コープス パーティー ネタバレ。 コープスパーティー

映画「コープスパーティー(アンリミテッド版) 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

コープス パーティー ネタバレ

自分の中でのコープスの評価 はっきり言いまして、コープスのゲームは自分の中では続編が出るたびに評価が下がっています。 今の所、やはり BloodCoveredが一番面白くて、 BookofShadowsがそれに並ぶかな位。 BookofShadowsはオーソドックスな探索ゲーへとシステムこそ変わったものの、不気味な廃校を探索するコープスらしさは損なわれておらず、キャラをより掘り下げたり新たな探索メンバーになっているのに加え、次作の導入部も入ってて全体的には良いまとまりの作品。 より凄惨になっている所は人によって好き嫌いの分かれる部分ではありますが。 BloodDriveは後述するようにかなり問題点が多いですが、それでも哲志達BCの生き残りが中心で、舞台が3Dとなった天神小の雰囲気は悪くなく、凄惨さは落ちたけどWrongEndも多数あったりと、まだBloodCoveredとの繋がりというか、基本的な部分は残していました。 それでいて話も一応完結させましたし、評価すべきEXチャプターもいくつかあったりと、クソゲーと言える作品ではなかったと思います。 ・・・しかし、2こと DEADPATIENTは、 正直4年も掛けて作りなおしてこれでは、残念ですが自分の中ではクソゲーの部類です。 BCみたいなのを期待した分のガッカリゲーとしての度合いもかなり大きいですが。 哲志達の後日談も兼ねているからストーリーは気になる、けどゲームそのものは全然面白くない。 1チャプターだけで断言するのはナンセンスかもしれませんが、今のチームグリグリが作れるのがこんなホラーでは、最早熱心なファン以外は絶賛しないでしょう。 先にBloodDriveについて軽く解説 BloodDriveはドットから3Dになったものの、3Dモデルは精々首が飛ぶ程度の残酷さで、WrongEndはテキストもあっさりしていて期待外れ。 新キャラは鎌や傘で打ち合う雰囲気ぶち壊しの痴女やピングー、ドラえもんレベルの便利屋先生。 ガチな世界の危機に加えて、プールで海魔が出る・地下で巨大ギロチンが舞う・触手が学校中を這う等、オカルトやクトゥルフが前面に押し出され、 最早コープスパーティーとは何ぞや?と私が感じたのも無理はない。 更には青鬼等フリーのホラーゲームに影響を受けたのか、探索中に悪霊から追い掛けられるシステムを加えたものの、一度出現させたら護符を使わない限り永久に消えず、追跡するスピードはこちらの移動スピードに依存し、隠れて撒いてもすぐにまた追い掛けて来る等、明らかな調整不足。 「怖い」のではなく「鬱陶しい」だけでした。 全体的に、 ドットから3Dにする・ 世界観の風呂敷を広げる・ 流行に便乗する・という 如何にも受けが良さそうな要素を加えた結果、BCより様々な点で劣り、その殆どが逆効果になったゲームと言えます。 言い換えると、BCはドットとテキストが素晴らしく、それでいてこの時点ではオカルトやクトゥルフ色も見せず原因はサチコの怨念、システムは非常にシンプルと、分かりやすくもあったのです。 コープス2は何故この路線で進めてしまったのか そしてコープス2DEADPATIENTは、よりによってBCではなくBD寄りになっており、それが原因で更に面白さを損なったゲームになりました。 まずBDと同じく3Dですが、BDと同じく3Dになったからといって全然グロくなったりはしていません。 むしろデフォルメされた3Dなので ドットより怖くなくなってますし、BDより表現力が乏しくなっているように思います。 次にWrongEndは絶望的な最期の数々に加え、容赦ない想像したくないようなテキストが好評を博していました。 BDではそれが劣化した上、2ではよりによって WrongEnd自体が実質廃止。 バイオのYouareDeadと同じで、敵にやられて死ぬのがWrongEnd扱いです。 コープス最大の特徴が消えたと言って過言ではありません。 3つ目に敵。 いるのが幽霊じゃなく謎の病に感染した患者と、事態の収拾に掛かった警備員なのが問題。 BDで悪霊に襲われる要素が面白くなかった所か、その要素を更に押し出してしまいました。 そもそも、 ゾンビや警棒持った警備員にそこら中で追い掛けられるゲームの、どこがコープスパーティーなのか?と言いたいし、ボスを倒すとか、そういうゲームでもなかったでしょ。 しかもよりによって4年を掛けて作り直す中で、この 敵を避ける部分だけやけに力を入れて回避手段等を増やして改良しましたが、違う、そうじゃないんだ。 そもそもそれが面白いのか、怖いのか、コープスパーティーらしいのか、そこが問題なのです。 ぶっちゃけ数も増え、 BDより更に鬱陶しくなっただけです。 3Dモデルがあれでは怖くも何ともない。 最後に舞台。 怨念渦巻く異次元の廃校から現実の病院に変わった結果、 身の毛のよだつようなテキストが出る設置物や恨み言が浮かぶ紙も、 散乱する死体も無いので犠牲者の名札はただの落ちてる診察カードに。 心霊現象も殆ど起きないし、 無念を遂げた赤魂や青魂もいない。 舞台としてのヤバさ、調べたくないけど調べなきゃいけない怖さ等は格段に落ちています。 ・・・つまり総合すると、 BD寄りになって更に BCから別ゲーになった結果、BCが世に受けた良さの何もかもが失われてしまったのです。 おまけに、前述した問題点の数々は、 殆どが作り直す4年前から同じ。 4年も掛けて、何を作り直してたんだと言いたいです。 それでいて要求スペックだけは上がってるし、原作者の趣味である失禁シーンとかそういうのだけは残ってるんですよねぇ・・・ MAOさんのBGMは引き続き良い仕事をしていますが、まさにクソゲーの共通項である「BGMは良い」に合致しているのが何とも。 結論 ゲームで根本的に大事なのは、 面白いかどうかです。 そして下手に新しい要素を加えたり、2Dから3Dにしたとしても、面白くなるとは限りません。 そういう意味では、コープスパーティー2は進化したようでいてゲームとしては退化し、面白みのない作品になりました。 今後のチャプターでも、基本的な部分がこのままなのであれば、残念ですがゲームとしての面白さに期待するのは難しいでしょう。

