インスタライブ 配信方法。 インスタライブの配信・視聴方法とは?

インスタライブの配信・視聴方法とは?

インスタライブ 配信方法

インスタライブを見方・視聴する方法 まずは自分が視聴者になって、友人・芸能人の配信の見方を紹介します。 コメント・ハートの送信など、視聴者が利用できる機能も解説します。 インスタライブの見方 インスタライブはスマホ・タブレットと、パソコンで視聴できます。 各デバイスでインスタライブを視聴する方法を紹介します。 スマホ・タブレットでのインスタライブの見方 スマホ・タブレットでインスタライブを見るには、インスタグラムの公式アプリを利用しましょう。 公式アプリならコメント・ハートの送信など、各種機能を利用できます。 スマホ・タブレットでの視聴方法は下記の通りです。 インスタグラムの公式アプリを開く 2. フィード画面の上部にあるストーリーズ欄をチェック 3. 「ライブ動画」と記載のアイコンをクリック ライブ配信している場合、ストーリーズ欄に「ライブ動画」と表示されます。 ライブ配信を見たいユーザーのアイコンを、クリックするだけでOKです。 なおフォロー外のユーザーのインスタライブも視聴できます。 検索から相手のプロフィール画面に訪れて、アイコンをクリックしましょう。 PC(パソコン)でのインスタライブの見方 パソコンからでもインスタライブを視聴できます。 ただし機能が限定されており、ハート・質問の送信やシェアはできません。 パソコンでの視聴方法は下記の通りです。 インスタグラムのにアクセスしてログイン• フィード画面の横にあるストーリーズ欄をチェック• 「LIVE」と記載のアイコンをクリック ストーリーズ欄で「LIVE」と記載されたアカウントをクリックすればOKです。 機能に制限はありますが、スマホ・タブレットよりも大画面で見れるのが魅力です。 インスタライブ視聴中に利用できる5つの機能 インスタライブは視聴だけでなく、下記のような機能も利用できます。 配信者にコメント・ハートを送る• 配信者に質問カードを送る• インスタライブをシェアする• リクエストしてコラボ配信する• 視聴者を確認する 5つの機能について詳しく紹介します。 全機能を利用したい場合、スマホ版を利用しましょう。 配信者にコメント・ハートを送る 配信者にコメントや、「いいね」と呼ばれるハートを無料で送信できます。 コメントの送り方は下記の通りです。 画面下部の「コメントする」をクリック 2. 文字を入力して、「投稿する」をクリック 投稿したコメントは、自分のユーザー名ともに画面上に表示され、全視聴者が閲覧できます。 一度送信したコメントは、削除・編集できないので、適切な文章かどうか、しっかり検討しましょう。 とはいえコメントは新着順に表示され、どんどん上に流れていきます。 またコメント量が多い場合、すぐに流れていくので、悩みすぎる必要はありません。 どうしてもコメントを送るのが恥ずかしい時は、ハートを送りましょう。 ハートなら文章を考える手間なく、配信者にアクションを起こせます。 ハートの送り方は、下記の通りです。 画面右下のハートマークをクリック 自分のアイコンが表示された後、ハートマークに変わり、画面に浮かびます。 ハートは無制限で送れるので、連打での送信も可能です。 配信者に質問カードを送る コメントは流れが早いので気付かれにくかったり、全視聴者に見られてしまいます。 そんな時は、「質問カード」を利用しましょう。 コメントとは異なり、配信者に通知が直接届くので、聞きたい質問に答えられやすいです。 また質問を送信しただけでは、画面上に表示されません。 質問カードの送り方は下記の通りです。 画面下部の「? マーク」をクリック 2. 文章を入力して、「送信」をクリック 送信を押すと画面上に表示されませんが、配信者にはきちんと届いています。 なお自分の質問が選ばれると、画面上に大きく表示されるので、内容には充分注意しましょう。 インスタライブをシェアする インスタグラムのDMを利用すれば、ライブ配信のシェアができます。 インスタライブのシェア方法は、下記の通りです。 画面下部の「DMマーク」をクリック 2. シェアしたい友人を選んで、「送信」をクリック ライブ動画を直接送信できるので、すぐに配信へ参加できます。 友達にお知らせしたり、共有したい時に利用しましょう。 リクエストしてコラボ配信する 相手のインスタライブに参加して、コラボ配信もできます。 リクエストする方法は下記の通りです。 相手のインスタライブに参加する 2. 「リクエスト」をクリック 3. 