彼氏 に 冷たく し て しまう。 大好きな彼氏に冷たくしてしまう。彼氏がいますが、もっと気にかけて欲...

大好きな彼氏に冷たくしてしまう。彼氏がいますが、もっと気にかけて欲...

彼氏 に 冷たく し て しまう

彼氏が冷たいとき距離を置くと逆に冷めるケースも多い? 彼氏が冷たいからと言って、彼女が彼氏に対して、距離を置くと、逆に相手が冷めてしまうケースは多いもの! なので、まずは「なぜ彼氏が冷たくなったのか?」を考えることが大事! 期間を設けて、ただ距離を置いただけでは、まったく意味がなく、むしろ悪影響です。 実は、彼に冷められたのは、あなたが彼氏に対して温まり過ぎたから。 彼氏の気持ちは、彼女を特別な存在として認識しながらも、そんな感覚自体を楽しみ、愛しながら交際しているのが理想の状態なのです。 つまり、彼氏の理想は、彼女には変わらずにいて欲しかっただけなのです! 「交際しているからといって、変にギブアンドテイクを意識しないで欲しかった・・・」というのが彼氏の本音! あなたは心のどこかで、「私は彼にとって特別な存在なんだ」という意識があり、それに心地良さを見出すようになり、彼氏が負担に感じ始めているのです。 だから、彼に対して、自分が望むように接してくれないと、「冷たい・・・」と感じるようになったのです。 つまり、「あなたは彼氏に冷たくされていると感じている」、一方で「彼氏はそう思う彼女を重たいと感じている」という悪循環に陥っています。 そこで、距離を置いてしまうと、彼氏にとって「彼女がいない方が心地良い」という感情になり、結果的に冷めてしまいます。 彼氏が冷たいとき距離を置くと逆に振られた人は多い? 彼氏が冷たいときに距離を置いてしまうと、逆に振られてしまうケースも多く存在します。 なぜなら、彼氏にとって「彼女の存在がない方が心地よい」と感じてしまうからです。 上記でも解説していますが、「あなたは彼氏に冷たくされていると感じている」、一方で「彼氏はそう思う彼女を重たいと感じている」という悪循環に陥っています。 この状態で、距離を置くとむしろ彼氏にとっては「彼女いらないかも・・・」と感じてしまうこともあります。 もちろん、距離を置くことで、お互いの必要性を感じる場合もあります。 なので、距離を置くことで良い関係性が築ける場合もあります。 ですが、それはあくまでも「意味のある距離の置き方をした場合のみ」なのです。 距離を置いたところで、彼氏の思い通りにならなかったり、彼女が鬱陶しい事を言えば、同じ事の繰り返しになります! 人の性格なんて、そう簡単には変わりません。 なので、距離を置いたところで、ほとんどの場合が、意味なく別れてしまうケースも多く存在します。 特に、男性は精神的・肉体的に疲れていると、彼女に対して、淡白で素っ気なくなります。 わかりやすく言うと、「ライン・メール」での返信が淡白になりますよね。 やりたいことリストを作って実行すれば、彼氏と会えない寂しさを紛らわせることもできます。 自分磨きして彼氏を虜にする 「距離を置く」ということは、ネガティブなことではありません! 距離を置けば、自分の時間を見つけられるし、「彼氏依存」を断ち切れるので良い方法です。 寂しいですが、彼氏と距離を置く期間を前向き受け止めて、冷却期間中を自分磨きに使おう。 新たなことに挑戦したり、自分のために時間を使ってみよう。 休暇をとって旅行にいく 彼氏を忘れて自分だけで楽しんでみよう! 「彼はどうしてるかな?」と考えてしまいますが、今は一切考えずに自分が楽しむ時間を過ごそう!。 彼氏のことは考えないで、旅行して色んな物に触れれば、考え方も変わるでしょう。 女友達と思いっきり遊ぶ 今は彼氏を忘れて友達とはっちゃけて遊ぼう! 