スピノサウルス ark 生息地。 スピノサウルス(Spinosaurus)

ARK: Survival Evolved

スピノサウルス ark 生息地

データ やなど北でが見つかっている大型の肉食。 名前はギリシア語で「 とげ の」と言う意味で、背骨から伸びているあの長いものが由来。 背中の突起 名前の通り、脊椎から伸びる扇状の突起物が特徴。 長さは最大個体で2mに達した。 一般的なイメージとして、ヨットのような大きな「」を形成していたと考えられているが、もちろん答えはわからない。 帆ではなく単につまようじが並んだような刺々しいものだった可能性もないわけではないのだ。 この帆は水中において体温を保持するためのラジエーターとして機能したと考えられていたが、後の研究で顕著な血管跡が発見されなかったことから、メインの役割ではないと考えられ、現時点は、浮力によってバランスが崩れやすい水中において舵取りのような役目を担っていたとする説、異性への求愛や威嚇に際して用いられるディスプレイだったとするものなどが有力とされる。 ただし、雄と雌の両方に帆があったのなら、ディスプレイとしては全く役に立たない事になる。 もう1つ 筋肉の土台だった説も挙げられている。 恐竜ではないがやなどのものは、現生のカメレオンなどとの類似性からも帆だと判明している。 さらに…… 1. 帆だとしたらもっと「折れやすい」形状だったろう 2. 力学的な推測から、2mという帆のサイズではスピノサウルスがバランスを取るのに適していない可能性がある 3. 水辺で魚を探す際の姿勢を維持するならのような発達した丈夫な筋肉を持つ必要性があり、ヒグマには骨ではないがやはり筋肉の隆起がある 5. アフリカで水中生活をしていたのならラジエーターは必要ないし、水中で骨密度を上げるために体重があるのもあり得る ……と、 帆よりもバイソンのような強力な筋肉だった可能性も海外で指摘されており、スピノサウルスが これまでの一般的なイメージよりもはるかにガタイのある種類だった可能性もある。 というか、この説は シュトローマー自身がスピノサウルスの発表と同時に提唱していた為、帆説と同じぐらい古い説でもある。 所詮こけおどしの帆による威嚇効果よりも、筋肉の隆起でパワーを有していたりり、直立して威嚇するのが同時代の大型獣脚類(、など)への対抗手段や、近縁種が草食恐竜を襲っていたり死体を利用していた可能性は確認されているので、四足歩行も両立していた場合は獲物に体当たりする、としても有効性があるだろう。 のような脂肪等を貯めるタンクの可能性もなくはないが、 1. 当時のアフリカ大陸の環境ではタンクを必要とする事は考えにくい 2. 魚食性が強いスピノサウルスとそのような環境がミスマッチ 3. 仮にそのような環境だったらなぜ他の恐竜に似た構造が見当たらないのか説明できない と、あまり支持されていない。 ちなみにこの「 バイソン型恐竜」の仮説が出された際に、スピノサウルスが四足歩行をしていた可能性も指摘されており、これは後年の発表より 数十年近くも早い話だった。 それ以外 吻は現存するのそれに類似しており、歯の酸素同位体比および形状もワニに近いとする研究結果が出ている。 こうした特徴や胃の内容物、などの近縁種の生態から、や類などの魚類を主に食していたと考えられている。 前脚には湾曲した大きなが備わっており、この爪と細長い顎を用いてなどの比較的大型の魚を捕らえていたとみられる(当時シーラカンス類はごくありふれた魚であり、浅瀬などにも普通に棲んでいた)。 部分的なからの推測では、頭骨だけで約2m、全長ではなんと 15m~18mに達すると考えられ、少なくとも全長の数値だけで判断すればやといった他の獣脚類を上回る。 長い口がかなり稼いでいるとはいえ、そのティラノサウルスでも1. 5m、ギガノトサウルスは1. 8mなので肉食恐竜としては一番のサイズ(長さだけ競うならの2. 8m弱などがいるが、どちらにせよ 獣脚類としては史上最大級)。 体重については諸説あり、骨格などから全長の割に華奢だったとして4〜6t程度とする説から、水中において浮力を得るために骨密度が高かったとされることから21t弱とするものまで様々である。 仮に20tとした場合、自重の影響で地上における機動力はかなり低かったと思われる。 にはアルゼンチンのポール・セレノ博士(、スコミムスなどを研究した人)をはじめとする学者チームの研究により、他の大型獣脚類と比べると胴体は長めであり、後肢は極めて短かかったことが判明した。 特に後肢はスピノサウルス科の他のメンバーと比べても明らかに短く、陸上ではのように4足歩行 ナックルウォーキング)をしていたと考えられる。 半水生であったと考えられ、後肢には水かきがあった可能性も指摘されている。 