スクスタ 15章 ネタバレ。 「ラブライブ!スクスタ」,メインストーリー9章と新たなライブ楽曲が追加に

スクスタ 無料1回ガチャ37日目 「スチル絵編」

スクスタ 15章 ネタバレ

艶やかな烏の濡れ羽色、のヘアスタイルと、多種多様カラフルなの色の持ち主が揃うシリーズのスクールアイドルには珍しく、神秘的な黒い瞳の持ち主。 ラブライブ! スクールアイドルでは、・と身長が同じで、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の中では、に次ぐアイドル第2位である。 ではよりも僅差で低く、公式四コマでもかすみがそれを指摘する場面がある。 一方、小柄な体型に合わずスタイルはかなり良い方で、と張り合えるレベル。 いっぱいのとが持ち味。 普段の大人びた顔立ちから一転、笑うとかなり幼い印象を受ける。 スクールアイドル活動で忙しいためか、「 校内でその姿を見た人はいない」というのような噂もある。 もっとも作中で学校内で活動している描写は存在するためあくまで都市伝説である模様。 しかし部活以外で姿を見た者はいないらしく、制服姿も公開されていない他、部活以外で存在が確認されていないため正体はやはり謎に包まれている 詳しくは疑惑参照の事。 学科がと同じ普通科である事は明かされている。 所謂であるらしくや同年代のメンバーにも「ですます」口調で話す。 ただし、掛け声や独り言等、時々敬語が外れる模様。 人物や服装が公開されたとき、服装をバッチリ決めていたのは、着ると気持ちがキリッと引き締まるからである。 やがで、(外部リンク)に投稿した事があるなど、も強い。 なジャンルは。 その理由は、「歌詞にキャラクターの名前が入ってたり、物語とか設定とかにリンクしてたりすると、作詞作曲者の方も作品のこと大好きなんだって思えて、すっごくうれしくなっちゃう」から。 さらにも欠かさずに見ている模様。 趣味にも特訓にも真面目であるが、それゆえに癖がある。 一言で言えば、『熱血系真面目ポンコツ』であり、真面目さがおかしな方向に飛躍してしまうことがしばしばある。 スクスタを例に挙げれば、単なるボディタッチを「くすぐられても笑わず精神力を鍛えるための訓練」だと本気で勘違いしていたり、の提案したハードな練習メニュー「『地獄の』トライアスロン」を文面通りに解釈し、まで巻き込もうとしたり。 そういう意味ではの提案したをの一人でもある。 真面目ゆえに向学心もあり、 への苦手意識は無く、特別に好きな教科が無い代わりに勉強を通じて知らないことを知ることは楽しい、いずれの教科もとして勉強をすると楽しめると言う。 なは強いて言えば であり、「ちょっと恥ずかしいので、苦手な理由は言いたくない」とのこと。 作るのは好きであるが、 が過ぎると言われ、味の 感想を求めると目をそらして誰もが答えてくれないレベルである。 楽しいことに対してにが上がり易いので、自分をに例えると。 しかし、(外部リンク)では、・ので、 を着けて、 せつにゃをさせた。 (誕生日が8月8日、「世界猫の日」) アイドルステージ衣装は、白いキャバリアブラウスにダービータイやクロスタイできっちりとしたネックラインを演出しその上にジャケットを羽織る、華やかで学生らしいフォーマルな装いで、せつ菜の生真面目な性格を強く反映したデザインである。 フォーマルドレスやウェディングドレスなどに見られる正装に付き物のデコルテラインや背中の肌露出や、の様ななの高いアイドルステージ衣装とはデザイン指向が異なっている。 では常に上位をキープしていた。 特に2017年は 2位、1位、1位、2位、1位、2位という圧倒的な成績を収め、同年のMVPに輝いた。 