南海 電鉄。 南海電鉄南海本線 特急サザン(難波-和歌山市) 前面展望ビデオ

Nゲージ 国内型車両完成品

南海 電鉄

阪堺電車「我孫子道」駅から 徒歩1分! お出かけ、家族の方の訪問にも便利な立地。 周辺は懐かしい下町情緒あふれ、 静かで暮らしやすい住環境。 南海電鉄を経営母体としており、 「安心・安全・快適」なサービスを提供。 母体がしっかりしているからこそ、 1人1人に寄り添ったサービスが可能です。 日中の看護師の常駐、提携医療機関との 連携によって、日常の健康管理から もしものときにも安心。 医療面のサポートが必要な方も安心して ご入居いただけます。 スタッフも入居者の方々も、 人の絆を 大切にしている温かさがあります。 日々の会話や、行事や活動を通じて、 生き甲斐つくりをお手伝いするほか、身体 機能の維持向上につなげてまいります。 明るくシンプルな居室は、車椅子での生活もスムーズなバリアフリー設計。 また窓には、防音、保温・防寒効果のある複層ガラスを採用しており、快適にお過ごしいただけます。 24時間365日、介護の専門職員が常駐しており、日中は、看護師も常駐しているので、医療面のサポートもお任せいただけます。 医療機関との連携や管理栄養士のもと、美味しい食事のご用意など、南海グループならではの「安心・安全」に配慮したサービスをご提供いたします。 明るい光が注ぎ込むロビーや開放的な屋上など、ナチュラルで落ち着いた空間が快適な日々をささえます。 スタッフ一同、心を込めてご入居者様の暮らしをサポートさせていただきます。 どうぞ安心して、お越しください。

次の

株主総会|南海電鉄

南海 電鉄

南海電鉄の路線図 南海電鉄は南海電気鉄道株式会社が運営しており、「南海」または「南海電車」と呼ばれています。 実は日本最古の私鉄で、1885ねんに開業されたそうです。 路線は「南海本線」、「高師浜線(たかしのはません)」、「多奈川線(たながわせん)」、「加太線(かだせん)」、「和歌山港線(わかやまこうせん)」で、 大阪なんば駅から和歌山港駅までを繋ぐ「 南海線」があり、 関西空港までの「空港線」、 そして同じく なんば駅から高野山駅までを繋ぐ「高野線(こうやせん)」、「汐見橋線(しおみばしせん)」、「鋼索線(こうさくせん)」の 高野線があります。 全ての路線の漢字の読みが難しいので仮名をふりました。 以下が 南海線の路線図になります。 (クリックすると南海線が拡大されます) 以下は高野線の路線図になります。 (クリックで高野線路線図が拡大されます) 南海電鉄の時刻表と所要時間、運行情報 南海電鉄の時刻表は駅名で確認することになります。 最寄り駅など、利用する駅を確認して駅名を選び、どの方面かを選択すると、PDFファイルで表示されます。 この駅名で表示されるページには「バリアフリー」情報、コインロッカーやATM、売店や駐輪場の有無、定期券売り場があるかどうかなどの「サービス」情報、そして周りにある「主な施設」情報と、近郊の「地図」が表示され、非常に見やすいページになっています。 駅の住所と電話番号も掲載されているため、もしも忘れ物をした際に問い合わせする場合にも分かりやすいといえます。 このページには乗換案内などとは違い、南海電鉄の列車運行情報も載っているため、南海電鉄を主に利用する方には特に便利なダイヤ検索となっています。 たとえば、なんば駅から和歌市駅方面の南海本線の場合はこちらです。 このように全ての駅までの所要時間を確認したい場合には以下のウェブサービスが便利です。 一つ一つの運賃を確認したい場合には駅名から選択する運賃検索もあります。 こちらの検索を利用した場合には通常の運賃の他に、1カ月、3カ月、6カ月の通勤、または通学の 定期券料金も表示されます。 見た目も武骨でかっこいいデザインで、まるで鉄人28号のような外観をしています。 全車両座席指定券が必要で、「 レギュラーシート」と、より快適な「 スーパーシート」の2種類の座席があります。 ラピートは数種類ありますが、確実に止まる 停車駅は以下になります。 スーパーシートは大人720円、小児470円となっています。 また、関西空港へ行くお得なきっぷで 「 関空トク割 ラピートきっぷ」という片道の割引乗車券も販売されています。 これは乗車券とラピートの特急券が一緒になったチケットで、通常なら合計1430円かかるところを 1270円(小児640円)で乗ることができます。 スーパーシートの場合にも 1480円(小児840円)とお得になっています。 特急「 サザン」はラピートとは異なり、特急料金が必要な指定席と必要ではない車両が混在しています。 こちらのサザンは難波駅から和歌山市駅、和歌山港駅を繋ぐ特急です。 最速で難波駅から和歌山港駅までを61分の所要時間で到着できます。 南海鉄道倶楽部と回数券 特急ラピートや特急サザンなど、窓口に並ぶことなくチケットレスで切符を購入することができます。 南海電鉄の「 特急チケットレスサービス」で、会費無料の「 南海鉄道倶楽部」に登録する必要があります。 普通の回数券はもちろん、ラッシュ時間を除いた「 オフピークチケット」、土日や休日にお得な「 サンキューチケット」があります。 いずれもカード対応券売機で購入ができます。 南海電鉄の問い合わせ先とホームページ 各駅の連絡先の他に南海電鉄のお問い合わせ電話番号が用意されています。