ただしこの復元については疑惑があり、亜成体と成体、さらには別属の標本が混ざったキメラ復元である可能性が指摘されている。 また胴椎 背骨の骨 の位置によっては腰帯 腰の辺りの骨 及びに後肢全体が約3割も小さく復元されている可能性も指摘されており 、さらに指骨も妙に長く復元されていて、ナックルウォークするには華奢だと指摘されている セレノ博士と 超有名なの科学雑誌 の間にがあったという噂もある。 尤も、四足歩行していたかはともかく 他の獣脚類と比べて胴長短足の体型であり、水生に適応していたことは間違いないだろう。 特に脚は貧弱な作りとなっており、獲物を追いかけて捕食することはまず不可能で、魚や恐竜の死肉を食べて暮らしていたこともほぼ確実視されるところである。 また、鼻先には血管と神経の通る穴が無数に存在しており、水圧を感じ取り獲物を探していたとみられている。 ちなみに、骨密度はかなり高かった に近い とされており、これは浮力を増すことで水中での活動を補助するという大きなメリットがある一方、陸上での機敏な動きを困難にするデメリットもあったと考えられる。 特徴を総合すると、「 陸上より水中での活動に重きを置いた進化を遂げた、特異な巨大恐竜」という表現が相応しいだろう。 同時期にはカルカロドントサウルスが棲息していたが、基本は食性と生息環境の違いから共存できていたと思われる。 しかしカルカロドントサウルスに棘突起を噛みちぎられたと思われるスピノサウルスの脊椎も発見されており、獲物や縄張りの奪い合いなどでスピノサウルスがカルカロドントサウルスに襲われることもあったようだ。 モロッコ産の歯の化石はミネラルショップではおなじみの存在である。 質を問わなければかなり安価。 なお後述する2020年の新発見により「水棲爬虫類の一種だった」、つまり 恐竜ではないとの見解も出て来ているが、生物学的にはスピノサウルス科そのものが獣脚類の一部である事は事実である為、その可能性は低いと思われる。 尤も日本語のニュアンスとしては「水棲爬虫類」と言う呼び方も正しいとは思われるが、果たしてどうなのだろうか。 経歴 最初は、に、アフリカので背骨を含む体の一部が発掘され、後に記載された化石は・ミュンヘンの博物館に保管されていたが、その標本はに、で焼失(化石を収蔵していた博物館がとのので破壊された)してしまっていた。 余談だが、発見者のエルンスト・シュトローマー博士は空襲を予測し、博物館へコレクションを安全な土地へ移すよう要請していた。 しかしナチス党員であった館長から「敗北主義的、反ナチ的行為である」として断られたばかりか、これが影響して三人の息子を激戦地へ送られる(一人のみ生還)という憂き目に遭っている。 このことから当初は「 巨大な背びれを持つ肉食恐竜」といった程度のデータしか判明しておらず、二足歩行になったのような姿で描かれることも多かった。 しかし、その後にモロッコで不完全ながら多数の化石が見つかったこと、近縁種(同じくアフリカのサハラ砂漠の、の、のなど)の発見で研究が進んだことで、魚食性というそれまで恐竜の世界では省みられていなかった性質に特化した肉食恐竜の一派ではないか、と考えられるようになった。 実際、彼等が生前食べていたと推測される魚の残骸((の仲間)の歯、ハイギョの鱗など)も共に化石として発掘される事例が多い。 ただ、バリオニクスの腹部から類の骨が見つかった例があるほか、イリテーターの歯が刺さったの脊椎が発見されたことから、本種も機会があれば腐肉を漁ったり、翼竜を狙ったりすることはあった可能性もある。 川が干上がり魚が取れない時期には腐肉を狙い、その度カルカロドントサウルスと衝突していたが、白亜紀前期の気候変動で干ばつが続き魚が取れなくなったことで肉を巡る争いに敗れ絶滅したという考えも。 同時期同地域に生息していたと思われるスコミムスとの関係だが、スピノサウルスが大型のを、スコミムスが比較的小型の魚類を主食とすることで棲み分けを図っていたのではないかとみられている。 近年では保存状態の良い頭骨を含む化石が見つかり、頭部に小さなトサカ状の器官を持っていたこと、水中生活に適した特徴を持っていたことなどが判明している。 そして2020年には尾の化石が発見され、やに似た幅広い尾を持っていたことが明らかとなった。 このことから水中傾向が強かったことがほぼ確実とみられる。 近縁種 一覧はを参照。 尚これらの近縁種は巨体と大きな背鰭以外は本種と多くの共通点を持っているため、大戦以降スピノサウルスの化石が幻の存在だった時期のスピノサウルス研究に大いに貢献した。 シリーズ 恐竜映画の金字塔にして、スピノサウルスの知名度を一気に押し上げた作品。 夏に公開された第3作『』では看板恐竜に抜擢され、地上だけでなくからも襲い掛かる最大の脅威として大々的に公表された。 