「リクエストを送信」をクリック 4. 配信者が承認後、配信スタート リクエストを送信して、配信者が承認すると、インスタライブの画面が2分割されて自分が映ります。 カメラとマイクのアクセスを許可しましょう。 ライブ配信に参加すると、自分・相手のフォロワーに配信が表示されます。 ただし相手がリクエストを承認しなければ、当然ながらコラボ配信はできません。 視聴者を確認する インスタライブに参加した視聴者を確認できます。 確認方法は下記の通りです。 画面上部の「視聴者数」をチェック• 参加した人の名前をチェック 今現在、何人の視聴者がいるかを確認可能です。 また自分が参加後、誰が見に来たかもチェックできます。 ただし確認できるのはあくまでも、視聴者数と自分より後に来た人のみです。 自分より前に参加している視聴者や、リアルタイムでいるユーザーは確認できません。 録画保存されたインスタライブの見方 インスタライブは生配信なので、基本的には配信を逃すと視聴できません。 しかしライブ配信終了後、配信者がリプレイ(録画保存・アーカイブ)機能を利用すれば、配信後も視聴できます。 ストーリーズ欄に表示された「リプレイ」アイコンを、クリックすれば再生できます。 あくまでも保存された録画再生なので、リアルタイムでの交流はできませんが、配信内容やコメント・いいねなどを視聴できます。 ただしストーリーズに投稿されてから24時間が経つと、自動で消えるので、早めに視聴しましょう。 また一部のコメント・いいねは、自動で削除されるので、全く同じ内容を視聴できるわけではありません。 インスタライブの通知を受け取る方法 「好きなユーザーのインスタライブを見逃したくない…」時は、通知設定しましょう。 設定したユーザーがインスタライブを始めたら、通知が届くので、見逃す心配がありません。 通知の設定方法は、下記の通りです。 インスタライブの通知設定したいユーザーのプロフィールへアクセス 2. 「フォロー中」をクリックして、「お知らせ」をクリック 3. 「すべてのお知らせをオンにする」をオンに設定 なお スマートフォンの通知がオフになっていると届かないので、併せて設定しましょう。 インスタライブの通知をオンにすると、見逃し防止に役立ちます。 インスタライブを配信する方法 インスタライブを視聴するだけでなく、自分で配信することもできます。 スマホ1台で、世界中のインスタユーザーとリアルタイム交流可能です。 インスタライブの配信方法や、配信中に使える機能を紹介します。 インスタライブの配信方法 インスタライブは、スマホ・タブレットでのみ配信できます。 パソコンでは配信できないので注意しましょう。 インスタライブ の配信方法は、下記の通りです。 公式アプリを開いて、ホーム画面上部の「カメラマーク」をクリック 2. 「ライブ」に切り替える 3. 「シャッターボタン」をクリックすると配信開始 「接続を確認中」と表示され、数秒後にライブが始まります。 インスタライブ配信中に利用できる6つの機能 インスタライブ配信中は、下記7つの機能を利用できます。 視聴者に制限をかける• コメントを投稿・非表示・削除する• 視聴者に「ウェーブ」を送る• 配信中に加工する• ライブ配信をシェアする• ライブ配信にゲストを呼ぶ 各機能について詳しく紹介します。 視聴者に制限をかける インスタライブを配信中、配信者の確認ができます。 現在の視聴者数・リアルタイムユーザー・配信を見に来たユーザーを、確認できます。 またライブ配信の視聴者に、制限をかけられます。 制限すれば、特定のユーザーにだけ配信できます。 制限をかける方法は、下記の通りです。 左上の「設定マーク」をクリック 2. 「ストーリーズを表示しない人」をクリック 3. ライブ配信を見られたくないユーザーにチェックを入れ、「完了」をクリック チェックを入れたユーザーには、ライブ配信が表示されないので、見られる心配はありません。 ただしチェックを入れたままだと、通常のストーリーズも表示されません。 設定は自由に変更できるので、ライブ後はチェックを外すなどして対応しましょう。 なお アカウントを非公開に設定すれば、フォロー外のユーザーは閲覧できません。 配信を辞めたい場合、「終了する」をクリックしましょう。 またインスタグラム ・アウトカメラは、左上の切り替えボタンから変更できます。 コメントを投稿・固定・オフにする インスタライブを配信中でも、自分の配信にコメントを送信できます。 画面下部の「コメントする」に文字を入力して、送信をクリックすればOKです。 