食べログ 評判。 安いと評判、食べ放題、子連れ向け、赤羽の人気ランチスポット11選|@DIME アットダイム

食べログ「まずい」クチコミに店激怒 「客減った!弁償しろ」裁判はどうなる: J

食べログ 評判

ところが、カカクコムはIRリリースで公式に「自然検索で表示される点数及びランキングにおきましては、オンライン予約機能の利用是非に一切関係な」いと言い切っておられます。 結論から言えば嘘はなくその通りなのでしょうが、営業メニューの変更とアルゴリズム更新を同タイミングでやるとか騒ぎになるにきまってるじゃないかという話でして、まるで台風一過の澄み渡る青空のような心境です。 2016年09月07日 なお、自然検索で表示される点数及びランキングにおきましては、オンライン予約機能の利用是非に一切関係なく、これまでと同様ユーザーの評価を基礎に算出、表示をしております。 これはいったい、どういうことなのでしょう。 一種の詭弁としか言いようがないんですが、後述する通り「自然検索で表示される」ソートのデフォルトは「標準」タブの広告枠のことであり、また自然検索で表示される点数は確かにユーザー評価ですが、それはアルゴリズムの突然の変更で星3. 0にされたり評価を下げられたりしています。 これはこれで問題ですが、恐らく別の話なので、この際は措きます。 また、「自然検索で表示される(略)ランキング」は、この広告枠である「標準」タブの隣の「ランキング」タブのことであろうと思われます。 検索直後に表示されない奴ですね。 この一番使われるであろう「標準」タブはユーザー評価と無関係にソートされている以上、ランキングでソートし直さないユーザーには一切口コミやユーザー評価による「良い店を選ぶ」機能の恩恵は得られないことになります。 そうなると、「標準」タブでのソートがどういう仕組みになっているのか、知る必要があります。 そんなの社外秘ですし、なかなか外部の人は分からないですよね。 ところで、カカクコム「食べログ」が、飲食店に対して営業をしている代理店向けの資料がなぜか私の手元にあります。 で、その内容を拝見しておりますと「食べログ頑張れ」という心境とともに幾つか気になる表現がございます。 「金を払ってくれている飲食店を上位表示」と明記された資料。 ビジネスだからね。 おめー、有料掲載店舗が上位表示されてるって、現在(16年9月末まで)のところに思い切り書いてあるじゃん。 これは述べた通り広告枠であり、検索語のデフォルト表示である「標準」タブのことですね。 どの口で公式のIRで「これまでと同様ユーザーの評価を基礎に算出、表示をしております」と言っているのか疑問に思うわけですが、10月以降はここにさらに「新プランのネット予約在庫あり」が「標準」タブにおいて上位表示されるという宣言が書いてあります。 ひょっとして、ここでいう「これまでと同様ユーザーの評価を基礎に算出、表示」っていうのは、その基礎が全体のウェイト付けの5%で、残り95%が有料掲載店舗かどうかで決まっているとかいうオチだったりするのでしょうか。 さらに、ネット予約が集まりやすい時間帯をゴールデンタイム枠としたうえで、並び順ロジックの概要が開設されている図表がこちらです。 「10月からネット予約重視します」の図表がこちら。 ネット予約待ったなし。 要するにプレミアムプランで金を払ってるところが上位表示する前提で、そこに後付けでネット予約のウェイト付けがあり、無料掲載枠その他の野良店舗はユーザーの評価がいかに高かろうと上位には表示されないことが分かります。 この程度のことでは私の「食べログ頑張れ」という心に揺らぎはありませんが、要するに一連の掲載順はすべて金次第だよということなのでしょうか。 では、彼ら食べログが言う「標準」とは何なのでしょう。 検索して一番最初に表示されるのが広告枠の「標準」、その横に「ランキング」タブ。 この緑の下線が「標準」、そしてユーザー評価によってリスティングされる「ランキング」の各タブです。 普通に野良に飯屋を食べログで探そうと検索窓から「御茶ノ水 イタリアン」で検索をすると、この事実上の広告枠である「標準」が表示されます。 