高校 通算 本塁打 51 本。 高校野球

歴代高校通算本塁打数

高校 通算 本塁打 51 本

高校通算51本塁打パープルマスクマン濱中治の年齢、プロフィールは? 出身地 和歌山県田辺市 生年月日 1978年7月9日(41歳) 身長 体重 178 cm 83 kg 選手情報 投球・打席 右投右打 ポジション 外野手 プロ入り 1996年 ドラフト3位 初出場 1997年9月20日 最終出場 2011年4月23日 高校通算51本塁打パープルマスクマン濱中治の経歴は? プロ入り前 田辺市立芳養小・同明洋中から進んだ南部高では投手として、また打順は主に1番で活躍したが、甲子園に出場することはなかった。 投手で1番打者だったことについては「4番に座ると、練習試合でも、相手投手がみんな敬遠してくるので、1番を打たされていた」とインタビューで答えている。 高校通算51本塁打を放っているが、51本目は全国高等学校野球選手権和歌山大会準々決勝の星林高戦で、吉見祐治から打った、レフト場外に消える民家直撃弾であった。 1996年のドラフト会議で阪神タイガースに3位指名を受け入団[1]。 入団会見では「甲子園で場外ホームランを打ちたい」と発言し、和製大砲到来と期待された。 阪神選手時代 入団1年目からウエスタン・リーグで4番を打ち、球団では掛布雅之以来となる高卒新人でのスタメン出場を果たすなど頭角を現すが、最初の数年間は一軍と二軍を往復する日々が続いた。 二軍では、当時チームメイトだった佐々木誠から熱心なアドバイスを受けた。 2001年、登録名を本名から「濱中おさむ」に変更しブレイク[1]。 母の日の5月13日、母親をスタンドに招待していた対広島東洋カープ戦(甲子園球場)で、プロ入り初本塁打となるサヨナラ本塁打を放った(しかし母親はこの本塁打の時には球場を後にしていた)。 後半戦は3番に定着し初の規定打席到達、13本塁打を記録[1]。 2002年は春季キャンプで、視察に訪れた長嶋茂雄から直接指導を受けた。 この時視察後の長嶋に名前を「はまだ」と言い間違えられる一幕もあった。 7月24日の対読売ジャイアンツ戦でサヨナラ本塁打を打つなど活躍するが、8月にナゴヤドームでの試合でダイビングキャッチを試みた際に親指を骨折。 規定打席到達を逃すが、打率3割・18本塁打をマーク。 この年オフには第15回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選出され出場した。 2003年は、開幕から4番に座って5月中に10本塁打に到達し、打点を量産したが、5月20日に対広島戦で一塁への牽制球の帰塁の際に右肩を負傷。 さらに6月13日の対巨人戦では送球の際に右肩を脱臼し、ファン投票で選出されていた7月のオールスターゲームの出場は辞退することになった。 手術で後半戦を棒に振るが、日本シリーズには指名打者などで出場した。 2004年、背番号を31に変更し、復活が期待されたが、再び右肩を痛めて手術を受けた。 この時、公表されなかったが1度目の手術で埋めたボルトが砕けていたことが見つかり、取り除くため7月と9月の2度手術を受けていた[1]。 同年は17試合の出場に終わった。 