珠世 過去。 第 70 章_菩珠_思兔閱讀網

創世玄帝

珠世 過去

佛住世時,有一位擅長鑑賞寶珠的婆羅門,偶然獲得一顆如意珠。 這顆如意珠為世所罕見,別說一般人不曾見識,連他這樣的專家,也都無法識別。 於是婆羅門攜帶這顆稀世奇珍,從南天竺到東天竺,遍歷各國請教高明,卻始終無法如願。 行腳天下多年,這一天,他來到了舍衛國,親謁波斯匿王。 王宮中,眾臣雲集,諸賢海會,皆為一睹這顆天下無雙的至寶。 婆羅門環顧四周,朗聲發問:「請問有誰能夠鑑別這顆如意珠?」眾人莫不搖頭默然。 見狀,波斯匿王當下決定帶領這名來自異城的客人拜見佛陀,解答疑惑。 佛陀端詳風塵僕僕前來的婆羅門:「你知道這顆寶珠的名字、來處、功用嗎?」 「不知道。 」婆羅門據實以告。 佛觀此人善根福德因緣成熟,慈祥地開示:「它的名字叫做『金剛堅』,是從一尾磨竭巨魚的腦中取出的。 它有三種難得可貴的功能:第一,中毒的人,不論見珠或觸及珠光,毒消身癒。 第二,患熱病的人,見珠觸光,立刻康復。 第三,結無量怨家債主的人,一旦獲此寶珠,惡緣頓轉善緣,處處受人歡迎、親近。 」 多少年的奔波、磨鍊、尋訪,心中的疑團,剎時煙消雲散。 婆羅門滿腔歡喜難以言喻,決心將此珍寶供養給至尊至貴的佛陀,懇請世尊慈允自己出家為僧。 佛陀金口一宣:「善來比丘,鬚髮自落,法服著身!」更應機為現清淨僧相的婆羅門說法,法音入耳映心,婆羅門比丘當下即證阿羅漢聖果,超越三界生死的輪迴。 佛陀身旁諸常隨眾比丘弟子,見此羅漢入道證果因緣殊特迅捷,紛紛隨喜讚歎:「如來智慧無上!不但能善分別此稀世寶珠,還能方便說法,令這名比丘立刻證果成道!」 佛陀緩緩道來過去生的因緣:「久遠劫前,迦尸國仙人山中,有一名五通仙人。 當時,一位婆羅門路經此山,手持一片稀有的樹葉,問仙人是否識得。 仙人為他一一說明,這乃是金頂樹所產的樹葉。 中毒臨死的人,坐在樹下立即痊癒;患熱病者,以樹葉碰觸身體馬上獲得清涼。 這種樹葉一接觸人體,百病消除。 聽完仙人的說明,婆羅門歡喜依止仙人修法,也同樣獲得五種神通。 當時的五通仙人,就是我的前世;拿樹葉求教的婆羅門,就是這位婆羅門比丘的前世。 過去生中我教他身證五通,今生我更進一步教他漏盡煩惱,六通具足,成阿羅漢。 多生累劫,我們以有形財物布施、以無形真理法寶布施、以慈心無畏布施觸除眾生憂惱……點點滴滴圓滿福德資糧,功不唐捐。 布施一門廣開世出世間眾善之門;普願大眾捨有形有相如意珍寶,洞見自性,離言說名相而建立無量言說名相,功德圓具離一切無明病惱,渾然天成不假他求之如意心珠!.