ユーザーの評価関係なく、ネット予約対応順、優良順に表示される「標準」です。 そして、92店が検索して出てくるわけですが、ユーザー評価が3. 0ではない店舗は上位の3店のみ。 それ以外は、一部評価の高い店舗はありますがすべて3. 0か、それに近しい点数です。 評価の高い店舗でも金払わなきゃ容赦なく下位表示になるあたり、さすがは食べログ、剛の者であります。 またカカクコムはBuzzFeed Newsの取材に対して、「ネット予約を使うと優先されるのは広告枠(標準ソートの検索結果)です」とし、「本件と点数の見直しについてとは全く関係がございません」と改めて否定。 出典: アルゴリズムは日々見直しを行っているため、新規のレビュー投稿がなくても、全店舗で点数が変動することがあるという。 9月6日にも見直しが行われ、一斉に点数が変動。 下がった店もあれば上がった店もあったという。 今回の騒動の発端となった、「いきなり3. 0点にリセットされた」店も、アルゴリズム変更の影響を受けたとみられる。 出典: 恐らくは、この新プランへの制度変更と営業強化をやるタイミングで、かなりの数の店が評価星3. 0に戻される面白アルゴリズム変更とが重なったので、新プランに移行しない店舗が評価点を下げられたと誤解し、ネットで問題視されたのだということまでは理解できます。 食べログも疑われて可哀想に。 で、この食べログのいう「広告枠」が、検索後一番最初に表示される「標準」のソートだとするならば、要するにデフォルトの検索結果は全部広告だよってことで、広告表記をする必要はあるのではないかと感じます。 どのような契約が食べログ(カカクコム)と店舗間で結ばれているのかという「関係性の明示」を行わなければ、事実上のステルスマーケティングであって、事業の構造として不適切なのではないでしょうか。 同社は「標準」の検索結果について「広告枠」と説明しているが、「標準」の検索結果画面には「広告」などとは書かれていない。 同社に対し、「標準検索は広告だと分かるような表示を検討しないのか」とたずねたところ、「今すぐに変更する予定はないが、表記などについて検討していく」と答えた。 出典: 繰り返しになりますが、これは広告以外の何物でもないから、「ネット予約を使うと優先されるのは広告枠(標準ソートの検索結果)」であるならば、きちんとペイドはペイドとして表記したほうが良いのではないかと思います。 その辺のことはカカクコムも分かっているので、質問に対して「検討していく」と回答をしているということでしょうね。 個人的には、ステマまがいで金貰って上位表示している広告をコソコソと「標準」タブなんてやらないで、堂々と「広告です」「プレミアム10という高額プランでご提供している店舗です」ってやったほうが、お客様に対して誠実だと思うのですが。 それは、事実上の掲載料金値上げとなっている料金シートにその原因を見ることができます。 サービスメニューにネット予約が追加される代わりに、謎の従量課金が。 ソシャゲかよ。 つまり、ネット予約を入れてくれれば露出機会を増やしてやるから、従来の月額固定の掲載料じゃなくて食べログ経由での予約件数に応じたインセンティブを従量制で払えや、という話であります。 何してんだよ。 しかも、一連の騒動でもありましたように、そもそも各店舗の旧メニューはいままでの月額固定だったわけですから、食べログに掲載されていればうっかり食べログ経由で予約を受けてしまうと漏れなく従量課金を強いられるという謎仕様です。 また、誰得極まりない従量のみのネット予約限定コースが設定され、食べログに秋の訪れを感じさせます。 契約代理店は、食べログの指定する新プランに移行する飲食店を増やすよう強く推奨されており、今回きっかけとなったワインバル「ウルトラチョップ」の社長・高岳史典さんがネットでマジ切れする理由も分かります。 要するに、新プランはネット予約による上位表示と従量制での来店数が見合わなければ、店舗側は一方的に契約料金を値上げさせられていることになるわけですから。 