次の

【映画】コープスパーティー Book of Shadows ネタバレ感想~杉田さんご出演おめでとうございます。

コープス パーティー ネタバレ

コープスパーティーのネタバレあらすじ:呪われたおまじない 舞台は現代日本。 大雨の夜、文化祭を終えた如月学園の教室では、中嶋直美達7人の高校生が遅くまで片付けをしていました。 クラスメイトの鈴本繭が近々転校してしまうため、名残惜しさに作業はなかなか進みません。 そこでオカルト好きの委員長篠崎あゆみが、「幸せのサチコさん」というおまじないをしようと提案します。 サチコは廃校になった天神小学校の児童でしたが、ある日行方不明になり、如月学園の守り神になったと言われています。 彼女にお願いすれば一生友人同士でいられる、と教えるあゆみ。 そこで教室内にいたクラスメイト7人と、様子を見に来た教師、そして持田哲志に傘を届けに来た妹由香の合計9人で「幸せのサチコさん」を実行します。 紙を人型に切った「サチコさん人形」を全員で摘んで一斉に破き、その切れ端を持っていれば願いは叶います。 直美は切れ端を生徒手帳に挟みました。 すると突然大きな揺れが教室を襲い、床が崩れ落ちます。 直美達は全員為す術もなく落下し、気が付くと見覚えの無い古い教室で倒れていました。 窓も出入り口も封鎖された校舎を歩く9人は、たどり着いた職員室で、ここが天神小学校だと知ります。 霊能者鬼碑忌コウの原稿を発見し読んでみると、「幸せのサチコさん」を実行すると異空間と化した天神小学校に引きずり込まれると書かれています。 天神小学校では以前連続児童殺害事件が発生しており、この現象はサチコを含む被害児童達の怨念が引き起こしているらしいのです。 状況を理解しきれない直美達でしたが、突如現れた男の霊に教師が殺害され、恐怖は現実のものとなります。 皆は悲鳴を上げ散り散りに逃げ出し、直美は親友篠原世以子と行動を共にします。 コープスパーティーのネタバレあらすじ:脱出のヒントと侵食する恐怖 資料室に逃げ込んだあゆみと岸沼良樹は、鬼碑忌の原稿から用務員の男が事件の容疑者だと知ります。 事件の被害者は3人、その内発見された2人の遺体からは舌が切り取られていたそうです。 そして元の世界に戻るには「逆打ち」という儀式が有効だと突き止めますが、詳細が分かりません。 その頃、転んで足を挫いた直美は保健室で世以子に手当てをして貰い、うっかり眠ってしまいました。 直美の生徒手帳が無いと気づいた世以子は探しに出かけます。 その生徒手帳は一足先に、良樹と一緒に用務員室に向かうあゆみが拾っていました。 目を覚ました直美は持ち主不明のペンダントを入手します。 その直後、血まみれの少女の霊が現れ直美は廊下へ逃げ出します。 そこへ世以子が戻って来ますが、直美は人が変わったように世以子に罵詈雑言を浴びせます。 意識を失う直美の頭には、死ね、死ね、という子どもの声が響いていました。 コープスパーティーのネタバレあらすじ:増え続ける犠牲者 天神小学校を彷徨う用務員の霊と、殺害され怨霊と化した子ども達。 9人は彼らによって次々命を奪われます。 繭は子ども達に凄まじい力で壁に叩きつけられ絶命。 繭と仲の良い森繁朔太郎は彼女の遺体を発見して正気を失ったところを用務員の霊に撲殺されます。 更にトイレの個室で世以子が首を吊り、直美は呆然と廊下に座り込みました。 そこへ由香を探していた哲志が合流し、励ましながら廊下を進みます。 用務員室にたどり着いたあゆみ達は、「天神小学校霊障検証」というタイトルのビデオテープと、子ども達の舌が詰め込まれた瓶を入手。 テープを再生するためテレビのある職員室へ戻ります。 その頃1人校舎を彷徨っていた由香は、サチコと名乗る見知らぬ女の子に出会いました。 コープスパーティーのネタバレあらすじ:あゆみの嫉妬 あゆみと良樹は職員室で直美、哲志に再会し、ビデオテープを再生します。 それは鬼碑忌が遺したメッセージビデオでした。 鬼碑忌は霊磁場の強い場所にカメラを設置しながら校内を調べていましたが、その途中で同行者が霊達に殺害されてしまいます。 