クハラ mステ。 元KARA ハラさん自殺か…日本在住も「用がある」韓国に戻っていた― スポニチ Sponichi Annex 芸能

【動画あり】テレ東音楽祭で放送事故!ハラのヌーブラ丸見えハプニング!

クハラ mステ

(C)まいじつ 11月24日、かつて日本でも一世を風靡したK-POPグループ『KARA』元メンバーのク・ハラさんが、韓国内の自宅で自殺した。 今年5月末にも自殺未遂をしたことが記憶に新しいハラさん。 6月には日本での芸能活動を復帰させたが、ファンや業界内には「時期尚早では」「しっかり回復してから復帰してほしい」との声も多く、そのメンタル面には不安が囁かれていた。 「ここ数年のハラさんは、不幸の連続によって精神的につらい状況が続いていました。 昨年9月には、元交際相手が『彼女から暴行を受けていた』と証言したことで、世間からのバッシングにさらされています。 しかし、真相は逆にハラさんがDV被害を受けており、リベンジポルノ動画をネタにゆすられていたことも発覚したため、元交際相手に有罪判決が下りました」(韓国芸能通) 一連の騒動は日本のメディアでも報道され、ハラさんは元交際相手からヒドい目に遭わされ、自殺未遂に追い込まれた被害者として同情を買うことに。 ハラさん自殺で昨年の問題発言が再燃… 昨年10月17日放送の「ミヤネ屋」は、巨大なパネルを使ってハラさんと交際相手との一連の騒動を報道。 元交際相手がリベンジポルノ動画を脅しに使った事件も解説したのだが、何と宮根はイメージ画像としてパネルに記された再生マークを押し、「(動画は)出ないの?」との〝ボケ〟を披露したのだ。 アシスタントの女子アナから「アホなこと言わないでください」と注意を受けたが、宮根は全く悪びれることなく、続けて「でもちょっと期待したでしょ?」とコメンテーターの元野球選手・赤星憲広氏に悪ノリ。 その後も「でもこのマーク付いてるから(笑)」と再生マークを連打するボケを続け、自殺未遂というコトの重大さを全く理解していない様子だった。 当時も宮根の人間性を疑う声が上がったが、ハラさんがついに自殺したことで、ネット上ではこの一件が再燃することに。 《ミヤネ頭おかしいんじゃないの》 《クズ過ぎ》 《リベンジポルノの下劣さ分かってないのかな》 《ゲス過ぎる。 笑えない》 《マジで身を引いてほしい さすがに頭おかしい》 《当時でさえ自殺未遂だったのによくこんな扱いできたな》 《こういう男がSNSでハラちゃんを死に追い詰めたんだよ》 など、あらためて厳しい声が寄せられている。 そして11月27日放送の「ミヤネ屋」では、ハラさんの自宅前から中継したり、これまでに自殺をした韓国スターの大きなパネルを用意。 これにも、 《ミヤネ屋ハラちゃんの住所さらすなや》 《何あれ? ハラちゃんの自宅まで映す必要ある? スタジオにジョンのパネルまで作って… 癒えてない傷をえぐるようなことせんでほしい!!》 《非公表のハラちゃんの自宅から生中継… 自殺者のパネルわざわざ並べて、やること最低》 《え、ミヤネ屋でハラちゃんが亡くなったからって、自宅映していいの? ファンは知らないらしいよ…》 などと、その報道姿勢に呆れる声が殺到した。 1年前と今回。 「ミヤネ屋」は完全にファンを敵に回してしまったようだ。

次の

KARAのハラが、寄付KARAのハラが、東北地震の見舞金として1億ウゥ...