投稿されたコメントを長押しすると、コメントを固定できます。 ライブ配信は出入りが激しいので、重要な文章を固定すれば、毎回説明しなくても伝えられます。 全ユーザーのコメントをオフにしたい場合、右側のメニューバーをクリックして、「コメントをオフにする」をクリック。 自分・視聴者は、コメントを投稿できなくなります。 視聴者に「ウェーブ」を送る 自分の配信を見に来てくれたユーザーに、「ウェーブ」を送信できます。 手を振る絵文字のウェーブを送れば、「ようこそ」と伝えられます。 ウェーブを送るには、参加者の横にある「ウェーブを送る」をクリックするだけです。 たくさんの視聴者が来たり、話が盛り上がっている時は、新規視聴者が来ても毎回反応できません。 そんな時に ウェーブ機能を送れば、可愛いアクションが表示されるので、来てくれた感謝を伝えられます。 配信中に加工する 「ライブ配信したいけど顔出しが不安…」という方は、インスタライブの加工機能を利用しましょう。 動物のスタンプを顔に付けたり、美肌加工できるので安心です。 画面下部の「顔加工マーク」をクリックし、好きな加工・フィルタをクリックするだけです。 ライブ配信をシェアする 自分のライブ配信を、友人に直接告知できます。 画面下部の「DMマーク」をクリック後、シェアしたいユーザーをクリックして送信しましょう。 ライブ配信にゲストを呼ぶ 自分のライブ配信に友人を呼んでゲスト配信したり、リクエストを承認してコラボ配信できます。 自分でゲストを呼ぶ方法は、下記の通りです。 画面下部の「コラボ配信マーク」をクリック 2. 招待したいユーザーにチェックを入れて、「追加する」をクリック 3. 「ライブ配信を開始」をクリック 相手が許可すると、画面が2分割されてコラボ配信が始まります。 なお 招待できるのは1人まで、パソコンから視聴しているユーザーは招待できません。 「リストを見る」をタップして、リクエスト承認したいユーザーを追加すればOKです インスタライブの録画保存・リプレイを残す方法 インスタライブは生放送ですが、録画保存できます。 今回見れなかった視聴者に対して、録画保存・リプレイを任意で残しましょう。 録画保存・リプレイを残す方法は、下記の通りです。 インスタライブを終了する• 「ストーリーズでシェアする」をクリック ストーリーズ欄に24時間限定で、今回のインスタライブが表示されます。 ただし24時間が経過すると自動で削除され、アーカイブには残せません。 ちなみにインスタライブを終了後、配信を見たユーザーを確認できます。 最大24人までしか表示されませんが、足跡を確認したい時におすすめです。 インスタライブを視聴・配信できない時の解決方法 インスタライブは誰でも簡単に利用できますが、視聴・配信できないケースもあります。 4つの対処法を詳しく紹介します。 インスタグラムをバージョンアップする• 通信環境を確認する• インスタグラム側の不具合を確認する• スマートフォンのメモリを空ける インスタグラムをバージョンアップする インスタグラムは新機能の追加や、細かなバグの修正のため、定期的にバージョンアップされています。 そのためインスタグラムのバージョンが古いと、インスタライブを正常に利用できない可能性があります。 また自動アップデートの設定もおすすめです。 通信環境を確認する インスタライブはデータ通信が多い生配信なので、通信環境は重要です。 通信環境が悪い場所で配信すると、配信が途切れたり、タイムラグが生じてしまいます。 携帯回線ではなく、Wi-Fi環境下での配信をお勧めします。 Wi-Fiを使っても配信が悪い場合、ルーターを再起動するなどして、通信環境を整えましょう。 インスタグラム側の不具合を確認する 自分側ではなく、インスタグラム側に不具合が生じている場合、解消されるのを待つしかありません。 またシステムメンテナンス中は、ライブ配信の機能が制限されたり、ログイン自体ができないケースも。 インスタグラムの不具合は、から確認できます。 スマートフォンのメモリを空ける スマートフォンのメモリが不足していると、インスタライブを開いても落ちるかもしれません。 使用していないアプリをアンインストールしたり、バックグラウンドで起動中のアプリを終了しましょう。 まとめ インスタユーザーなら誰でも利用できるインスタライブは、友人・芸能人とコミュニケーションを取れます。 また自分が配信をして、世界中のユーザーと交流できるのも魅力です。 インスタライブには様々な機能があるので、今回紹介した使い方を参考に、ライブ配信を楽しんでください!.

