アメブロ アクセス 自分。 アメブロでアクセスを増やす方法とは?

Amebaヘルプ|自分のブログのURLを確認する方法が知りたい

アメブロ アクセス 自分

次にサイトの トップページのデザインを選びましょう!本当はCSSカスタマイズでオリジナルデザインを選んでしまうのがベストなのですが、そこに時間をかけてしまって肝心な記事が書けないのではもったいない! 自分のテーマに合ったテンプレートを選べばOKです。 何もない「真っ白」状態よりも100倍ましです!! ・・・カスタム可能デザインもおすすめです。 年齢層を考えてデザインを決めてくださいね!トップページをオシャレに無料で変えたいのなら、アメーバキングの無料使用を使うと楽々です。 トップ画像がダサい= 素人という戦略で物を売ることもできるのですが、確率は低いです。 これだととにかく 新規訪問者を増やし続けるしかなくなってしまいます。 そして3か月で飽きて放置!リピーターさんが増えサイトは楽ですよ!10人訪問して、2でもリピーターになってくれれれば、 一か月後には60人の固定客が! 例えば アドセンス10円分クリック 一クリック してもらうだけでも600円です! まあ、アメブロにアドセンスは無理なんですけど 笑 固定の読者さんがいるってことはスゴイですよ! アメブロのサイドバーをいじってアクセスアップ! トップ画像でお気に入りが選べたら、次にアメブロのサイドバーの配置設定などをして行きましょう。 特にやってもらいたいのが、 読者数,最新の記事一覧,プロフィールの移動ですね。 はじめたばかりの頃は 読者ゼロ人ですよね?それを一番目立つ所にもってくるなんて論外です!初めは下の方に移動しましょう プロフィールは前面に出して、自分を売り込むパターンと、さりげなく下にもっていくパターンがあります。 結構アメブロ読者の方はここを見ますので、ちゃんとプロフィールをいじった人は上部にもってきても良いです。 ランキングは入っておくべきですが、 自分のランキングが低いのに上部にもってくる必要はありませんね? 次に要らないと思われるものをあげると、まずはカレンダーです。 そこから「独立」という一般道へ!「給料UP]という街道へ!「自由」という道へと人を流すイメージです。 このブログの説明文を専門用語でメタ説明文というのですが、 ここを失敗するとロボットが混乱して渋滞をします 笑 タイトルや説明文の書き方はコチラで詳しく説明しているので今回は省略です! 重要: 【次にコメントの管理です】 アメブロは遊びで使っている人も多く、アフィリエイトサイトを作ろうすると、 良い物であっても悪意のあるコメントが付くことが結構あります。 大体は小学生とか中学生ぐらいの子供なのですが、これらのコメントで 凹んでしまいやる気がなくなるくらいなら、一切コメントは受け付けないという設定もアリです! 孤高の戦いになりますが、良いと思った人は、みなさんのサイトから物を買って行きますし、興味ない人は無視して通り過ぎます! ここで「 興味のある人の数 >興味のない人の数」の図式になった時に、 自然とグーグルは検索エンジンの一位に表示するようになりますので、コメントが無くても別に問題はありません。 でも、人と話ながらブログを大きくしたいという人はコメントは確認して公開にしましょう! メインブログであれば絶対にこちらの方が良いです。 ランキングサイトに入ったらここにPINGを貼りましょう。 それだけでアクセスアップにつながります! 以上慣れれば1時間もかかりません。 私のオリジナルアメーバキング特典にはもっと濃い情報も入れてありますよ!大体一日目から400位アクセス来るんですが・・・。 うーん。 こればかりは信じてもらうしかありませんね 笑 ITスキルは持っていて損はありません!パソコン分野は生涯伸びて行くと思います!勉強する価値は高い!! 私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!.