第4作『』、第5作『』でも間接的にではあるが登場している。 ティラノサウルスだ…! そうじゃない…もっとデカい… 全長13. 3m、体高4. 9m(頭頂まで)、体高6m(背びれまで)、体重4t。 データはDVD特典映像と公式パンフレットを典拠とする。 前作『』の舞台であった、通称『サイトB』に生息していた個体が登場。 を買収したが秘密裏に研究・誕生させた恐竜であり、公式リストには存在していなかった。 と並ぶ、イスラ・ソルナ島の頂点捕食者。 スピノサウルスの排泄物の匂いを嗅いだがすごすごと退散していく様は、本種の立ち位置を如実に表している。 戦闘力も相応に高く、主人公を追って現れた若い雄のティラノサウルスとの戦闘では格闘の末に頸椎をへし折って勝利している。 劇中では鋭い牙、長大な腕、巨大な鍵爪を持ち時速40kmで走行するハンターとして描かれ、主人公の達をしつこく襲撃する。 また水中においてもある程度の活動が可能で、水深の浅い河を泳いでグラント達が乗るボートを追跡するシーンが存在する。 ただ、監督が評するところによれば「ティラノサウルスよりも知能は低い」らしく、を転がして食べようとしたり、グラント達を追う途中で2本の大木につっかえたり、施設の扉を閉められただけで襲撃をやめたりと、あまりお利口でなさそうな一面も垣間見える。 今作のスピノサウルスの造形は監修者の一人である博士、および前二作の主役を超えるインパクトを欲したスタッフの意向を色濃く反映しており、前作の「王」であったティラノサウルスよりも凶暴で意地の悪い恐竜としてデザインされている。 メディア媒体では「最大の肉食恐竜」「新たなる脅威」として喧伝され、劇中では前述のとおりティラノサウルスとの勝負に勝利する一幕がある(余談だが、このシーンはシリーズファンの間でかなり賛否が分かれたらしい)。 両者の生息時代差や地理差、勝負の結果はさておき、これ以降スピノサウルスはティラノサウルスのライバル的存在としても認知されていくことになった。 なお、全長はともかく体高(4. 9m)、体重(4t)はを下回っており、従来のファンにはある程度配慮していたことが窺える。 誕生の背景 後に公開された設定資料によれば、スピノサウルスはマスラニ社がインジェン社を買収した1998年前後にジーン・ガード法(イスラ・ヌブラル島およびイスラ・ソルナ島に生息する恐竜たちに干渉しないことを定める法律)に違反する形で秘密裏に生み出されたの1つであり、またそのクローニングに携わった主導者的研究者が博士だったことが明かされた。 遂にオープンしたテーマパーク「ジュラシック・ワールド」のメインストリートに骨格標本が展示されている。 骨格標本のデザインは現在の復元図に準じた(鶏冠がある)ものとなっており、『ジュラシック・パークIII』に登場した個体とは別物である。 映画の最終盤でを倒すためにパドック9から解放されたがメインストリートに姿を現す際は、 このスピノサウルスの骨格標本をぶち壊して登場するという『ジュラシック・パークIII』への意趣返しの如き演出がなされ、両者の関係を知っていたシリーズファンを沸かせた。 前作で名前が挙げられていた近縁種のスコミムスとバリオニクスは、今度はパークで飼育されているという設定である。 下記の続編では、「サイトA」で飼育されていたバリオニクスが映像化される形で登場と相成った。 本編では登場しないが、において『ジュラシック・パークIII』でイスラ・ソルナ島に生息していた個体についての言及が存在する。 設定では、「ジュラシック・ワールド」をに建設するにあたって、イスラ・ソルナ島にいた恐竜はすべて正式な確認・報告を経た上でイスラ・ヌブラル島に移されたとされる。 これはスピノサウルス、ケラトサウルス、コリトサウルスといった違法に生み出された恐竜たちも例外ではなく、パークで一般公開されることなくヌブラル島で保護ないし飼育されていた(前作のアンキロサウルスと似たような待遇だと思われる)。 しかしながら、公式より発表された(赤字で示された種)において、スピノサウルスは 本編以前にヌブラル島で絶滅したことが明示されている。 また公式サイトによれば、2015年にことで、ヌブラル島で保護されていた全ての恐竜たちは解き放たれ、事実上野生に還るに至った。 しかし解放され島に溢れかえった恐竜たちは、今度はヌブラル島で活発化し始めた火山活動の脅威、そしての怒りに晒されることとなったとされる(特にレクシィとの縄張り争いによる被害は著しく、 いくつかの肉食恐竜種が再絶滅へと追いやられたという)。 ちなみに、ストーリーボードでは『炎の王国』本編においてたちの目の前で溶岩弾の直撃により死亡する……という展開も考案されていたようだが、あえなくボツになった模様(その役目はに引き継がれた)。 