2005年はセ・パ交流戦で指名打者として復帰し、交流戦終了後は代打での出場が主になった。 最終的に78試合に出場し2年ぶりのリーグ優勝に貢献した。 2006年は5年ぶりに登録名を本名に戻し、背番号を5に変更して完全復活へと挑んだ。 開幕スタメンこそ逃すが、打率. 435、10本塁打、22打点をマークし、3・4月度の月間MVPを獲得する活躍で6番に定着。 後半は今岡誠の故障もあり、5番打者として起用され、最終的には自己最多の139試合に出場し、20本塁打と自己最高の成績を残した[1]。 また、7月14日のオールスターにファン投票で選出された巨人(当時)の小久保裕紀内野手が怪我で出場を辞退したため、代替選手として出場した。 2007年は不振と故障、林威助や桜井広大の台頭で一軍と二軍を往復するシーズンとなり、結局62試合の出場に終わり、打率. 193、本塁打6、14打点に終わった。 オリックス選手時代 2007年11月26日に阿部健太、平野恵一との交換トレードで吉野誠とともにオリックス・バファローズへの移籍が発表された[1]。 12月3日付けでオリックスの支配下選手に登録され、12月5日に入団会見を行い、背番号は7番と発表された。 オリックス球団は大阪府下での主催試合で「1人でも多くのファンの方に野球を生で楽しんでもらいたい」という濱中の意向から、背番号にちなんで各試合7名ずつファンを招待する「濱中治のラッキー7シート」を実施することになった。 2008年は6番右翼手として開幕戦にスタメン出場。 4月1日の対埼玉西武ライオンズ戦では西口文也から逆転決勝1号満塁本塁打、4月30日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では9回裏に青山浩二から代打同点3号2ランホームラン、5月6日の対千葉ロッテマリーンズ戦では成瀬善久から逆転決勝4号2ランと、開幕直後はチャンスで好打を度々放ったが、打率は伸び悩み、大石大二郎に監督が代わると、スタメンから外れるケースも多くなった。 7月中旬に一旦二軍に降格したが、8月初旬に一軍に復帰した。 復帰直後はまずまずの打撃を見せたものの、坂口智隆・下山真二の活躍やルーキー・小瀬浩之の台頭もあり、出場機会をあまり得られなかった。 最終的には85試合に出場して打率. 253、9本塁打の成績に終わった。 前年ほどの不振ではないにしろ、カムバック賞を獲得した平野とは対照的に、期待された成績を残したとは言い難かった。 2009年は開幕一軍入りを果たすも、出場機会をなかなか得られず、4月27日に登録抹消。 その後、二軍でシーズンを通じて岡田貴弘の21本に次ぐチーム2位の13本塁打を記録するなど腐らず結果を残し続け、7月31日に再昇格。 8月2日の対西武戦では、2回裏に西口から先制3ランを放つと、延長10回裏には岩崎哲也からサヨナラソロ本塁打を放つ活躍を見せた。 1試合2本塁打は阪神時代の2006年4月25日の対横浜戦以来だった。 次の対楽天3連戦でも2本塁打を放ち、昇格した日から一週間以内で4本塁打を放った。 しかしその後は勢いが長続きせず、9月3日に二軍降格。 結局は前年を下回る26試合の出場で打率. 