「そんな気分じゃない・・・」と思うでしょうが、女友だちと遊んで、彼氏を少しでも忘れる時間を作ろう! 寂しい時間も一緒に過ごしてくれる友達がいるっていいことです。 仕事に打ち込む 距離を置いている期間は、仕事に打ち込んでみよう! 寂しさを忘れられますよ。 仕事に集中すれば、彼氏のことを考える暇もなく、悲しくなることもありません。 ずっと彼氏のことを考えてばかりでは、変われないので、彼氏と離れて気持ちを自立させよう。 彼氏が冷たい距離を置く効果は?逆に冷める?逆に振られた人も多い?~まとめ このページであなたのお悩みは解消できたでしょうか? 彼氏が冷たくなった時に距離を置くことで、別れてしまうカップルは多く存在します。 もちろん、距離を置くことで、結果的に関係が修復できる場合もあります。 ですが、それはあくまでも、「意味のある距離の置き方」です。 なので、距離を置くことよりも、「なぜここまで関係が拗れてしまったのか?」という問題を解決しましょう。 また、彼氏が冷たくなると、「自分への愛情が薄れてしまったんじゃないか?」と感じる女子も多い。 ですが、彼氏のあなたに対する愛情は消えたとは限りません。 男性は、精神的・肉体的に疲れた環境にいると、彼女への接し方が淡白になるものです。

次の

好きなのに彼氏に冷たくしてしまう女性の心理と特徴

彼氏 に 冷たく し て しまう

男性が「彼女が冷たい」と感じる瞬間 では、男性が「彼女が冷たい」と感じる瞬間をみていきましょう。 LINEやメールの返信が遅い• 既読スルーが多い• 彼女から連絡してこない• 話をしていてもうわの空• 他の用事を優先する• 離れて座った時• 時間ばかり気にする• キスしようとすると避ける• スキンシップをしてこない• 会う回数が減る 続いて、男性が「彼女が冷たい」と感じる瞬間について詳しくみていきます。 普段は、すぐに返信をしていた彼女であれば、余計に冷たくなったと感じさせていまいます。 男性は、自分からの連絡に彼女がどう答えるのをしっかりとみています。 「大した用事ではないからあとで返事をしよう」と思っただけでも、返信が遅いことに彼女が冷たくなったと感じてしまう男性は多いのです。 忙しいなら「忙しいので後で返事します」とだけでも返事をして欲しいと思っています。 既読がついたので返信がくるかと待っているのにいつまでも既読スルーのままだと男性はそれだけで傷ついてしまいます。 「どうして返信をしてこないのだろう」、「怒らせたのかな?」、「なぜ既読スルーなのだろう」とモヤモヤした気持ちを抱えて悩んでしまいます。 バタバタしていると、なにげなくしてしまう既読スルーですが、繊細な男性には彼女が最も冷たく感じる瞬間なのです。 自分から連絡してばかりで、彼女からは連絡が一切こないのは、自分が嫌われているのではないかと思い込んでしまうのです。 彼女が冷たいと感じていても、それを聞けないのも男性ならではです。 もし、傷つくような返事がかえってきたら怖いので聞けないのです。 その心のモヤモヤがどんどん大きくなり、自己嫌悪におちいっていくのです。 そんなことで?と思うかもしれませんが、細かいことを気にするのが男性なのです。 自分の話に興味がなさそうに、周囲を見渡す、スマホをいじるなどの行為だけでも彼女が冷たいと感じてしまいます。 彼女からすると、ちょっとだけ違うことを考えていただけなのに、冷たくされたと思ってしまうのです。 彼氏と話をしている時に、スマホをいじるのは冷たい彼女だと思われてしまうので注意が必要です。 なにか気になることなどがある時は、事前に彼氏に話しておく方が良いですね。 自分を優先しなかった彼女に対して、疑うようになるのです。 特に構って欲しいタイプの男性に多い理由です。 