クハラ mステ

別れ話のもつれからハラの情報をDispatchにタレコミ 9月14日0時頃、ハラの元カレであるヘアデザイナーのチェ・ジョンボム氏はハラのもとを訪れ、約30分間喧嘩 別れ話 をした。 そして午前1時過ぎにDispatchに「ハラに関して情報があるので電話してほしい。 遅れたら他のところに提供する」と、連絡先を伝えた。 喧嘩の際には、暴行があり、チェ氏は「別れを要求したところ、暴行を加えられた」と主張し警察に通報した。 実際に警察は現場に出動した。 関連記事: 動画による脅迫? チェ・ジョンボム氏は午前2時頃ハラに約30秒の性関係を撮影した動画を送った。 当時暴行の内容だと思っていたハラは、動画の内容に衝撃を受けた。 ハラは「動画を流さないでほしい」とチェ・ジョンボム氏の前で土下座した。 この場面はエレベーターの防犯カメラにそのまま映っている。 この動画も性行為を撮影した映像だった。 チェ・ジョンボム氏は「ハラの一方的な暴行」と言っていたが… 「別れを要求したところ、一方的に暴行を加えられた」とチェ・ジョンボム氏は主張していたが、 Dispatchの独占インタビューに応じたク・ハラは足と腕にできたアザと産婦人科と整形外科の診断書、ク・ハラに対して暴言を吐くAさんの文字メッセージなどを公開した。 その後ハラは脅迫・強要の容疑でチェ・ジョンボム氏を告訴した。 動画での脅迫に対するチェ・ジョンボム氏側の言い分 1. 9月13日、暴行事件があった当時、ハラさんが見ている前で送信したものが行為の全てです。 Dispatchが「Cがかつて撮っておいた性関係動画」だと報道したが、これはハラさんが提案したものであり、ハラさんが撮影したものです。 警察調査を通じて 動画が 流布したことがないことは、十分証明されるはずです。 Dispatchに垂れ込むというのは問題の動画ではなく、9月13日にハラさんがつけた傷に対する部分でした。 チェ・ジョンボムさんが暴行を受けた後、その場でハラさんを通じて芸能関係者A氏と事務所関係者を連れてきて、土下座して暴行に対して謝罪することを要求し、カカオトークメッセージを送ったのは事実ですが、ハラさんに土下座しろと言ったことはありません。 9月13日以降、ハラさん側といかなる接触もなかったため、脅迫や強要はなかったという最低限の立場を伝えたのです。 産婦人科の診断書に対するチェ・ジョンボム氏側の言い分 チェ・ジョンボム氏側の弁護士は「本件が発生する前である8月23日から9月1日まですでに産婦人科の診療と処方を受けていたにもかかわらず、まるでチェ・ジョンボムさんの行為によって被害が発生したかのように事実を歪曲し、産婦人科の診断書を公開した。 」と主張し、ハラが産婦人科に行っていたことや、下血していたことをチェ・ジョンボム氏に伝えていたカカオトークのメッセージ画面を公開しました。 証拠として出されたカカオトークのメッセージ画面.

次の

元KARA ハラさん自殺か…日本在住も「用がある」韓国に戻っていた― スポニチ Sponichi Annex 芸能

クハラ mステ

日本でも人気を博した元韓国ガールズグループ「KARA」のハラことク・ハラさんがソウル市内で亡くなったと24日、聯合ニュースなどが報じた。 28歳。 現地警察は、自殺を図った可能性も念頭に死因を調べている。 24日午後6時ごろ、ハラさんがソウル市江南区の自宅で倒れているのを知人が発見。 警察と消防に通報したが、その後死亡が確認された。 ハラさんは今年、日本でのソロ活動本格化を宣言し、今月13日に新曲「Midnight Queen」を発売。 同14~19日に、4都市6公演の日本ツアーを行ったばかりだった。 関係者によると、19日の東京・Zepp Tokyo公演では満員の客席に感激で涙し「日本で頑張ります!」と力強く語っていた。 現在日本在住だがツアー後「用がある」と韓国に戻ったという。 亡くなる前日の23日には「おやすみ」と言葉を添えたインスタグラムを更新していた。 ハラさんは08年に韓国でKARAの一員としてデビュー。 10年には「ミスター」で日本デビューし「ヒップダンス」で一世を風靡(ふうび)した。 解散後は韓国を拠点に活動したが、親日と取れる発言へのバッシングに苦しんだ。 昨秋には元交際相手の男性に対する暴行疑惑や、リベンジポルノでの脅迫事件で訴訟に発展。 今年5月にはソウル市内で自殺を図り、一時意識不明となった。 先月14日には親友だった韓国の歌手ソルリさん(享年25)が自殺。 日本の所属事務所は精神的ショックなどを考慮し、8日に都内で行った新曲発売イベントで、報道陣からの質問を取りやめるなど配慮をしていた直後だった。 日本の関係者は「最近は完全に明るさを取り戻していた」とショックを隠せない。 「KARA」の追加メンバーオーディションに合格し、08年7月に加入。 10年8月にシングル「ミスター」で日本デビュー。 16年まで同グループで活動した。 13年にはドラマ「ガリレオ 第2シーズン」(フジテレビ)の最終章にゲスト出演した。 趣味は写真撮影、読書。 特技は車の運転。 血液型B。

次の