208、6本塁打、12打点に終わった。 2010年は阪神時代の恩師である岡田彰布監督が就任したが、4試合の出場にとどまり二軍では89試合に出場してチームトップの打率. 292をマークしたが同年10月2日、戦力外通告を受けた[1]。 ヤクルト時代 2010年11月10日にヤクルトへの入団が決定。 [2]12月3日に入団発表が行われ、背番号はゼロから再起をかける意味で「0」となった[3]。 2011年、開幕戦を3番レフトで先発出場したが、シーズンを通した出場は5試合どまりだった[1]。 9月30日、「限界を感じた」という理由で今季限りで引退を発表[4][5]。 12月2日、自由契約公示され引退した。 現役引退後 2012年1月から2014年12月までは、『おはよう朝日です』(ABCテレビが関西ローカルで放送中の情報番組)で、金曜日のスポーツキャスターを担当。 朝日放送、スカイ・A、Tigers-aiの野球解説者、デイリースポーツ野球評論家としても活動していた。 2013年度からは、『熱血! タイガース党』(サンテレビのプロ野球オフシーズン限定番組)で、「タイガース党幹事長」という肩書で総合司会を務めている。 朝日放送の解説については、2012年のみ、ABCラジオの制作によるオリックス主催試合の裏送り中継を中心に出演。 2013年からは、テレビ・ラジオとも、関西ローカルの阪神戦中継で本格的に解説を務めている。 同年11月17日には、ABCテレビの企画の一環として、神戸マラソンで人生初のフルマラソンに挑戦。 5時間32分24秒で完走した。 阪神コーチ時代 2015年に、二軍打撃コーチとして阪神に復帰[6]。 『熱血! タイガース党』2014年度版の放送期間中に復帰が決まったため、同番組を2014年の最終放送(12月26日)で降板した(放送上は「幹事長の休職」扱い)。 なお、阪神での現役時代のチームメイトだった金本知憲が2015年のシーズン終了後に一軍監督へ就任したことを受けて、2016年に一軍打撃コーチへ異動[7]。 なお、試合中はベンチ入りできるコーチの枠の関係からトレーナーとしてジャージ姿でベンチ入りしていた。 2017年からは、再び二軍打撃コーチを務める[8]。 2019年は一軍打撃コーチ。 2019年10月15日、チームの打撃不振の責任を取り辞任を表明して了承された。 辞任後 2020年からは再び朝日放送 ABCテレビ・ABCラジオ の野球解説者に復帰する。 Wikipediaより抜粋 高校通算51本塁打パープルマスクマン濱中治の年齢、経歴は? 31 A-Studio 2019. 06 炎の体育会TV 2019. 07 まとめて:1枚 ——— スカッとジャパン 2019. 02 ウチのガヤがすみません 2019. twitter. jcc. twitter. 出演者には申し訳ないけど、そこはね忖度してほしい。 twitter. 全員集合でないのは残念。 tbs. yahoo. twitter. 炎の体育会TVかたけし城みたいに自分で全部用意しろよ。 なんで米TVショーのためにン兆円規模の投資しなきゃいけないんだ。 だけど、人間としてちゃんとしてると思うんだが。

