって"Reminder"よりも丁寧で柔らかいニュアンスで相手に伝わります。 このほかにも"Quick Reminder"「ちょっとした確認」"Final Quick Reminder"「最終確認」なども使います。 このときの"quick"は「時間をとらせませんよ」という意味があります。 関連リンク: 返信を催促する場合の英語例文 返信をくださいという表現 返信をお願いするときは、下記のような表現を参考にしてください。 I look forward to hearing from you. 返信よろしくお願いします。 "hear from ~"は「~から連絡をもらう」という意味で、手紙やメールなどの末尾に添える定番の言い方です。 I would be grateful if you could let us have your answer concerning this matter by March 10. この件に関して3月10日までにご回答をいただけると幸いです。 "I would be grateful if ~"「~していただけるとありがたく思います」は丁寧な表現で、ビジネスシーンでよく使われます。 期限を設け、早めの返信を促す場合 ビジネスメールでは、相手に送る最初のメールに返信の期限を入れるのが基本です。 「いつまでに」と具体的に期日を伝える場合は次のような表現があります。 リマインドメールで、改めて返信期限を伝える際にも使えるので覚えておきましょう。 Please respond by this coming Friday. 今度の金曜日までにお返事をください。 I would appreciate it if you could give us your reply by March 15. 3月15日までにお返事いただけると幸いです。 期限を設けるほか、返信をお願いする理由を示しておくと効果的な場合もあります。 I need your information in order to complete our report. 報告書を作成するために、あなたからの情報が必要です。 I need to submit it to the customer by March 5. 3月5日までにお客さまに提出しなければいけません。 メールの最後に、メールが行き違いになっている場合を考えて、次のような一文を添えておくのもオススメです。 If you have already shipped the sample, please disregard this message. 見本を既に出荷済みでしたら、このメッセージを無視してください。 ほかに、早めの返信を促したい場合には次のような表現があります。 I hope to hear from you by April 15. 4月15日までにお返事をいただきたいです。 もう少し丁寧な印象にしたい場合は下記のような表現もあります。 I would appreciate it if you could get back to me right away. すぐにお返事をいただけるとありがたいです。 主語を"I"や"We"でなく"Your early reply"や"Your prompt reply"「早めの返信」とすることで、急いでいることを強調することができます。 この言い回しもビジネスシーンでよく使われる表現です。 A prompt reply will be greatly appreciated. 迅速な返事をいただけると幸いです。 「~していただけませんか?」とお願いするときは、"Could you ~"を使って下記のように表現することができます。 Could you please send me your reply by April 30? 4月30日までにお返事をいただけますか? "Could you ~"の前に"I apologize for the urgency, but ~"「お急ぎ立てして申し訳ありませんが」を加えると、より丁寧な印象になります。 催促のニュアンスをやわらげる表現 強い言い回しを避けて、こちらの勘違いかもしれないというニュアンスを含みながら問い合わせる場合には次のような表現が使えます。 I e-mailed you on March 15, but it seems that you have still not replied. 3月15日にEメールしましたが、お返事がないようです。 私のメッセージが届いてないかもしれないと心配しています。 「こちらからお知らせする情報が不十分で返信できないのかもしれない…」、そんなときは次のような一文を添えてみましょう。 Please let me know if you need more information concerning this matter. この件についての詳しい情報が必要でしたらお知らせください。 メールを作成してみよう 催促メールを送る際の例文をご紹介します。 Dear Mr. If you have any questions or concerns, please let me know. Best regards, Taro Yamada スミス様 本メールは私が4月15日に送信しましたメールに対する返信をいただいていないということを念のためにお知らせするものです。 私のメールがひょっとして届いていないのかと危惧しております。 スミス様のフィードバックは私が提案書を修正するのに必要なものでございますので、4月30日までに返事がいただけますと大変ありがたく存じます。 ご質問や気になる点がございましたら、お知らせください。 よろしくお願いいたします。 山田太郎 関連リンク: 催促メールでも丁寧さを忘れない 取引先の相手からメールの返信がないと不安になりますが、催促メールを送るときも相手の気持ちに配慮した、気づかいのある表現をしましょう。 通常のビジネスメールとマナーや注意点は同じ。 メールを受け取った相手にも気持ちよく動いてもらえるように丁寧な言い回しで、分かりやすく書くことを心がけましょう。 この記事をシェアする•

次の