次の

インスタライブとは?見方や保存方法、通知や配信方法も解説!

インスタライブ 配信方法

インスタグラムで以前から告知されていた 「ライブ配信」機能が遂に実装されました。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 今回はそのやり方を説明したいと思います Instagramライブ配信の始め方 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい ライブ配信を始めるにはまず、ストーリーの投稿画面にします。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい その後一番下にある 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 1、「通常」をズラして「ライブ」に合わせます 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 2、「ライブ配信を開始」をタップ 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい これで配信スタートです。 「接続を確認中です」と表示された後「3、2、1」のカウントダウンが始まり 「ライブ配信中です!」と始まります。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 後は好きなように配信を行ってください 通知について 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 通常の設定のままでライブ配信を始めると 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 配信者をフォローしている人にこのような通知が届きます。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい ホーム画面から見るとアイコンの上に「LIVE」マークが表示されます ホーム画面を見ても同じです。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい ライブ配信中は左上に赤く「LIVE」と表示されています 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 更に「LIVE」という文字をタップすると 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 経過時間が表示されます。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい ピンチアウトで拡大も出来ますが画像は荒いです。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 他にもタップするとインカメラとアウトカメラが入れ替わるので 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 顔出ししたく無い方は気を付けて下さい。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 更に名前からプロフィールを確認する事ができます。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい この設定は後からでも変更可能です。 視聴者からはこのような画面で配信されます。 右上に自分を含めた視聴者数が表示されています ライブ配信ですがタイムラグが結構あるのが残念でした。 これからの改善に期待したいと思います ライブ配信終了の仕方 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい ライブ配信を終了するには右上の「終了する」ボタンをタップします 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 誤タップ対策として一度確認があります。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 間違い無ければ「ライブ動画を終了する」をタップ 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい これで終了になります。 配信中に他のアプリを開いたりしても 自動的に配信終了になるようです。 そしてこちらが視聴者側の画面です。 写真及びテキストの無断使用はご遠慮下さい 通知が来たけど、配信に間に合わなかった時もこのように表示されます ライブ配信ってどんな感じ? 一通り説明しても最初はどんなものか分からない場合、 その時はライブ配信を見てみるのが一番かと思います 虫眼鏡の検索画面にすると 左上に「人気ライブ配信」が表示されるためタップします。 するとリアルタイムで配信されている動画を見る事ができます。 視聴者数が4桁ばかりなので驚きますが フォロワー数が20万以上の人気インスタグラマーが載っているようでした。 元々海外の方が早く実装されたので 日本人が少ないのは仕方ありません。 まだ実装されたばかりの機能なので、 これから自分なりの動画配信を楽しんでみてください。 【他にもInstagramライブ配信の使い方はこちら】 【 Instagram 便利な使い方】 【 Instagram ストーリーまとめ】 【 Instagramライブ配信まとめ】 【 Instagram ステッカーまとめ】 【その他】.

次の

インスタライブとは?配信・視聴方法と企業活用の4つのポイント|デジオデジコ(デジデジ)