その後はにトップの座を渡しつつあるが、それでも3位以上をほぼキープしている。 いわく、『キャストが決まる前から人気があった(=自分のおかげでキャラクターの人気が上がったわけではない)』とのこと。 この人気ぶりはにも反映されており、「 せつ菜の寝そべりだけ先に完売した」や、「 でせつ菜の寝そべりの取引価格が高い」と言われるほど。 因みに、スクフェスでは属性。 パッと見外見だけならそれっぽいが、実際はパッション全開の性格なので人は見た目によらないものである。 もっともクールは大抵そんなキャラばっかりなのだが… 公式4コマ漫画 「 ????系スクールアイドル」と(Twitterアカウントリンク):作・公式四コマ漫画の枠外アイドル紹介で、彼女だけが 伏字である。 で感激屋、自身の・を曲げぬ家であり、クソで堅く、を信じ、朴念仁レベルで自身に対するには鈍感で、他人に対しては臆面も無くを伝えようとして相手をさせる力強いさを発揮する。 自身の高いにせず。 () ・・のオタク的な趣味が劇中明確に登場し、熱い作品愛も語られる。 (外部リンク)にて・の2人を役柄・設定付け、脳内小芝居妄想に耽る細やかな暴走もした。 趣味を反映してゲームの腕前は漫画のレギュラー3名の中で最も高い様だ。 注目の料理の腕前は(外部リンク)では、撮影中だったホームビデオカメラの 録画が停止され、いかなる出来栄えだったのかは不明である。 (外部リンク)では、「とても上手に作れたと言える ヴィジュアルじゃない」と評し、は、「 すごく独創的というか… イノべーティブ」「料理 にを起こすぞという 力強いを感じる そんな 作品」などと新製品紹介中の IT企業CEOじみた評価を下した。 (外部リンク)・27話『正体』で果林は、し両掌を上に向け、両指をわきわきと動かしながら「あの感触は確かに人間のよ」とかすみに述懐した。 が、劇中で実際に果林がせつ菜の身体を触る描写は無く、(外部リンク)・56話『気分』で果林がせつ菜を抱きしめた時も、果林が棒立ちのせつ菜の頭を胸に抱き寄せる形であった。 (外部リンク)・12『秘密』で「女の秘密はヴェールの様なもの」と言い、思い遣り深く思慮深い果林が、せつ菜の「正体」を訝るかすみに対して女の子と即断言した真意と真偽は依然不明である。 なお、連載第42回の時点で、せつ菜のアイドル舞台衣装姿以外の服装は未登場である。 関連pixivアカウント 公式4コマ漫画作者。 ・関連以外のラブライブ! ()が投稿されている(2018年5月時点) 関連外部リンク• 関連 余談 イメージカラーの赤は一部ファンからはののやに擬えて トランザムカラーなどとから呼ばれているとか。 関連項目 関連• 苗字が同じ• 梨子のキャスト。 誕生日が同じ。 注3 注1 善良且つ謙虚な理想的オタクが少女の姿形を取り、服を着て歩く様を具現化した様なの架空の登場人物。 丁寧語・敬語遣いで素直・真面目で義理堅く、博識且つ高い運動能力と言うチート高性能ぶりも優木せつ菜と共通。 唯、料理の腕前だけは、周囲を震撼させる見た目の個性と言う面では一歩譲る。 注2 せつ菜同様、いかなる時も至極、頭脳明晰・博覧強記、勉強を苦にしないタイプの架空の美少女ヒロイン。 性的な話題を恥ずかしがり苦手とするせつ菜と異なり、母親の教育方針により極めて偏った性的知識を持ち、とに偏った性的知識を披露しを試みる過剰性能系娘。 がしている訳でもなく、恥ずかしいと思うとが読み難い。 手料理完成品の具体的な描写が避けられ、画面に登場しないと言う類似点がある。 注3 小柄な体型に反して声がでかいという共通点がある。 また、明るく脳筋気味な性格で空気が読めないところがある点も似ている。 