どんなに大切な用事よりも、彼氏は自分を優先してくれるかどうかで、彼女の愛を確かめているのです。 そのため、大した用事ではないのに自分を優先してくれるか試してくることもあります。 やけに一緒にいたがる時は、あなたが他の用事を優先したこと尾を引いている可能性があります。 それも、自分の隣の席が空いているにも関わらず、離れて座る時や自分との間にバッグなどの荷物を置いて座った時に、彼女が冷たいと感じてしまうのです。 もともと、くっついて座ることが習慣になっているカップルの場合、彼女との距離が心の距離に感じてしまうのです。 なにげなくやってしまう行動でもありますが、男性は細かく観察しているので知らず知らずに冷たいと思われている可能性があります。 久しぶりのデートでゆっくりできると思っている時に、彼女が時計をみて時間を気にしていると、自分と一緒にいたくないのかな?誰か好きな人でもできたのかな?と男性は勘ぐってしまいます。 男性に限らず、女性も一緒にいる彼氏が時間ばかり気にしていたら、同じような気持ちになりますよね。 時計をみるしぐさは、自分で思っている以上に相手を傷つけている可能性があるのです。 人前で避けられた時は、彼氏も自分がいけなかったと反省しますが、2人きりの時にキスしようとして避けられると、彼女に冷たくされていると自覚します。 「歯医者にいってきたばかりだから」、「今やらなくてはいけないことがあるから」などと理由をつけられると余計に男性は、自分へもう気持ちがなくなったのだと思い込みます。 単純に、そんな気分になれないだけでも、キスを避ける行為は男性との間に大きな溝を作るのです。 もともと、スキンシップをしてこない彼女の場合には、当てはまりません。 スキンシップをしてこないだけでなく、男性からのスキンシップを拒否するような動作をすると、さらに彼女が冷たくなったと男性は感じるのです。 スキンシップをしてこない彼女に「嫌われたのだろうか」、「他に好きな男性ができたのだろうか」と疑うようになります。 嫌われるのが苦手な男性は、理由を聞かずにそのまま去っていくこともあるのです。 LINEやメールでは連絡していても、会う回数が減ると彼女が冷たいと感じてしまうのです。 忙しさにかまけて、そのまま男性を放っておくと勝手にふられたと勘違いして他に彼女を作ってしまう男性もいます。 特に、1週間も2週間も会わずにいると男性の方はもう別れたものだと思い込んでしまうパターンもあるのです。 会う回数は、男性にとって彼女がどれくらい自分と一緒にいたいと思ってくれているかの指標でもあるのです。 彼女が冷たい態度を取る理由【彼女が原因】 では、彼女自身に原因がある場合の彼女が冷たい態度を取る理由をみていきましょう。 他に好きな人ができた• 疲れている• 気持ちが冷めた• 体調が悪い• 試している 続いて、彼女自身に原因がある場合の彼女が冷たい態度を取る理由を、それぞれ詳しくみていきます。 彼氏にバレないように、隠しているつもりでも、他に好きな人ができるとその人のことばかり考えるようになり、無意識で彼氏に冷たい態度を取ってしまうのです。 彼氏はキープしておきたいけれど、好きな人は諦められない、そんな女性は少なくありません。 好きな人と上手くいけば、彼氏と別れることも視野に入れています。 特に、1人でいることが苦手な女性は、好きではない人でも彼氏と呼べる人が常にいないと不安でたまらないので、多いパターンです。 この理由の場合は、彼氏に気持ちを許している彼女が取ってしまう態度でもあります。 疲れているから、彼氏に冷たい態度を取ることで、甘えているのです。 優しく、頑張っている自分を包んで欲しい気持ちが冷たい態度として出てしまいます。 それだけ、彼氏に気持ちを許している証拠です。 もちろん、余裕がなくて冷たい態度を取っている場合もあります。 