佐川宣寿。 佐川宣寿の現在と天下り先!結婚した嫁(妻)や子供の今は?

佐川宣寿・元国税庁長官の経歴・現在まとめ。森友自殺職員の「遺書」公開で批判が再燃か!?

佐川宣寿

「自殺」で責任は取れない 邦丸:まず、近畿財務局の職員が自ら命を絶ったという話ですが、「上からの指示で書き換えをさせられた」というメモが遺されていたそうです。 過去にも不祥事のあと、官僚が自ら命を絶つということがありました。 こういうことが繰り返されると、なんとも言えない気持ちになりますね。 佐藤:ちょっと厳しいことを言おうと思います。 邦丸:はい。 佐藤:たとえば鈴木宗男事件の時も、外務省の一部の人たちは「佐藤優が死ねばいい」と思っていたんですよ。 はっきり言いますが、官僚の自殺は、亡くなった方には本当に申し訳ないけれど、責任放棄ですからね。 邦丸: うーむ。 佐藤:国民に対する責任は、自殺することではなくて、真実を語ることによってのみ果たせるわけですから、そこを勘違いしないでほしい。 なぜ私が敢えてこういうキツいことを言うのかというと、今この瞬間も、財務省の中には自殺を考えている官僚が何人もいるということが、目に浮かぶんです。 単に悪事に手を染めるというわけではなくて、上から評価されたいと思って、一線を踏み越えて、言われた以上のことをしてしまった…とか、彼らはきっと考えている。 死んだら楽になるんじゃないか、死んだら検察やマスコミの追及もなくなる、と思ってしまう。 でも、これは違いますからね。 死んだら全部、被せられるよ。 「亡くなったのは本当に残念だけれど、実はわれわれが知らないところで、この人が全部やっていました」と被せられるだけだから。 特に財務省のノンキャリアで、上からの指示で悪事をやらされた、そしてその時はそんなに意識していなかったという人、絶対に死んだらダメです。 死なないで、真実を語ってほしい。 それが国民に奉仕することであり、あなた自身の名誉とあなたの家族を守ることにもなるから。 だから、亡くなった方には本当に気の毒だけれど、心を鬼にして言います。 それは私自身が、かつてそういう状況に置かれたことがあるから。 死んではダメ。 死んだら悪いヤツが喜ぶだけです。 真実を語ること。 死ぬ覚悟になれば、すべてを語れる。 そうすれば、世論はきちんと支持してくれるから。 キャリアとノンキャリの「本当の関係」 邦丸:霞が関では、特にキャリア組とノンキャリア組に分けると、どうしても責任はノンキャリアに被さってきてしまう。 そうした中で自ら命を絶つ方もいる。 日本全体では自殺者の数は減っていますが、霞が関の責任の取り方って、私には「独特の世界」だと映ります。 佐藤:そうなんです。 あそこには独特の空気があります。 ただ、キャリアとノンキャリアの関係というのは、言われているように「身分制」であるとか「ノンキャリアはキャリアの言うことを聞かざるを得ない」という構造では、必ずしもないんです。 私の場合、外務省にノンキャリアで入って、途中からキャリア扱いに登用という特殊なルートなので、両方の世界を見ているんだけれども、キャリアは全体像はわかるけれど細かいことはわからない。 そうすると、「悪知恵をつける」のは、意外とノンキャリアの仕事なんです。 邦丸:悪知恵をつける。 佐藤:そう。 「こういうふうにやったらごまかせますよ」とか、「この文書はヤバいから抜いちゃいましょう」というようなことは、意外とノンキャリアが言っている可能性がある。 キャリアには、そこまで見えないわけです。 キャリアは圧倒的な権力を持ってはいるんだけど、細かいところはノンキャリアがサボるとできない、ということがたくさんある。 だから、何か悪事が出てきたときは、ノンキャリアが相当深く噛んでいるわけ。 彼らは「実行犯」として現場でやっているから、すごく自分の責任を痛感するわけです。 「こんなことをやってしまった」と。 例えて言うなら、戦場で銃剣で目の前の相手を刺し殺すのはノンキャリア。 後方の司令部にいて「やれー」と命令しているのがキャリア。 こういう図式で見ればわかると思う。 邦丸:ふむ。 佐藤:現場のほうがリアルな悪事を行った感が強い。 そこがおそらく、自責の念にかられてしまう理由だと思うんですよ。 だから、メディアは「上が逃げ切るために下に全部被せている」というふうに単純化して書くけれど、必ずしも中の心理状態はそうではないんです。 邦丸:はあ〜〜。 佐藤:上は上で、「こんなはずじゃなかった」と当惑しているんですよね。 「なんでこんなことになっちゃったんだろう、あの時オレはどうしていたんだっけ…」という感じだと思いますよ。

