オセアニア じゃあ 常識 なん だ よ。 オセアニアじゃあ常識なんだよとは (オセアニアジャアジョウシキナンダヨとは) [単語記事]

海外の反応 平沢進 パレード編 [ニコニコあっぷる]

オセアニア じゃあ 常識 なん だ よ

『パプリカ』概要 『パプリカ』は2006年11月25日に劇場公開されたアニメーション映画である。 原作は筒井康隆の同名小説。 監督は『東京ゴッドファーザーズ』や『千年女優』を手掛けた今敏、音楽は『剣風伝奇ベルセルク』や『DETONATORオーガン』を手掛けた平沢進が起用されている。 第63回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門へ正式出品されており、また、animecs TIFF 2006のオープニング上映作品にもなった。 キャッチコピーの通り、この映画は夢を中心にストーリーが進んでおり、夢の中や心の中にいるもう1人の自分とどう向き合うのかを考えさせられるストーリー展開が話題を呼んだ。 あらすじ・ストーリー 天才研究者の時田浩作によって開発された夢を共有する装置、DCミニ。 千葉敦子は精神医療総合研究所の職員として働きながら、DCミニを使用して夢を共有し、夢の中でのみ現れる人格「パプリカ」を使ってサイコセラピーをおこなうサイコセラピストとして研究所の所長である島寅太郎らとともに活躍している。 警察官の粉川利美も島の紹介でDCミニを使った「パプリカ」によるサイコセラピーを受けはじめる。 そんなある日、そのDCミニが研究所から奪われる事件が発生する。 他人の夢に潜り込むことが出来るDCミニによって夢という深層心理の領域に他人が踏み込んでしまうことの危険性を危惧し、開発を凍結させようとする車椅子の理事長・乾精次郎と口論となる島と千葉であったが口論の最中にDCミニの悪用によって島が発狂、突如走り出し研究所から飛び降りて大怪我、昏睡状態になる事態となる。 この事態を受けて千葉と時田、研究所職員の小山内守雄らはDCミニを取り戻すために動き出す。 時田の部下であった氷室啓がDCミニを奪った犯人ではないかとみた3人は氷室の家へと向かう。 しかし、家はすでにもぬけの殻で氷室を見つけることはできなかった。 天才である時田はDCミニを盗んだとされる氷室の行動が分からず、千葉に相談するも天才ゆえの人の命を軽視した言動に怒られてしまう。 このことをきっかけに時田は千葉の力を借りず、氷室を説得しようとDCミニを独断で利用する。 しかし、逆に夢に犯されてしまい、昏睡状態となってしまう。 一方、千葉もパプリカの手助けによって目を覚ました島とともにDCミニを使って氷室の夢に侵入する。 氷室にDCミニの悪用をやめるよう説得するが、すでに氷室もほかの人に夢を侵食されており、昏睡状態となっていることが判明する。 千葉はその後も夢の中を探し回り、真犯人が乾と小山内であることを突き止めるがそれと同時に彼らに捕らえられてしまう。 不自由のない体を取り戻すという乾の野望を知るも絶体絶命の状況の中、サイコセラピーの途中に侵食された夢に巻き込まれてしまった粉川が姿を現す。 粉川によって千葉は助け出されるが、助け出す際に銃撃を受けた小山内が現実世界でも死亡してしまう。 この現象を皮切りに夢と現実世界が入り交じる事態になる。 瞬く間に現実世界は夢に侵食され、夢に犯されて自分を見失っている時田も現実世界に現れる。 パプリカもこの現象によって千葉と完全に分離、1つの人格として現実世界に現れて千葉や粉川のサポートを始める。 死亡した小山内の側にいて最初に夢に取り込まれた乾はこの不可思議な現象を利用して、当初の目的であった不自由のない体を取り戻すことに成功し半透明な巨人として現実世界に顕現する。 千葉はその間に暴走した時田に取り込まれてしまうが、乾と同じように現象を利用し半透明な赤子として乾と対峙する。 赤子の状態の千葉は乾をどんどん吸い込み、それに伴い身体の成長を始める。 最後には乾を丸ごと取り込むことで成人女性にまで成長し、この不可思議な現象を止めた。

