つんく 絵本。 つんく♂、娘2人参加で絵本動画の英語版公開「ご愛敬ということで…」

つんく♂、娘2人参加で絵本動画の英語版公開「ご愛敬ということで…」

つんく 絵本

6月19日発売予定の、『ねぇ、ママ?僕のお願い!』(双葉社)で、少年と母との小さなすれ違いと思いやりを描く。 シャ乱Q、モーニング娘。 現代ならではの手法で、出版前から世に出たこの作品について、メールインタビューした。 「あのさ あのさ えっとね」。 母の日を前に男の子は、お母さんにお願いしたくて、でも、言い出せないことがあった。 親には思いがけない子どもの成長の物語を、二人のセリフと心の声だけで紡いだ。 イラストはなかがわみさこさんが担当した。 「自分を振り返っても、きっと親の理想通りには育ってこなかったろうなって思います」。 それでも期待してしまう親心。 それに対して子どもたちは「いかに裏切るか」という大喜利をしているようだと感じている。 「最終的に、その結果を『うまい!』と褒めてやれるか『冗談はよせ!』と叱るか、それも親次第なのかな、と」 幼児向け番組に多くの楽曲を提供するなど、子どもたちにメッセージを発信してきたことを見込まれ、出版社から持ちかけられた。 「全ては作詞する時のイメージ『一枚の写真』、これが僕の原点です」。 絵本の世界観を詞と曲にした「小さな手」(歌はクミコさんと井上芳雄さん)も、6月24日に日本コロムビアから発売予定だ。 新型コロナの影響で絵本の発売は1カ月延期されたが、出版に先駆けて全編の読み聞かせ動画を「母の日」目前の今月6日に無料で公開。 視聴者も読み聞かせ動画をつくれるようにと、素材まで提供した。 9歳の次女が声の出演を務めた動画の再生回数は8万回を超えた。 自宅待機を余儀なくされた親子に届けたいと願いを込める一方で、この無料公開は、「サブスク時代」への一つの答えでもあった。 サブスクリプション(定額制配信サービス)やユーチューブの普及で、音楽や動画が聴き放題、見放題の現代。 コロナ禍によって、CD売り上げを支えていた握手会も中止、CDショップの休業も相次ぎ、局面が変わった。 「どうせ印税収入がなくなる(ゼロではないが無いに等しい)のであれば、結果我々アーティストというのは『見て欲しい』『認めて欲しい』という『承認欲求』がまず先なので、だったらとにかく見て欲しい、という結論に至っております」 絵本はその表現の一つだという。 「手前味噌(みそ)ではありますが、我が娘をひっぱりだして『ちょっとやって』と。 結果、それも含めて良い作品になったなって思っています」(興野優平) =朝日新聞2020年5月30日掲載.

次の

つんく♂プロデュースの絵本がYouTubeで無償公開。“感動した”と話題に

つんく 絵本

『シャ乱Q』や『モーニング娘。 「僕」と「ママ」のやり取りに、自身の子育ての喜び、苦労を重ね、きっと涙するはずだ。 イラストレーター・なかがわみさこの優しいタッチのイラストが加わり、さらなる感動を呼ぶ。 「心温まり、涙が出てきました。 頭ごなしに怒っちゃうこともあるけど、やっぱりなにより癒しをくれるのは子どもなんだって再確認できました」 「とっても素敵なお話。 世界中が暗いニュースのなか、心がほっこりしました」 「最近怒りすぎたかな、明日は笑顔でいようと涙しました。 ありがとう」 「絵がほんわかタッチで、うるうる。 涙で心がお洗濯されちゃいました」 子育てをするすべての人が、子どもからたくさんの勇気と笑顔をもらえる絵本だ。 音楽家・エンターテインメントプロデューサー、作詞家、作曲家、総合エンターテインメント株式会社代表取締役社長。 1988年シャ乱Qを結成。 1992年にメジャーデビューし4曲のミリオンセラーを記録。 その後、日本を代表するヴォーカルユニット「モーニング娘。 」をプロデュースし大ヒット、 代表曲「LOVEマシーン」 1999年 は176万枚以上のセールスを記録。 ハロー! プロジェクトを始め数々のアーティストのプロデュースやNHK Eテレ「いないいないばあっ! 」を含む数多くの楽曲提供、 サウンドプロデュースを手掛け現在ジャスラック登録楽曲数は1900曲を超える。 プロデュースした任天堂のゲームソフト「リズム天国」シリーズは全世界累計販売本数500万本以上のヒットとなり現在国民的エンターテインメントプロデューサーとして幅広く活躍中。 2015年 第57回日本レコード大賞 作曲賞「うまれてきてくれて ありがとう」受賞。 著書に「だから、生きる。 」 新潮社 なかがわみさこ 東京都出身。 イラストレーター。 個展・グループ展多数。 日本図書設計家協会会員。 HP misako-nakagawa. 音楽家・エンターテインメントプロデューサー、作詞家、作曲家、総合エンターテインメント株式会社<TNX株式会社>代表取締役社長。 1988年シャ乱Qを結成。 1992年にメジャーデビューし4曲のミリオンセラーを記録。 その後、日本を代表するヴォーカルユニット「モーニング娘。 」をプロデュースし大ヒット、代表曲「LOVEマシーン」(1999年)は176万枚以上のセールスを記録。 ハロー!プロジェクトを始め数々のアーティストのプロデュースやNHK Eテレ「いないいないばあっ!」を含む数多くの楽曲提供、サウンドプロデュースを手掛け現在ジャスラック登録楽曲数は1900曲を超える。 プロデュースした任天堂のゲームソフト「リズム天国」シリーズは全世界累計販売本数500万本以上のヒットとなり現在国民的エンターテインメントプロデューサーとして幅広く活躍中。 2015年 第57回日本レコード大賞 作曲賞「うまれてきてくれて ありがとう」受賞。 著書に「だから、生きる。 」(新潮社).

次の

つんく♂の無料公開絵本が話題に「感動で涙」 少年の声は9歳の娘が担当

つんく 絵本

例え、ひとときであっても、笑顔とキュンが世界中に響き渡れば!とそう思っております。 html でコメントし、まだ発売前のプロデュース最新作『ねぇ、ママ?僕のお願い!』 双葉社 を誰でも自由に楽しめるよう、絵本動画としてYouTube URL: で無料公開を始めた。 絵本、出来たけど発売日がだいぶ先になりそうなんで、せっかくの「母の日」のお話やし、それに間に合うように動画出しの ok もらったので 半ば強引ですが アップさせてもらいます! と 、 Twitter でも告知。 しつこいようだが、発売前だ。 出版社としては死活問題。 今週末5 月 10 日は「母の日」。 不安を抱えながら家事に育児に仕事に、と、いつも以上に多忙を極めるママの支えの1つに『ねぇ、ママ?僕のお願い!』がなってくれれば幸いである。 ママは「またおもちゃを買うの?」「今日は忙しいからダメ」「そんなことより、宿題は?」と頭ごなしに拒否する。 次第に「ボク」は、大泣きしてしまった。 それにもママは「泣いて頼んだってダメだから」と一蹴。 しかし、「ボク」の本当の計画を打ち明けると……。

次の