次の

佐川宣寿の今現在!カツラや身長低い噂・不起訴その後の天下りまとめ

佐川宣寿

こわばった表情で目を泳がせ、怯えたように周囲をうかがいながら身を縮めて黒塗りの公用車に乗り組む。 それから1か月後、辞任表明で長官として初めてテレビカメラの前に現われた佐川氏の目は泳ぎ、声も精気を失っていた。 しかし、1年前の昨年3月、財務省理財局長として国会答弁に立った佐川氏はまるで違っていた。 「記録は速やかに廃棄した」 森友学園への国有地売却をめぐって、交渉記録の廃棄を断定したときだ。 都合の悪い質問には、ああでもない、こうでもないと語尾を曖昧にして言質を与えないようにする。 典型的な「官僚答弁」からすると異例な発言だったが、眼光にも口調にも官僚としての強い覚悟と誇りが滲んでいた。 佐川氏はあの答弁に官僚人生を賭けた。 ちょうどその頃、財務省OBが集まった席でこんな話が交わされたという。 「見事に泥をかぶったね。 だけど、これで彼の官僚人生は終わった」 「身を挺して政権を守ったのだから、いい天下り先を用意してもらえるだろう」 国会でああ言い切った以上、役所に残れば後で問題になる。 泥をかぶった官僚は組織防衛のために後腐れがないように退官させるのが財務省の人事の鉄則だ。 財務省の局長経験者が語る。 「官僚の最大の関心事は今も昔も人事だが、立場上、組織のために出世を棒に振り、官僚人生が終わることになる者には、いい天下り先という実利で報いる。 本人には政権を守ったという誇りと官僚社会の評価が生涯、勲章として残る。 佐川君もあの答弁をしたときは出世をあきらめ、退官する腹をくくっていたと思う」 佐川氏の官僚人生はそこから狂い始める。 安倍首相が疑惑を完全否定した答弁を激賞し、「佐川を見習え」と省内人事の鉄則を無視して国税庁長官に出世させたからだ。 森友疑惑が紛糾する中での栄転は、批判を浴びるのは明らかだった。 組織を守るという官僚社会の掟からいえば、佐川氏は長官就任を断わるべきだったかもしれない。 だが、あきらめたはずの出世の道が思いがけず拓けたとき、それが茨の道だとわかっていても、誰しも誘惑に駆られる。 佐川氏にとって国税庁長官は念願のポストでもあった。 「財務官僚は課長時代に出世のふるいにかけられ、同期入省組の中からトップの事務次官コースに乗る官僚が1人に絞られる。 佐川氏の同期(1982年入省組)27人の中で一番出世は福田淳一・現次官、佐川氏は2番手グループにつけていた。 同省の出世双六では、次官に次ぐナンバーツーが国税庁長官につく」(OB) しかし、佐川氏は局長選抜の段階で傍流の関税局長に回され、2番手グループの中でも出世競争に出遅れた。 同期のライバルで安倍首相と同じ山口県出身の迫田英典氏が一足先に理財局長、国税庁長官と出世していた。 この迫田氏こそ、森友学園への国有地払い下げ当時の理財局長という疑惑のキーマンだ。 佐川氏が迫田氏から1年遅れて後任の理財局長に就任したとき、「自分にもまだ国税庁長官のチャンスはある」と心中期するものがあったのではないか。 中堅官僚はこう振り返る。 「総理を守ると言えば聞こえはいいが、佐川さんにすればライバルだった迫田さんの尻ぬぐい。 損な役回りとしかいいようがない。 あの答弁の後に国税庁長官を打診された時も、本音では受けたくなかったはずです。 しかし、断われば総理の面子がつぶれる。 官邸は長官に縛り付けることでスケープゴートに仕立てた。

