キングヌー ソニー。 インフォメーション

King Gnu

キングヌー ソニー

2019年に大躍進を遂げた King Gnu にとって待望のニューアルバムとなる『CEREMONY』には、 YouTubeにてついに1億再生を突破した2019年を代表する楽曲「白日」をはじめ「飛行艇」「傘」など配信限定リリースされたキラータイトルの数々を一挙に初CD収録!さらにスマートフォン向けRPG『ロマンシング サガ リ・ユニバース』1周年を記念したTVCMソングとなる新曲「ユーモア」、Honda VEZEL新CM「PLAY VEZEL 昼」篇のCMソングとして放映が始まった新曲「小さな惑星」、映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』主題歌となる新曲「どろん」も収録される。 [CD収録内容]• 開会式• どろん(映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」主題歌)• ユーモア(「ロマンシング サガ リ・ユニバース」CMソング)• 白日(日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌)• 飛行艇(ANA「ひとには翼がある」篇 TVCMソング)• 小さな惑星(Honda「VEZEL」CMソング)• Overflow• 傘(ブルボン「アルフォート」CMソング)• 閉会式• [初回生産限定盤 特典Blu-ray収録内容]• 2019. 12 STUDIO COAST• Slumberland• Sorrows• Vinyl• McDonald Romanace• ロウラブ• Bedtown• NIGHT POOL• Sympa• Hitman• Flash!!! Don't Stop the Clocks• It's a small world• Tokyo Rendez-Vous• Prayer X• あなたは蜃気楼• The hole• -ENCORE- サマーレイン・ダイバー King Gnu 関連情報 King Gnu NHK紅白に初出演 King Gnu、『井上陽水 トリビュート』に参加!「飾りじゃないのよ 涙は」をカバー! King Gnu 初のアリーナ公演を含む全国ツアー決定! King Gnu Live Tour 2020 "CEREMONY"•

次の

インフォメーション

キングヌー ソニー

キングヌー CMのSONYイヤホンWF-1000XM3 SONYのワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」で、king gnu(キングヌー)の井口さんが、左耳で何かスイッチを押している様子。 このスイッチで、 Noise Cancelingができて、周りの音が入ってこなくなります。 難しいことはわからにのですが、ノイズキャンセリングヘッドホンでは、環境音に逆位相の周波数をぶつけることでノイズを消去するという原理が用いるとのこと。 完全なワイヤレスなのに、音質がハイレゾ級の高音質だということで、キングヌーのメンバー達の評価もとても高いです。 ハイレゾ音源は、原音をデジタル化したものです。 その場で聴いているような環境に近く、 録音された音そのもののクオリティーがほぼほぼ忠実に再現できるそうですよ。 こんな素敵なワイヤレスイヤホンだと電車移動とかの場面だと大活躍ですよね! 普通に歩いている時などは、環境音が入ってこないと心配ですが、その時も左耳のタッチで、ボリュームが下がって、周囲の音がまた入ってくるようになります。 その操作が簡単なのが良さそうです。 WF-1000XM3の色 WF-1000XM3のイヤホンの色は、2色あります。 プラチナシルバーとブラック。 どっちもシンプルで洋服を選ばない感じで素敵。 WF-1000XM3のバッテリー ワイヤレスイヤホンは充電が必要なので、持ちが長い方が嬉しいですよね。 本体のみで6時間もち、付属のケースで3回分充電して合計24時間の再生が可能とのこと。 ノイズキャンセリングOFFの方が長持ちして、その場合は本体のみで8時間もち、付属のケースで3回分充電して合計32時間再生ができます。 10分の充電で、90分再生できるというクイック充電にも対応しているから安心です。 WF-1000XM3の操作 ワイヤレスイヤホンのWF-1000XM3は、右耳と左耳にスイッチがあり、それぞれのタッチの方法で操作ができます。 耳元だけでコントロールできるのでとても簡単です。 そこまで使う人は少ないかもしれませんが、今のワイヤレスイヤホンって進化してますね。 左 Single Tap ノイズキャンセリングのオンとオフ 長いTap クイックアテンション(押している間のみ、外の音を取り込める) 50代 男性 「ノイズキャンセラの実力がすごいと思いました。 今までいろいろなワイヤレスイヤホンを使いましたが、音切れが少なくて大満足です。 」 30代 男性 「ノイズキャンセルは非常に素晴らしいです。 イヤーピースも種類も豊富なので、サイズに困りません。 」 30代 男性 「出張の時に使用しています。 バッテリーも長持ちで携帯しやすく非常に良いです。 ノイズキャンセリングだと車の近づく音がわからなくなるので、外を歩くときは、外の音を取り込んだほうが良いです。 」 20代 男性 「通勤時に使うと、周りの世界から隔離されたようになり、感覚がとても良い。 アナウンスが聞こえないため、注意が必要です。 」 「耳元のスイッチ操作が少し面倒。 慣れるまで間違えることが多いし、手袋をいちいち取らないといけない。 20代 女性 「夫へプレゼントしましたが、とても喜んでもらえました。 すごく音が綺麗です。 」 さいごに sonyのCMのキングヌーのTeenager Forever、とてもかっこいい曲ですね。 ワイヤレスイヤホンでお出かけすると、いい音で、自分の世界に浸れそう。 ぜひ使ってみたいです。