次の

大器晩成すぎる!? “高校通算本塁打0本”でもプロで大スラッガーになった選手は?(週刊野球太郎)

高校 通算 本塁打 51 本

高校野球の通算本塁打について。 公式戦だけでなく練習試合も含まれる記録に言うほどの あそこまで報道するほどの 価値はありますか?上位を見てもプロで活躍したのは中田翔くらいしか居ないかと…その中田翔も言うほ どですし…打率悪いし… そもそも清宮が出る前は高校通算記録なんて更新されても誰も騒いで無かったでしょう?全く価値が無いことはありませんが、あくまで参考記録にあそこまで騒ぎ立てる必要性が分かりません。 高校通算本塁打上位者が漏れなくプロで活躍しており、それが日本を代表するスラッガーの登竜門ならまだしも、プロに入ってない選手までいます。 元1位の山本大貴さんなんかJRの普通の駅員さんじゃないですか? 笑 広陵・中村君の甲子園の成績は打点、打率、本塁打全て素晴らしいと思います。 対戦投手も天理 仙台育英 秀岳館 聖光学院 中京大中京 花咲徳栄のエース級ピッチャー相手に全ての試合でマルチヒット。 殆どの試合で猛打賞。 打率は7割近くで観ていて抑えられる気がしないバッターでした。 甲子園1大会6本塁打も決勝まで勝ち上がった上で毎試合本塁打を放つ計算なのでとんでもない記録だと思いますし、打点 安打 猛打賞 塁打数なども新記録や新記録タイでとんでもない怪物でした。 やはり記録は公式戦だけで良いと思います。 公式戦だけでも春と秋 県大会 地方大会 夏には選手権大会 その他に成績を残せば 国体や明治神宮もありますし。 とにかく公式戦にしても参考記録みたいなものですし、騒ぎ立てるのは甲子園記録や甲子園通算記録だけで良いかと思います。 参考記録を持ち上げても仕方ないと思うのですが… 高校通算本塁打数 清宮幸太郎109本 山本大貴107本 黒瀬健太97本 伊藤諒介94本 中田翔 87本 大島裕行86本 横川駿 85本 鈴木健 83本 グラウンドが異常に狭い上に週末の度に練習試合を組んでいる神港学園高の選手を除けば、高校通算本塁打は結構アテになる数字ですよ。 もちろん、プロに入ってからの伸びや本人の努力によって活躍するしないは変わってきますが、長打力部門で素質のある選手ということを示すには十分と言える指標です。 高校通算本塁打の60本までに現役選手で日本代表歴のある選手が中村剛也 西武 や平田良介 中日 や筒香嘉智 横浜 や今宮健太 ソフトバンク 、中村晃 ソフトバンク 、松田宣浩 ソフトバンク と結構いるじゃないですか。 引退した選手でも松井秀喜 元ヤンキースなど や城島健司 元ダイエーなど や江藤智 元広島など と名選手も多い。 〇騒ぎ立てるのは甲子園記録や甲子園通算記録だけで良いかと思います。 仰る通り、練習試合も含めた通算記録など、ほとんど価値はありませんが、甲子園記録や甲子園通算記録にだってさほどの価値はなく、騒ぎ立てる必要など全くありません。 馬鹿なマスコミとそれに乗ったニワカが騒いでいるのが滑稽に思えます。 公式戦であっても勝ちに乏しいのは、トーナメントの宿命上、試合数が違いすぎるからです。 今回の中村だって1回戦から出場し、チームが勝ち進んだため6試合できたことが大きいです。 中京大中京の監督の無用の投手リレーがなく、広陵が初戦で負けていれば、中村の甲子園通算本塁打は多くても1~2本で終わったでしょう。 その前の記録保持者の清原だって、PL学園と言う強豪で、同僚に桑田がいたため、常に上位に勝ち進んだことが、通算記録上非常に有利に働いています。 どんな強打者だって、チームが弱ければ、通算記録は絶対に伸びません まぁ甲子園通算記録だって記録は記録なんで、一応は敬意をもって扱うべきですが、他の選手との優劣の比較に用いるのはナンセンスですし、大きな価値のあるものとするのは愚の骨頂です。

次の

西川僚祐の身長や通算本塁打は?歴代トップになれるか調査!