それでも、気心が知れた彼氏だからこそ、冷たい態度を取っても理解してくれると思っているのです。 嘘が苦手な女性に多い理由です。 なんでもかんでも顔に出てしまう、態度に出てしまう女性の場合、彼氏の気持ちが冷めるとある日突然、冷たい態度を取るようになります。 こうなってしまうと、彼氏がどんなに優しくしても、気持ちが戻ることは滅多にありません。 女性は移り気な部分があるので、朝までは大好きだったけれど、夜にはすっかり気持ちが冷めていることもあるのです。 女性は生理周期があるので、生理前や生理中は体調不良になってしまう女性が多いのです。 いつもは、笑えるのに、生理前や生理中は笑顔を作るのも苦痛になってしまう程、気持ちが落ち込んでしまう人もいます。 機嫌が悪いと思われてしまいがちですが、実勢には体調が悪いために、そっけない態度を取ってしまうこともあるのです。 自分自身にも思い当たることありますよね。 体調が悪くて冷たい態度を取ってしまった場合は、体調が戻れば態度も元通りになります。 彼氏の愛情だけでなく、包容力や優しさを冷たい態度を取って試していることもあるのです。 彼氏に落ち度がない場合は、試している可能性が高いです。 冷たい態度を取って彼氏の愛情や優しさを試さないと安心できない人もいるのです。 どんな女性でも一度は、彼氏に冷たい態度を取って試したことがありますよね。 ちょっとわがままいって、困らせるのと同じようなことです。 彼女が冷たい態度を取る理由【彼氏が原因】 では、彼氏に原因がある場合の彼女が冷たい態度を取る理由をみていきましょう。 彼氏の浮気を疑っている• 彼女の気持ちを優先していない• 他の女性を褒めた• 彼氏が記念日を忘れた• デートがマンネリ 続いて、彼氏に原因がある場合の彼女が冷たい態度をとる理由を、それぞれ詳しくみていきます。 過去に以前付き合っていた彼氏に浮気されて辛い思いをしている人程、ささいな事柄で彼氏の浮気を疑ってしまいます。 浮気をしている事実を知りたい反面、自分の勘が間違っていて欲しいと思う気持ちが彼女に冷たい態度を取らせてしまうのです。 好きだからこそ、冷たくしてしまいその結果、彼氏に冷たい人だと勘違いされてしまうのです。 本当は彼氏に冷たくしたくないのに、冷たい態度を取ってしまい自己嫌悪に陥っています。 彼氏が自分の欲求ばかりを押しつけて、彼女がしたいことやして欲しいことに気がついてくれない鈍感な彼氏が原因です。 ワンマンな彼氏を持つ女性の多くが、ささやかな反抗として冷たい態度を取るのです。 彼女の気持ちを理解しようと努力してくれない、彼女の気持ちはわかっているのに優先してくれない彼氏だと心が折れてしまいますよね。 冷たい態度を取っているのは、すでに心が折れてしまっている状態です。 冷たい態度で、彼氏にイエローカードを出しているのです。 彼女が冷たい態度を取るきっかけを作っているのは彼氏なのです。 女性は、彼氏が他の女性を褒めることを快く思いません。 他の女性を褒める彼氏に、浮気願望があるのではないかと勘繰ってしまうのです。 特に容姿を褒めると、笑顔だった彼女の顔が一変して冷淡な表情に変わります。 これは、完全に男性が悪いパターンです。 せっかく一緒にいるのですから、他の女性より彼女をみて褒めて欲しいですよね。 最も大事なのが、彼女の誕生日です。 付き合って1週間記念日、1カ月記念日、初デート記念日くらいなら忘れても笑って許してもらえますが、誕生日を忘れたら、冷たい態度どころか別れを考える人も少なくありません。 男性は記念日をあまり大切に思わない人が多いので、記念日を忘れたことで彼女に冷たくされることは多々あります。 男性からすると、そんなことくらいでと思われますが、女性にとって記念日はとても大切な日なのです。 