次の

『白虎野の娘』コイツがイルなことくらいオセアニアじゃあ常識なんだよ

オセアニア じゃあ 常識 なん だ よ

作品概要 白虎野の娘• 被収録作品 パプリカ オリジナル・サウンドトラック• リリース 2006年11月23日• 収録時間 43分• プロデュース 平沢進 参考 作品情報 『白虎野の娘』2006年発表の平沢進の楽曲。 アニメ映画の主題歌になったことや、VOCALOIDによりカバーされるなど、知名度の高い曲のひとつである。 今作が収録された「パプリカ オリジナル・サウンドトラック」は、今敏によるアニメ映画『パプリカ』のサウンドトラックである。 平沢進のサウンドトラックとしては『妄想代理人 オリジナルサウンドトラック』より2年振りとなる。 タイトルにある「白虎野」とは、ベトナム沖に実在する油田の名前に由来し、元々は2006年2月に発表されたアルバム『白虎野』の中の一曲「白虎野」を、同年11月公開のアニメ映画「パプリカ」の主題歌用にリアレンジしたものである。 リアレンジに伴い、歌詞を一部差し替えし、コーラスも一部が女性に変更された。 アニメ映画『パプリカ』の主題歌に、歌詞の一部を差し替えた上で使用されている。 歌詞については、大国に翻弄され南北に分裂し、戦争によって国土を破壊されたベトナムの暗い歴史と復興を歌っているといわれる。 その後ソ連との共同開発により生産を開始し、現在ベトナム最大の油田として稼動しベトナム経済を支えている。 尚、女性コーラスについてはVOCALOID「LOLA」を使用していることを、2008年12月12日発売の雑誌「ユリイカ」でのインタビューにて平沢進氏本人より言及された。 参考 *JASRACに配慮し歌詞等の引用及び関連動画へのリンクは控えさせていただきます。 尚、記事本文が抽象的な内容になってしまうことをあらかじめお詫び申し上げます。 本作について詳しく知りたい方は、各自公式サイト等別途動画を参照されたし。 作品レビュー 荘厳なサウンドと神仏に綴られた御言葉然とした歌詞からなる稀代の怪作である「白虎野」のリアレンジとなる今作。 エレクトロニックで上品な旋律もさることながら、歌詞の方も複雑怪奇であり様々な解釈の余地がある平沢節満載の非常に奥深いものになっているが、注釈でも述べた通り詳細な歌詞の考察がはばかられることが非常に残念。 やはり強大な権力には抗えないのか。 もはや批評などもおこがましいので、ここでは少々無粋ではあるが主にサウンドについて個人的な感想を書き綴っていきたいと思う。 桃源郷ここにあり この曲、中毒性が半端じゃない。 目を閉じて無心になって聴くと、まるでニルヴァーナにでも訪れたかのような錯覚を引き起こし、脳髄から湧き上がる快感に全身が支配されることだろう。 誇張抜きで宇宙とか天国とかそんなレベルの体験ができるはず。 こういった独創的で何でもありな唯一無二のサウンドは、長年培ってきた音楽性を固持することなく純粋に音楽性のみを柔軟に追求した結果の産物であろう。 平沢進の真骨頂 これらの音源の制作には平沢自身の様々な政治的、歴史的関心が背景に存在するようだが、それらを全て音に乗せて表現する技術は圧巻。 今作でいえば従来のエレクトロニックな音作りに加え、歌詞にもあるように若干の東南アジアテイストを連想させる曲調となっている。 並びに多重録音やボカロ等を起用した様々な声帯コラージュが織り成す神秘的でディストピアチックな轟音は、まさにアーティスト平沢進の真骨頂と呼べる代物ではないだろうか。 『パプリカ』の存在 今回なぜオリジナルの『白虎野』ではなく、リアレンジである『白虎野の娘』の方をフィーチャーしたのかというと、お察しの通り映画『パプリカ』の存在によるところが大きい。 映画をイメージしながらこの曲を聴くことにより、映画、音楽両方の作り出す世界に対し、より一層深く入り込めることだろう。 平沢進と今敏のタッグは言わずもがな、そこに筒井康隆が入ってくるとなると、劇的な化学反応が起こることは免れないのだ。 これ以上は『パプリカ』のレビューになってしまうのでこのあたりにしておくとして、そっちも当然守備範囲なので機会があればそちらの方もレビューしてみたい。