Jurassic World Evolution 『』のタイアップ作品となるテーマパーク建設シミュレーションゲーム『Jurassic World Evolution』にも登場。 ベースデザインは『ジュラシック・パークIII』に登場した個体のそれを踏襲している。 全長15m、体高4. 6m、体重20t。 ベースステータスはATTACK:101、DIFENCE:37、LIFESPAN:59、RESILIENCE:35。 攻守の合計ステータスは138となっており、インドミナス・レックス、、に次ぐ作中4位を誇る。 本作では映画では描かれなかった草食恐竜を追い掛け回して捕食する様子を見ることができるほか、長年言及されてきたとの顔合わせも実現した。 その他のメディア に公開された『 』にも登場。 敵役の大富豪・ドルマンスタインに飼育されており、映画終盤に解き放たれ、の味方になったティラノサウルスと激突した。 こちらでは噛み付き合いの末に投げ飛ばされて敗れており、日本を代表するアニメ映画におけるティラノサウルスとスピノサウルスの勝負は、奇しくも『ジュラシック・パークIII』とは真逆の結果に終わったことになる。 ちなみに、 この映画にスピノサウルスが登場する事は、公開まで一切伏せられていた(いわゆる恐竜側のである)。 恐竜ファンタジー漫画『』では太古より蘇った竜モドキの一つとして登場。 軍艦破壊専門に大きな戦果を挙げるが、巻末のおまけではおそらくワニとの生存競争に負けた種だろうと触れられている。 ティラノサウルス共々登場する恐竜を始めとする古生物が闊歩する世界を生き残るゲーム『』では、威力のあるひっかき攻撃を繰り出す2足歩行と移動速度が速い4足歩行を切り替え可能なほか、水場に入ると能力が向上する。 このためか砂漠が舞台の「Scorched Earth」には登場しないが、ティラノサウルスが出現したためか地下世界が舞台の「Aberration」では逆にスピノサウルスだけ登場している。 モチーフとしたキャラクター• スピノゴールド()• ダイノシャウト()• 、、、(シリーズ)• スピノモン、バイオスピノモン()• スピノブレイバー()• の・雲スピノサウルス()• () 関連イラスト 従来の復元図.

次の

ARK: Survival Evolved

スピノサウルス ark 生息地

万能型のテリジノサウルス 草食動物のテリジノサウルスはトリケラトプスと上位版という位置づけだと思います。 トリケラトプスとは比較にならないほど強いので、野生のテリジノサウルスにはテイム以外では近付かないようにしましょう。 さらにトリケラトプスとは比較にならないほどテイムが難しい恐竜になります。 その代わりテイムしたテリジノサウルスは頼もしい相棒になってくれることでしょう。 テリジノサウルスは木材、繊維、ベリー、皮などのアイテム収集に優れています。 テリジノサウルスのテイムするための準備 テリジノサウルスの生息地は広範囲のため、アイランドでプレイしていれば普通に出会えていると思います。 方法はいろいろあります。 他の恐竜同様に 崖に誘ってクロスボウで麻酔矢を撃ちこむ。 石の建築物 誘ってクロスボウで麻酔矢を撃ちこむ。 テリジノサウルスは石の建築物にダメージを与えるほどの攻撃力があります! トラバサミを使用したテイム 今回はトラバサミ 大 を使用したテイムをします。 トラバサミ 大 は作業台で作成しましょう。 トラバサミ 大 設置後10秒ほどかけて爪が開くので、設置して少し待ってから攻撃して誘いだしましょう。 トラバサミでの捕獲時間は10秒ほどと短いので、あまり期待しすぎるのは危険ですが、低レベルのテリジノサウルスに対しては十分かもしれません。 テリジノサウルスは気絶値の減りが早い 他の恐竜と比べると気絶値の減りがものすごい速さで減っていきます。 対処方法は2つ 1つ目の対処法は麻酔薬を大量に用意して、テリジノサウルスに与え続けます。 麻酔薬200~300個あれば、食料を減らしテイムできるでしょう。 2つ目の対処法は気絶したら檻に閉じ込める 今回はこちらの方法でテイムしていきたいと思います。 気絶中のテリジノサウルスの脚の下に わらの土台と 木の柵の土台を設置し、 わらのドア枠を 3枚ほど設置しました。 なぜ 3枚も?と思うかもしれませんが、 2枚で逃げられた経験があるためです! 今回は低レベルのテリジノサウルスだったので わらの建築物を利用しましたが、高レベルなら気絶させるまでに建築物が壊されてしまうので、 木や 石の建築物を使うようにしましょう。 気絶回復後のテリジノサウルスは、こちらから攻撃を仕掛けるか、近付かなければ建築物を壊さずに檻に閉じ込められたまま何もしません。 