この辺については、興味深い資料も入手しているので、吟味がてらおいおい触れたいと思います。 で、その営業資料の中には、読者みんなが「食べログ頑張れ」と思うような記述があります。 全ICTビジネス従事者が涙する「来訪者は1位なのに売上も利用額も下位」画像。 なんか「来客者数トップなのに予約人数やARPU最下位だし、頑張らなあかん」という口上が記されており、まるで暗黒時代の阪神タイガースのような先発猪俣感を覚えるのであります。 何しているんでしょうか。 常識的に考えて、飲食店側に食べログの集客力を実感してもらえるようにネット予約を強化するにあたって、ついでに予約あたり200円追加で取ってしまう営業戦略は、そもそも飲食店側にとっては単なる「食べログ利用料の値上げ」であり、ARPU増のために従量課金というソシャゲ状態の新プランでは意味がないだろうと思うわけです。 納得しない飲食店が出るのも当然です。 情報提供者自らが半笑いで「うちはどうなってるんですかね」と嘆いていた物件。 また、ネット予約で「在庫0」表記されているお店より、ネット予約「在庫あり」表記されている店のほうが「たくさん予約されてますよ!!」とか馬鹿図表までご丁寧に作ってあります。 なんで店ページのネット予約が「在庫0」の店に当日電話かけて「席空いてますか?」などという電話をすると思えるのか、理解ができません。 かなり知能指数の低い、大変深刻な事態です。 誰も気づかなかったんでしょうか。 大丈夫か、食べログ本部。 一事が万事この調子のため、恐らくBuzzfeedが記事にしていたように営業担当が方針をいまいち良く理解しておらず、飲食店に対して実質的な値上げの可能性のある新プランへ闇雲に移行を営業した結果、大混乱に陥っているのではないかと予想されます。 何しろ、資料には「既存コース強制統合」についてのメニューも入っており、かなり暗雲がもくもくしている状態に見えます。 確かに、食べログは検索はされて流入はあるけど予約には至らないからこそ、ネット予約に絞ってテコ入れをしたいという気持ちは分からないでもありません。 私は徹頭徹尾「食べログ頑張れ」の立場を堅持しています。 しかしながらこの施策では、本当にネット予約の流入が増える保証は現段階ではどこにもなく、逆にネット予約は食べログより集客力の高い「HotPepper」や「ぐるなび」といった競合に流れて行ってしまうのではないかと思います。 営業資料においても経営実態においても、自然検索後にデフォルト表示されるのが広告枠である「標準」タブである以上は、これは飲食店が払った広告であることはやはり明記するべきでしょう。 別に広告だから駄目だ、というわけではなく、せっかく払って上位表示しているんだから、別に広告やプラン名を店舗横に入れても問題ないじゃないですか。 そういう不誠実な運営をやっているのであれば、そりゃ過去に食べログが起こしたいくつかの問題についても、それは必然的に起きたことなのかなという気がしてきます。 あと84年ぐらいしか残ってません、大変だ。 なお、カカクコムにも質問メール投げていまして、内容次第でもう少し踏み込んだ続報が書けるかな、と思っております。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

次の

「食べログはミシュランになりたいのか?」古参レビュアーの戸惑い:日経ビジネス電子版

食べログ 評判

【地産地鶏専門店 茂松 新宿南口店】 元々食べログ評価3. ブランド地鶏を扱った料理にこだわりのあるお店ですね。 笑わせる 食べログのクソさ 元はこの店 食べログの評価3. 5以上ありました。 食べログで3. 5以上っていったらかなりの良店だと思われがちですが、むしろ3. 5付近は業者入ってるクソの掃きだめゾーンなので注意しないといけませんね。 ちなみに今の評価は3. 07でした。 食べログの評価アルゴリズムが変わってサクラマシマシぼったくり店の評価が軒並み下がっています。 掲載されているレビュー これ面白いのが、1つを除いて全部3. 5以上の高評価レビューで埋め尽くされてるところ。 なぜそれだけ高評価されてるのに総合評価が3. 