次の

#1 冥土さんのヨシヨシが最強なことぐらいオセアニアじゃあ常識なんだよ

オセアニア じゃあ 常識 なん だ よ

おかえりなさいませ、ご主人様 黒いロングスカートが特徴的なワンピースにクラシカルな白いフリルのエプロンそして頭にかぶったキャップタイプのホワイトブリム。 メイドの彼女はいつもどおりオレを出迎える。 オレの名前はダンデ、今はバトルタワーのオーナーをしている。 彼女の名前はカランコエさん、一応肩書きはオレの秘書ということになっているが本人は俺に仕えるメイドだと名乗っている。 彼女にはオレがチャンピオンになったときからお世話になっている。 オレと彼女の出会いは十年前にも遡る。 当時、オレは十歳で彼女は十四歳だった。 彼女は元々ローズ委員長の下で働いていた。 チャンピオンになったばかりのオレはスポンサーへの挨拶まわりやテレビの撮影などチャンピオンとしての仕事に慣れず困っていた。 今までバトルしかしてこなかったツケがここで回ってきたのだ。 ローズさんも助けてくれるが、あの人も忙しいのでなかなか時間が取れずオレは四苦八苦しながらなんとか仕事をこなしていた。 そんな時だった。 彼女と出会ったのは、彼女はオリーヴさんの直属の部下で若いながらもその優秀な仕事ぶりからローズさんも期待している様だった。 彼女と初めて会った時は驚いた。 ローズさんに呼ばれたと思ったらメイドさんがいたからな。 オレと歳が近いという理由で彼女はオレの秘書になったが、彼女は凄かった。 オレのスケジュール管理から仕事の調整、オレがミスをしたときは完璧にフォローしてくれた。 例えばオレの方向音痴のせいで大事な会議に遅れそうな時は彼女がオレの居場所を把握し、迎えを寄越すなど本当に助かっていた。 彼女がいなければチャンピオンのオレはいなかっただろう 彼女は、オレがチャンピオンの重圧に押しつぶされそうな時も支えてくれた。 初の防衛戦で挑む側では無くなり、チャンピオンとしてこの地位を守らなければいけないと思ったら、オレは思うように指示が出せなくなった。 そんな時にも、彼女はオレがチャンピオンではなくなったとしても支え続けると彼女がオレを抱きしめながら言ってくれた。 彼女に大分カッコ悪いところを見せてしまったがそんなオレの事を大切に思ってくれて嬉しかったんだ、彼女のおかげでオレはプレッシャーに負けずに十年間勝ち続けることができたんだ。 それに、オレは生活の面でも彼女に支えられている。 カレーしか作れないオレの為に栄養バランスも完璧な温かい食事を作ってくれたり、部屋を借りたのはいいが仕事が忙しくあまり帰れないので物が溜まった部屋を掃除してくれたりオレが眠れないと知るやオレが眠るまで子守唄を歌ってくれた。 (今はもうやってくれないが今でもオレの思い出になっている) オレの生活は公私共に彼女には支えられている。 彼女がいなければオレは生きていけないと言っても過言ではないな。 [newpage] こんにちわ、紳士淑女の皆様方ワタクシ、カランコエと申します。 現在、ワタクシはダンデ様にお仕えしております。 素晴らしい主人に仕える事ができて不肖メイドのワタクシには身に余る光栄です。 実はワタクシには誰にも言えない秘密があります。 それは、前世の記憶があるということです。 前世では、ワタクシは子ども好きなのがこうじて保育士になりました。 園児たちと話が出来る様にぷいきゅあやポケモンはよく観ていましたが、ゲームの方のポケモンはプラチナしかやってませんし、バトルよりもコンテストやポフィン作りの方に力を入れていたので前世の記憶はあまり活かせなかったと思います。 ですから、この世界に転生した時ワタクシは驚きました。 この世界では十歳の子供が成人として認められて、子供に危険なポケモンがいる所を旅させると知りあまりの放任主義に目が点になりました。 これでも子供好きがこうじて保育士にまでなったワタクシです。 かわいい子には旅をさせよと言いますが十歳の子供、小学生くらいの子供を守らないなんて有り得ません。 子供達を守らなければ その為にワタクシは頑張りました。 この世界のことを知る為にポケモンと触れ合い、沢山勉強しました。 実はワタクシの家系なのですが、王族の方々にお仕えする由緒ある家系ということで、ワタクシ幼い頃からメイドになる為の教育を受けてきました。 このメイド服もその為です。 ですが、家の事は良いから自分のやりたい事をやりなさいとこの世界の両親はおおらかな人達でワタクシのやる事を応援してくれました。 