スプレッド シート リンク 貼り 付け。 ハイパーリンクでシート間を楽々移動

Googleスプレッドシートで別のスプレッドシートのセルを参照する方法

スプレッド シート リンク 貼り 付け

たとえば、下のような[報告書]シートがあります。 [東京]シートには、完成した表があります。 この表を[報告書]シートに 図としてリンク貼り付けをします。 範囲選択してコピー [東京]シートで表を範囲選択して、コピーします。 ここでは表より一行一列広く範囲選択します。 また[表示]タブの[枠線]のチェックボックスをオフにして、にしています。 リアルタイムプレビューで確認することができます。 クリックして確定します。 参考リアルタイムプレビューとは、一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能のことです。 確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。 [貼り付けオプション]については、以下の記事で解説しています。

次の

【超便利】スプレッドシートで別シートから参照したり集計したりする方法まとめ

スプレッド シート リンク 貼り 付け

エクセルのハイパーリンクでできること エクセルのハイパーリンクは主に以下の設定が可能となっております。 特に表が大きくなりすぎた場合は、特定の位置へ遷移する機能が便利です。 PC内のファイルを開く• Webページにアクセスする• メールの宛先や件名を設定して、電子メールを開く• 指定のシートやセルへ遷移する• 指定の図形へ遷移する ハイパーリンクの絶対パスと相対パスとは? ハイパーリンクについて、覚えておくと便利なキーワードがあります。 絶対パスと相対パスといい、参照先を指定する時に使います。 そうすると日本全国どこにいても、その人がどこにいるのか把握できるわけです。 メーラーを設定済みならばメーラーが自動的に開き、宛先、件名、本文が設定どおりに記載されているのが分かります。 非常に長い数式なので以下をコピーして利用すると便利です。 【】の部分を、【】も含めてセル参照に置き換えてください。 ハイパーリンクが設定できない ハイパーリンクが設定されない原因について、2つあります。 ハイパーリンクが開かない場合 ハイパーリンクが開かない原因としては、指定のパスが間違っている可能性があります。 たとえば、ファイルやフォルダを指定するハイパーリンクで過去は正しいパスだったのに、ファイルを移動してしまうとパスの参照先にファイルが存在しない状態になります。 その際は、改めて正しいパスを指定してあげてください。 おすすめの商品をご紹介 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