次の

財務省・佐川前理財局長が、これからたどる「苦難の道」(佐藤 優)

佐川宣寿

佐川宣寿プロフィール 佐川宣寿(さがわ のぶひさ) 生年月日・1957年11月6日(現在60歳) 出身地・福島県 学歴・東京大学経済学部 卒業 仕事実績・国税庁長官(第48代) 福島県平市 現在のいわき市 生まれ。 東京大学経済学部卒業後、大蔵省入省へ。 そんな佐川宣久氏、 森友学園の改ざん問題で大変な騒ぎとなっています。 佐川宣久氏の証人喚問。 佐川証人は、官邸や政治家からの指示はなかったと、明確に断定した。 本日、納税者たちは全国でデモを開催する予定です。 — 自民党田中派 田中角栄・小沢一郎 jimintotanakaha 佐川証人喚問。 質問冒頭に、江田憲司「これまでの佐川さんの証言を聞いてると、私には、もうこの問題は自分ひとりが責めを負っていこうという何か決意というか覚悟みたいなものが感じられる。 それがあなたの美学かもしれませんが、国民の理解は到底得られないということをハッキリ申し上げたい」と。 — やがて空は晴れる...。 masa3799 佐川前国税庁長官。 麻生先生に責任押し付けられて、可哀想に思ってた。 でもな、そんな気は消え失せた。 「責任は自分にあるけど、改ざんしたのは部下」って事だよな。 この物言いは安倍先生と同じく卑怯者。 庶民の怒りをかったよ、佐川さん。 あと奥さんですね。 佐川宣寿氏の自宅の敷地面積は約180㎡。 1997年に周辺の土地とともに競売にかけられ、 東京国税局の差押えを受けた土地を相場より 安く購入したという情報を目にしました。 住所は世田谷区の祖師谷四丁目らしいですが真相はわかりません。 これは本当!? どうやら、 佐川宣寿国税庁長官、マスコミから身を隠すためにホテルに潜入していたそうです。 すでにそのことをマスコミも見抜いていますが。 納税者に正直申告を要求しながら逃げ回るという卑怯ぶりといっていいのでしょうか・・・ 佐川前国税庁長官。 麻生先生に責任押し付けられて、可哀想に思ってた。 でもな、そんな気は消え失せた。 「責任は自分にあるけど、改ざんしたのは部下」って事だよな。 この物言いは安倍先生と同じく卑怯者。 庶民の怒りをかったよ、佐川さん。 — umekichi umekichkun スポンサーリンク 佐川宣寿が刑事訴追!? 刑事訴追とは? 「刑事事件につき検察官が公訴を提起し維持すること」 要は、刑事事件の犯人として逮捕起訴されることですね、簡単に言えば。 佐川宣寿さんが逮捕というワードがかなりヒットしていますね。 まあなりかねないでしょう・・・ 佐川宣寿し、 総理夫妻については 「指示はございませんでした」と 断言しています。 でも、そのほかについては不透明な曖昧な返答のまま終わりました。 真相は佐川氏しか知らないのだろうけど。 刑事訴追を受ける可能性があると言っている時点でもう 悪いと認めていることと同じじゃないですか。 何を隠しているのでしょうこの人。 森友学園事件、国有地売却の財務省の決栽文書が書換えられていた疑惑で国会が空転、書き換えが事実ならば誰が指示したのか徹低的に解明すべきだ、現在、税の申告期間中、森友問題でノラリクラリ逃げ回る、国税庁長官、佐川宣寿、証拠隠滅、公用文書遺棄で告発されている、自宅に帰らず逃げ回る屑。 しかし政治家の関与については全て完全に否定。 自分が関与してるかどうかも書類を見たかどうかも言えない人が何で政治家の関与を否定できるの?— sei sei201 非難というのではなく、無罪とおっしゃたので…。 裁判官のなですか?ってお尋ねしたのです。 またその根拠は今国会質疑では検察捜査中でもあり前面解明されてません。 大阪地検特捜部は佐川宣寿前国税庁長官の関与を調べるため任意聴取を検討中とのお話もあり、時期早々ではないか?って言うことですね。 — さくらでぶ sakuradebu0829 Twitterでも色々と分析が続いていますね。 スポンサーリンク.

次の