仕置人 パチンコ。 ぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO(京楽産業.)|パチンコ機種情報|パチンコビレッジ

パチンコ必殺仕置人のオススメ実機カスタマイズ!先読みチャンスモードはオススメしない

仕置人 パチンコ

76 【ST突入率】 特図1:50. またSTは130回継続し、分速27回を実現し、大当り後から次の大当りまで約3分で到達できるとあって、新内規の中でもスピード感と出玉感を実感できるマシンに仕上がっている。 大当りへ向かうルートは問答無用 鉄拳クラッシュ発動でチャンス。 実写リーチが大当りを呼び込み、3人共闘まで到達すれば大チャンスとなる。 チェックポイント• 初当り時の出玉はALL3Rとなっているものの、ST継続率は現行機トップクラスの84. ST突入時の期待出玉は約6000個と、文句なしのスペックに仕上がっております。 さらにこれだけなく凄いのが、電サポ中の消化スピードです。 電サポ中は先読みやリーチあおりなし時の変動時間が全て1秒となっており、具体的にどれぐらい速いのかというとSA 確変・時短中における1分間あたりの回転数 が25. 7となっています。 すなわち分速25. 7回転消化を実現しているのですよね。 従来機はSAが10~15なのに対し、約2倍の消化スピードと、本機の電サポ中がどれだけ速いかお分かりいただけるかと思います。 内規変更以来、短時間で出玉が出過ぎないようにするためにこの辺りは検定が厳しいはずなのですが おそらく検定を通すまでに何十回も落ちたことと思われます 、それでも妥協せずに通してくれた京楽さんには頭が上がりません。 今回はあまり試打ができなかったので、ほんの少ししか体感できませんでしたが、後日改めて試打に伺う予定なので、その時に時速〇万発ぐらいなのかなど詳しく調べて来たいと思います!それでは、今回はこの辺で! C 松竹・ABC C KYORAKU もっと見る パチログ.

次の

【通常時&ST中の信頼度を網羅!】Pぱちんこ新・必殺仕置人

仕置人 パチンコ

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。 ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。 解説 型は極めてシンプルなV確変ロングSTタイプ。 同じ型で同時期に販売される牙狼8と違い、ラウンド振り分けがあるので平均出玉はそれほど多くないが、その代わりに• 85%の高継続率• ST中のスピード を売りにしているようだな。 初回大当り時の確変突入率は、通常大当り後の時短引き戻しを加味すると、• 約63. 5% 初回大当り時の2連以上する期待度は、• 約56. 0% となる。 50%の確変突入率に加え、通常大当り時でも時短100回ついてくるので、数値的にも遊技感覚的にも充分に連荘の期待を持つことはできるだろう。 反面、大当り時の出玉は少ない。 初回大当り時の出玉は450個で固定• RUSH中の平均大当り出玉は1080個 このような数字になるので、とにかく連荘させて大当り回数を重ねないとまとまった出玉を得ることはできないタイプだと言える。 牙狼8・北斗無双・慶次漆黒との出玉比較 同時期にリリースされる牙狼8や、現市場で最高の出玉性能を持つ北斗無双・慶次漆黒と比較してみよう。 9% 牙狼8 10R確変 33% 1500個 160回 約80% 10R通常 67% 1500個 100回 約26. 9% 北斗無双 6R確変 50% 900個 130回 約80% 6R通常 50% 900個 100回 約26. 9% スペック表としては上記のとおり。 慶次漆黒のみ転落抽選タイプだが、遊技上の型は全機種ほぼ同じと思っていい。 性能を整理して比較すると、 初回大当り時平均出玉• 必殺仕置人: 450個• 牙狼8 : 1500個• 慶次漆黒 : 900個• 北斗無双 : 900個 初回大当り時に2連以上する期待度• 必殺仕置人: 約56. 牙狼8 : 約44. 慶次漆黒 : 約49. 北斗無双 : 約53. 5% このようになる。 初回大当り時に2連以上する期待度は仕置人がもっとも高いものの、初回大当り時の出玉がかなり少ないので、初回大当り時性能という観点からは仕置人のスペックはなかなか厳しいタイプと言える。 単純に、RUSH中も40%の3R大当りに偏った場合、• もちろん、これはRUSH中に10R大当りを一度も引けなかった場合という仮定の話ではあるが、大当りすれば必ず1500個獲得できる牙狼8と異なり、非常に少ない出玉で次の大当りを目指さないといけないケースが多くなるスペックであることは間違いないだろう。 RUSH中に関しても、遊技上の型は全機種ほぼ同じだな。 100%確変で、ST・転落の差はあるものの要は「当たらず抜け」があるタイプ。 継続率と出玉のバランスが違うだけで、遊技する上で体感できる出玉性能としては大差ない。 牙狼8と同様に必殺仕置人も、現市場で最高のRUSH性能と言っていいだろう。 PV・試打動画等 まとめ 同時期の牙狼8と比較されることが多くなるだろうが、どちらの機種も新規則機ミドルとしては今までにない性能であると言える。 型としても、65%規制前に一世を風靡したV確変ロングSTの高継続タイプということで、期待感は非常に高い。 大当り1回の出玉を重視した牙狼(その代わりRUSH中のスピード・テンポ感は仕置人より劣る)• 連荘回数を重視した仕置人(RUSH中のスピード・テンポ感重視。 その代わり少出玉で終わることもあり) 簡単にいうとこのような特徴になると思われるが、この2機種が同時期にリリースされることで、ユーザーが好みやその時の気分でスペック選択することも出来るだろう。 ヒット機種が登場しておらず、閉塞感のある2019年のパチンコ市場に、この2機種が風穴を開けてくれることを期待したい。 ホールで遊技できる日が非常に楽しみだ! 牙狼8のスペック記事はこちら!.

