ゲルハルト バルク ホルン。 ゲルハルト・バルクホルン

姉バカ美少女ゲルトルート・バルクホルンのプロフィールだやっほーい!!!

ゲルハルト バルク ホルン

「もう一度…!守って見せる!」BANDAIより発売中のアーマーガールズプロジェクト(AGP)より ゲルトルート・バルクホルン(ストライクウィッチーズ2)をお送りいたします。 一見ハレンチな恰好をしているように見えるが、これはこの世界では女子にとって普通の恰好で、パンツに見えるのもパンツではない。 ズボンである。 ズボンである。 素足丸出し、それに準じた格好なのも機械の箒=ストライカーユニットを履く為であり全く持って合理的なのである。 うん、問題ない。 一応文化庁の推薦を貰ったこともあるらしい。 登場人物にスオムス(現実でいうフィンランド)のキャラクターがいるのでフィンランド大使館からもよくネタが振られる。 主な舞台は1940年代半ばのヨーローッパで地名や国名は違えどほぼ当時のヨーロッパの勢力図となっている。 登場人物も第二次世界大戦で活躍したエースパイロット達がモチーフとなっている。 ここから彼女の説明 ゲルトルート・バルクホルン 国籍:帝政カールスラント(現実でいうドイツ) 生年月日:1925年3月20日(劇中19歳) 使い魔:ジャーマンポインター 階級:大尉 性格:厳格で規則を重んずる。 典型的な軍人キャラ。 ぶっちゃけ男らしい。 あとシスコン 固有魔法:念動系【怪力】 休日やっている事:筋トレ 使用武器:MG42 使用ユニット:フラックウルフFw190D-9 コールサイン:ヴァイスフュンフ(白の5) 撃墜数:250機 イメージモデル:ゲルハルト・バルクホルン 愛称はトゥルーデ(GERUTRUDの後半部分を読むとTURUDEと読むところから ファンからはお姉ちゃんと呼ばれている。 これは妹のクリスを大事に思っているところや、厳しくもハルトマンや宮藤の世話を焼いたり、宮藤を妹に見立てて甘やかしたりするところから。 筆者的にはストパン内で3番目くらいに好きなキャラクター。 怪力なのをおちょくって怒られたい、怒られながら世話焼かれたい。 写真は普通に立たせただけの物。 造形は悪くないものの、下半身と上半身の接続が甘いのでよく分離してしまう。 可動に関しては筆者はガンプラやリボルテック、ROBOT魂に慣れてるので厳しめになるのかもしれないが、残念であった。 足首は全く動かないに等しい 彼女の女の子らしさの特徴の1つであるツインテールは可動します。 好みに合わせて、どうぞ。 背中に3mm穴があるので、ガンプラ用のスタンドや魂ステージを使うことができる。 が元々付属のスタンドがあるのでまず要らない。 \うーっす/ /何だブリキ男\ ガンプラとの比較 少し小さい程度。 ウイングガンダムやF91等の小型MSと同じくらいかと。 絡ませるには問題ない。 その他バンダイのフィギュアとの比較 ROBOT魂とは問題ないがスーパーロボット超合金に比べると結構小さい 魔法力発動状態は前髪を差し替え、尾骶骨部分に尻尾なパーツを付けるだけ この状態ではただでさえ怪力な彼女は素手で鉄骨を持ち上げるくらいの怪力を発揮する。 ギャグ漫画では他のキャラを殴って血まみれにさせることも。 \ガオーッ/ /来い!\ うん、違和感ねぇな。 んでもってストライカーユニットの装着 困った顔 \やーい、怪力ゴリラ女~/ /……\ 叫んだ顔 \ドオオリャァァァッツ/ /アベシ!\ \全く貴様等は…/ /もう悪さしません\ /グリラセン\ お姉ちゃんと言えば説教が似合いますね! トゥルーデチャンハカワイイデスヨ! 今回、このフィギュアを買ったのは 近所のエディオンで安くなっていたから先を越される前に買おうと思った事と、AGPストライクウィッチーズ系がいつまでたっても宮藤、坂本、エーリカ、トゥルーデの4種から増えない事から 「いつになったらミーナは出るんだ(憤怒)」 というフラストレーションを抑える為と、とっととISよりも501JFW全員揃えてほしいからそのためのお布施ってところです。 いろいろ接続は甘いところが多いですが、造形、最低限の可動はクリアしてるので、飾るもよし、他のキャラと絡ませるのもよし、となかなかプレイバリューの高いフィギュアでした それにしてもねんどろいどもこれもそうだが、なんで姉御ばっか安くなるんだ? あと AGP ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ 早く出してください、お願いします。 何でもします.

