特急しなの 自由席。 特急しなの号の自由席は満席になりやすいですかね?

新幹線の乗り継ぎ割引|JR新幹線ネット

特急しなの 自由席

きっぷあれこれ きっぷの変更 〈使用開始前〉• 使用開始前で有効期間内(前売りの乗車券については有効期間の開始日前を含みます)のきっぷ(定期券、回数券、トクトクきっぷは除きます)は、1回に限って同じ種類のきっぷに手数料なしで変更できます。 この場合、不足があればお支払いいただき、余りがあるときはお返しします。 変更が2回目となる場合は、駅、旅行センター(一部除く)、主な旅行会社で払いもどしのうえ、ご希望のきっぷを買いなおしてください。 指定券(座席未指定券を除く)はご利用の列車の乗車駅発時刻前に限り変更できます。 発車後は無効になりますのでご注意ください。 指定券の変更はみどりの窓口などで指定券を発売している時間内にお申し出ください。 〔ひたち〕〔ときわ〕〔成田エクスプレス〕〔スワローあかぎ〕〔あずさ〕〔かいじ〕〔富士回遊〕〔はちおうじ〕〔おうめ〕の座席未指定券は、同一区間であれば券面に表示された列車の指定席特急券に変更可能です。 この場合は変更回数に含まれません。 自由席特急券、特定特急券、急行券、自由席グリーン券は同じ種類のきっぷのほか指定券への変更もできます。 ただし、指定券から座席未指定券への変更はできません。 クレジットカードを使用してお求めになったきっぷは、お求めになった会社によりお取扱いが異なりますので、係員におたずねください。 関連する規則• 〈使用開始後〉• 使用開始後のきっぷを変更する場合、不足分の運賃・料金をお支払いいただきますが、過剰となる場合でも払いもどしいたしません。 ただし、普通乗車券については、未使用区間が1券片101キロ以上ある場合は払いもどしいたします。 また、特定の都区市内または東京山手線内(「」のゾーン)の駅着となる乗車券で乗り越しされる場合は、乗り越す駅の方向にあるゾーンの出口の駅から乗り越し区間の運賃をいただきます。 乗車券で乗り越しされる場合は、乗り越し区間の運賃をいただきます。 また、目的地の方向や目的地までの経路を変更される場合は、変更される区間とお乗りにならない区間の運賃を比較して差額をいただきます。 ただし、次の場合は全区間について変更前と変更後の運賃を比較して差額をいただきます。 (1)片道の営業キロが100キロ以内の普通乗車券で行き先を変更された場合• (2)大都市近郊区間内(「」参照)のみをご利用の場合の普通乗車券で同じ大都市近郊区間内の駅に変更された場合 例 1)東京都区内から大阪市内まで(営業キロ556. 4キロ)の乗車券で堺市まで乗り越す場合 杉本町から堺市まで(電車特定区間、営業キロ1. 9キロ)の運賃130円をいただきます。 例 2)博多から熊本まで(営業キロ118. 4キロ)の乗車券を博多から由布院まで行き先を変更する場合 変更区間久留米~由布院間(擬制キロ109. 0キロ)の運賃2,170円と久留米~熊本間(営業キロ82. 7キロ)の運賃1,680円を比較して、不足額の490円をいただきます。 例 3)上野から大宮まで(電車特定区間、営業キロ26. 7キロ)の乗車券で高崎まで乗り越す場合 東京~高崎間の営業キロが105. 0キロあるため東京山手線内~高崎間(幹線)の運賃1,980円と上野~大宮間(電車特定区間)の運賃480円を比較し不足額の1,500円をいただきます。 例 4)大都市近郊区間内の鎌倉から熊谷まで(幹線、営業キロ115. 7キロ)の乗車券で土浦へ変更する場合 鎌倉~土浦間(幹線、営業キロ120. 6キロ)は同じ近郊区間内ですから、変更前の運賃1,980円と変更後の運賃2,310円を比較して不足額330円をいただきます。 例 5)大都市近郊区間内の成田空港から横浜まで(幹線、営業キロ108. 0キロ)の乗車券で戸塚まで乗り越す場合 成田空港~戸塚間(幹線、営業キロ120. 1キロ)は同じ近郊区間ですから、変更前の運賃1,980円と変更後の運賃2,310円を比較して不足額330円をいただきます。 例 6)新山口から博多まで(幹線、営業キロ147. 9キロ)の新幹線利用の乗車券を全区間在来線利用に変更する場合 経路が変更となる新下関~博多間(幹線、営業キロ86. 2キロ)の変更後の在来線利用の運賃1,680円と変更前の新幹線利用の運賃1,520円を比較して不足額の160円をいただきます。 指定券、自由席特急券、特定特急券、急行券、自由席グリーン券は1回に限り変更できます。 その際には、変更前と変更後の料金を比較してその差額をいただきます。 関連する規則• 〈指定の列車の乗り遅れ〉• 指定席特急券、グリーン券、寝台券、指定席券(トクトクきっぷも含む)は、指定された列車の発車時刻を過ぎると無効になり、払いもどしできません。 指定席特急券については、乗り遅れた場合でも指定された列車の乗車日と同じ日のうちなら普通車自由席に限ってご利用できます。 なお、指定席に乗車される場合は、指定席特急料金を全額お支払いいただきます。 上記のほか、全車指定席の〔はやぶさ〕〔こまち〕〔はやて〕〔かがやき〕〔ひたち〕〔ときわ〕〔成田エクスプレス〕〔スワローあかぎ〕の指定席特急券については、指定された列車の乗車日と同じ日のうちなら後続の特急列車を立席でご利用いただくこともできます(〔はやぶさ〕〔こまち〕については〔はやぶさ〕〔こまち〕の指定席特急券を所持している場合に限ります)。 〔はやぶさ〕〔こまち〕〔はやて〕〔かがやき〕〔ひたち〕〔ときわ〕〔成田エクスプレス〕〔スワローあかぎ〕〔あずさ〕〔かいじ〕〔富士回遊〕〔はちおうじ〕〔おうめ〕以外の全車指定席の特急列車に乗り遅れた場合、後続の全車指定席の特急列車にご乗車になれません。 関連する規則•