本当にありがたいことです。 そんな幼少期を過ごしていた私ですが、将来の夢はか弱い子供達を守るためにジョーイさんかレンジャーになろうと思っていました。 ですが、ある日ボランティアで病院の子供たちと触れ合う機会があったので遊び相手としてワタクシのリオルを連れて行きました。 (メイドたるもの主人の身を守るためにポケモンを持つべきという母の教えでリオルをもらいワタクシのポケモンになったのです。 ) ですが、ワタクシが子供達と遊んでいる時に事件が起こりました。 野生のポケモンが子供達を襲ったのです。 ほかの大人達は慌てて何も出来ない人ばかり。 ワタクシは子供達を守るため戦いました。 リオルが野生のポケモンと睨み合っているうちに何とか子供達を避難させ、野生のポケモンはワタクシの機転でなんとか追い払いました。 そして、それを見ていたローズ様にスカウトされ、ワタクシはマクロコスモスに入社することになったのです。 最初は大変でしたが、前世の保育士は子ども達との体力勝負な仕事でしたからそれに比べれば書類の整理や作業なんて軽いもんです。 一生懸命、仕事を覚え、周りの人への気遣いを忘れず仕事をしていくうちに気づけばワタクシはオリーヴさんの直属の部下という立場になりました。 そして、今のご主人様と出会ったのです。 最初にローズ様に紹介された時は驚きました。 まだ十歳になったばかりであろう子供にローズ様は チャンピオンという名の重すぎる期待をなさっているのです。 こんな親の庇護が必要な少年にそんなものをかける必要なんてありません。 ワタクシはローズ様に進んでダンデ様の秘書を申し出ました。 元よりローズ様はそのつもりだったのでしょう話はトントン拍子に進みました。 それから、ワタクシのご主人様にお仕えする日々が始まったのです。 ダンデ様はチャンピオンとしてスポンサーへの対応や有名人としてファンに対応することを望まれていました。 ですが、まだ十歳の子供に大人顔負けの対応をしろというのは無理な話です。 その為にワタクシは少しでもご主人様の支えとなる為に奮闘しました。 スポンサーへの根回しや今後ともお世話になる方への接待。 テレビや雑誌の取材などはご主人様が無理のない範囲で調整していきました。 ファンへの対応などは元々明るく、人前に出ることに物怖じしない性格のためワタクシが教えるまでもないほどファンサービスが完璧でご主人様のファンは日に日に増えていったのです。 ですが、有名に慣ればなるほど期待は重くなるものです。 ご主人様は、チャンピオンという期待に応えようとして重すぎる期待にいつも通りの力が出せなくなっていったのです。 こんな時こそ子供を守らず何が大人ですか!! ワタクシはご主人様を前の世界の子供達にしたように抱きしめました。 そして、頭をなでながら優しく言いました。 大丈夫、大丈夫よ ダンデがチャンピオンじゃなくても ワタクシはダンデのことが大切 ずっと、ずっ〜と ワタクシはダンデが大好き イヤなら逃げても良いのよ ワタクシのかわいい子 ご主人様はやっと泣いたのです。 チャンピオンでもなくただの子供として、ワタクシはこの子の心を守る事ができたのです。 まだまだ幼い子供達の柔らかい心を守る事ができて、ワタクシは満足でした。 そんなワタクシの心にはいつしか母性というものが目覚めていったのです。 親が子どもを愛おしいと思わない訳ないでしょう?子供がお腹を空かせていたら温かいご飯を食べさせるでしょう?お部屋が汚れていてもし怪我をしてしまったら心配でしょう?眠れないなら一緒にいて子守唄を歌ってあげるでしょう? ご主人を育てるうちにワタクシは愛おしくて大切で温かいこの小さな命を守る為なら命すら惜しくないとすら思ってしまう親の気持ちがわかりました。 それからあっという間に十年が経ちました。 オーナー いつも側にいてくれる冥土さんの事が大好き ソニアの料理も好きだが冥土さんの料理も好き チャンピオンになりたての頃は大変だった 冥土さんにカッコ悪いところを見せたので恥ずかしいと思っている。 でも、もう一回よしよしして欲しいかも 子守唄も歌って欲しいかもしれない ローズ委員長 社長さん 面白い子供がいたのでスカウトしたらすごく有能で満足 冥土さんの母性に気付いている人 彼女あの歳ですごいね。 人生二週目?(大正解) リオル 冥土さんの相棒 こっちもこっちで主人に似てダンデさんのリザードンを甘やかしている。

次の