次の

ゲルハルト・バルクホルンとは

ゲルハルト バルク ホルン

ゲルトルート・バルクホルンとは、「」の登場人物である。 概要 称「トゥルーデ」。 軍JG第2飛行隊所属の。 連合軍の。 は撃墜数第の旧軍、・。 からとしての訓練を積んでおり、撃墜数機をえる。 軍規や規を重んじる生の軍人であるが、故郷とのを守りきれなかった事で自責の念に駆られ、謀な戦いに身を投じていた。 に似た雰囲気を持つが着任したことで動揺は頂点に達し、その後の戦での重傷を負ってしまう。 になる中、「一人でも多くの人を守る」芳佳と「自分たちはだ」と叱責するによって、自身の戦う理由を取り戻していく。 が、が進むうちにが回復すると、とんでもない ぶりを発揮したため、冷な軍人だったは一転して、「おちゃん」としてにされるようになる。 開のでは更に(?)っぷりが酷くなっているあげく、からは「(は)の」と言われ、とうとうからも「おちゃん」呼ばわりされてしまった。 専用「あなたとできること」ではが出来るはずだったのだが、その後に発売された専用「いやす・なおす・する」ではこの設定はオミット(どころかをしてもらう側)されてしまった。 愛称について のことをとは「トゥルーデ」と称で呼ぶ。 の「()」の後半を横の方にすると「TRUDE(トゥルーデ)」となるのである。 ちなみに、の中にされる「オオオ!」というものは、『 』の登場「・ツェン」に習ってのものと思われる。 同じ者()、類似する名前、同じ(但しはという旧の)ということもあり「オオオ!」とされるようになったと思われる。 もちろん、劇中では一度も「」と呼ばれたことはい。 ちなみに担当の氏からは「ク」と呼ばれることも。 パーソナルデータ• :(ー)• 階級:(本に戻ればになるという内示をうけているとのこと)• 普段もこれによって2丁を難なく振り回し、格闘戦においてもに劣らない複雑なマバ(機動)を可としている。 格闘と言えば、2期2話のにおいて撃の後に二丁のを逆さに持ちかえて直接を打撃している(の魔による特殊攻撃です。 危険なのでしないでください)。 アーネ・がいる。 負傷時には俸給をすべて治療費に注いでいた。 照れくさいらしく、の話になると言動がちぐはぐになる。 は一応できる模様。 も作れる。 但し本人く「作りは(? )だ」とのこと。 原隊は軍JG第2飛行隊。 そこでを務めていた。 ではー3的にいる。 実は同様がのが元となっているため、にそっくりさんがいる。 のそっくりさんは「E化」。 他キャラとの関係• は昔からの戦友であると同時にが負傷した際ずっとそばにいた人物であり恩義を感じている。 と行動を共にすることが多い。 が始めて部隊に配属されたときの直属上官というのが関係の。 しかしで呼ぶことはあまりなく、で呼んだり、時には階級をつけてで呼ぶ。 でも本人のいないところでは称の「フラウ」を使うこともある。 のことは経験豊富なとして信頼している。 自分がにならないのも部隊に二人もは要らないためらしい。 にはが増えたような感覚を覚えている。 第2期ではへのを見つくろってもらったり、コートを貸したりと、まぁ、いいっぷりである。 軍人らしくないが、そこがとの共通点だと思っているようだ。 を今後教えるをしているようで本人はいたく喜んでいる ぽい。 を「リベン」と呼び、生活態度の相違やの取り合いまでなにかにつけて衝突している。 カするほど仲がいいという間柄。 どちらかというとのほうがからかっているような立場。 とは1期4話でに衝突、負傷をおう原因となったことを後から謝罪され、戸惑った。 2期では、ア解放もあって余裕が出てきたと評価もしている。 の年少組になるともっている。 については、その潜在を高く評価しており、揮などを、、自分から学べばいいになるだろうと評価している。 が、その一方で、士官になる気があるのかだとも思っている。 のラウンドなを高く評価する一方でにべったりなのでナイト・にでもなるつもりかとも心配している。 についてはナイト・としてを高く評価している。 の私生活についてはせずにまかせている。 さえちゃんと参加してくれればいいという考えのようだ。 ただ、寝る場所がいつもかわるのは疑問に思っているらしい。 ジェットストライカーについて 第2期4話にてノイエ・より送られた次世代の試作機。 が使用した。 開発にのの、が参加していた。 名:フ• ちなみに2期6話で使用された・は、元々この用に開発された装備である。 また、劇中にてがつぶやいた「まるでに後押しされているみたいだ」というは、元はィーネ・ドのである・(当時)が試作機V4に試乗した際に述べた言葉である。 「」V. 1「サン・の鳴」では欠陥を良したの試験飛行を行っている。 の過剰消費の問題は解決されたものの、mm射撃時のが抑えきれておらず、更なる良を要するとされた。 関連動画 「あの……さ」.