次の

どうして車内改札って必要なの?自由席から車内改札がなくならない理由を解説する話

特急しなの 自由席

乗り継ぎ割引の適用駅 乗り継ぎ割引が適用されるのは、以下の駅で新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合です。 東海道・山陽新幹線の新横浜〜新下関間の各新幹線駅• 東北・北海道新幹線の新青森駅• 北海道新幹線の新函館北斗駅• 上越新幹線の越後湯沢駅、長岡駅、新潟駅• 北陸新幹線の長野駅、金沢駅• 直江津駅(上越妙高駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、上越妙高駅で新幹線と乗り継ぐ場合のみ)• 津幡駅(金沢駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合のみ)• 大阪駅(新大阪駅で新幹線に乗り継ぐ場合のみ)• 坂出駅、高松駅(岡山駅で新幹線に乗り継ぐ場合のみ) 東京駅や博多駅では、乗り継ぎ割引は適用されません。 九州新幹線の各駅でも乗り継ぎ割引は制度適用外です。 乗り継ぎ割引の割引額 乗り継ぎ割引では、在来線の特急料金が半額になります。 指定席の場合は指定席特急料金の半額、自由席の場合は自由席特急料金の半額になります。 グリーン車の場合は、グリーン料金該当部分は半額にならず、特急料金部分(自由席特急料金相当)だけが半額になります。 広告 在来線と新幹線を2回乗り継ぐ場合 在来線特急と新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合は、在来線特急のどちらか一方だけが割引になります。 このとき、割引になるのは値段の高い列車です。 たとえば、金沢から「サンダーバード」に乗り、新大阪で山陽新幹線に乗り換え、さらに岡山で「しおかぜ」に乗り換えて多度津まで行った場合、値段の高い「サンダーバード」が半額になります。 「しおかぜ」は半額になりません。 乗り継ぎの適用日 新幹線から在来線に乗り継ぐ場合は、その日のうちに乗り継ぐ場合のみ、乗り継ぎ割引が適用されます。 在来線から新幹線に乗り継ぐ場合は、翌日の乗り継ぎでも割引が適用されます。 適用は同時購入のみ 乗り継ぎ割引の適用を受けるには、新幹線と在来線特急のチケットを同時に購入する必要があります。 新幹線に乗った後、在来線特急に乗り継いで車内で特急券を買った場合などは、乗り継ぎ割引の適用はされません。 乗り継ぎ割引を応用した裏技 乗り継ぎ割引の特徴は、新幹線の乗車区間がどんなに短くても、在来線特急が割引になる、という点です。 そのため、たとえば新神戸〜新大阪間だけ新幹線を利用し、新大阪からサンダーバードで金沢に行くと、サンダーバードの特急料金が半額になります。 サンダーバードの割引額が新幹線の特急料金より大きければ、新神戸〜新大阪で新幹線を利用したほうがお得になります。 ただ、この裏技が使えるのは、在来線特急の乗車区間が長い場合のみです。 また、お得額もせいぜい数百円という場合が多いので、わざわざ遠回りなどをしてまで行うにはお得感が少ない裏技といえます。 在来線と新幹線の選択肢があり、新幹線利用が便利な場合などには、使うといいでしょう。

