文鳥 メス。 文鳥のメスが発情期になったようです。皆さんはしっぽを振ってきたら...

文鳥の熱中症 原因と理由・症状・対策など|文鳥デイズ

文鳥 メス

お尻から赤い内臓が出ており、異常が明らかに見て取れます。 排泄腔は卵管口や尿管口がついていて、赤黒い粘膜をしています。 卵管は孔が一つしかなく、鮮やかな赤色の粘膜をしています。 激しい痛みから食欲不振や膨羽、沈うつなどの症状を見せます。 患部を自分でつついてしまったり、同居している鳥に咬まれたりして、出血や腫れを起こします。 少ししか出ていなかったものを、より一層引きずり出してしまうこともあるでしょう。 脱出した臓器の根元が排泄口によって締め付けられたり、卵を内包したまま脱出したりしている場合には、血流が止まって壊死します。 血流が止まっていなくても、粘膜の乾燥によって壊死していきます。 尿管口が壊死して尿閉を起こすと腎不全の原因となり、予後が悪くなります。 また、脱出した卵管や排泄腔の損傷が重度の場合、痛みによるショックや感染などにより死に至ることがあります。 卵管脱・排泄腔脱を起こしたら、応急処置をしつつ一刻も早く病院を受診します。 水に0. 9%の塩を溶かした生理食塩水を作り、綿棒で塗るか、濡らしたガーゼで包んで、患部の乾燥を防ぎます。 文鳥には厚紙やクリアファイルを切って作ったエリザベスカラーをつけ、患部を刺激できないようにします。 同居の鳥がいる場合には隔離します。 この応急処置をしたうえで、可能な限り早く病院を受診してください。 時間帯や曜日によっては、すぐには病院を受診できないことがあります。 その場合、飼い主の手で脱出した臓器を押し込むことも検討しなければいけません。 生理食塩水で濡らした綿棒を使って、排泄口の中へと押し込みます。 卵を内包した状態で脱出している場合、卵を取り除いてからでないと戻すことができないため、家庭での処置は難しくなります。 既に患部の壊死が始まっている場合には、体内に戻してはいけません。 手術で切除してもらう必要があります。 また、自分で体内に戻すことができたからといって、放っておいてはいけません。 感染症や炎症を予防するために、可能な限り早く病院を受診しましょう。

次の

文鳥のメスが発情期になったようです。皆さんはしっぽを振ってきたら...

文鳥 メス

もくじ• 発情期はけんかが起こりやすい 文鳥は 繁殖期である9月~翌5月くらいに発情しますが、発情期になると、オスもメスもイライラし、攻撃的になることもあります。 ペアが同時期に発情すれば問題はないのですが、時期がずれた場合はけんかが絶えなくなります。 パートナーに攻撃することも パートナーのことをあまり気に入っていない場合も、 攻撃を繰り返すことがあります。 嫌いなパートナーをケージから追い出そうとするでしょう。 パートナー同士、お互いに気に入らない場合はケージを別にすればよいのですが、一方だけが相手を嫌いで、もう一方は好きといった片思いの場合は困ります。 両思いのペアは交尾をする 一方、両思いのペアでは、発情期になると、 オスがメスを誘う声が聞こえるようになるでしょう。 交尾も頻繁に行われます。 放鳥時には、いつものように活発に飛ぶことはあまりなく、高い場所に巣作りを始めることがあります。 タンスの上などに巣材になるようなものを運ぶのが見られるでしょう。 1羽飼いの文鳥も発情する 1羽で飼っている文鳥でも、飼い主さんをパートナーと見て、信頼して暮らしている文鳥なら、発情期はあります。 オスは飼い主さんの手や腕に交尾しようと、軽くかむこともあるでしょう。 ときどき強くかむこともあり、飼い主さんにとっては痛くてつらいものです。 長袖を着て肌をあまり出さないというのもひとつの方法です。 メスは卵を産むことも メスは甲高い声で鳴き続け、パートナーだと思っている飼い主さんを誘うことがあります。 また、手に乗せると体を低くして、尾羽を小刻みに震わせることも。 これは、 交尾を要求しているサインで、頭や体をなでたり、手で包み込むようにして刺激すると、 産卵してしまうこともあります。 卵は無精卵ですが、出産はかなり体力を消耗するので、 文鳥にとっては大きな負担になります。 この時期は、肩や腕にのせる程度にとどめておくほうが無難です。 オスもメスも、飼い主さんをパートナーと思っていない文鳥については、攻撃的になることもあります。 繁殖させないなら、つぼ巣を片付ける ケージの中に つぼ巣があると、それを見て 発情してしまうメスもいます。 また、ケージの底に敷いてある新聞紙がめくれていると、それを巣と勘違いして発情することも。 ほかに、カーテンやハンガーにかけた衣服なども巣と見立てて発情します。 興味を持って近づくようなら、片付けましょう。 脂肪やタンパク質の多い食事を控え、 発情の要素を減らすことも一案です。

次の

文鳥のオスとメス。性別の見分け方は?