誕生日を忘れるような彼氏は結婚しても結婚記念日をコロッと忘れて妻に冷たい態度を取られてしまうのです。 毎回違う場所とまではいかなくても、月に1回くらいはデートスポットにいきたいのが女性の本音ですよね。 デートの場所やデートプランがいつも同じの手抜き男性には、冷たい態度で反抗したくなります。 彼女の冷たい態度に気がついても、デートがマンネリなせいだと気がつく男性はあまりいません。 男性は女性が出す空気感や雰囲気を感じとる力が弱いので、ハッキリと伝えるのがベストです。 別れたいわけじゃない!冷たい態度を取る彼女が彼氏に伝えたい本音 では、冷たい態度を取る彼女が彼氏に伝えたい本音をみていきましょう。 愛を表現して欲しい• 構って欲しい• 話をきちんと聞いて欲しい• 記念日は覚えておいて欲しい 続いて、それぞれの本音を詳しくみていきます。 日本人は、表現があいまいで愛を言葉にするのも恥ずかしいと思っている男性がほとんどです。 「大好き」、「きれいだね」、「愛している」なんて言葉を聞きたくてもなかなかいってもらえないことがほとんどです。 その日々のジレンマが、爆発して冷たい態度を取ってしまいます。 冷たい態度を取ることで、女性は自分の気持ちに気がついて欲しいサインを出しているのです。 言葉が恥ずかしいのであれば、ハグやスキンシップで愛を表現してくれるのが理想ですよね。 辛いことがあった日や、気持ちが折れそうな時に構ってほしいといえなくて、つい冷たい態度を取ってしまいます。 彼氏の気持ちがわからなくて、彼氏に自分をしっかりみて欲しい本音が逆の態度となって出てしまうのです。 素直になれない自分と心の中で葛藤しています。 構ってほしいから、冷たい言葉や態度で構って欲しい気持ちをアピールしているのです。 多くの場合、彼氏にただの冷たい人だと勘違いされてしまうので、構って欲しいと言葉で伝える方がお勧めです。 本音は、 話をきちんと聞いて欲しいだけなのです。 話しの途中でこしを折られる、他の話に切り替えられると話を聞いて欲しい気持ちが冷たい態度としてあらわれてしまいます。 最後まで話を聞かない、面倒くさそうに話を聞く彼氏へ冷たい態度で反抗しているのです。 わかって欲しい気持ちが空回りしている状態です。 本当は「最後まで話をしっかり聞いて」と伝えたいのに、それすらも伝える間を与えてくれない自分勝手な彼氏にあきれて冷たい態度を取ってしまいます。 最低限、誕生日や初デートくらいの記念日は彼氏に覚えておいて欲しいのが本音です。 プレゼンまで用意してくれたら最高ですが、記念日だと思い出してもらえればそれだけで気が済むものです。 彼女から記念日だといわれるまで気がつかない男性に気持ちが冷めて冷たい態度を取ってしまいます。 別れたくて冷たい態度を取っているのではなく、記念日を平気で忘れる彼氏にがっかりしているのです。 彼氏に「冷たい彼女だ」と思われないようにする方法 では、彼氏に「冷たい彼女だ」と思われないようにする方法をみていきましょう。 愛を言葉で伝える• LINEやメールの返信は早くする• 疲れていることをきちんと伝える 続いて、彼氏に「冷たい彼女だ」と思われないようにする方法を、それぞれ詳しくみていきます。 愛を伝えて欲しいと思っているのは、女性ばかりではありません。 男性も愛を確かめたい、伝えて欲しいと思っています。 男性に愛を求めるばかりではなく、自分からも愛を彼氏に伝えるようにしましょう。 最初は、恥ずかしがっている男性もあなたが愛を伝え続ければ、自然と愛を表現してくれるようになります。 やって欲しいことは、自分からやってあげることが大切です。 愛をきちんと伝え続ければ、彼氏に「冷たい彼女」だと思われることもありません。 