天気 の 子 興行 収入。 「天気の子」興収100億円!新海作品またも日本TOP10入り

興行収入140億円を突破した新海誠監督最新作!映画『天気の子』Blu

天気 の 子 興行 収入

映画『天気の子』が、公開から2019年8月5日までの18日間で、観客動員440万人、興行収入60億円を突破する見込みであることがわかった。 あわせて、RADWIMPSの主題歌のひとつ「大丈夫(Movie edit)」が使用された特別映像がお披露目となった。 『天気の子』は、2016年に公開された前作『君の名は。 』から3年ぶりとなる、新海誠監督の最新作。 幅広い世代が劇場に殺到し、初日からわずか3日間で興行収入16. 4億を突破し、『君の名は。 』対比128. 6%を記録する大ヒットスタートを切った。 公開から2019年8月5日までの18日間で、観客動員440万人、興行収入60億円を突破する見込みだ。 また今回、RADWIMPSの主題歌のひとつ「大丈夫(Movie edit)」が使用された「特別映像・後報(1)」が公開された。 映画『天気の子』は、全国東宝系にて公開中。

次の

【興行収入ランキング】天気の子vsアラジン【データ分析】

天気 の 子 興行 収入

可能性は低いと思います。 面倒がなければ、以下長いですがお読みいただけると嬉しいです。 「君の名は。 」の特徴は高い評価の口コミによる圧倒的ロングランです。 2016年の夏公開の映画なのに、あちこちの映画館で翌年初まで長く上映されていました。 私は初日に見たのですが、近所の映画館ではやっていないため、遠くの映画館に足を運びました。 しばらくして、人気があることがわかると「君の名は。 」を近所の映画館も上映し始めました。 今作は前作にに比べてスタート時のスクリーン数をかなり確保しています。 当然封切りからのスタートダッシュは間違いなく前作を上回るでしょう。 しかし、今作は大団円のハッピーエンド作品ではなく、暗い影が見える条件付きハッピーエンドの作品です。 このため、前作より低評価の口コミが広がりブームは長く続かない可能性があります。 私の見立てでは、興行収入は100億を超えた辺りで失速するだろうという予想です。 ただ100億円というのは、「君の名は。 」の250億円に比べるとかなり低い興収ですが、それでも圧倒的です。 現在、100億稼げるアニメ監督は日本で宮崎駿さん、新海誠さんの2人しかいません。 庵野秀明さん、細田守さん、長井龍雪さん、片渕須直さんなどの優秀な監督でも50億も行けばとんでもないヒットと考えるのがアニメ映画業界です。 100億稼げる監督はスポンサーが金の匂いにつられて我も我もとやってくるため、自分の我が通した作品が作りやすいです。 それを前提に、新海監督は自ら商業的成功よりも自身の作品への納得度を重視し、口コミを恐れない作品を作り上げたのだと私は考えています。 これは、丁半バクチで言えば、君の名は。 を超えない方に賭けた方が分がいいです。 だって、君の名は。 の世界興行収入は宮崎駿を抜いて日本映画のトップですから、この自己記録を超えるのは「オリンピックで世界新を出せ」って言ってるようなもんです。 ただ、それじゃ詰まらないよね。 わたしの予想は6月の段階でこちらに書いています。 超える・超えないは結果論だが、君の名は。 よりも遥かに好条件が揃っているという分析です。 そして、これらが相乗効果をあげて、非常に良い状態になっています。 実際に、ライバルと言われたトイストーリー4、ペット2を公開から約2週間ずっと抑えて1位をキープしています。 夏休み映画というのは、基本的に子ども・学生向けのものです。 大人は子どもを連れて、不本意ながらもアニメに付き合うというのが一般的でした。 ところが、天気の子の場合、ずっと上の客層を狙える映画になっています。 つまり、夏休みを過ぎても、長期間の興行ができる内容の映画です。 君の名は。 の興行収入がすごかったのも同じ理由です。 少子高齢化社会なんですから、人口の比率の高い40代以上を動かせる内容かが重要になります。 中高年は若者よりも流行への反応が鈍いですが、そのぶん当たると大きいのです。 まあ、バクチというなら、君の名は。 を超える方に賭けておきましょうか。 絶対勝てる馬券では面白くもないですからね。

次の

映画『天気の子』に不評相次ぐ「退屈」「違和感」「お薦めできない」…『君の名は。』との差

天気 の 子 興行 収入

可能性は低いと思います。 面倒がなければ、以下長いですがお読みいただけると嬉しいです。 「君の名は。 」の特徴は高い評価の口コミによる圧倒的ロングランです。 2016年の夏公開の映画なのに、あちこちの映画館で翌年初まで長く上映されていました。 私は初日に見たのですが、近所の映画館ではやっていないため、遠くの映画館に足を運びました。 しばらくして、人気があることがわかると「君の名は。 」を近所の映画館も上映し始めました。 今作は前作にに比べてスタート時のスクリーン数をかなり確保しています。 当然封切りからのスタートダッシュは間違いなく前作を上回るでしょう。 しかし、今作は大団円のハッピーエンド作品ではなく、暗い影が見える条件付きハッピーエンドの作品です。 このため、前作より低評価の口コミが広がりブームは長く続かない可能性があります。 私の見立てでは、興行収入は100億を超えた辺りで失速するだろうという予想です。 ただ100億円というのは、「君の名は。 」の250億円に比べるとかなり低い興収ですが、それでも圧倒的です。 現在、100億稼げるアニメ監督は日本で宮崎駿さん、新海誠さんの2人しかいません。 庵野秀明さん、細田守さん、長井龍雪さん、片渕須直さんなどの優秀な監督でも50億も行けばとんでもないヒットと考えるのがアニメ映画業界です。 100億稼げる監督はスポンサーが金の匂いにつられて我も我もとやってくるため、自分の我が通した作品が作りやすいです。 それを前提に、新海監督は自ら商業的成功よりも自身の作品への納得度を重視し、口コミを恐れない作品を作り上げたのだと私は考えています。 これは、丁半バクチで言えば、君の名は。 を超えない方に賭けた方が分がいいです。 だって、君の名は。 の世界興行収入は宮崎駿を抜いて日本映画のトップですから、この自己記録を超えるのは「オリンピックで世界新を出せ」って言ってるようなもんです。 ただ、それじゃ詰まらないよね。 わたしの予想は6月の段階でこちらに書いています。 超える・超えないは結果論だが、君の名は。 よりも遥かに好条件が揃っているという分析です。 そして、これらが相乗効果をあげて、非常に良い状態になっています。 実際に、ライバルと言われたトイストーリー4、ペット2を公開から約2週間ずっと抑えて1位をキープしています。 夏休み映画というのは、基本的に子ども・学生向けのものです。 大人は子どもを連れて、不本意ながらもアニメに付き合うというのが一般的でした。 ところが、天気の子の場合、ずっと上の客層を狙える映画になっています。 つまり、夏休みを過ぎても、長期間の興行ができる内容の映画です。 君の名は。 の興行収入がすごかったのも同じ理由です。 少子高齢化社会なんですから、人口の比率の高い40代以上を動かせる内容かが重要になります。 中高年は若者よりも流行への反応が鈍いですが、そのぶん当たると大きいのです。 まあ、バクチというなら、君の名は。 を超える方に賭けておきましょうか。 絶対勝てる馬券では面白くもないですからね。

次の