次の

南海電鉄インスタグラムキャンペーン、「カメラガールズ」とコラボ

南海 電鉄

音楽バンドのメンバーをマッチングするウェブサービス「Every Buddy(エブリバディ)」のリリースイベントが12月15日、なんばパークス(大阪市浪速区難波中2)2階キャニオンコートで行われる。 同サービスは、南海電鉄が2019年4月に始めた「新規事業開発プログラム」で事業化を目指す、南海フードシステムの松本恵さんと、南海電鉄の大橋優也さんが企画したもの。 30年近く前に4人組の音楽バンドを結成した松本さんだが、活動が活発化したタイミングでメンバーの1人が病気のため活動休止、数年後にバンドが自然消滅となった経験を持つ。 「年を重ねるうちにメンバーの生活環境が変わり、仲間とのバンド活動ができず、メンバー探しに苦労する人も多い」と松本さんは実感。 そこで「音楽をやりたい人とやりたい人が、やりたい場所で音楽をできる」、人と人、人とスタジオやライブハウスといった場所をマッチングするサービスを思い付いた。 [広告] エブリバディはまず、バンドメンバーを募集したいプレイヤー同士のマッチングサービスとして12月20日にスタート。 その後、来年2月ごろにはバンドが練習できる大阪府内の音楽スタジオのマッチング機能を追加し、来年3月末までに500人のプレーヤー登録を目指す。 現在はウェブサービスの開発を進める傍ら、音楽スタジオを巡り、スタジオとしての登録を呼び掛けている。 その後、エリアを広げ、4年間で40万人の登録を目指す。 「新規事業開発プログラム」は、南海電鉄社長室新規事業部が直轄して始めた取り組み。 2月にグループ全社員を対象に100人規模の説明会を3回実施、その後、事業立ち上げを望む「熱い思い」を持つ人を募集し、当初15人が手を挙げたという。 週1回、「ピッチ」と呼ばれるブラッシュアップ会議を経て事業化に向けた準備を進め、現在は4チームが継続参加している。 ピッチには、起業や新規事業開発を支援する「ボーンレックス」(東京都江東区)の室岡卓也社長と同社スタッフが毎回参加し指導。 事業のミッションを決め、ビジネスモデルを作り、チームを作ってきた。 既に第1弾として傘のシェアリングサービス「チョイカサ」の実証実験を8月に実施するなど、事業化に向け各チームが動きを見せている。 リリースイベントの開催時間は14時~、16時~。 各回共に音楽バンド「Ofuromates(オフロメイツ)」がライブを披露。 エブリバディのリリースをアピールする。

次の