冷たい態度だと感じた時には、なにかのサインだと気がついてくれるようになります。 既読のままうっかり返信を忘れると冷たいと思われてしまいます。 必要以上に早くする必要はありませんが、LINEやメールに気がついたら読んだことだけでも返信するのがベストです。 冷たい彼女だと思われないだけでなく、礼儀正しい好印象を持ってもらえます。 「仕事中なのであとで連絡します」、「出先なのであらためて返事するね」と返信するだけで、男性はきちんとした良い人だと思ってくれるのです。 LINEやメールには、1時間以内に必ず返事はしましょう。 冷たい態度ばかり取っていると、いつも機嫌が悪い人だと勘違いされてしまいます。 疲れていることを伝えることで、彼氏も無理に返事をせかすようなことがなくなります。 理由がわかれば、彼氏も安心してあなたの疲れが取れるのを待ってくれます。 冷たいのがどうしてなのかわからないのが一番男性は困るのです。 理湯を明確にすることで、あなた自身も心置きなく心と体を休めることができるので、一石二鳥です。 いわなくてもわかってもらえるなんて思わずに、彼氏には自分の状況をしっかり伝えるのがお勧めです。

次の

A型彼氏が冷たい理由と冷たくされた時の対処法を解説!

彼氏 に 冷たく し て しまう

彼氏が冷たいのはなぜ? C Shutterstock, Inc. 付き合ってすぐの頃は、ラブラブだったのに、数ヶ月経った今は、なんだか冷たい……。 こんなお悩みを抱えている女子も、決して少なくありません。 「彼氏が冷たい」は、恋愛にありがちなお悩み。 ですが、実際に自分の彼氏が冷たいと感じると、寂しさや悲しさのほか「このまま別れちゃうのかな……」と不安もよぎりがちですよね。 そして「彼氏が冷たいのは、なぜ?」を、延々と考えてしまう女子も多いです。 「彼氏が冷たい」と女子が思う瞬間3選 C Shutterstock, Inc. (1)LINEの返事がそっけない・未読無視や既読無視が増えた LINEを送っても、彼からの返事が明らかにそっけなかったり、未読無視や既読無視をする頻度が多くなると「冷たい……」と感じる女子は少なくないよう。 「今彼は、最初の頃は自分からバシバシLINEしてきたのに、今では私が送っても、ひどいときには1日経ってから返事が届きます。 冷たくて泣けてきます……」(27歳女性/美容関係) (2)デートの頻度が減った デートの頻度が減ってきた彼氏に対して「冷たい」と感じる女子も少なくないでしょう。 彼女から誘っても「忙しい」などを理由に断り続ける彼に「冷たい!」と憤りを感じちゃうのも女子の心理ですよね。 「元カレは、最初のうちは忙しい中でもデートの時間を作ってくれたのに、だんだんと会ってくれなくなりました。 結局、そのまま自然消滅で別れました」(24歳女性/PR) (3)話を聞いてくれなくなった 彼女の話を真面目に聞いてくれなくなった彼に、「冷たい」と感じる話もよくあります。 私は大真面目に相談しているのに、冷たい人だなって思いました」(27歳女性/秘書) 彼氏が冷たい理由5選 C Shutterstock, Inc. 以前とは別人かと思うくらいに彼が冷たいときには、残念ながら理由があるケースも多いでしょう。 そこで、彼氏が冷たくなったときに、ありがちな理由を5選ご紹介します。 (1)恋愛以外のことに興味が強くなった 恋愛モードだったときには、彼女を最優先に考えていた彼氏でも、仕事や趣味など恋愛以外のことへの興味が強くなると、彼女への接し方に現れがち。 嫌いになったわけではなくとも、彼女の優先順位が下がってしまった結果として、冷たい態度になってしまう男性は少なくありません。 (2)彼女に好かれるための努力をしなくなった 交際初期の頃は「彼女に好かれたい!」