インスタライブ 配信方法

Instagramの配信機能「インスタライブ」とは? 概要 アプリ名 Instagram 概要 ・SNS「Instagram」のサービスの1つ ・機能は少なくシンプル ・配信はアプリ専用 ・視聴のみPCでも可能 利用料金 無料 稼げる? 投げ銭のような機能はないので稼げない ダウンロード数 2020年7月時点 Google Play:100,000,000以上(1億) レビュー数 2020年7月時点 Google Play:100,000,000 iOS:2,000,000 運営会社 Facebook, Inc 世界的に人気なSNS「Instagram」には、実はライブ配信機能も搭載されています! アプリ側の機能で配信可能で、誰でも簡単に配信する事が出来ます。 配信はアプリ専用の機能で、パソコンから配信は出来ません。 (視聴はパソコンからでも可能です) 「配信」というと、17Liveみたいに「投げ銭で稼げるのでは?」と思うかもしれませんが、 インスタライブには収益関係の機能はありません。 もちろん投げ銭も無いので、稼ぐ事はできません。 写真や動画UPなどのSNS機能の付加サービスとして配信機能もある、といった感じですね。 芸能人や有名人、アイドルの配信が人気ですが、アパレルショップや飲食店も配信を活用して宣伝していたりします。 最近では一般ユーザーの配信も多くなってきましたね。 今回はインスタライブの使い方をまとめてみました。 私のアカウントと知人のアカウントをお借りして、実際に配信&視聴をした様子と共に紹介していきます! インスタライブの視聴方法・見方を画像付きで解説! まずはインスタライブの視聴方法を解説していきます! アプリは「Instagram」をそのまま使います。 配信用のアプリなどは用意されていません。 アプリを開いたらログインしましょう。 インスタグラムは、ライブ配信に限らずログインがほぼ必須です。 アカウントを持っていない方は、Facebookの連携 もしくは メールアドレスから作成してください。 フォローしている方がライブ配信中の場合、上記の「ストーリーズ」の部分に表示されます。 フォローしていないユーザーのライブ配信を見る事も可能です。 見たい方のアカウントを検索し、プロフィールからライブ配信へ行けます。 ライブ配信の一覧などはなく、配信だけを検索するのは難しいです…。 インスタライブの配信画面はこんな感じです。 他のライブ配信アプリと似たような感じですね! リスナー側は「コメント」「質問」「顔文字」「ハート送信」「ゲスト配信リクエスト」が可能です。 他の配信アプリのような「投げ銭」機能は、インスタライブには搭載されていません。 コメントしたり、質問したりして、配信を楽しんでみてください…! インスタライブの配信方法を画像付きで解説! 続いて、インスタライブでの配信方法も紹介していきます。 同じInstagramのアプリ上から配信可能ですが、 パソコンからは配信出来ません。 写真や動画をアップするところと同じボタンをタップします。 左端に「ライブ」があるので選択しましょう。 テスト配信してみました。 つみネコに映ってもらっています笑 「タイトル」「フィルター」「公開設定」を設定可能です。 配信に特化したアプリとは異なり、設定できる項目もシンプルですね。 配信者側の画面はこんな感じです。 めっちゃぶれてる… インスタライブには、コメントとは別に「質問」という機能が備わっています。 画像のような感じに、質問を選択すると画面下部に固定して表示が可能です。 質問に対してはコメントを残したりは出来ないようで、回答は喋るしかありません。 配信者側のカメラロールに保存されている画像・動画を、配信画面上にシェアする事もできます!画像のような感じに、右上に固定して表示できます。 視聴者から一人選んで、 視聴者側のカメラから映像を共有して貰う事も出来ます。 視聴者・配信者、双方共にリクエストが可能です。 インスタライブの配信終了後、 「IGTVでシェア」「ダウンロード カメラロールに保存される 」「動画を削除」から選べます。 「IGTV」とは、ストーリーに投稿できる動画の長いバージョンみたいなイメージです。 最大60分までの動画を投稿できます。 以上、インスタライブの配信方法でした! 他に分からない点がある方は、よくある質問もまとめてみたのでそちらもチェックしてみてくださいね。 Q1.ライブのアーカイブ 録画 は残せる? A.ストーリーズに投稿する形で、24時間だけアーカイブが残せます。 IGTVへシェアした場合は、配信者側が削除しない限り、アーカイブを残せます。 Q2.ライブを保存 ダウンロード は出来る? A.配信者側は配信し終わった時に、配信を保存する事が可能です。 視聴者側はスマホの画面収録機能等と使って保存する方法がありますが、アプリ側で保存方法は用意されていません。 スマホの設定でInstagramからの通知を許可しておく必要があります。 Q4.パソコンから配信はできる? A.パソコンからインスタライブは出来ません。 視聴は可能です。 Q5.コメントは非表示に出来る? A.2020年現在、インスタライブはコメント非表示にできないようです…。 まとめ.

次の