麻酔矢で与えたダメージと付近にテリジノサウルスの食料がないため、テリジノサウルスの食料は次第に減っていきます。 1、2時間ほど待ってから、再び麻酔矢で気絶させてベリーや野菜を与えてテイムしましょう。 野菜でテイムを行うとテイム時の経験値ボーナスが良くなりレベルが上がりやすくなるので、高レベルのテリジノサウルスには野菜を食べさせるようにしましょう。 このとき テリジノサウルスから離れてしまうと、食料が減らなくなってしまうので、攻撃をされない程度に近くで見守るようにしましょう。 オスと メスをテイム出来たら、交配でテリジノサウルスを増やしていきましょう。 面倒なテイムをする必要が無くなります。 テイム後にサドルを装備して騎乗 L2ボタンで草から繊維を大量に入手できます。 R2ボタンで木から木材を大量に入手可能です。 わらはおまけ程度。 R3ボタンで草からベリーを大量に入手可能です。 動物の死骸からR2ボタンで肉と皮を入手できます。 動物の死骸からR3ボタンで皮だけを効率よく入手できます。 虫の死骸からR2ボタンで肉とキチンを入手できます。 虫の死骸からR3ボタンでキチンだけを効率よく入手できます。

次の

Spinosaurus

スピノサウルス ark 生息地

名称 日本語 気質 棲息域 備考 陸上 アンキロサウルス 受動的 Ruinious Jungle・Rocky Cliffs・Dying Hillside等 ご存知採掘の友。 やや起伏が激しいマップのためケツアルやワイバーンをお供に。 ブロントサウルス 受動的 The Highlands・Jungle's Edge等 相変わらずおとなしいが、危険地域が多い分巻き添えにさらに注意 カストロイデス 受動的 The Redlands等 The Redlandsでは集団で生息しているほか、一部には現実のビーバーの作るようなダムもみられる。 かなりの数で群れているのでダムから泥棒するときは注意。 カリコテリウム 受動的 特定条件で攻撃的 Ruinious Jungle・Blizzard Peak等 アイランドより生息域はやや狭くなっている。 雪原以外ではなかなか会えない ディプロドクス 受動的 特定条件で攻撃的 Ruinious Jungle・Central Canyon・The Highlands等 テイム時は崖に注意。 巨体のせいで地形に阻まれて俊足を生かしづらい。 ドードー 非攻撃的 主に海岸 相変わらずの出現率、役割はアイランドとほぼ変わらず ドエディクルス 受動的 The Redlands・Rocky Cliffs等 アンキロサウルスと並ぶ採掘要員。 時折切り立った岩の上にスポーンして動けなくなっていることも。 エクウス 非攻撃的 The Highlands等 野生でニンジンが生えているThe Highlandsでは主要な足。 ガリミムス 非攻撃的 サドルで最大3名を同時に運べる移動向き恐竜。 全体的にアロサウルスが出現するため逃げ足に期待がかかるが、道が入り組んでいるため旋回性の悪さがつらい。 ギガントピテクス 受動的 特定条件で攻撃的 The Redlands等 史上最大の霊長類。 サドルがなくとも乗れたり、自動的にFiberを集めてくれるなどの便利な性質を持っている。 基本的にイクチオサウルスと同様のテイム方法だが、近寄り過ぎると敵対してしまう為テイムが難しい。 イグアノドン 受動的 Jungle's Edge等 マップが広大な中スタミナを気にせず走り回れる頼れるランナー。 トビネズミ 非攻撃的 Jungle's Edge 海岸付近の草地に出現。 緑のある地域の雨や雷雨などでは鳴かない。 ケントロサウルス 受動的 特定条件で攻撃的 Rocky Cliffs等 ステゴサウルスと違い近寄りすぎると攻撃されるので注意。 リストロサウルス 非攻撃的 海岸付近 手渡しテイムの良き練習相手。 周囲の味方の獲得経験値を上昇させる能力を持っている。 マンモス 受動的 Blizzard Peak、Snowman's Hills 木材集めが得意だが、生息地の関係上ビーバーやモロクトカゲよりもテイムが難しい。 メガロケロス 非攻撃的 雪原、赤杉林 オオツノジカ。 スピードとジャンプ力に優れている。 モスコプス 非攻撃的 主に草原、森林 イクチオ方式のテイムだが、餌を各霜降り肉、大トロ、レアフラワー、レアマッシュルーム、ヒルの血液、樹液、有機ポリマーの中からランダムで要求するので注意。 ヒツジ 友好的 The Highlands The Highlandsでは群れで出現する。 パキケファロサウルス 受動的 主に森林 堅頭竜。 右クリックでダッシュができる。 頭突きにはTorpor上昇効果がある パキリノサウルス 受動的 Hotsprings ・Rocky Cliffs等 ガスを撒く。 