次の

ゲルハルト・バルクホルンとは

ゲルハルト バルク ホルン

乗機Bf109Gに搭乗中のバルクホルン 1943年 、が発動され、はに侵攻、JG52もへ配置転換された。 、バルクホルンは120回目の出撃でソビエト空軍のを撃墜、初戦果を記録した。 、5機撃墜でとなった。 11月末までにバルクホルンのスコアは10機に達し、、に昇進した。 、バルクホルンは第52戦闘航空団第4中隊(4. ここからバルクホルンのスコアは驚異的な伸びを見せる。 この頃の乗機はF型である。 、バルクホルンは一日で6機を撃墜し、「一日で達成されたエース(Ace in a day)」となり、スコアも50機を超えた。 、バルクホルンは被弾負傷して2ヶ月間の休息を余儀なくされたが、休暇中の、64機撃墜の功によりを授与された。 10月に戦線に復帰すると、バルクホルンは再びスコアを伸ばし始め、までに101機撃墜を達成した。 、105機撃墜で柏葉付騎士鉄十字章を授与された。 この時期、第52戦闘航空団は装備機をG型へと転換している。 、バルクホルンは全軍で15人目の150機撃墜を達成した。 、バルクホルンはに昇進し、第52戦闘航空団第II飛行隊 II. には全軍で5人目の200機撃墜を達成。 、バルクホルンは全軍で3人目の250機撃墜を達成し、、柏葉・剣付騎士鉄十字章を授与された。 、に昇進した。 バルクホルンはに4機を撃墜し273機撃墜に到達するが、爆撃機迎撃に飛び立ったこの日6度目の出撃で護衛のに撃墜され、胴体着陸した際に右腕を骨折、左手にも負傷し4ヶ月間の戦線離脱を余儀なくされた。 度重なる戦闘による蓄積疲労から集中力が落ち、敵機接近に気付くのが遅れたためであった。 この間に同僚のが、バルクホルンに先んじて300機撃墜を達成した。 10月からバルクホルンは戦線に復帰し、には275機撃墜を達成した。 この間、ハルトマンが第III飛行隊第9中隊長から第7中隊長に転属してきて、バルクホルンの部下となった。 、バルクホルンはハルトマンに次ぐ300機撃墜を達成した。 ドイツ本土防空戦 、バルクホルンはドイツ本土防空に当たる第6に任命されDに機種転換したが、充分な慣熟訓練を行えなかったこともあって同機と彼自身との相性は決して良いものではなく、後に「慣熟訓練にあと50時間は欲しかった」と述懐している(後にJG6はFw190D、Bf109G-14そしてBf109Kの混成部隊となる)。 JG6はほとんどが新人とBf110から機種転換してきたパイロットから構成されていたが、バルクホルンと同様に新機材への慣熟訓練すらままならない中での実戦参加となったため、結果アメリカ空軍を相手に多大の損失を被った。 バルクホルンはまでJG6を指揮したが過労で体調を崩し入院、同職を解任された。 この頃、すでにドイツ空軍は壊滅状態であった。 戦闘機隊総監を解任されていたは、ジェット戦闘機で構成された JV44 を結成し、ドイツ空軍の精鋭を集めて最後の戦いを挑もうとしていた。 バルクホルンは入院中であったがこれに志願し、、JV44に転属した。 しかし逼迫した戦局の中、病み上がりの上にJG6時代と同様にレシプロ機からジェット機への転換訓練もままならなかったバルクホルンはこの部隊で戦果を上げることは出来なかった。 、1104回目の出撃が、バルクホルンの最後の出撃となった。 アメリカ軍爆撃機編隊に接近したところで不意に片方のエンジンが停止して緊急着陸が必要となり、飛行場へ向かうところを数機のに狙われた。 バルクホルンは被弾し燃え上がるMe262を何とか着陸させ、爆発前に脱出したものの、その際搭乗機の風防枠に頭部を強打して負傷し病院に搬送され、そのまま終戦を迎えた。 バルクホルンはアメリカ軍の捕虜となったが、9月には解放された。 を通してのバルクホルンの戦績は出撃回数1104回。 少なくとも500回の空戦機会があり総撃墜数は301機。 9回撃墜され、うち1回ベイルアウトし、3回負傷した。 軍帽を外した素顔 バルクホルンは自己主張が強い人物が多かったの中では、もの静かで控えめな人物だった。 乱戦だったにおいて撃墜結果が誰のものかわからなくなった時でも、気前良く戦果を部下に譲ったといわれている。 加えて同僚の戦績に敬意を払うことを惜しまない器量人でもあり、バルクホルンが300機撃墜を前にして負傷、療養中にエーリヒ・ハルトマンが彼の撃墜記録を抜き去って300機撃墜に達した時、その偉業達成を誰よりも喜び、祝福したのはほかならぬバルクホルン自身であった。 また戦闘中敵機に致命弾を与えた後、被弾機と並行して搭乗機の風防越しに敵パイロットに対して脱出するよう促すバルクホルンの姿をハルトマンはじめ何人もの同僚が目撃していたとも言われており、ハルトマンが「身命を投げ出して悔いることのないただひとりの指揮官であり、父として、兄として、同僚として、友人として、私の知っている人の中では最高の人物」と彼に対して最大級の賛辞を贈り終生敬愛し続けたように、戦闘機パイロットとしての能力以上にその優れた人格を高く評価する上官や部下が極めて多く、その人柄は連合国軍の間でも広く知れ渡っていたといわれる。

次の