料理に関しては正反対であるが… 疑惑 同好会メンバーの中で唯一 学園生徒姿が未公開(制服姿の公開時も彼女だけアイドルステージ衣装だった)その理由は 機密事項。 さらに、彼女は他の同好会メンバーを含めた校内生徒に、アイドル活動中以外に目撃されていない。 顔見知りであるメンバーが全く気づかないというのは普通に考えてありえないことであり、それを根拠に正体について様々な説が飛び交っている。 説 彼女にはもしかすると 男の娘なのではないか?というがある。 主な論拠は制服姿が公開されていないことと、「あなた」の通う虹ヶ咲は共学である可能性があること。 制服姿がないのは男子制服であるためで、そのせいで活動中以外誰も見たことがない、という理論。 過去には「身長が低いから」「保健体育が苦手だから」「しし座だから」「顔が若干大きく見えるから」「料理が苦手だから」などのトンデモ根拠もあったが男性でも女性でもあり得る特徴なので割愛。 反証としてはスクフェスのチアガールイラストの 体つきが明らかに女性のそれであること スクフェス5周年特番企画の際にもキャンペーン「ガール」と銘打たれている 、公式4コマ第14回の27話『正体』では果林が「 あの感触は確かに人間の女の子」と述べており、その後も同様の描写が何度かあること、電撃組ポータルページで 自分を「女の子」としていることなど、いくつもの情報が出ていることは留意したい。 「優木」姓 「 優木」姓からの の血縁者であるという説。 こちらは冒頭の目撃情報が無いこととは関連性は無い。 (未来人、異世界人、超能力者が加われば「」が出来上がってしまう……) 普段は説 「校内で誰も彼女の姿を見掛けない」と言われているが、普段の姿はかなりので目立たない上にアイドルモードとのギャップが激しく、他の人からも見分けが付かないほどのなのでは?彼女の普段のオタク趣味や言動からその可能性もある。 またでの「違う自分に変身する」というのも普段の"地味な自分"から"アイドルの優木せつ菜"としての自分を言ってる可能性がある。 優木せつ菜=プレイヤー=「あなた」説 正体不明なのはプレイヤー自身がせつ菜であるから、という説。 しかしTOKIMEKI RUNNNERSのPVでは視点が「あなた」であり、その画面内に9人が存在すること、せつ菜自身が「あなた」を呼ぶ描写が存在すること、公開されているスクスタのゲームシステムを考慮すると、せつ菜だけ特別扱いとなるのは無理がある…などなど反証する情報が非常に多く、かなり苦しい解釈だったが……。 生徒会長説 中の人が中学生時代生徒会長だったことや、これまでのシリーズには浮上した説。 つまり、優木せつ菜と言う名前は芸名で、せつ菜の制服姿が未公開だった理由が機密事項なのはこの生徒会長としての姿を秘密にしていた為だと思われる。 なぜスクールアイドルをやるのに変装する必要があったかはキズナエピソードで明らかになっていくが、話によれば両親が厳格な人物らしく、漫画やアニメはもちろんのことスクールアイドルも禁止されていたそうでそれでもスクールアイドルを諦めきれない彼女は生徒会長「中川菜々」として活動する傍ら変装してスクールアイドル「優木せつ菜」としても活動していたのである。 本人曰く「優木せつ菜」という名前の由来はお気に入りのライトノベルの登場人物のユウキくんとセツナちゃんから取ったという。 但し、スクスタの世界でものと同じ苗字にしたのかは不明。 スクールアイドルに対して驚異的な知識を持つ彼女なら知っていてもおかしくは無い筈なのだが... ? 今後の展開に期待したい。 …同じく名前繋がりにして、やはりであり、ある意味「 せつ菜なんて子は、もともといなかった」と言える。 関連記事 親記事.