リンクの貼り方を教えてください。

スプレッド シート リンク 貼り 付け

このチュートリアルでは、オンラインのスプレッドシートにデータを入力して、Google Earth や Google マップ向けの目印データとして出力する方法を解説します。 Google のウェブベースの共同編集機能により、チームメンバーと同時進行でデータを入力し、更新内容を即座に公開することができます。 組織のプロジェクト、プログラムのサイト、パートナーなどの表示、オフィス、ボランティア人員、各種リソースのマッピング、ローカルからグローバルまで幅広いスケールでのデータの視覚化など、さまざまな用途に役立つツールです。 Spreadsheet Mapper バージョン 3 では、次のような新機能や強化点が盛り込まれています。 目印 1,000 件の作成に対応(必要に応じて追加可能)• 6 種類のシンプルなバルーン デザイン テンプレート(必要に応じて追加可能)• シンプルな公開手順• 豊富なカスタマイズ機能 Spreadsheet Mapper 3 では、KML 目印データの生成やその他の便利なツールの提供に を使用しています。 準備 Spreadsheet Mapper は、地図上の地点のマッピングに使用できる強力なツールです。 スプレッドシートにはデフォルトで 1,000 件の目印を作成できる行数が用意されており、必要な場合は行の追加も可能です。 行(地点)の数が数千件を超えると、Spreadsheet Mapper の動作速度が低下し、生成される KML ファイルもかなり大きなものとなります。 こういった場合は、他のツール(たとえば )の使用もご検討ください。 やってみましょう 入門者用スプレッドシートを開く• まず、入門者用スプレッドシートのコピーを開きます。 下のリンクをクリックして、Google ドキュメント アカウントにスプレッドシートのコピーを作成してください。 Google アカウントへのログインが必要となることがあります。 ドキュメントのコピーを作成するかどうか尋ねるメッセージが表示されたら、[コピーを作成] をクリックします。 アカウントでファイルが開いたら、スプレッドシートを適切な名前に変更します。 ] の順にクリックして、名前を入力してください。 上部のメニューバー内([ヘルプ] メニューの横)に [ Spreadsheet Mapper] メニューが追加されていることを確認してください。 [ Spreadsheet Mapper] メニューが見当たらない場合は、ウェブページを再読み込みしてください。 スプレッドシートの再読み込み完了から何秒かでメニューが表示されるはずです。 基本情報を入力してスプレッドシートを公開する• [ start here] シートの [ Basic Information] セクションで、[ Author's Information] と [ About your KML Document] に情報を入力します。 ] の順にクリックします。 表示されたダイアログ ボックスで、[ 変更が加えられると自動的に再公開する] のチェックボックスをオフにします。 [ 公開開始] ボタンをクリックしてから、[ 閉じる] をクリックしてダイアログを閉じます。 サンプルの目印とテンプレートを Google Earth に表示する• ネットワーク リンク KML をコピーする [ Network Link KML] を 1 回だけクリックして選択します(ダブルクリックすると編集状態になってしまいます)。 ネットワーク リンクは常時表示されていますが、スプレッドシートをウェブに公開するまでは機能しないことにご注意ください。 Google Earth に貼り付ける Google Earth に切り替え、左側のパネルの [ お気に入り] または [ 保留] を選択します。 Google Earth にサンプルの目印が表示されます。 各目印には、スプレッドシートに組み込まれている入門者用バルーン テンプレートが表示されます。 サンプルの目印をクリックして、プロジェクトで使用するバルーン テンプレートを選びます。 HTML ベースのバルーン テンプレートをカスタマイズしたり、独自のバルーン テンプレートを作成したりすることも可能です。 サンプルの目印とテンプレートを Google マップに表示する• [ start here] シート内のリンクをクリックすると、サンプルの目印が Google マップに表示されます。 または、ここをクリックするとが表示されます。 自分の情報を入力する テンプレートを準備する• 選択したテンプレートのシートに移動します。 テンプレートの [ Static Variables] セクションまでスクロールし、値を(必要に応じて)実際の情報に書き換えます。 任意: 目印のアイコンやラベルの外見を変更するには、[ KML Style Variables] の値を好みに応じて変更します。 目印の名前と場所を入力する• [ PlacemarkData] シートに移動し、白いセルのサンプルデータを削除します。 自分のデータを入力して、目印を作成していきます。 各目印には、名前と場所が必要です。 テンプレート シート名も必要ですが、これについては後述します。 34567)で指定する必要があります。 ヒント: 目的の地点の緯度や経度がわからない場合は、Google マップで取得できます。 にアクセスし、地図上で目的の場所を 右クリックして、メニューから [ この場所について] を選択すると、ボックス内に緯度と経度が表示されます。 Google マップで LatLng labs のいずれかを有効にする方法もあります。 この場合、左側のパネルの下部にある [Maps Labs] をクリックします。 この他、 や といった無料サービスを利用することも可能です。 Spreadsheet Mapper では、座標の代わりに住所を指定することもできますが、この方法はおすすめできません。 住所を含む KML ファイルでは、ユーザーがファイルを開くたびに、Google Earth が住所をひとつひとつ検索してジオコーディングする必要があるためです。 任意: [ Folder Name] に値を指定すると、目印をフォルダに分類することができます。 同じフォルダの目印は、連続した行に入力してください。 不連続になっていると、同じフォルダ名が複数作成されてしまいます。 