次の

アメブロのアクセスアップ法|アクセス数を増やす原則教えます

アメブロ アクセス 自分

もくじ• Googleアナリティクスとは? Googleアナリティクスとは、簡単に言うと自分のサイトへのアクセスに関することをこと細かく教えてくれるGoogleのサービスです。 例えば、 ・1日に何件アクセスがあったのだろう? ・何時ごろよく見られているのだろう? ・何曜日によく見られてるのかな? ・どの地域の人がよく見てくれているのかな?(市区町村までわかります) ・どのページが人気なのかな? ・いつも決まってどのページにたどり着いてるのかな? ・コンバーション 成約)率はどれくらいかな? といったことが分析されているのです。 アメブロや他のサービスにもよく「アクセス数」としてカウントが出ていますが、一番正しいのはGoogleアナリティクスです。 売上が上がっているのなら読者の的を射た投稿ができているということで集客や売上につながっているのでしょう。 もし売上が伸びていないなら、投稿している記事はお客様に合っていないのか? または集客への導線が上手くいってないのかも知れません。 そんなときによりたくさんの人に読まれる曜日に発信する方がいいのは決まっていますよね。 でも特にどの地域の方が多く見てくださっているのか? どのエリアにあなたのファンが多いのか?がわかることで、セミナー開催地を決定する際などに役立てることができます。 書いた記事の中で特にアクセスの多い記事さえわかれば、その記事を中心にどこかの記事に飛ばすなどの対策を練ることでサイト内の滞在時間が長くなりますよね。 ドメインを強くするにはこういったことがとても重要です。 アフィリエイトタグをどう貼るのか?など、工夫ができますね。 このようにサイトを運営する上で「ただ記事を書いて投稿するだけ」ではなく、きちんと分析して把握して改善することでアクセスが変わってきますので、Googleアナリティクスはサイト運営では必須のアイテムです。 アナリティクスの入れ方 を検索ワードに入れてください。 こちらのIDを分析したいサイトに貼り付けると翌日からアクセス数などを解析することができます。 アメブロの本当のアクセス数をGoogleアナリティクスで解析する方法 それでは、アメブロにアナリティクスのトラッキングIDを貼り付ける方法をお伝えします。 まず、先ほどのトラッキングIDをコピーしてください。 そして、アメブロの「設定・管理」をクリック 次の画面の右上の方の「外部サービス連携」をクリック 「searchconsole 旧ウェブマスターツール とGoogleAnalyticsの設定」をクリック。 こちらの「GoogleAnalyticsの設定」の空欄に先ほどコピーしておいたトラッキングIDをペーストしてください。 そして、その後下部の「設定する」を必ずクリック はい、これで正式なカウントを翌日から見ることができます。 となると、アメブロが表示している「今日のアクセス数」との大きな差を感じることになると思いますが、本当のカウントがGoogleAnalyticsです。 という方の為に今回の本題は「アナリティクスのアクセス数から自分のアクセスを除外する方法」をお伝えします。 まずを検索。 こちらの画面になります。 「Googleアナリティクスオプトアウトアドオンをダウンロード」をクリックしてください。 次に、こちらの画面で「chromeに追加」をクリック そして次は、「拡張機能を追加」をクリック これで完了です。 この方法のいいところは一回ブラウザに導入すればその後は特に何もしなくてもそのブラウザからのアクセスは自動で除外してくれるのです。 とっても導入しやすいのがお手軽でいいのですが、実はデメリットもあります。 デメリット・・・それは「そのブラウザ」というのは「chrome」のことで、インターネットエクスプローラーとかfirefoxなども使用される方はカウントされてしまいます。 タブレットやスマホから見た場合もカウントされてしまいます。 IPアドレスとはインターネットがつながる機種一つ一つについている識別番号です。 いつもブログを書いたり見たりする機種のIPアドレスを知らべましょう。 その下の「フィルタパターン」のところの空白にで取得したIPアドレスを入力してください。 そして最後に「保存」を必ずクリック。 これでご使用の機器からのアクセスはカウントから除外されるようになりました。 こちらの方法のデメリットはIPアドレスが変わったらまた設定をしなおさないといけないことです。 IPアドレスは永久的に同じというわけではなく「固定IPアドレス」を使用していない限り、変更があることもあると覚えておいてくださいね。 まとめ これでやっと正確なアクセスを見ることができますね。 自分が何度もアクセスしているのがカウントされて「わ~今日はたくさんの人が見てくれた!」って単純な勘違いもなくなります。 是非試してみてくださいね。

次の

アメブロの自動いいねツールは逆効果

アメブロ アクセス 自分

アメブロのアクセス解析 アメブロの「ブログ管理」画面の中にある「アクセス解析」がアメブロのアクセス数を知る唯一の手段となります。 Amebaアプリを使ったアクセスを集計できるのがこのアクセス解析だけなので他の分析ツールでは全てのアクセス数を知ることはできません。 リニューアルによる変化 このアクセス解析は2018年4月25日に大幅なリニューアルを行なっています。 レイアウトや見れる情報が変わったほか集計方法も変わりました。 公式に発表された内容を参考にアクセス解析で見れる数値について分析していきます。 集計するアクセス このリニューアルで一番大きな変更が集計方法の見直しです。 以下が変更に関して公式に発表された内容です。 記事別のアクセス数へ反映されるのは、以下のような形式の記事URLへアクセスされた時のみです。 記事ページはentry-00000000以外のURLでも読むことができます。 それを集計しているのかはこの説明からは読み取れません。 ただし「以下のような形式の記事URL」とあるので「ような」が他の形式の記事を指していると思われます。 フィルターの強化とは 以前は集計していたボット、クローラー、自分自身のアクセスを集計しなくなりました。 これにより大幅に集計アクセス数が減りました。 減ったというより正常になったと言ったほうがいいと思います。 公式にも「より正確なアクセス数」になったと記載されている通り以前がおかしいアクセス数だったことになります。 ボットやクローラーはアクセス元情報などから人間のアクセスではないと判断されれば除外されます。 アクセスを水増しするロボットや検索エンジンのクローラーなどが対象です。 RSSフィードも対象だと思われます。 そして自分自身を以前は集計していたということであればアクセス数が少ないブログでは自分のアクセスの割合はかなり多かったはずです。 このリニューアルで4月から過去3ヵ月分の集計も新方式に変更となったので自分のブログのアクセス数が半減した人も多かったのではないかと思います。 【まとめ】集計しているアクセス 対象ページ.

次の