右クリックの鎮静ガスがアロサウルスにも有効なので序盤の防御手段として。 パラケラテリウム 受動的 The Redlands・The Swampy Islands等 史上最大の陸生哺乳類。 パラサウロロフス 非攻撃的 Jungle's Edge等 海岸付近を中心に広く生息。 深い河なども多いので水泳速度が生きるか。 ぺゴマスタクス 攻撃的 全域 アイテムを盗む。 フィオミア 非攻撃的 主に森林 見た目はカバのように見えるが、ゾウの祖先。 危害を受けると水の中へ逃げていく臆病な性格。 見た目に似合わず足が速い。 プロコプトドン 受動的 砂漠 砂漠でも水のある場所に生息。 移動速度とジャンプ能力が優秀。 また二人乗りの同乗者が乗ったまま正面にピッケル等を使えるので、危険地域での採取に役立つ。 ステゴサウルス 受動的 主に森林 草食の中では攻撃力は高め。 道の悪さから普段使いはアイランドよりも厳しい。 テリジノサウルス 受動的 特定条件で攻撃的 Jungle's Edge・Ruinious Jungle アイランドと比べ、ずいぶん生息域が狭くなった。 現在はジャングルのみ ティタノサウルス 受動的 全域 想像を絶する巨体を持つ超大型恐竜。 出現地帯は限られている トリケラトプス 受動的 全域 攻撃を加えると突進で反撃してくる。 近くに別のTrikeがいるとリンクする。 ケブカサイ 受動的 雪山 毛深いサイ。 草食哺乳類だが大型で高い突進力を持っている。 メガテリウム 受動的 The Redlands、Blizzard Peak等 虫だらけの火山地帯で大暴れ可能。 モレラトプス 受動的 特定条件で攻撃的) 砂漠 ラクダをモデルにしたゲームオリジナルの恐竜。 リマントリア 非攻撃的 南西部 人が乗れるほどの大きな蛾。 スピードはゆっくりしている 水棲 カルボネミス 受動的 主に水辺 マップが広く高低差が激しい関係上アイランドより肩身が狭い。 定点守備等耐久力を生かせる場を。 名称 日本語 気質 棲息域 備考 陸上 アロサウルス 攻撃的 ほぼ全域 雪原・火山・Redlandsをのぞいてラグナロクではほぼ全域に出現する。 始祖鳥 非攻撃的 Redlands 即死するほどの崖も多いので、パラシュート能力は重要。 アルゲンタヴィス 攻撃的 標高の高い場所 おそらく史上最大の飛翔鳥類。 アイランドより遭遇する機会が多いので戦闘中の乱入に注意。 ベールゼブフォ 受動的 King's Gulch・The Swampy Islands 小から大までとにかく段差が多いため、ジャンプ力が役に立つ。 カルノタウルス 攻撃的 砂漠、Redlands等 厳しい地形と全域に登場するアロサウルスのおかげでやや目立たないが、中堅の実力は健在。 アロサウルスのいない地域にいることが多い。 コンプソグナトゥス 非攻撃的 特定条件で攻撃的 森林 集団になると凶暴化する。 ダエオドン 攻撃的 Blizzard Peak・Snowman's Hills等 食料ゲージを消費して周りの生物を回復させる効果を持つ ディロフォサウルス 攻撃的 全域 トサカを広げた直後に吐いてくる毒液に当たると、しばらく視界が悪くなる上に足が遅くなる。 複数で群れていることも多い。 ディメトロドン 受動的 King's Gulch・The Swampy Islands 単弓類。 生きたエアコン。 ディモルフォドン 受動的 主に内陸 コウモリサイズの恐竜。 肩に乗せることができる。 ダイアウルフ 攻撃的 雪原 狼。 サドル無しで乗ることができる。 動きが素早く集団で行動していることが多い。 ギガノトサウルス 攻撃的 The Highlands 桁違いのステータスを持つ恐竜。 普段は平和なThe Highlandsに稀に出現し、大惨事を引き起こすことも。 イクチオルニス 攻撃的 水辺 海鳥。 食糧アイテムを盗んで食べてしまうので大量の食べ物を持ち運んでいるときは注意。 カイルクペンギン 友好的 Blizzard Peak Blizzard Peakの池にしか生息していないため、テイムに一苦労。 カマキリ 攻撃的 砂漠、Cursed Shores、Cursed Plains等 大量に有機ポリマーと武器を落とすが、狩るには生息地域が厳しいか。 メガラニア 攻撃的 Cursed Shores、洞窟 壁でも天井でも移動できるオオトカゲ。 他の地上生物が複雑な地形に苦しめられる一方、それを逆に利用できるクライミング能力のおかげでやりたい放題。 Cursed Shoresの端に大量に生息している。 メガロサウルス 攻撃的 洞窟、Rocky Cliffs等 地上にも出現するようになった。 夜間に行動する際は要注意。 生息数は少なめ。 ミクロラプトル 攻撃的 森林 スタンさせるだけではなくサバイバーを吹き飛ばすので、崖の多い地形も手伝ってかなり危険。 