次の

パチンコ必殺仕置人はおもしろい・つまらない?口コミや評判・評価をレビュー!

仕置人 パチンコ

パチンコがCR機からP機に移行して間もない頃、ユーザーたちが感じた大きな不満の一つが「出玉スピードが遅いこと」であった。 メーカーが揃って出玉試験の厳しさを警戒したのか、新規則機は右打ち中のテンポが悪く、一部では連チャンしても爽快感がないとまで言われていた。 ところが、近頃の新規則機はだんだんと出玉スピードが速くなってきているらしく、今後の新台はさらに速くなるとの噂も……!? そこで、今後リリース予定の機種も含めた出玉スピードの速い新規則機をまとめてみた。 『ぱちんこ 新・必殺仕置人』 新・必殺仕置人を打ってる途中、ふと周りを見回したら52連チャンを記録してる台があってたまげた……。 3時間ちょいで45000発弱もの出玉を獲得したみたい。 はっや!! — ゲンスイ genchaman1128 P機は遅いというイメージを覆した機種と言えば、やはりこの「仕置人」だろう。 130回転という長いSTで引き延ばすのかと思いきや、変動スピードは圧巻。 3時間で一撃45000発弱とか、わずか30分で万発超え等、短時間での大量獲得記録が次々と生まれている。 『ぱちんこ 劇場霊』 「ぱちんこ 劇場霊」の機種情報を公開しました。 小当りRUSHを搭載した確変ループ機。 RUSH中は小当りのみでの平均獲得が約1500個と、同じ小当りRUSH搭載機の中でも増加速度が速いのが特徴です。 それがこの「劇場霊」。 期待獲得個数が大当たりの最大ラウンド分に相当する、超強力な小当たりRUSHを搭載。 タイミングよくハマれば、凄まじい速度で出玉を増やし続けることが可能。 スピード感抜群で爽快 エアバイブ超絶気持ち良い Startin'最高 投資1Kで当てて順調に連チャン ラッシュ抜け後12回転で当たり…今度は伸びず。 右打ち突破出来ないと死ぬけど こういう荒ぶってるスペック大好物 38Kプラスなり — きらりーにょ kirareeenyo 「狂鬼乱舞」は継続率変動型タイプで、最大ループ率は約95%と強力。 最低でも約73%と、連チャンに十分期待できる仕上りだ。 高速変動を活かしたスピード消化も本機の魅力である。 ユーザーの支持を得ることに成功したと言えるだろう。 「劇場霊」の少し前に、『ぱちんこ新鬼武者 超・蒼剣』が強力な小当たりRUSHでユーザーを魅了したが、続く新鬼武者シリーズの「狂鬼乱舞」は高継続タイプのST機。 一部では新規則版「ダンバイン」とまで称されている。 『ぱちんこ AKB48 ワン・ツー・スリー!! フェスティバル』 ぱちんこAKB48「ワン・ツー・スリー!! 10R 1500個比率が60%あるライトミドルはCR機を含めてもここ数年なかったのではないか。 時速に関しても、ライトミドルでは最高レベルの時速を有している。 最近の京楽機種は稼働貢献週が軒並み高いが、一つの要因として時速が考えられる。 短時間遊技客の取り込み 特に夜稼働 も可能なことが要因か。 ここからは今後登場予定のハイスピードマシンをご紹介。 「AKB48 ワン・ツー・スリー!! フェスティバル」は京楽より、12月2日リリース予定の新台。 高継続の1種2種混合機、いわゆるシンフォギアスペックだが、本家「シンフォギア」や同系統の「逆シャア」と比べて出玉スピードが圧倒的に速く、ライトミドルでは最高レベルと言われている。 『新世紀エヴァンゲリオン ~シト、新生~』 新台『P新世紀エヴァンゲリオン〜シト、新生〜』最高時速のスペック — HEROマル HERO04729867 フィールズさんにお邪魔して 「新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~」の試打に来ています。 普通に泣いてる。 10年振りのTVアニメ版とのタイアップに、古参のファンは懐かしさのあまり感涙しているが、演出だけでなく出玉性能も要注目。 期待値7000発オーバーというかつてない出玉フラグ「新生モード」を搭載しており、出玉スピードは「仕置人」の時速約12800発を超え、時速約14000発に達すると言われている。 より、2020年1月リリース予定の新台。 京楽が長年作り続けてきたウルトラマンシリーズの最新作である。 「閃光Vスペック」と称されたその性能は、かの「仕置人」の出玉スピードを凌駕するらしい。 初当たり確率と継続率は「仕置人」と同等だが、最大ラウンド比率の高さが速さの秘密ではないかと考えられる。 この冬の覇権を握るのは京楽か? はたまた「エヴァ~シト、新生~」をリリース予定のビスティなど、他メーカーが追いついてくるか? いずれにしても、P機は遅いというイメージが払拭されつつあるのは喜ばしいことである。

次の