文鳥 メス

タグ 100均 20代 30代 37歳 40代 6月 DIY アイテム アイドリング アイロン アクセサリー アパート アピール アレンジ イケメン イメージ インコ インスタント インド ウサギ エアーポンプ エアコン エビ エンジン おしゃれ おすすめ おもちゃ お腹 カーテン カーテンレール カートリッジ かからない かけっぱなし かけ方 ガス回収 ガス漏れ ガソリン カット カップル カナヘビ カビ キャスター キャリーケース キャンプ キュルキュル グッズ グッピー クローゼット ケージ ゲスト コーデ コーディネイト コスパ コツ コップ コリドラス ご祝儀 ご飯 サイズ サビ サプライズ サングラス シーバス シェーバー ジオラマ ジャズ スーツ スーツケース スイッチ スキンケア ステッカー すね毛 すのこ スパイス スピーカー スピーチ スポーツ ズボン セラミックヒーター セリフ ソイル ダイエット タイミング タンス ダンボール チェーン チェック ツーブロック デート デザイン デッサン ドアノブ ナイロン ヌマエビ ノーマルタイヤ パーティー パーマ バッグ バッテリー バランス ヒーター ビオトープ フィギュア フィルター フライパン フラッシュモブ プラティ ブレーキ ブレーキパッド ブレーキランプ プレゼント ブロック プロポーズ ベタ ベッド ポイント ホコリ ポンプダウン マスク マット マナー ミナミヌマエビ メガネ メス メダカ メッキ メニュー メバル メリット メンズ メンテナンス モテる ヤカン やり方 リズム リセット レイアウト レシピ レンズ ロン毛 ワーム ワックス 一人暮らし 一瞬 上司 上手い 中国人 中指 予算 二次会 交換 仕事 付録 仲直り 休日 会社 会話 似合う 似顔絵 低下 何色 余興 作り方 作り置き 使い方 便利 保存 修理 偏光 健康 兄弟 充電 克服 入院 共働き 兼用 冬 冬眠 冷凍 冷蔵庫 処理 出産後 初心者 別れ 別荘 剃り方 前兆 前日 剥がれる 効果 動かない 匂い 印象 危険性 卵 原因 友達 収納 取り付け 同棲 吸音材 味噌汁 呼ぶ 喧嘩 固定 土台 塗装 塩浴 外国人 外壁 外食 大きさ 大切なこと 大好き 夫婦 失敗 契約 女友達 女性 好意 妊娠報告 娘 嫁 季節 孫 孵化 安い 安全性 定番 実家から 家事 家事しない 家庭菜園 審査 寮生活 対処 対処法 対策 寿命 小さい 履歴書 工具 左手 左手薬指 布団 希望 帽子 年賀状 広い 庭 式なし 引き出し 引っ越し 強度 彼女 彼氏 復縁 心理 必要 必要性 忘れない 怖い 性格 意味 感動 成功させる方法 手作り 手入れ 手紙 手続き 手順 披露宴 押入れ 持ち方 持ち物 指輪 挨拶 掃除 掃除の仕方 描き方 揚げ物 支柱 教師 文鳥 料理 新築祝い 新郎 方法 旦那 時期 時計 時間 暖房 曇り止め 服 服装 朝食 期間 木 木材 未開封 条件 東日本 板 楽しみ 比較 水槽 水漏れ 水草 水道 水道水 汚い 注意 注意点 注文 洗濯パン 洗車 浄水器 浮気 海外旅行 混泳 渡し方 準備 濁り 無精卵 焼き鳥 燻製 爪 物を捨てる 物件 物置 特徴 犬 独身 玄関 理由 環境 生地 生徒 生活 生活費 産卵 甥 田舎 男 男子 男性 男飯 疎遠 病院 痛い 発泡スチロール 目安 目的 相場 眼科 眼鏡 着物 短髪 砂利 礼服 社会人 稚魚 種類 窓 立ち上げ 竹 笑顔 筋肉 節約 簡単 米 粘土 紐 素材 細い 経営 結婚 結婚式 結婚相手 結婚祝い 練習 縁起 繁殖 羽織 肉料理 肥料 肩幅 脱皮 自作 自分で 自動車 自炊 自由 臭い 花 花屋 花束 芸能人 茶色 落ち葉 薄く 薬浴期間 虫 蛇口 褒める 西日本 見分け方 視力 親 解凍 記念日 記憶 設定温度 誕生日 謝辞 豪華 費用 資格 赤口 趣味 足 距離感 車 車検 農薬 進行 運営 運転 道具 違い 選び方 遺伝 那須 部品 部屋 郵便物 都会 重曹 量 金額 金魚 釣り 釣り方 鉛筆 長さ 開店祝い 防止 雑誌 離婚 電圧 電気 電話 面長 革靴 靴 音 顔 顔でかい 顔合わせ 食べられる 食事 食器 食材 食費 飼い主 飼い方 飼育 餌 香水 高圧洗浄機 髪 髪型 髭 魅力 黒 鼻あて 目次• 文鳥のぐぜりはいつから始まる? 文鳥が幼鳥の頃にするさえずりの練習のことを「ぐぜり」と言いますが、そのぐぜりをする時期は文鳥によっても異なり、平均的には生後3ヶ月頃からが一般的です。 