オヴィラプトル 非攻撃的 ほぼ全域 攻撃すると逃げる。 テイムして放浪モードにしておくと、卵の生産を加速させる。 ペラゴルニス 非攻撃的 主に海辺 肉食だが魚肉しか食べない。 ペンギンからポリマーを採取でき、クラゲから毒を採取可能。 騎乗可能で水面も移動できる。 溶岩の上を飛ぶとサバイバーを背中から振り落とすので火山地帯では注意。 プテラノドン 非攻撃的 主に海岸 非好戦的な翼竜。 ダメージを受けると空へ逃げる。 プルロヴィア 攻撃的 Redlands、雪原 よく穴に潜っている。 近ずくと穴から飛び出して、スタン攻撃をしてくる。 崖際要注意 ケツァルコアトルス 非攻撃的 全域上空 飛行種では最大。 高い山だと普通に攻撃できるほど地面すれすれを飛んでいることもある。 ユタラプトル 攻撃的 雪原・火山・赤杉を除くほぼ全域 アロサウルスと生息域がほぼ重なっており、こいつを見かけたら要注意。 ティラノサウルス 攻撃的 主に内陸 恐竜の中ではおなじみ。 相変わらずの暴れっぷりだが身体が大きいため地形に苦しめられていることも。 サーベルタイガー 攻撃的 Ruinious Jungle・Dying Hillside等 高低差のある場所に多いため頭上から降ってくることもあるので注意 タペヤラ 非攻撃的 Ruinious Jungle ジャングルにしか生息しないうえ、ジャングルの地形がテイム難易度を上げている。 テラーバード 攻撃的 Redlands 恐鳥。 地形が地形なので滑空能力に期待がかかる。 ティラコレオ 攻撃的 Redlands サーベルタイガーより少し大きめのサイズ。 レッドランドの大木に張り付いている。 トロオドン 攻撃的 主に夜間 森林 昼間は近づかない限り襲ってこないが夜間は索敵範囲が広く、足も早く、非常に強力な気絶攻撃をしかけてくる難敵。 ハゲワシ 受動的 (特定条件で攻撃的) 砂漠、Dying Hillside 生息している地域柄すぐに凶暴化し群れで襲い掛かるので極めて危険。 羊肉が入手しやすいマップなので、肉食動物をテイムするときのお供に。 ワイバーン 攻撃的 Snowman's Hills(アイス)、Dragon's Trench(ファイア、ポイズン、ライトニング) 前足が翼のドラゴン。 4種類属性がありそれぞれに違った効果を持つブレスを吐く。 攻撃的かつ戦闘力も非常に高いため、隣接地域にいるときは空に注意。 ユウティラヌス 攻撃的 雪原 毛皮に覆われた、大型の肉食恐竜。 足が速く、その咆哮でこちらを恐怖させるほか味方まで強化する モロクトカゲ 攻撃的 砂漠 棘だらけのオオトカゲ。 建築系の重量軽減やサドルに作業台機能があるなど、カストロイデスと似た役割が持てる。 戦闘力がほしいならこちら。 未実装 水棲 アンコウ 攻撃的 海中 水中でも明るく照らせるため探索に便利。 バリオニクス 攻撃的 沼地、川 ジャンプ可能・俊足・水陸両用で広い地域を探索できる。 Central Canyonの川ではスピノサウルスの群れに紛れ込んでいる。 スピノより小さく発見しづらいため、奇襲でスタンさせられないように注意。 バシロサウルス 友好的 水中 クジラ。 深海に潜ると継続ダメージを受けるがそれ以外では数十倍の体力回復速度を持ち、クラゲを無効化、掴まれない特徴を持つ。 海岸に死体が打ち上げられている地域があるが、その付近には生きている個体がいなかったりする。 クニダリア 受動的 海全域 クラゲ。 相変わらずのキラーっぷり ダンクルオステウス 受動的 特定条件で攻撃的 海中 硬い外骨格をもつ肉食大型魚類。 採掘タイプの海底資源が多いラグナロクでは採掘能力が活かされるか。 ディプロカウルス 非攻撃的 砂漠の水辺、King's Gulch・The Swampy Islands 生きた酸素ボンベ。 クニダリアと並ぶ海の危険生物。 イクチオサウルス 友好的 海中 テイムが容易な中ではかなりのスピードを持つため、偵察用に。 カプロスクス 攻撃的 主に沼地 スレンダーワニ。 攻撃力はさほどでもないが騎乗位置の低い生物から騎乗者を引きずり下ろす能力を持つ。 毒持ち。 ラプトル以下サイズの生物を運搬できる。 リードシクティス 攻撃的 西の海 アップデートで出現しなくなった。 リオプレウロドン 水中 首の短い首長竜。 テイムしてから30分後に消滅する。 マンタ 攻撃的 海中 現実のものとずいぶん異なる巨大エイ。 変わった性質を多く持ち扱いが難しい。 メガピラニア 攻撃的 水中 The Swampy Islandsではプレイヤーの足がついている状態でも襲い掛かる。 Alpha メガロドン 攻撃的 海中 巨大サメ。 とにかくどこにでもいるので、軽度の自衛のできる海洋基礎マウントになるか。 