07なんでしょうかね。 食べログはよくわかりませんね 食べログのアルゴリズムのクソさ 食べログ評価のアルゴリズムで代表的なのが以下のふたつ ・多くレビューを投稿しているユーザーほど総合評価への影響力が強い ・レビューが一定数以下だと3. 0になる このクソアルゴリズムの店で、隠れ名店や地方のお店なんかは軒並み評価3. 0になっています。 ポケモンGOかよ でも、食べログに金払えば評価が高くなるらしい・・・あくまで噂 この店の地雷要素 まずお通し。 クソみたいなものが出てきたので20円くらいだろうと思ったら800円取られる。 相場より高すぎる。 注文しても出てくる気配はないし、グラスには口付けた後があるし、こだわり(笑)の地鶏は食材がかわいそうなレベルのものが出てくるというかたぶん地鶏使ってないし、店員の態度が最悪なので単純に気分を害する。 あと 頼んでもない料理を何回も持ってきて会計にはしっかり計上させられる。 何回お通し来るんだよ これだけたくさんのサービスをしてやったんだから サービス料+10%は当然だろみたいな感じでぼられる。 クソじゃ サクラ(りょうくんグルメ) この口コミの分布を見ればまあ察すると思うのですが、サクラが大量に咲いております。 きもちわる 下の方まで見てみると・・・ 飽きんなよりょうくんグルメかよ 味には一切言及してないのが笑いポイントです 口コミ 食べログ評価、Googleクチコミともに評価は高い たまたま行った時のレベルが低かったのか? 予約したが、人数に対して席が狭すぎる トイレも狭い エレベータ降りた時に店名も看板も無い 当然店員もいない 頼んだ飲み物は、いつになっても出てこない 料理は何処が地鶏なのか? 烏龍茶が売り切れって まだ、19時前ですけど? 呼び出しベルを押しても店員は来ない 行った時のレベルが低かったのでしょうが 2度と行きません。 食べログがすごく好評価なので行きましたが、最悪でした。 味も別に普通。 絶対地鶏じゃない、鳥貴族の方が格段に美味しい。 お通し800円とは別に。 唯一、鶏の炭火焼きは美味しかったです。 見た目真っ暗ですけど。 メニューの写真がでてきたらこれです。 しかも、 注文から1時間以上。。。 18時過ぎにきて他にはお客さんはすくなめだったので注文忘れかな。。。 もう少しもう少しで1時間越え。 ほかの料理もおいしくない。 接客も最悪で大切な人は連れてこれない。 お酒もぐちゃぐちゃでおいしくない。 揚げ出し豆腐・・・器は暖かいですが豆腐は冷たいです。 斬新すぎる。 安いメニューでも490円以上 冷奴。 メニューの写真の付け合わせも全て嘘です。 最近ここまで酷い店はなかった。 ここのお店の食べログの点数や口コミは信用できない。 写真が嘘な時点でおかしい。 食べログの口コミの写真はお店が提供したのかな?と思うぐらい全員似ている写真。 でてくる料理は盛り付けも違えば というか盛り付けられてないですが・・・ 付け合わせも全て違う。 同じ料理頼んでるので間違いない。 あと、個室だけどドア閉めるときバーンと締められます。 店員は、はいと笑顔でいいながら、まだ料理のこときいてるのにドア閉めてでて行きます。 入ったとたんに2時間制、一人2品注文しなければならないなどの注文が多い。 ネットの写真は広そうなのに、狭い個室で戸が閉まらない。 料理も冷凍モノを挙げたような唐揚げや、やけに固い焼き鳥などどこが地鶏なのか看板に偽りあり。 店員の接客も最悪で愛想がまったくない。 ハイボールを頼んだら、氷が解けていて規定量より少ないので、文句を言ったら嫌な顔。 挙句、注文ミスで 頼んでもいない商品を何度も持ってきて、その会計も請求する始末。 訂正させたら サービス料10%を加算してくるぼったくり精神あふれるお店。 この店での経験から、行ったことのない居酒屋をネットで見て予約することの危険性を勉強しました。 他の人も書いていますが、最悪な店です。 注文してない数量のビールが伝票に計上されてて指摘したらものすごい嫌な顔をされました。 2度と行きません。 総評 ぐるなびはクソ mazuimeshi1.