次の

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」ストーリー12章追加にAqoursのスクスタコラボ楽曲「Wake up, Challenger!!」追加のお知らせ

スクスタ 15章 ネタバレ

艶やかな烏の濡れ羽色、のヘアスタイルと、多種多様カラフルなの色の持ち主が揃うシリーズのスクールアイドルには珍しく、神秘的な黒い瞳の持ち主。 ラブライブ! スクールアイドルでは、・と身長が同じで、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の中では、に次ぐアイドル第2位である。 ではよりも僅差で低く、公式四コマでもかすみがそれを指摘する場面がある。 一方、小柄な体型に合わずスタイルはかなり良い方で、と張り合えるレベル。 いっぱいのとが持ち味。 普段の大人びた顔立ちから一転、笑うとかなり幼い印象を受ける。 スクールアイドル活動で忙しいためか、「 校内でその姿を見た人はいない」というのような噂もある。 もっとも作中で学校内で活動している描写は存在するためあくまで都市伝説である模様。 しかし部活以外で姿を見た者はいないらしく、制服姿も公開されていない他、部活以外で存在が確認されていないため正体はやはり謎に包まれている 詳しくは疑惑参照の事。 学科がと同じ普通科である事は明かされている。 所謂であるらしくや同年代のメンバーにも「ですます」口調で話す。 ただし、掛け声や独り言等、時々敬語が外れる模様。 人物や服装が公開されたとき、服装をバッチリ決めていたのは、着ると気持ちがキリッと引き締まるからである。 やがで、(外部リンク)に投稿した事があるなど、も強い。 なジャンルは。 その理由は、「歌詞にキャラクターの名前が入ってたり、物語とか設定とかにリンクしてたりすると、作詞作曲者の方も作品のこと大好きなんだって思えて、すっごくうれしくなっちゃう」から。 さらにも欠かさずに見ている模様。 趣味にも特訓にも真面目であるが、それゆえに癖がある。 一言で言えば、『熱血系真面目ポンコツ』であり、真面目さがおかしな方向に飛躍してしまうことがしばしばある。 スクスタを例に挙げれば、単なるボディタッチを「くすぐられても笑わず精神力を鍛えるための訓練」だと本気で勘違いしていたり、の提案したハードな練習メニュー「『地獄の』トライアスロン」を文面通りに解釈し、まで巻き込もうとしたり。 そういう意味ではの提案したをの一人でもある。 真面目ゆえに向学心もあり、 への苦手意識は無く、特別に好きな教科が無い代わりに勉強を通じて知らないことを知ることは楽しい、いずれの教科もとして勉強をすると楽しめると言う。 なは強いて言えば であり、「ちょっと恥ずかしいので、苦手な理由は言いたくない」とのこと。 作るのは好きであるが、 が過ぎると言われ、味の 感想を求めると目をそらして誰もが答えてくれないレベルである。 楽しいことに対してにが上がり易いので、自分をに例えると。 しかし、(外部リンク)では、・ので、 を着けて、 せつにゃをさせた。 (誕生日が8月8日、「世界猫の日」) アイドルステージ衣装は、白いキャバリアブラウスにダービータイやクロスタイできっちりとしたネックラインを演出しその上にジャケットを羽織る、華やかで学生らしいフォーマルな装いで、せつ菜の生真面目な性格を強く反映したデザインである。 フォーマルドレスやウェディングドレスなどに見られる正装に付き物のデコルテラインや背中の肌露出や、の様ななの高いアイドルステージ衣装とはデザイン指向が異なっている。 では常に上位をキープしていた。 特に2017年は 2位、1位、1位、2位、1位、2位という圧倒的な成績を収め、同年のMVPに輝いた。 その後はにトップの座を渡しつつあるが、それでも3位以上をほぼキープしている。 いわく、『キャストが決まる前から人気があった(=自分のおかげでキャラクターの人気が上がったわけではない)』とのこと。 この人気ぶりはにも反映されており、「 せつ菜の寝そべりだけ先に完売した」や、「 でせつ菜の寝そべりの取引価格が高い」と言われるほど。 因みに、スクフェスでは属性。 