高校 通算 本塁打 51 本

高校通算51本塁打パープルマスクマン濱中治の年齢、プロフィールは? 出身地 和歌山県田辺市 生年月日 1978年7月9日(41歳) 身長 体重 178 cm 83 kg 選手情報 投球・打席 右投右打 ポジション 外野手 プロ入り 1996年 ドラフト3位 初出場 1997年9月20日 最終出場 2011年4月23日 高校通算51本塁打パープルマスクマン濱中治の経歴は? プロ入り前 田辺市立芳養小・同明洋中から進んだ南部高では投手として、また打順は主に1番で活躍したが、甲子園に出場することはなかった。 投手で1番打者だったことについては「4番に座ると、練習試合でも、相手投手がみんな敬遠してくるので、1番を打たされていた」とインタビューで答えている。 高校通算51本塁打を放っているが、51本目は全国高等学校野球選手権和歌山大会準々決勝の星林高戦で、吉見祐治から打った、レフト場外に消える民家直撃弾であった。 1996年のドラフト会議で阪神タイガースに3位指名を受け入団[1]。 入団会見では「甲子園で場外ホームランを打ちたい」と発言し、和製大砲到来と期待された。 阪神選手時代 入団1年目からウエスタン・リーグで4番を打ち、球団では掛布雅之以来となる高卒新人でのスタメン出場を果たすなど頭角を現すが、最初の数年間は一軍と二軍を往復する日々が続いた。 二軍では、当時チームメイトだった佐々木誠から熱心なアドバイスを受けた。 2001年、登録名を本名から「濱中おさむ」に変更しブレイク[1]。 母の日の5月13日、母親をスタンドに招待していた対広島東洋カープ戦(甲子園球場)で、プロ入り初本塁打となるサヨナラ本塁打を放った(しかし母親はこの本塁打の時には球場を後にしていた)。 後半戦は3番に定着し初の規定打席到達、13本塁打を記録[1]。 2002年は春季キャンプで、視察に訪れた長嶋茂雄から直接指導を受けた。 この時視察後の長嶋に名前を「はまだ」と言い間違えられる一幕もあった。 7月24日の対読売ジャイアンツ戦でサヨナラ本塁打を打つなど活躍するが、8月にナゴヤドームでの試合でダイビングキャッチを試みた際に親指を骨折。 規定打席到達を逃すが、打率3割・18本塁打をマーク。 この年オフには第15回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選出され出場した。 2003年は、開幕から4番に座って5月中に10本塁打に到達し、打点を量産したが、5月20日に対広島戦で一塁への牽制球の帰塁の際に右肩を負傷。 さらに6月13日の対巨人戦では送球の際に右肩を脱臼し、ファン投票で選出されていた7月のオールスターゲームの出場は辞退することになった。 手術で後半戦を棒に振るが、日本シリーズには指名打者などで出場した。 2004年、背番号を31に変更し、復活が期待されたが、再び右肩を痛めて手術を受けた。 この時、公表されなかったが1度目の手術で埋めたボルトが砕けていたことが見つかり、取り除くため7月と9月の2度手術を受けていた[1]。 同年は17試合の出場に終わった。 2005年はセ・パ交流戦で指名打者として復帰し、交流戦終了後は代打での出場が主になった。 最終的に78試合に出場し2年ぶりのリーグ優勝に貢献した。 2006年は5年ぶりに登録名を本名に戻し、背番号を5に変更して完全復活へと挑んだ。 開幕スタメンこそ逃すが、打率. 435、10本塁打、22打点をマークし、3・4月度の月間MVPを獲得する活躍で6番に定着。 後半は今岡誠の故障もあり、5番打者として起用され、最終的には自己最多の139試合に出場し、20本塁打と自己最高の成績を残した[1]。 また、7月14日のオールスターにファン投票で選出された巨人(当時)の小久保裕紀内野手が怪我で出場を辞退したため、代替選手として出場した。 2007年は不振と故障、林威助や桜井広大の台頭で一軍と二軍を往復するシーズンとなり、結局62試合の出場に終わり、打率. 193、本塁打6、14打点に終わった。 オリックス選手時代 2007年11月26日に阿部健太、平野恵一との交換トレードで吉野誠とともにオリックス・バファローズへの移籍が発表された[1]。 12月3日付けでオリックスの支配下選手に登録され、12月5日に入団会見を行い、背番号は7番と発表された。 オリックス球団は大阪府下での主催試合で「1人でも多くのファンの方に野球を生で楽しんでもらいたい」という濱中の意向から、背番号にちなんで各試合7名ずつファンを招待する「濱中治のラッキー7シート」を実施することになった。 2008年は6番右翼手として開幕戦にスタメン出場。 