次の

食べログの口コミ・評判 | みん評

食べログ 評判

食べログの評価(点数)の算出方法や目安を知りたい• 食べログの信用度を知りたい• 最低評価はどんな店?• 最高評価はどんな店?• 2、1点台はどんな店?• 食べログのアルゴリズム(評価の仕組み)を予測 記事内画像出典:食べログ 食べログの評価(点数)の算出方法や目安を知りたい 食べログの評価(点数)の算出方法や目安に関して、まず押さえたいのは、次の3点です。 5点満点の口コミの平均ですが、信頼できるレビュワーの点が重め。 どの店も開店時は3点。 口コミが良いと、徐々にアップ。 地方なら3. 3点でも良店。 激戦区は3. 食べログの評価は、原則として、5点満点の口コミ評価の平均です。 口コミは、食べログに登録すれば誰でも書き込めます。 しかし、単純平均では、ステマ投稿によって点数を釣り上げることが可能になってしまいます。 そこで、食べログでは、レヴュワーの信頼度をランクづけしています。 簡単に言えば、投稿が多数ありバランスが良く、ほかのレヴュワーからの支持(いいね!数)が多いことなどが基準となっているはずです。 ステマ投稿者は、金銭と引き換えに特定のお店に高評価を付け、ライバル店に低評価をつけるはずです。 食べることが好きでやっている訳ではないので、おのずと口コミ数は伸びず、点数バランスも悪くなります。 そして、金銭と引き換えに書かれた熱意のない口コミは、必ずほかのレビュワーに察知され、いいねを集められません。 … 入門レビュワー … 初心者レビュワー … 中級者レビュワー … 上級者レビュワー 例えば、入門レビュワーが、あるお店に5点をつけたとしても、そのお店の評価点数には、反映されません。 なぜなら、このレビュワーは、まだ食べログの点数の相場を知らず、多くのお店の比較をしていないからです。 また、現時点ではステマの可能性があるという判断もされます。 こちらのレヴュワーの方は、食べログが信頼する上級者の方です。 食べログのアルゴリズム(理論)が、上級者を評価する理由は、以下の通りです。 食べログの、せっかく行ったお店で後悔させたくない、という理念を熟知している(他のレビュワーの書き込みを読んで、交流することで分かってきます)。 食べログの点数の相場を理解しているので、やみくもに、4点、5点などをつけることがない。 経験値が高く、基準となる味を知っている(例えば家系ラーメンを評価するにあたり、総本家の吉村家未経験では難しいです)。 多くのお店を訪ねているのは、明らかに趣味としての食べ歩きであり、ステマの可能性はほぼない。 口コミが良いと、徐々にアップ。 関東を代表するつけ麺店のとみ田は、本店は4.07点を持っています(執筆時)。 そしてとみ田の特徴は、支店やイベントでもほとんどクオリティが落ちないことです。 しかし、成田空港店はわずか3・15点。 これは、人が多く食べログへの書き込みが多い成田空港では、完全に「まずい店」「普通の店」の評価です。 しかし、口コミ件数に注目すると、わずか11件。 成田空港店は、2016年11月の開業です。 このように、食べログでは、 どの店も開店時は評価3点。 口コミが良いと、徐々に評価点数がアップする仕組みを取っています。 そのため、評価点数が低くても、口コミ数が少なければ、今後伸びる可能性があるということになります。 3点でも良店。 激戦区は3. 5点が目安! 静岡県の沼津港で圧倒的なパフォーマンスを誇るお店は、海鮮のたか嶋です。 筆者は10回以上、沼津港へ取材に行きました。 写真は1000円を切る、刺身定食です。 取材記事: しかし食べログの評価点数はわずか3.3点(執筆時)。 なぜでしょうか? これは、口コミ数の少なさによるものです。 食べログのレビュワーは、都市圏に多くいます。 都市圏では、飲食店が多く、比べることが重要だからです。 一方、地方では食べログのレビュワーが少なく、観光や出張で訪問した都市圏のレビュワーが何とか穴を埋めています。 しかし、年数回の旅行や、出張の合間では飲食店を回りきれず、とくに穴場の名店を落とすケースが目立ちます。 そのため、食べログの評価点数は、 地方では3.3点程度あれば十分です。 3.5点は、食べログ全体の4.4%、4.0点は食べログ全体の0.05%程度と非常に少なくなっています。 訂正いたします。 5点満点の口コミの平均ですが、信頼できるレビュワーの点が重め。 どの店も開店時は3点。 