次の

重生後成了權臣掌中珠 第93章 身世

珠世 過去

スポンサーリンク 無惨の攻撃に押される柱たち 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」188話より引用 無惨の攻撃は激しさを増しています。 岩柱の悲鳴嶼は、黒死牟との戦いで相手が透けて見える技を習得しましたが、無惨の攻撃が速すぎて、透けて感じることすらできない状態です。 伊黒もまた、攻撃を避けるのがやっとで悲鳴嶼の盾にすらなれないと感じています。 そして、恋柱の甘露寺は限界が近づいていました。 攻撃が速すぎて全然見えません。 勘で何とか避けているだけで、この中では自分が一番先につぶれる、その前に捨て身で突っ込むしかないと考えます。 捨て身の攻撃は、霞柱の時透も取った行動ですね。 自分の力が相手に及ばないときは、捨て身になって味方の援護をするしかないということなのでしょうか・・・辛いです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」188話より引用 しかし彼女が行動に移す前に、何故か後ろから引っ張られる感覚がして、左頬と左肩を負傷してしまいます! 悲鳴嶼は、無惨が何かしらの技をかけて甘露寺を攻撃したことに気づきますがどうすることもできません。 無惨は人の動きを読むことができ、さらに相手の動きを封じることもできるのでしょうか!? スポンサーリンク 伊黒小芭内の過去 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」188話より引用 彼の回想が始まります。 彼の家は盗賊のような一家で、代々人を殺してその財産を奪い、それで生計を立てていたのでした。 必要以上に贅沢をする業突く張りで見栄っ張りの一族だったのです。 女ばかり生まれる家で三百七十年振りに男の子が生まれ、それが伊黒でした。 彼は生まれた時からずっと屋敷牢に入れられており、母や姉妹、叔母たちは気色悪いほど親切で、毎日毎日たくさんの食事を運んできました。 座敷牢は夜になると巨大なものが這いまわる不気味な音がして、粘りつくような視線を感じ、恐怖で眠ることもできませんでした。 十二歳になったころ、座敷牢から引きずり出されます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」188話より引用 きらびやかな部屋で鎮座して待っていたのは、下半身が蛇のような女の鬼でした。 伊黒の一族は、この蛇女が人を殺して奪った金品で生計を立てていたのでした。 金品を受け取る代わりに、自分たちの赤ん坊を生け贄として捧げていたのです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」188話より引用 伊黒は珍しく生まれた男の子で、さらに目が左右で異なる色のオッドアイだったため、蛇女に大そう気に入られ、成長して喰える量が増えるまで生かされていたのです。 蛇女は、伊黒の口の形を自分と揃えると言って切り裂き、溢れ落ちた血を盃に溜めて飲みました・・・ そうして、まだ体が小さいから、もう少し大きくなるまで生かしておくことにして、伊黒を再び座敷牢に戻したのです。 スポンサーリンク もしもう一度生まれ変われたら・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」188話より引用 屑の一族に生まれた俺も、また屑だ。 背負う業が深すぎて普通の人生はとても歩めないと思った彼は鬼殺隊に入ります。 しかし、恨みがましい五十人の親族の手が、どこにも行けないよう彼の体をつかんでいるような気がして、無惨を倒して死ぬことによって初めて自分の汚い血が浄化されるのではないかと思っているのです。 「鬼のいない平和な世界で もう一度人間に生まれ変われたら 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」188話より引用 「今度は必ず君に好きだと伝える」 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 188-189 話のまとめ 悲しく、苦しい伊黒の生い立ちがついに語られました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」188話より引用 無惨を倒して自分も死ぬことによって、初めて自分自身が浄化される。 彼がずっとこんなことを考えながら生きてきたのかと思うと・・・言葉もありません。 鬼に家族を殺されるまでは平和だった他の多くの隊士たちに比べると、はるかに重い業を背負っているようにも思えます。 彼の一族もまた、鬼に支配されていたという面では被害者ですが。 何気ない日常で彼女と出会うことができていれば、どんなに良かっただろう。 タイトルどおり、まさに「悲痛な恋情」です。 現世では自分の思いを伝えるつもりはないようですが、無惨を倒して自分も死んでしまっては、救いのない人生になってしまいます。 どうか甘露寺さんと幸せになって欲しいと願わずにいられません!!.

次の

Sky Castle

珠世 過去

然而,緣一在與無慘和珠世的戰斗中,沒有滅掉無慘,而且放走了珠世。 這一系列的行為,被鬼殺隊的一些人詬病,然後為平息這個問題,緣一自此被放逐。 不過,還是有數名【柱】與緣一還有聯系,鬼殺隊那時候的產屋敷一族當主,默許了這個事情,畢竟【緣一】對鬼殺隊貢獻非常多。 然而,可怕的事情發生了,緣一的哥哥【岩勝】竟然害了當時主公的父親,也就是前代的產屋敷一族當主,並且取下了前代當主的首級,帶給了鬼的首領無慘。 其一,這就涉及到後來鬼殺隊的改變,至此產屋敷一族當主的住所比以前更加隱蔽,不是一般人能輕易找到。 其二,同時【隱】這個職業也誕生了,在那個時期建立了一套【隱】的機制來守護當主! 小編點評緣一去世以後的事情 第一,另外可怕的事情,就是當【緣一】去世以後,無慘沒有了天敵,開始了自己的行動,把【緣一】曾經傳授過【日之呼吸】的劍士全部團滅,也就是說當時由【日之呼吸】衍生出來的各種呼吸之法,比如岩之呼吸,炎之呼吸的劍士全部被滅。 第二,在緣一在去世後,正如當時炎柱煉獄一族留下的文獻所言,獵鬼團隊逐漸變得弱小,因為很少有像【緣一】那樣好的指導劍術的老師。 第三,鱷魚的增加的設定裡,還提到了被【緣一】放走的【珠世】,【珠世】在被放走後,她依靠動物和一些遺骸作為生存所需的東西。 並且牢牢記住了緣一的話,【我相信你想打倒無 慘的願望】這句話後來無數次在珠世心中默念,以後的生涯中即使再痛苦難耐,珠世她也絕對不襲擊人類。 第四,小編覺得緣一與【歌】的故事非常讓人心疼,【歌】是【緣一】這輩子最心愛的人,可惜世事無常,緣一的改變也在妻子去世後開始。 第五,21卷附錄裡還放送了很多感人的分鏡畫面,比如不死川玄彌在陰間與自己的父母,以及去世的弟弟妹妹們相聚,畫面很感人,讓人淚目。 第六,附錄這次算提到的【隱】的創立,以及為什麼鬼殺隊主公如此神秘,全是因為【無慘】與黑死牟所致,才有了後續的變化。

次の