パッと見外見だけならそれっぽいが、実際はパッション全開の性格なので人は見た目によらないものである。 もっともクールは大抵そんなキャラばっかりなのだが… 公式4コマ漫画 「 ????系スクールアイドル」と(Twitterアカウントリンク):作・公式四コマ漫画の枠外アイドル紹介で、彼女だけが 伏字である。 で感激屋、自身の・を曲げぬ家であり、クソで堅く、を信じ、朴念仁レベルで自身に対するには鈍感で、他人に対しては臆面も無くを伝えようとして相手をさせる力強いさを発揮する。 自身の高いにせず。 () ・・のオタク的な趣味が劇中明確に登場し、熱い作品愛も語られる。 (外部リンク)にて・の2人を役柄・設定付け、脳内小芝居妄想に耽る細やかな暴走もした。 趣味を反映してゲームの腕前は漫画のレギュラー3名の中で最も高い様だ。 注目の料理の腕前は(外部リンク)では、撮影中だったホームビデオカメラの 録画が停止され、いかなる出来栄えだったのかは不明である。 (外部リンク)では、「とても上手に作れたと言える ヴィジュアルじゃない」と評し、は、「 すごく独創的というか… イノべーティブ」「料理 にを起こすぞという 力強いを感じる そんな 作品」などと新製品紹介中の IT企業CEOじみた評価を下した。 (外部リンク)・27話『正体』で果林は、し両掌を上に向け、両指をわきわきと動かしながら「あの感触は確かに人間のよ」とかすみに述懐した。 が、劇中で実際に果林がせつ菜の身体を触る描写は無く、(外部リンク)・56話『気分』で果林がせつ菜を抱きしめた時も、果林が棒立ちのせつ菜の頭を胸に抱き寄せる形であった。 (外部リンク)・12『秘密』で「女の秘密はヴェールの様なもの」と言い、思い遣り深く思慮深い果林が、せつ菜の「正体」を訝るかすみに対して女の子と即断言した真意と真偽は依然不明である。 なお、連載第42回の時点で、せつ菜のアイドル舞台衣装姿以外の服装は未登場である。 関連pixivアカウント 公式4コマ漫画作者。 ・関連以外のラブライブ! ()が投稿されている(2018年5月時点) 関連外部リンク• 関連 余談 イメージカラーの赤は一部ファンからはののやに擬えて トランザムカラーなどとから呼ばれているとか。 関連項目 関連• 苗字が同じ• 梨子のキャスト。 誕生日が同じ。 注3 注1 善良且つ謙虚な理想的オタクが少女の姿形を取り、服を着て歩く様を具現化した様なの架空の登場人物。 丁寧語・敬語遣いで素直・真面目で義理堅く、博識且つ高い運動能力と言うチート高性能ぶりも優木せつ菜と共通。 唯、料理の腕前だけは、周囲を震撼させる見た目の個性と言う面では一歩譲る。 注2 せつ菜同様、いかなる時も至極、頭脳明晰・博覧強記、勉強を苦にしないタイプの架空の美少女ヒロイン。 性的な話題を恥ずかしがり苦手とするせつ菜と異なり、母親の教育方針により極めて偏った性的知識を持ち、とに偏った性的知識を披露しを試みる過剰性能系娘。 がしている訳でもなく、恥ずかしいと思うとが読み難い。 手料理完成品の具体的な描写が避けられ、画面に登場しないと言う類似点がある。 注3 小柄な体型に反して声がでかいという共通点がある。 また、明るく脳筋気味な性格で空気が読めないところがある点も似ている。 料理に関しては正反対であるが… 疑惑 同好会メンバーの中で唯一 学園生徒姿が未公開(制服姿の公開時も彼女だけアイドルステージ衣装だった)その理由は 機密事項。 さらに、彼女は他の同好会メンバーを含めた校内生徒に、アイドル活動中以外に目撃されていない。 顔見知りであるメンバーが全く気づかないというのは普通に考えてありえないことであり、それを根拠に正体について様々な説が飛び交っている。 説 彼女にはもしかすると 男の娘なのではないか?というがある。 主な論拠は制服姿が公開されていないことと、「あなた」の通う虹ヶ咲は共学である可能性があること。 制服姿がないのは男子制服であるためで、そのせいで活動中以外誰も見たことがない、という理論。 過去には「身長が低いから」「保健体育が苦手だから」「しし座だから」「顔が若干大きく見えるから」「料理が苦手だから」などのトンデモ根拠もあったが男性でも女性でもあり得る特徴なので割愛。 