また、このぐぜりはオスの幼鳥のみで、性別がメスの場合はぐずりが出ることはないと言われています。 文鳥がぐぜりを始めると「キュルキュル」や「グチュグチュ」のような鳴き声を出すようになります。 こういった鳴き声が聞こえた時には、文鳥がぐぜりの練習を始めたサインです。 体の異変などではなく、さえずりの練習ですので優しく見守ってあげましょう。 一方で、ウグイスなど文鳥以外の鳥にもぐぜりはあります。 一度は耳にしたことがあるウグイスの鳴き声「ホーホケキョ」ですが、ぐぜりが始まると「ホーホケ」や「ケキョ」のような鳴き声を出すようになるようです。 文鳥のぐぜりはいつから?それでオスかメスかがわかる? 文鳥は、見た目でオスかメスかを確実に見極めることはできませんが、さえずりの有無によって見極めることができます。 さえずりをする文鳥は「オス」のみです。 そのため、ぐぜりを始める生後3ヶ月頃に文鳥のことをよく観察することで、文鳥の性別を判断することが可能です。 文鳥により個体差はありますが、生後半年頃を迎えても「ピッ」や「チッ」のような短い鳴き声しか出さない場合には、メスである可能性が高いでしょう。 また、文鳥が出すさえずりは文鳥によってそれぞれで、オスの文鳥が全て同じさえずりをするとは限りません。 文鳥の出すさえずりは、飼育環境等に影響を受けて鳴き方が決まると言われています。 そのため、色々なオスの文鳥を飼育することで、様々なさえずりを聞くことができるでしょう。 文鳥のぐぜりはいつからとははっきり言えない?早い場合も オスの文鳥はメスの文鳥に求愛するときに、さえずりをしながら「ピョンピョン」と跳ね求愛をしますよね。 そんなさえずりを覚えるための練習である「ぐぜり」ですが、ぐぜりが始まる時期は文鳥により様々です。 文鳥のぐぜりは、一般的に生後3ヶ月頃から始まることが多いですが、はっきりといつから始まるとは言い切れません。 中には、早い場合で生後2ヶ月頃から、遅い場合で生後5ヶ月頃からなど、ぐぜりを始める時期は、文鳥により個体差があるようです。 また、ぐぜりを始める時間帯は「午後」である場合も多いようで、うとうとしながらぐぜりの練習をする場合があるかもしれません。 飼い主さんがお仕事を終え帰宅すると、「初めてのぐぜりを聞きたかったのに既にぐぜりが始まっていた…。 」なんて、どこか悲しいような思いをすることもあるかもしれませんね。 ぐぜりをするオスの文鳥の特徴とは? ぐぜりをするオスの文鳥の特徴をご紹介します。 オスの文鳥の特徴について メスとの大きな違いは、身体の大きさです。 オスの文鳥は、メスと比較しても体重が重く、25g以上ある場合にはオスである可能性が高いでしょう。 その他にも以下のような特徴がある場合には、オスの文鳥である可能性が高いです。 頭の形が四角く平ら• 目やアイリングが太い• アイリングの色が赤くはっきりと濃い• 目の形が切れ長• 上のくちばしのアーチが高く、丸く盛り上がっている• くちばしの色が赤く濃い• 頬の肉付きが良い• 足が太く指も大きい オスの文鳥には上記のような特徴がありますが、雛の頃は見た目に殆ど差がないため「ぐぜり」の有無で性別を判断しなければいけません。 また、栄養状態に問題があるとくちばしの赤色が薄くなることもありますので、一概に言い切ることはできません。 そのため、「オスの文鳥を飼いたい!」「メスの文鳥が良い!」などの性別の希望がある場合には、成鳥を飼うことをオススメします。 文鳥の鳴き方にはいろいろな種類があります 上記でもご紹介しましたが、文鳥のさえずりには様々な鳴き方があるように、鳴き声にも様々な種類があります。 そこで、鳴き声の種類と鳴き声の意味についてご紹介します。 文鳥の鳴き声の種類と意味について• 「ピッピッ」 強めにこのように鳴く場合には、飼い主さんに呼びかけていることが多いです。 ゲージから外に出して欲しいときや、飼い主さんが帰宅して嬉しいときなどにこのような鳴き声をあげることがあります。 「ホミッホミッ」 このような鳴き方をするときは、「お願いだから~」と飼い主さんに甘えている場合と、「それどうしたの~?」と飼い主さんの持っているものに関心を持っている場合があります。 上記の場合よりも、少し柔らかめな感じであるでしょう。 「キャルルル」 この鳴き声をあげるときは、威嚇の場合です。 文鳥が遊んでいたものを取り上げたなど、文鳥を怒らせるようなことをした場合にこのような鳴き声をだします。 本気で怒ると強く噛まれることもありますので、注意が必要です。

次の