口コミが良いと、徐々にアップ。 地方なら3. 3点でも良店。 激戦区は3. 5点が目安! 食べログの信用度を知りたい 食べログ以外のグルメサイトは、「ぐるなび」「Retty」が主に利用されています。 スマートホンからよく利用されるサイトは、順に次のようになります。 食べログ• ぐるなび• 以前は口コミは、「応援口コミ」と記され、始めからお店を応援することが前提とされる雰囲気でした。 食べログが、飲食店選びで公開したくない人のためという視点で運営されているのに対し、 ぐるなびはお店の立場に立ったサイトです。 「応援口コミ」には、悪い点は書きづらく、書いても削除対象となるため、味やサービスで比べる人 利用しづらいサイトになっています。 都市部のかなりの人気店でも口コミが1件もないことが多く、最近はトリップアドバイザーの口コミを表示する仕様になりました。 現在は、応援口コミという表記は廃止されています。 ぐるなびは、基本的にお店の立場に立ったサイトのため、「悪口」を書かれないとして、一部のお店からは人気があります。 しかし「悪口」だけでなく、正当な評価も書かれないこととなり、ユーザーは離れ、お店は調理や接遇の技術を上げることができません。 現在、 味にこだわる人は居酒屋等の予約サイト、クーポンサイトとして利用している状況です。 ほとんどの口コミが実名ですが、顔写真を出している人は一部になります。 ユーザーから見ると、実名のため信頼できるという要素があります。 しかし、実際には、実名にしておけば口コミが荒れづらく、お店に嫌がられないという計算があります。 お店の側に立ったぐるなびに対し、ユーザーとお店のバランスを取ろうとしているサイトです。 しかし、評価の点数制度がなく、全体に評価があいまいなことは否めません。 レビュワーも、食べログよりは、カジュアルで軽やかな感覚があり、食べ歩いた上での精密な口コミというより、ツイッターのような気軽な投稿スタイルです。 Rettyは実名であるため、いい加減な口コミは投稿しづらく、一定の信用度があるといえるでしょう。 例えば、お店側が気に入らない口コミを発見し、食べログの運営に削除を要求しても、規定の範囲内なら絶対に削除されません。 もし、規定に反していた場合も、手間をかけてユーザーに一部書き直しを提案します。 その間、口コミは公開されていることもあれば、一旦非公開になることもあります。 しかし、食べログ側が一方的に削除することは絶対にありません。 このように食べログは、極端なほどユーザー重視の運営姿勢を持っています。 一部の飲食店からは、攻撃を受けていますが、それでもぐるなびやRettyに比べ、多くのユーザーに支持され、利用されています。 食べログへのスマホからのアクセスは、ぐるなびの2倍、Rettyの5倍ほどあります。 ぐるなびとRettyを合わせても、食べログには及びません。 ユーザーの支持動向を見て、ランキングを決めるgooglでも、常に食べログが上位表示されます。 結論として、 グルメサイトの中では、食べログの信頼度が最も高いと言えます。 食べログのイメージが良くないのは、ごく一部のユーザーのやや偏った書き込みが要因の一部です。 そしてイメージを下げる大きな要因は、食べログ上に評価の高いコメントを書いてもらえなかったり、点数が伸びない飲食店の店主が、定期的にネット上あるいは訴訟による批判を繰り返していることです。 ぐるなび、Rettyに比べ、単純にユーザーが多く、目立つということも背景にあります。 業界1位の存在は、マクドナルドがそうであるように、評価も批判も総取りをする傾向があります。 食べログ最低評価の店はどんな店? 食べログ最低点のお店を調べる方法は、簡単です。 PCを使い、エリアを指定し、ランキングを選択するだけです。 評価点数が高い順に表示されますので、最後の方を見ます。 食べログの仕様の関係で、ランキングは1位から1200位(60ページ分)までしか表示されません。 そのため、「東京都」「大阪府」など指定するエリアが大きすぎると、最下位はわかりません。 新宿駅周辺300mなど、エリアや距離に工夫し、該当店舗が1200店以下になるように絞ります。 そのため、点数が表示されていて、もっとも点数が低いお店が、食べログ最低点のお店になります。 以前は駅名を伏せていましたが、お店が閉店したため、駅名を伏せる意味がなくなり、公開いたしました。 