4月1日の対埼玉西武ライオンズ戦では西口文也から逆転決勝1号満塁本塁打、4月30日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では9回裏に青山浩二から代打同点3号2ランホームラン、5月6日の対千葉ロッテマリーンズ戦では成瀬善久から逆転決勝4号2ランと、開幕直後はチャンスで好打を度々放ったが、打率は伸び悩み、大石大二郎に監督が代わると、スタメンから外れるケースも多くなった。 7月中旬に一旦二軍に降格したが、8月初旬に一軍に復帰した。 復帰直後はまずまずの打撃を見せたものの、坂口智隆・下山真二の活躍やルーキー・小瀬浩之の台頭もあり、出場機会をあまり得られなかった。 最終的には85試合に出場して打率. 253、9本塁打の成績に終わった。 前年ほどの不振ではないにしろ、カムバック賞を獲得した平野とは対照的に、期待された成績を残したとは言い難かった。 2009年は開幕一軍入りを果たすも、出場機会をなかなか得られず、4月27日に登録抹消。 その後、二軍でシーズンを通じて岡田貴弘の21本に次ぐチーム2位の13本塁打を記録するなど腐らず結果を残し続け、7月31日に再昇格。 8月2日の対西武戦では、2回裏に西口から先制3ランを放つと、延長10回裏には岩崎哲也からサヨナラソロ本塁打を放つ活躍を見せた。 1試合2本塁打は阪神時代の2006年4月25日の対横浜戦以来だった。 次の対楽天3連戦でも2本塁打を放ち、昇格した日から一週間以内で4本塁打を放った。 しかしその後は勢いが長続きせず、9月3日に二軍降格。 結局は前年を下回る26試合の出場で打率. 208、6本塁打、12打点に終わった。 2010年は阪神時代の恩師である岡田彰布監督が就任したが、4試合の出場にとどまり二軍では89試合に出場してチームトップの打率. 292をマークしたが同年10月2日、戦力外通告を受けた[1]。 ヤクルト時代 2010年11月10日にヤクルトへの入団が決定。 [2]12月3日に入団発表が行われ、背番号はゼロから再起をかける意味で「0」となった[3]。 2011年、開幕戦を3番レフトで先発出場したが、シーズンを通した出場は5試合どまりだった[1]。 9月30日、「限界を感じた」という理由で今季限りで引退を発表[4][5]。 12月2日、自由契約公示され引退した。 現役引退後 2012年1月から2014年12月までは、『おはよう朝日です』(ABCテレビが関西ローカルで放送中の情報番組)で、金曜日のスポーツキャスターを担当。 朝日放送、スカイ・A、Tigers-aiの野球解説者、デイリースポーツ野球評論家としても活動していた。 2013年度からは、『熱血! タイガース党』(サンテレビのプロ野球オフシーズン限定番組)で、「タイガース党幹事長」という肩書で総合司会を務めている。 朝日放送の解説については、2012年のみ、ABCラジオの制作によるオリックス主催試合の裏送り中継を中心に出演。 2013年からは、テレビ・ラジオとも、関西ローカルの阪神戦中継で本格的に解説を務めている。 同年11月17日には、ABCテレビの企画の一環として、神戸マラソンで人生初のフルマラソンに挑戦。 5時間32分24秒で完走した。 阪神コーチ時代 2015年に、二軍打撃コーチとして阪神に復帰[6]。 『熱血! タイガース党』2014年度版の放送期間中に復帰が決まったため、同番組を2014年の最終放送(12月26日)で降板した(放送上は「幹事長の休職」扱い)。 なお、阪神での現役時代のチームメイトだった金本知憲が2015年のシーズン終了後に一軍監督へ就任したことを受けて、2016年に一軍打撃コーチへ異動[7]。 なお、試合中はベンチ入りできるコーチの枠の関係からトレーナーとしてジャージ姿でベンチ入りしていた。 2017年からは、再び二軍打撃コーチを務める[8]。 2019年は一軍打撃コーチ。 2019年10月15日、チームの打撃不振の責任を取り辞任を表明して了承された。 辞任後 2020年からは再び朝日放送 ABCテレビ・ABCラジオ の野球解説者に復帰する。 Wikipediaより抜粋 高校通算51本塁打パープルマスクマン濱中治の年齢、経歴は? 31 A-Studio 2019. 06 炎の体育会TV 2019. 07 まとめて:1枚 ——— スカッとジャパン 2019. 02 ウチのガヤがすみません 2019. twitter. jcc. twitter. 出演者には申し訳ないけど、そこはね忖度してほしい。 twitter. 全員集合でないのは残念。 tbs. yahoo. twitter. 炎の体育会TVかたけし城みたいに自分で全部用意しろよ。 なんで米TVショーのためにン兆円規模の投資しなきゃいけないんだ。 だけど、人間としてちゃんとしてると思うんだが。

次の