反証としてはスクフェスのチアガールイラストの 体つきが明らかに女性のそれであること スクフェス5周年特番企画の際にもキャンペーン「ガール」と銘打たれている 、公式4コマ第14回の27話『正体』では果林が「 あの感触は確かに人間の女の子」と述べており、その後も同様の描写が何度かあること、電撃組ポータルページで 自分を「女の子」としていることなど、いくつもの情報が出ていることは留意したい。 「優木」姓 「 優木」姓からの の血縁者であるという説。 こちらは冒頭の目撃情報が無いこととは関連性は無い。 (未来人、異世界人、超能力者が加われば「」が出来上がってしまう……) 普段は説 「校内で誰も彼女の姿を見掛けない」と言われているが、普段の姿はかなりので目立たない上にアイドルモードとのギャップが激しく、他の人からも見分けが付かないほどのなのでは?彼女の普段のオタク趣味や言動からその可能性もある。 またでの「違う自分に変身する」というのも普段の"地味な自分"から"アイドルの優木せつ菜"としての自分を言ってる可能性がある。 優木せつ菜=プレイヤー=「あなた」説 正体不明なのはプレイヤー自身がせつ菜であるから、という説。 しかしTOKIMEKI RUNNNERSのPVでは視点が「あなた」であり、その画面内に9人が存在すること、せつ菜自身が「あなた」を呼ぶ描写が存在すること、公開されているスクスタのゲームシステムを考慮すると、せつ菜だけ特別扱いとなるのは無理がある…などなど反証する情報が非常に多く、かなり苦しい解釈だったが……。 生徒会長説 中の人が中学生時代生徒会長だったことや、これまでのシリーズには浮上した説。 つまり、優木せつ菜と言う名前は芸名で、せつ菜の制服姿が未公開だった理由が機密事項なのはこの生徒会長としての姿を秘密にしていた為だと思われる。 なぜスクールアイドルをやるのに変装する必要があったかはキズナエピソードで明らかになっていくが、話によれば両親が厳格な人物らしく、漫画やアニメはもちろんのことスクールアイドルも禁止されていたそうでそれでもスクールアイドルを諦めきれない彼女は生徒会長「中川菜々」として活動する傍ら変装してスクールアイドル「優木せつ菜」としても活動していたのである。 本人曰く「優木せつ菜」という名前の由来はお気に入りのライトノベルの登場人物のユウキくんとセツナちゃんから取ったという。 但し、スクスタの世界でものと同じ苗字にしたのかは不明。 スクールアイドルに対して驚異的な知識を持つ彼女なら知っていてもおかしくは無い筈なのだが... ? 今後の展開に期待したい。 …同じく名前繋がりにして、やはりであり、ある意味「 せつ菜なんて子は、もともといなかった」と言える。 関連記事 親記事.

次の

【ネタバレ注意】璃奈ちゃんがついに素顔を公開したわけだけど、正直どうだった?【スクスタ】│スクスタまとめR

スクスタ 15章 ネタバレ

こんにちは、漫画大好きなりょう()です。 iPhone7に乗り換えてスクスタを始めたので、スクフェスとスクスタの大きな違いについて触れておきます。 一長一短と言いたいところですが、素直に言わせてもらってスクスタは音ゲーとはかけ離れているので、音ゲーがしたいのであればスクフェス一択です。 後述していきますがスクスタの良い所は、現状ではMVがあるという所のみでラブライブ!シリーズのキャラが踊っているCGが観れるって事くらいだと本気で思っています(笑) それでは、スクフェスとスクスタの違いとそれぞれの良い所について紹介していきます。 スクフェスの良い所と悪い所|ハードル高めな純粋な音ゲー まずスクフェスの良い所ですが、やはり純粋な音ゲーであるという所だと思います。 ラブライブ!シリーズの楽曲をラブライブ!シリーズのキャラクターで楽しめる音ゲーとしては十分完成していて随時改善もされているのは良い所だと思っています。 好きなアニメの好きな曲を難易度を選びながら挑戦して楽しめるという意味合いでは、十分完成されているしUの字状のタップ位置配置などのオリジナル性も個人的には気に入っています。 