の気持ちが強くて努力をしていても、関係が安定してくるにつれて努力をしなくなる男性も珍しくないです。 すると、どんどん彼女への扱いが雑になってくるので、彼女から見て「彼氏が冷たい」にもなりがちです。 (3)他に気になる人ができた 彼女以外に気になる女性ができた男性も、彼女への態度が明らかに冷たくなる場合が散見されます。 本人は普通に接しているつもりでも、無意識に彼女への態度に本心が現れている男性も……。 (4)彼女への気持ちが冷めた 彼女への気持ちが昔ほどではなくなってしまった、または冷めてしまった……というときにも、そのホンネが態度に出てしまう男性は少なくありません。 しかし面と向かって「何かあったの?」「心変わりしたの?」などと尋ねても、本当のことを話してくれる男性は少数派……。 (5)別れ話をしようと考えている 別れ話をしようと考え始めた男性は、実際に別れ話を切り出す前のステップにおいて、彼女への態度が冷たくなる人も。 あえて意図的に、彼女に心の準備をさせるために冷たい態度をする男性もいれば、無意識に冷たい態度になってしまっている人もいます。 「冷たくなった彼氏」への攻略法5選 C Shutterstock, Inc. 冷たくなってしまった彼氏と、なんとかしてラブラブを取り戻したい! そんなふうに思うなら、彼に対して賢く対処したいところ。 そこで、冷たくなった彼氏の攻略法を5選ご紹介します。 (1)彼に理由を尋ねてみる あれこれと考えていても、本当の理由は本人にしかわからないもの。 そこで、彼に「最近、冷たいと感じるのだけど、何か理由があるの?」と尋ねてみるのも方法です。 意図的に冷たくしていなかった彼氏の中には、彼女にそんな思いをさせていることすら気づいていない人も。 また、理由が明確になれば、ふたりの間を修復する方法も考えられますよね。 変に画策せずに、面と向かってぶつかっていくのもオススメの方法です。 (2)少し放っておく 冷たい態度をする彼氏に対し「なんで?」「どうして?」ばかりを繰り返してしまうと、喧嘩のもとになるばかりか、彼の気持ちが離れてしまうことも。 そこで、話し合ってもいい結果が望めそうにない彼の場合には、少しの間、放っておくやり方も。 一時的な問題であれば、時間が解決してくれる場合もあります。 (3)自分に欠点があれば直す 「彼が冷たいな」と感じる理由として、自分に思い当たるところがあるならば、まずはそこを直すよう努力するのもいいでしょう。 彼女が努力している姿に心を打たれ、態度が優しくなる彼氏も少なくありませんよ。 (4)考えすぎずに明るく振る舞う 彼氏が冷たいと感じても、それを大ごとにしたくない場合には、あえて考えすぎずに彼の前では明るく振る舞うのも方法でしょう。 一時的なものであれば、そうしているうちに仲が修復していく可能性も低くありません。 (5)彼氏への態度を変えてみる 彼に対して、まずは自分の接し方を変えてみるのも方法です。 これまでは甘え女子のキャラだったなら、少し自立した自分を見せてみたり、反対に、これまでバリキャリ系のキャラだったなら、少し女性らしさを意識した態度に変えてみたり……。 これまでとは違う一面をアピールすることで、ふたりの間に新鮮な空気が生まれ、関係が再燃する可能性も見込めるでしょう。 「彼氏が冷たい」は別れのサインとは限らない! C Shutterstock, Inc. 彼氏が冷たいと感じると、「別れのサイン?」と思ってしまう女性も多いですよね。 しかし「冷たい」がイコールで「別れのサイン」とは限りません。 交際期間が長くなるにつれ、相手の本性も見えてくるもの。 もしかするとその「冷たい」と感じる態度は、彼にとっては「普通」なのかもしれませんよ。 考えすぎないことも大事! 2020. 6 作成.

次の