たとえば [ Folder Name] 列のヘッダーのプルダウン メニューをクリックして [ シートを並べ替え] を選択すると、シート固定機能の分割バーよりも下のデータをすべて、フォルダ名を基準に並べ替えることができます。 テンプレートを各目印に適用する• 各目印にはテンプレートを指定する必要があります。 テンプレートによって、目印のアイコン、情報バルーンのレイアウト、その他のスタイルが決まります。 目印にテンプレートを指定するには、列 H( Template Sheet Name)にテンプレートのシート名を入力します。 シート名とは、スプレッドシート下部のタブに表示されている名前のことです。 使用するテンプレートのシートの名前を入力してください(Spreadsheet Mapper バージョン 2 ではテンプレートごとの固有名が別途定義されていましたが、バージョン 3 ではテンプレートのシート名をそのまま使用します)。 表の各列にはバルーン内の各種コンテンツの情報を入力しますが、各列に対応する情報の種類は、テンプレートによって異なります(たとえば列 J は、Template1 では「Subtitle」ですが、Template3 では「Image URL」になります)。 テンプレートのリストに表示される列ヘッダーに応じて、各目印のデータを適切に入力してください。 データ入力を容易にするとともに、テンプレートごとの列の用途をわかりやすくするため、I9 セルにテンプレートのシート名を入力すると、そのテンプレートの情報が強調表示されるようになってます。 データ列の直上にある行 10 には、入力したテンプレートに応じたヘッダーが表示されます。 任意: 時間、LookAt ビュー、スニペットを設定する• (スナップショット表示)、(を参照)、 などのタグを使って、高度な目印情報を入力することができます。 [PlacemarkData] シートの右上にあるタブをクリックすると、非表示になっていた列が展開され、目印に高度な値を指定できるようになります。 変更内容の公開と閲覧を行う スプレッドシートの情報(目印データや [start here] シートの内容、バルーン テンプレートなど)を変更した場合、変更内容を Google Earth や Google マップの KML に反映するには、変更したデータを再度公開する必要があります。 [PlacemarkData] シート上部にある [KML Processing Status] ボックスが「Your KML is ready」という表示になっていることを確認します。 エラー( Error)がある旨が表示されている場合、[PlacemarkData] シート内をスクロールして問題のある行を修正します(KML から行が抜けているケースもあります)。 警告( Warning)がある場合、通常はその行の KML 生成は可能ですが、情報に誤りが含まれる可能性があります。 ] の順にクリックし、[ 今すぐ再公開] ボタンをクリックします。 [閉じる] ボタンをクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。 [ウェブに公開] ダイアログ ボックスには、[変更が加えられると自動的に再公開する] というチェックボックスがあります。 このチェックボックスは、オンにしないことをおすすめします。 これにより、KML 生成の途中でスプレッドシートが自動的に再公開されてしまうことを防げます。 Google Earth の場合: [場所] パネルで先ほど追加したネットワーク リンクを 右クリックし、[ 更新] を選択して変更内容を読み込みます。 テンプレート シートにスタイル上の変更を加えた場合、変更結果を表示するにはネットワーク リンクをもう一度更新する必要があることもあります。 Google マップの場合: Google マップで KML を表示していたウィンドウまたはタブを閉じ、[start here] ページの Google マップ用リンクをクリックして、新しい KML を反映した Google マップの画面を開きます。 Google マップのページを再読み込みするだけでは、KML がサーバーにキャッシュされて残っていることがあるため、通常は変更内容が反映されません。 注: スプレッドシートの応答に時間がかかり、Google マップからの地図表示のリクエストに対応できないことがあります。 この場合、「... にファイルが見つかりません」というエラーが表示されます。 ブラウザのウィンドウを再読み込みすると、Google マップがファイルのダウンロードを再度試みます。 注: Google Earth を使ってこの地図をウェブサイトに埋め込む場合、地図をスプレッドシートから直接取得するのは得策ではありません(理由は上記のとおりです)。 「Google マップまたは Google Earth プラグインを使ってウェブサイトにレイヤを埋め込む」セクションで、下の指示に従ってください。 行の追加や削除が必要な場合 行を追加する Spreadsheet Mapper で 1,000 件を超える目印を作成する場合、手軽に行を追加することができます。 [ Spreadsheet Mapper] メニューが見当たらない場合は、ウェブページを再読み込みしてください。 スプレッドシートの再読み込み完了から何秒かでメニューが表示されるはずです。 ダイアログボックスで、追加する行の数を入力します(一度に 500 行まで)。 [OK] をクリックして、行の追加が完了した旨のメッセージが表示されるまで待ちます。 スクリプトによって、[ PlacemarkData] シートと [ kml] シートに指定の行数が追加されます。 注: 行数を増やすと、データの処理や KML の生成を行うスクリプトの動作速度が低下します。 また KML ファイルのサイズも、1,000 行を使い切っている時点でかなりの大きさですが、さらに大きくなります。 行を削除する 行を追加しすぎた場合や、未使用の行を削除してスプレッドシートや KML を最適化したい場合は、以下の手順で行を削除できます。 [ Spreadsheet Mapper] メニューが見当たらない場合は、ウェブページを再読み込みしてください。 スプレッドシートの再読み込み完了から何秒かでメニューが表示されるはずです。 ダイアログボックスで、削除する行の数を入力します(一度に 500 行まで)。 