モササウルス 攻撃的 深海 非常に獰猛で高い能力を持つ深海の覇者。 カワウソ 受動的 Redwoodの池 カワウソ。 広大なマップに極端な気温の地域が多いラグナロクでは温度体制能力が役立つ。 エラスモサウルス 攻撃的 深海 首長竜。 深海に生息しており一定の深度からは浮上してこない。 獰猛な性格と生息環境の影響でテイム難易度が高い。 サルコスクス 攻撃的 主に沼地 巨大ワニ。 海が広いためそちらでは活躍するが、陸地では水場が滝で分断され、細い抜け道では体が詰まるとやや不遇。 スピノサウルス 攻撃的 Ruinious Jungle・Central Canyon 深い水場が多いため昏睡時の溺死に要注意。 Central Canyonの川にやたらと大量にいる。 トゥソテウティス 攻撃的 深海 大王イカ。 モササウルスに代わって新たな海の王者となった。 ヘスペロルニス 友好的(接近すると攻撃的) Ruinious Jungle 現在生息地はRuinious Jungleの湖のみ。 水深が深いのでテイム時は注意 名称 日本語 気質 棲息域 備考 陸上 アフリカマイマイ 友好的 The Redlands、The Swampy Islands等 カタツムリ。 殻に籠る。 野菜ケーキでテイムする。 アラネオモーフス 攻撃的 洞窟、Cursed Shores、Cursed Plains等 火山地帯の地上部分に頻繁に出現する。 鈍足と他の敵対生物とのコンボが危険。 King's Gulchの城ではワールド上限を超えたレベルが出現する。 アースロプレウラ 攻撃的 砂漠、洞窟、Cursed Shores、Cursed Plains等 火山地帯の地上部分にうじゃじゃといる。 極彩色のため発見は容易。 ショートフェイスベア 受動的 特定条件で攻撃的 The Redlands・Blizzard Peak等 性質は変わらないが、群れで出現する地域もある。 アイスダンジョンの入り口には多数群れており第1関門となっている。 雪山には亜種のシロクマが生息している。 フンコロガシ 受動的 特定条件で攻撃的 洞窟、Cursed Shores、Cursed Plains等 西側地域にはアクセスしやすいオイルが少ないため重宝する。 地上にいるので数もそろえやすい イキオオミツバチ 受動的 特定条件で攻撃的 Rocky Cliffs・King's Gulch 巨大蜂。 今回は赤杉には営巣していない。 ヒエノドン 特定状況で攻撃的 平原、砂漠 群れで行動する小さい犬。 ヒル 攻撃的 沼地 通常種と病気持ちの二種類がいる。 沼地の吸血鬼。 メガネウラ 受動的 特定条件で攻撃的 陸地 巨大トンボ。 数匹単位で群れている。 史上最大の昆虫とされており、最大で約75㎝にもなったようだ。 メソピテクス 非攻撃的 主に森林 肩に乗せることができる。 敵に移動速度低下効果を持つ糞を投げる。 テイム方法はと同じ。 テイム後は肉も食べる雑食性。 オニコニクテリス 攻撃的 洞窟・King's Gulch 巨大コウモリ。 クモと同じくKing's Gulchの城ではレベルがワールド上限を超える。 プルモノスコルピウス 攻撃的 洞窟、山岳、Cursed Shores、Cursed Plains等 巨大サソリ。 神経毒を持つ危険な生物。 攻撃されると昏睡値(Torpor)が持続的に上昇してしまう。 ティタノボア 攻撃的 洞窟、沼地、Cursed Shores、Cursed Plains等 同地域に出現するムカデに比べると地面に近い色合いのため、不意打ちに注意 ティタノミルマ 攻撃的 草原、森林 巨大アリ。 羽を持つものと持たないもの、2種類がいる。 スタミナ低下の毒を持つ。 ロックエレメンタル 攻撃的 砂漠 普段は岩に擬態している。 ジャグ・バグ 非攻撃的 砂漠 水やオイルをため込む性質を持つ虫。 未実装 水棲 アンモナイト 受動的 海中 主に洞窟 攻撃すると周りにいる生物を草食、肉食構わず攻撃的にさせる。 シーラカンス 非攻撃的 水中 攻撃すると逃げるが、動きが遅いので見つければ狩るのは容易。 Hideは取れない。 ウミサソリ 攻撃的 Viking Bay等 Viking Bayの沈没船付近には数十匹が潜んでいる。 狩り放題だが昏睡対策は必須。 セイバートゥース・サーモン 受動的 水中 サーモン。 三葉虫 非攻撃的 水辺 海に生息し、浅瀬に群れるほか陸上でも行動できる。 貴重なオイルと真珠を海底に行かなくても手に入れる事ができるので便利。 ボス ドードーレックス 攻撃的 イベント「ARK: Fear Evolved」期間中のみ登場 ドラゴン 攻撃的 特定条件下にて召喚 ブルードマザー 攻撃的 特定条件下にて召喚 メガピテクス 攻撃的 特定条件下にて召喚.

次の