次の

【King Gnu】ソニーストアでTeenager Foreverを試聴してみた!【キングヌー 】

キングヌー ソニー

『WF-1000XM3』の自然なノイズキャンセリング性能、そして豊かなサウンドに感動 ーではさっそく、完全ワイヤレスヘッドホン『WF-1000XM3』について感想を聞かせてください。 常田:移動中にヘッドホンを使うことが多いのですが、普通のヘッドホンだとロー感とかが環境音で聴こえなくなっちゃうんですよ。 それで、これまではオーバーヘッド型のノイズキャンセリングヘッドホンを使っていました。 実はこれまで『WF-1000XM3』のようなインイヤー型のノイズキャンセリングヘッドホンは使ったことがなかったんですが、今日、初めて使ってみて、まったく違和感がなく、自然な音にビックリしました。 新井:一般的なノイキャンヘッドホンってさ、音質ががっつり変わる感じしない? 常田:あ〜、そうだね。 ちょっと変な音が流れる感じはあるかもね 新井:その感じが『WF-1000XM3』にはない気がする。 常田:確かに。 ノイキャンヘッドホンは音をぶつけてノイズを消すわけだけど(ノイズキャンセリングヘッドホンでは、環境音に逆位相の周波数をぶつけることでノイズを消去するという原理が用いられています)、インイヤー型ではそれがもっときつく出てくるのかなと思っていたら、そんなこともなく。 ー『WF-1000XM3』では完全ワイヤレスヘッドホンとして初めて、ヘッドホンの外側と内側の2箇所にマイクを設けて、ダブルでノイズを消すと言うことをやっており、それで精度の高いノイズキャンセリング処理が行われます(デュアルノイズセンサーテクノロジー)。 常田:素晴らしい。 ー井口さん、勢喜さんは、今回初めてノイズキャンセリングヘッドホンを使われたということですが、いかがでしたか?実際に日常生活で使ってみたいと思われましたか? 井口:そりゃあ、思うよね。 勢喜:思いますね。 使わない理由がない。 あと、クイックアテンションモード(左耳側のタッチセンサーを長押ししている間はボリュームが下がり、周囲の音が聞き取りやすくなる機能)が面白かったですね。 『WF-1000XM3』は想像以上に外音をカットしてくれるので、お店とかで店員さんと急に会話しなければならなくなったときに役立つ機能だと思いました。 ーアーティストとして、こうしたノイズキャンセリング機能が音楽ファンに広まっていくことをどう思いますか? 常田: King Gnuは、ロー感だったり、音のニュアンスだったりにこだわっているバンドなので、それがきちんと届いてくれるようになるのはうれしいですよね。 聴こえる音が普通のイヤホンよりすごく増えるので、こっちとしてはぜひ使ってほしいって気持ちはあります。 新井:イヤホンでは考えられない空間感がすごく出ていて不思議だよね。 イヤホンは基本的に面で音が出るものだという認識があったんだけど、『WF-1000XM3』は奥行きがあって……。 大希(常田さん)が言ったように、いろいろな音が聴こえてくる。 King Gnuは、ニュアンスもそうだし、重なっている音がかなり多い、音の密度が高いバンドなので、平面的な音だとどうしても聴き取れない部分があった。 それをここまで再現しているというのはすごいことだと思います。 ーありがとうございます。 さて、その上で最新モデル『NW-A100』シリーズでは、さまざまなストリーミングサービスをWi-Fi環境で直接利用できるようにしています。 ディグる(好みの楽曲を探す)のはほかのサービスでやるけど、聴くのはこっち、みたいな。 そういう音にこだわる人たちのチョイスがもう一段階上がる感じがしますね。 勢喜:ストリーミングサービスの音って、圧縮されていますよね。 そこにウォークマンにする意味があるんだなって思いました。 ー実際に『NW-A100』シリーズでハイレゾ音源を聴いてみた感想も聞かせていただけますか? 常田:ハイレゾって、俺たちがレコーディングスタジオで実際に聴いている音源に近い音ってことですよね?それをスタジオの外でも楽しめるというのはすごい。 新井:『WF-1000XM3』のインタビューでも触れましたが、最近、音が多いアーティストが増えていると思うんです。 その際、音量のバランスを調整するミックスという工程で、アーティストが全パートに対して細かく指示を出してるんですが、ハイレゾ音源だと、そこに込めたアーティストの意図が伝わりやすくなるのではないかと思っています。 全然違和感ないですね。 ぜひこの機能でレコードっぽい音も聴いてみてもらいたいです。 常田:これはもうMusic Loverが持つべき。 新井:そうそう、結構、ストイックな考え方だと思うけどさ、そういうのって良いよね。

次の