食べログの点数評価は、レビュワーが何点をつけるかも重要ですが、口コミ数が多くならないと点数が上がらない仕様のため、来店客数も重要です。 ラーメン屋は、熱心にお店を開拓するファンが多く、平均的に口コミ数は多くなります。 そのため、ある程度丁寧なラーメンを出していれば、点数は上がりやすいのですが、ラーメン店Kは、めったに出ない2点台です。 平日の午後に訪ねました。 お店推奨のメニューが多い、食券販売機左上にあった「つけ麺」を注文します。 麺 … つるっとした、コシがあるタイプで楽々合格点。 つけ汁 … 定番の濃厚魚介。 2点台を食らう味ではありません。 具材 … チャーシューは小さく冷え切り、脂が奇妙な味を放っています。 減点材料です。 ガラガラなのに、 温めなおす手間を惜しんでいます。 スープ割り … スープに工夫があり、合格点。 内観 … ゆったりとしたカウンター。 木材と石を使った内観は合格点。 清潔度 … すいているのに、カウンターに台ふきんを置いてあるのはマイナス評価。 食べるときに目に入ります。 いかがでしょうか。 ラーメンの味に2点台を食らう要素はありません。 よくある流行りの味とはいえ経験上3.3点はつくはずです。 失点は、チャーシューが冷えていることと、すいているのに目の前に台ふきんが置いてあること。 これらは両方とも、 店主や店員の「もてなしの心」の問題です。 食べログのレビュワーは、味の評価に辛辣な印象がありますが、実はそうでもありません。 味の感じ方には個人差があると踏まえているレビュワーも多くいます。 しかし、全レビュワーに共通するのは、もてなしの心を極端に欠くお店には、非常に手厳しいということです。 ラーメン店Kで誰もが気づく欠点は、チャーシューが冷め 脂が奇妙な味を放っていることくらいでした。 しかし、この後お店はオウンゴールを連発します。 フロア専属女性は、清掃などルーチンワークに集中し、終わると厨房へこもる。 水のポットもスープ割りも台ふきんも、すでに置いてありますので、店員に用事はないだろうとの見立てです。 調理スタッフが届いた缶入りの食材を床に投げるため、大きな金属音が響き渡ります(2回)。 通常は音を立てませんし、もし音が出てしまっても「まずかったな」と思うべきところです。 退店時には見送りの挨拶はなし。 赤外線センサーによるチャイムに客の出入りの把握を頼っているので、退店時は声が間に合わないのです。 これが、食べログ2点台、地域最低評価のお店の実態です。 店主がもてなしの心を持って臨んでいれば、料理はまずくとも。 2点台には落ちないものです。 そもそも食べログは、お店への配慮として、評価2点台はめったに出ないアルゴリズムになっています。 評価2点台が出る条件は、ただ1つ、複数のレビュワーがめったにつけない1.0点をつけることです。 そして、それは味でなく、接客の問題の場合のほうが多いです。 このお店には、実は以前にも訪問したことがあります。 気づかぬうちに閉店時刻が過ぎてしまい、低い声で嫌味を言われ、にらみつけられた記憶があります。 お店を、やりがいを持ち、楽しみながら運営している人なら、お客が多少長居してしまうのを気にしないものです。 雇われ感覚で、嫌々運営していると早く店を閉めて家に帰りたいという一心になるのでしょう。 その後、笹塚駅のラーメン店Kは倒産し、閉店しました。 お客を遠ざけシャットアウトした結果、お客から訪問を拒絶されたのです。 食べログ最高評価はどんな店? ラーメン店全国2位のとみ田(写真は千葉駅構内の支店のもの)。 食べログの最高評価のお店は、PCで利用できるランキング機能から簡単に分かります。 全国の最高評価、都道府県別の最高評価、ジャンル別の最高評価など全てわかります。 スマホでは、有料会員にならないと、ランキング機能は利用できません。 なお、全国の最高評価は、エリア・駅、キーワードを空欄にしたまま、検索ボタン(虫眼鏡マーク)をクリックします。 2017年1月末現在の、全国ランキングは以下の通りです。 2点台になるお店は、『食べログ最低評価の店はどんな店?』の項目でも紹介したように、味というよりは、極端にもてなす心がないお店です。 総合評価2点台になるためには、1.0点の最低評価が複数つくことが条件となります。 ある最低評価のお店の、1.0点の評価を抜粋してみます。 料理を出すときに、無言でドンと出された。 貼ってあった料理の説明を見ようとティッシュ箱をどけたところ。 元の位置に戻すように指示された。 