怨念が強過ぎて逆打ちも通用しません。 子ども達の霊を供養してこの呪いを終わらせてくれと頼んだ鬼碑忌は、直後に血しぶきを残して画面から消えます。 4人は鬼碑忌が書き遺した逆打ちのルールを読み、サチコさん人形の切れ端が必要なこと、おまじないで使用した切れ端以外は決して使ってはならないことを知ります。 切れ端を紛失した直美は顔色を変えますが、哲志が必死に励まします。 哲志に惹かれているあゆみは邪魔なライバルを排除するため、適当な紙を人形の切れ端と偽り直美に渡しました。 その後あゆみと良樹は子ども達の遺体発見現場である音楽室へ、哲志と直美は由香を探して校舎内を歩きます。 あゆみ達は音楽室で子ども達の霊に襲われますが、彼らは舌を取り戻すと大人しくなりました。 そしてあゆみ達は、連続児童殺害事件の犯人は用務員ではなくサチコ自身だと知らされます。 用務員はサチコに脅され手伝わされていただけでした。 サチコを何とかしなければこの呪いは終わらないと悟ったあゆみは、哲志にこのことを伝えようと単身音楽室を飛び出します。 コープスパーティーのネタバレあらすじ:呪われた学校の真実 サチコによって瀕死の状態に追い込まれた由香。 駆けつけたあゆみが由香を救出しますが、用務員の霊が行く手を阻みます。 追いついた良樹が自らの命と引き換えに用務員を倒し、あゆみ達は保健室へ逃げ込みました。 そこでサチコの暴走を悲しむ彼女の母の手記を発見。 「地下室から、サチコを出して」という文章にあゆみ達は地下室を目指します。 一方、直美達の前にもサチコが現れました。 哲志はサチコを追い、直美は鬼碑忌が設置したカメラ映像を流すテレビを見つけます。 そこにはサチコに取り憑かれた直美が、世以子を死に追いやる姿が映っていました。 ショックを受ける直美の頭を優しく撫でる世以子の霊。 映像が切り替わり、哲志がサチコに襲われていると知った直美は走り出します。 間一髪哲志を庇った直美。 すると突然ペンダントが光り2人を守ります。 ペンダントはサチコの母の物でした。 天神小学校の養護教諭だったサチコの母は、校長に無理やり関係を迫られ、階段から足を踏み外し転落死してしまいます。 それを目撃したサチコを校長は絞殺し、遺体を地下に隠しました。 呪いの根源は母を奪われたサチコの恨みだったのです。 コープスパーティーの結末:嘘の代償 地下へ向かう途中、哲志は失くさないようにサチコさん人形の切れ端を渡すよう直美に言います。 不思議に思いながらも従う直美。 地下室に到着した2人は、舌を切り落とされハサミで胸を突かれたサチコの遺体を発見します。 由香を背負ったあゆみが合流すると、サチコの遺体が突如起き上がり哲志を襲います。 逆上し石でサチコを殴る哲志。 ところが哲志が殴っていたのは、サチコではなく由香でした。 楽しそうに笑うサチコを、直美は「こんなことをしてもお母さんは喜ばない」と叱ります。 あゆみがサチコの母の手記を音読し、直美がペンダントをかざします。 するとサチコの母が現れ、サチコを優しく抱きしめました。 怨念が弱まり、世界の崩壊が始まります。 生き残った3人は逆打ちをする場所を探して走ります。 途中で哲志は直美にサチコさん人形の切れ端を返しました。 しかしそれは直美から預かった物ではなく、哲志の物でした。 哲志はあゆみの企みに気づいていたのです。 そうとは知らない直美は素直に受け取り、ついに逆打ちに挑みます。 直美の脳裏に蘇る、哲志と手を繋いだ思い出。 目を開けると青い空が見えました。 帰って来られたと喜ぶ直美の隣で、あゆみは困惑と恐怖に震えています。 逆打ちのルールを破った哲志は帰って来られませんでした。 繋いでいた両腕だけが、校庭に座り込む2人と一緒に戻って来ました。 後日、直美は自室で魂が抜けたように虚空を見ています。 ふと笑顔になった彼女の目の前には、サチコの姿がありました。 呪いは終わらず、恐怖は続編「コープスパーティー Book of Shadows(2016年)」へ継承されます。 以上、映画コープスパーティーのあらすじと結末でした。