次の

【お勧めは左右どっち?】「383系ワイドビューしなの」の座席考察

特急しなの 自由席

土日祝の混雑状況 休日は名古屋周辺の中京圏と長野県内の行楽地とを行き来する行楽客が殺到しやすい。 土曜日は午前中(連休初日)と日曜日の午後(連休最終日)を中心に自由席はほぼ満席になることが多い。 特に前者の下りと後者の上りでは座れなくてデッキに立っている人が発生する光景はよく目にする。 週末になれば、少なくとも指定席であっても通路側の多くが埋まるレベルに達する。 午前中いっぱいはどの列車も混雑している。 正午までに名古屋駅に到着する列車は、やはり自由席はほぼ満席になる。 指定席も窓側はすべてが埋まる。 通路側の座席も多くが埋まるほどのレベルになる。 12:00~15:00に到着する列車になると空いてくる。 行楽地へ出かけるのは遅すぎな一方、帰る時間としては早すぎる時間帯が昼過ぎだろう。 18:00以降の夕方は時間帯になると再び混雑する。 午前中と同じく自由席は満席かそれに近い状態、指定席も結構高い乗車率になる。 夕方・夜に名古屋駅に到着する特急ワイドビューしなの号に乗っている乗客は、長野方面から帰ってくる人たち。 帰宅時間になるため自由席・指定席ともに空席は少ない。 上りと同じく午前中いっぱいは全体的にの列車も混雑している。 始発列車の7:00発の列車はまだ早い時間ということもあって自由席、指定席ともにまだそれほど混雑はしない。 空席もよく見かける。 8:00~10:00に出発する列車は、自由席は名古屋駅の時点でほぼ満席になる。 指定席も通路側の多くは埋まる。 11:00以降に出発する列車は空いてくる。 土日祝の午前中のピークは通り過ぎた。 日中の時間帯のため移動する人が少なくなってくる。 15:00以降になると今度は夕方から夜にかけての帰宅時間帯になる。 特急ワイドビューしなの号でも再び混雑しやすい。 午前中と同じく自由席は満席かそれに近い状態、指定席も結構高い乗車率になる。 中でも16時台と17時台の列車はかなり混み合う。 平日の混雑状況 土日祝とは対照的に平日の特急ワイドビューしなの号の混雑状況は比較的空いている。 自由席、指定席のいずれも完全に満席(乗車率100%)になることはレア。 ほとんどの乗客はビジネス客で、仕事の出張などで乗る人が多い。 名古屋~長野方面を行き来する行楽客は少ない。 昼間の日中の時間帯は特に空いている。 10~16時頃までは人々の移動が少なく、どの列車もガラガラの状態になりやすい。 定期券+自由席特急券の組み合わせでワイドビューしなの号に乗れるため、ちょっとした贅沢な「通勤ライナー」のような感覚で乗る人が多くなるためである。 座席はすべて満席になるほどのレベルにはならなくても、通路側の多くの座席は埋まりやすい。 おすすめ記事•

次の