女性店員の態度がぶっきらぼうで、料理もレトルトのようだった。 注文した料理と違うものが出てきて、すぐにお出しできると言われたものの、長く待たされた。 有名店でもないのに頑固気取りの接客で、すいているのに待たされた挙句、料理は冷めていた。 以上4人が1.0点の評価をつけ、このお店は地域で最低の点数となっていました。 味への言及もありますが、多くが接客姿勢を問題視しています。 食べログのアルゴリズム(評価の仕組み)を予測 食べログでは、どのお店も評価3.0点からスタートします。 そして、口コミが蓄積されると点数が変動します。 このとき、信頼度の高いレビュアーの評価が重く評価されます。 レビュワーの信頼度は、食べログのアルゴリズムが判定していますが、これは非公表です。 信頼度の判定方法を予測すると、以下のようになります。 投稿数が多い … 食べログへの投稿に慣れると、点数の相場が分かってきます(初心者のうちは、気軽に4点や5点をつけてしまいます)。 また、ラーメンならラーメン、そばならそばのように、ジャンルの経験値が高いと、味の判定が正確になります。 字数が多い … ステマ業者は、熱意がなくネタが尽きてしまうため、やや短文の書き込みをしているはずです。 手間ひまをかけ、何度も追記をするのは、信頼できるレビュワーである証です。 点数分布が正常 … 特に制約なく食べログへの投稿を繰り返してゆくと、3~4点のがあいだが多く、高評価や低評価が少ない正規分布になるはずです。 ステマ業者は、依頼店に高評価、ライバル店に低評価をつけるはずです。 いいね数が多い … しっかりした書き込みには「いいね」がつきやすくなります。 中身のない業者の書き込みには、いいねが付きにくくなります。 該当のジャンルに精通 … ラーメン店に対する評価なら、ラーメン店への書き込みの数が多いほど、信頼度を高めている可能性があります。 例えば家系ラーメンが3店目というようなレビュワーの、家系ラーメンへの評価は信頼できません。 ジャンルトップの店への訪問歴(?) … 家系のラーメンを論じるなら、総本家「吉村家」の味を知っている必要があります。 ジャンル内で評価の高い店への訪問歴を見ているのではないかという意見もあります(筆者はこの観点はないと予想しています)。 コンスタントな投稿 … ステマを依頼された企業は、まとめて短期間に投稿する傾向があるはずです。 本質的に食べ歩きが好きではないので、コンスタントには投稿しません。 信頼度が高いレビュワーは、アカウントを継続的に長く運用しているはずです。 上の7項目は、実はgoogleの検索結果表示のアルゴリズム(非公開)に似ていると思われます。 同じような仕組みを使っているのにも関わらず、googleは先生と呼ばれ、食べログは「評論家気取りの素人が駄文を書き散らしている」「ステマだらけ」と言われるのはなぜなのでしょうか? それは食べログを実際に利用することなく、ネット上の食べログを扱う記事に影響を受けている人が多いからだと思われます。 ネット上では、食べログを叩く記事のほうが、多くの読者を集められます。 大手メディアのライターを含め、多くのライターがまずあら探しの視点から、食べログを見ているのが現状です。 (まとめ)食べログ評価の正しい使い方 私個人の場合、食べログの評価点数を、以下のように利用しています。 検索 … サイトに最寄り駅(地域)、ジャンルを入力して、ランキング検索をします。 候補選定 … 地方では3.3点以上、都会の激戦区では3.5点以上の店から、数店ピックアップし、訪問候補を決めます。 レスキュー … 3.2点( 激戦区では3.4点)以下でも、書き込みが20件未満のお店で気になるものがあれば、実際に口コミを見て、レスキュー(救済)します。 口コミ数が少ないと、良いお店でも点数が低く出るからです。 具体例は千葉県のです。 口コミチェック … 訪問店数(口コミ投稿数)などを基準に、信頼できるレビュアーを数名選び、口コミ内容を読んでみます。 そして、納得できれば実際に訪問します。 なお、最終的なお店の評価は、実際に訪ねて自分の感覚で決めてみてください。 点数が低いのに優れたお店も、ある程度存在します(多数は存在しません)。 また、地方ではレビュワーが少ないため、食べログの精度は多少落ちます。 観光地で利用する場合は、注意してください。 以上、食べログの点数評価の仕組みと信用度~最低評価のお店も大公開~でした。 お気軽にコメントください。

次の