どーでもいいかもしれませんが、漫画の主人公がやっている音ゲーのタップ配置で作者スクフェスやってるんだなぁって感じられる時もありますからね(笑) ただ、スクフェスにはまだまだ難点もあって 初心者などでは難しい問題点が多いことでしょう。 ソシャゲという意味合いで仕方が無い事ですが、スコアランキングを目指すにはURを最低でも9枚集めて覚醒させてスキルレベルも上げて。。。 とかなり難しい所はあります。 特にスキルレベルに関しては焦って課金したところで割とどうにもならないことなので、余計に難しく今から始めようとすると心が折れる大きな要素だとは思っています。 逆に長年やり込んでいれば微課金でも十分にスコアランキング1万以内を目指せて、SSRシールを月間で2枚貰えるのは良い所だとも言えますけど。 あくまでも初心者で今から始めようという方にはハードルが高過ぎるとは思うので悪い所としておきます。 全体的にラブライブ!シリーズの音ゲーとしての完成度は高く、リリース当初から比較すれば現在は十分すぎる改善がされているのでトータルで見れば非常によくできた音ゲーと評価しておきます。 デイリーミッションで楽曲を1回プレイするだけで石1個もらえるのも足りもしますからね。 が、スクスタの問題点は結局のところ このゲームが何なのか?と問われた際に明確な回答が出来ないという事です。 一応はリズムアクションRPGという謎すぎるジャンルになってはいるのですが、実際にプレイした方は分かると思うのですが、言うまでもなく音ゲーではありませんし当然ながらアクションゲームでもない。。。 ノーツと呼ばれる音ゲーのリズムアイコンをしっかりと処理してもスタミナが減少していくというカオスっぷりで、もはや意味不明なゲーム性となっています。 面倒な合宿という仕組みでアイテムを集めて、キャラクターを強化してやっと上級などに挑戦できる。 こんな舐めた仕組みは音ゲーとは言えず、RPGというにはあまりにも稚拙なシステム。。。 アクション要素はどこにあるのか僕は未だに分かりませんし、どういう点を取ってもすべてが中途半端。 何もかもを詰め込もうとした結果、全てが中途半端になっていて言い方悪いですがラブライブ!サンシャイン!!の2期目によく似た内容となっています(笑) 頼むからAqours2期のストーリーとついでに劇場版の失敗から学んでください。 何もかもを詰め込むのではなくて、明確な方向性を決めて純粋にそのジャンルのゲームとしての楽しさを詰め込んでください。 そうすれば文句を言う人は居ても多くの人は受け入れられるゲームになったはずですから。。。 こんなんだったら、スクフェスにMVを付けたほうが絶対に良かったと思うしユーザーの無駄な分割としか思えない。 糞ゲーと言わせてもらいます。 まとめ|黙ってスクフェスやろう 悪い点を書くときりがなく終わりが見えなくなりそうなので、スクスタの悪い所は深く触れませんでしたが一応は個人的に気に食わないところを箇条書きしておきます。 ・キャラ強化が1日6回のみの合宿頼み。 ・キャラ強化の必要アイテムが分かりにくい。 ・楽曲挑戦中にノーツを処理しても減るスタミナ(自殺)。 ・結局はURを集めるというスクフェスとの変わらなさ。 ・キャラのスキルなどが複雑で理解するのが面倒。 ・キャラの属性まで複雑で理解するのが面倒。 ・基本すべて難解で分かりにくい。 全然わからないし理解できないことが多すぎて、理解するためにやり込むゲームと化しています(笑) 一体何なんだろう?って本当に分からないことだらけで、ググる気力すら起きない糞ゲー状態です。 ラブライブ!シリーズにMVが付いた、ただの音ゲーであったらどんなに良かったことか。。。 リリースが1年近くも伸びて、対応端末であるはずのiPhone6が対応していないなど本質的な問題も多いですけどね。 個人的には受け入れがたく、一応はやっていきますがテキトーに合宿だけ処理してログボだけ貰っておこうかな程度の感覚です。 スクフェスが如何に良いゲームなのか? それが良く分かるのでスクスタであり、Aqoursアニメ2期&劇場版の失敗を反省しなかったというか同じ方向性で間違えた糞ゲーとまとめておきます。 さっきも言ったのですが大切なことなのでもう一度言わせてもらいました。

次の