次の

映画『コープスパーティー』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

コープス パーティー ネタバレ

殺人鬼である用務員・柳堀や被害者の少年少女たちに襲われ、次々に生徒たちは命を落とす。 呪いを解いた直美たちは元の世界に戻る。 死ぬのは「1. 宍戸先生(柳堀に頭パカッされる)」「2. 繭(少年少女の怪力で全身を壁に打ちつけられ、ミンチ状態)」「3. 世以子(首吊り自殺と思われたが後にサチコに取り憑かれた直美が殺していたと発覚)」「4. 森繁(柳堀にバカバカ金槌で連打)」「5. 岸沼(柳堀にハグされアバラ折れる)」「6. 由香(サチコに腹を傘で刺され、舌をハサミでチョッキンされ、最後は兄にレンガでフルボッコ)」「7. 持田(偽の紙片を持っていたため帰れず)」 【起】 — コープスパーティー(アンリミテッド版)のあらすじ1 如月学園で11月1日(土)に行なわれた文化祭が終わり、生徒たちは後片付けをしていました。 3年A組ではおしる粉の模擬店を出し、教室の飾りつけの取り外しをしています。 女子高校生・中嶋直美は、黒板につけた飾りを取っていました。 時間も夜19時を回り、他のクラスはとうに片づけを終えて帰宅しています。 残っていたのはクラスの一部の生徒だけでした。 同じクラスの持田哲志の妹・由香が、傘を届けに学校にやってきます。 由香はまだ小学校低学年くらいの少女でした。 オカルト好きの篠崎あゆみが、片づけをしながら『幸せのサチコさん』をしようと言い出します。 …『幸せのサチコさん』にまつわる話を少し説明します。 如月学園は、建て直される前は天神小学校という呪われた学校でした。 保健の先生が学校の階段から落ちて死んだり、通っている小学生が2人殺されたり、まだ行方不明の子がいたりします。 その行方不明の子が、サチコさんです。 サチコさんは以来、この如月学園の守り神となりました。 サチコさん人形を作っておまじないをすると、一生離れ離れにならないという話が語り継がれています。 人の形をした白い紙・サチコさん人形を作り、みんなで「サチコさんにお願いします」と、おまじないをする人の数だけ繰り返し唱えて、唱え終わったら一斉にサチコさん人形をちぎります。 その切れ端を大切に持っている限り、離れ離れにならないということでした…。 その場にいたメンバーと、持田哲志の妹を連れてきてくれた宍戸結衣先生が加わって、合計9人が『幸せのサチコさん』をしました。 目を閉じて9回「サチコさんにお願いします」と唱え、一斉に白い紙を引っ張ります。 直美はちぎった紙片を、生徒手帳に大事にしまいました。 『幸せのサチコさん』をした直後、学園で地震が起き、床が崩れます。 時間は19時半ちょうどのことでした。 ふと気づくと、9人は異世界に迷い込んでいました。 同じ建物のはずなのに景観はまるきり異なる、廃墟となった学校です。 ・中嶋直美…ショートカットの女子高生、持田のことが好き ・持田哲志…優等生らしき男子高校生、年の離れた妹がいる ・篠崎あゆみ…オカルトが好きな女子高校生、持田のことが好き ・岸沼良樹…金髪の男子高校生、あゆみのことが好き ・森繁朔太郎…眼鏡をかけた男子高校生、繭とカップル ・鈴本繭…近々転校する予定だった女子高校生、繭が転校して去って行ってからも離れないようにと『幸せのサチコさん』をした、森繁とカップル ・篠原世以子(せいこ)…髪を2つに結んだ女子高校生、直美と親友だが直美が好き(同性愛) ・宍戸結衣…若い女性の高校教師 ・持田由香…持田哲志の妹.

次の