指定の行数が、[PlacemarkData] シートの下端から順に削除されます。 [OK] をクリックして、行の削除が完了した旨のメッセージが表示されるまで待ちます。 [PlacemarkData] シートで削除対象となる行にデータが含まれている場合、警告メッセージが表示され、必要なら処理をキャンセルできます。 行や数式が正しく動作しなくなった場合 なんらかの原因で、スプレッドシートのデータ行や数式が壊れ、正しく動作しなくなることがあります。 問題の原因となりやすいのは、次のような操作です。 行を手動で追加または削除する([Spreadsheet Mapper] メニューのツールを使わずにスプレッドシートで直接操作する)• [PlacemarkData] シート内でデータの行、セル、または列をドラッグして移動させる• [PlacemarkData] シートや [kml] シートで、重要な数式を削除したり、上から別の内容を貼り付けたりする こういった操作を行った場合や、KML で一般的でないエラーが表示される場合は、[kml] シート内の目印生成行の数が [PlacemarkData] シートのデータ行の数と一致しなくなっているか、これらのシート内の数式が壊れている可能性があります。 こういった場合のため、エラーを修復するスクリプトをご用意しています。 [ Spreadsheet Mapper] メニューが見当たらない場合は、ウェブページを再読み込みしてください。 スプレッドシートの再読み込み完了から何秒かでメニューが表示されるはずです。 ダイアログ ボックスの説明を確認し、[OK] をクリックして続けます。 スクリプトによって、[kml] シートの目印生成行が [PlacemarkData] シートのデータ行の数と一致するよう、追加または削除されます。 その後、[PlacemarkData] シートの列 A と列 B、[kml] シートの列 A(行 11 およびそれ以下にある行)の数式が置換されます。 これによって、行や数式に関する多くの問題が解決します。 目印を共有する スプレッドシートによって生成された目印は、Google Earth および Google マップで誰でも閲覧できます。 次の手法により、ユーザーによる閲覧をさらに便利にすることが可能です。 地図を Google Earth のレイヤとして共有する 目印マップを Google Earth のユーザーと共有する方法は 2 つあります。 データセットを頻繁に更新する場合や、常にインターネット接続が可能なユーザーを想定する場合は、この方法が便利です。 もうひとつは、データの静的なスナップショットを作成し、目印データをすべて含んだ KML ファイルとして共有する方法です。 データセット変更の頻度がさほど高くない場合や、オフライン作業中に KML を閲覧したいユーザーを想定する場合には、こちらの方法が便利です。 KML の静的なバージョンを共有する手法を使用すると、次に静的なスナップショットを作成するまで、変更内容がユーザーに表示されないようにすることができます。 スプレッドシートから直接リンクされた、 自動更新される KML へのアクセスを共有する方法:• Google Earth の場合: [ 場所] パネルで ネットワーク リンクを右クリックし、 名前を付けて場所を保存] を選択します。 ファイルにわかりやすい名前を付け、KML または KMZ ファイルとして PC に保存します。 このファイルには KML ネットワーク リンクが含まれているため、ユーザーが Google Earth でファイルを開くと、公開済みのスプレッドシートから最新のデータが直接取得されます。 現在の KML の静的なスナップショット(データはすべて含まれるが、その後のスプレッドシートの更新内容は反映されない)を共有する方法:• Google Earth の [場所] パネルで、地図の最上位レベルのフォルダを見つけます。 ネットワーク リンクのすぐ下にある最初のアイテム(フォルダ)が該当し、通常は青い地球儀のアイコンが表示されています。 最上位フォルダを右クリックして、[ 名前を付けて場所を保存] を選択します。 ファイルにわかりやすい名前を付け、KML または KMZ ファイルとして PC に保存します。 このファイルには、地図データの静的なスナップショットが含まれます。 このファイルには、スプレッドシートでの更新内容は直接反映されませんが、スプレッドシートとの接続が必要ないためオフラインでも問題なく使用できます。 Google マップで地図を共有する• [start here] シート内のリンクをクリックし、Google マップで KML を開きます。 Google マップで、左側のパネルの上部にあるリンクボタン(鎖のリンクアイコン)をクリックします。 ダイアログ ボックスの最上部の URL をコピーします。 この URL は、スプレッドシートから KML を読み込んだ状態の Google マップへのリンクです。 URL(リンク)をメールに貼り付けて同僚や友人に送付、またはウェブサイトで公開します。 Google マップまたは Google Earth プラグインを使ってウェブサイトに地図を埋め込む• ウェブ上のファイルの保存先としては、たとえば が手軽です。 Google ガジェット「 」にアクセスします。 ガジェットの設定で、アップロードした KML ファイルの URL を入力します。 必要に応じてその他のオプションを選択し、[Preview Changes] ボタンをクリックして地図の表示を確認します。 地図の表示に問題がなければ、[Get the Code] ボタンをクリックし、HTML スニペットをコピーして、ウェブサイトの地図を表示したい箇所に貼り付けます。 疑問の答えを見つけたり、他のユーザーに質問したり、議論したりすることができます。 次のステップ さらに多くのデータを地図に加える 目印が増えすぎて、Spreadsheet Mapper の動作が遅くなったり、生成される KML のサイズが肥大化したりしている場合は、 をお試しください。 大規模なデータセットも手軽にマッピングできます。 Fusion Tables についてもチュートリアルをいくつかご用意しています。 や をご覧ください。 他のチュートリアル Google Earth Outreach が提供するもご覧ください。

次の