ナナイロ エレクトリック。 アジカン&エルレ&テナーの対バンライブ「ナナイロエレクトリックツアー」大阪・愛知・神奈川で開催(ファッションプレス)

ナナイロエレクトリックツアーのグッズの種類は?通販についても調査!

ナナイロ エレクトリック

NANA-IRO ELECTRIC TOURとは、 ASIAN KUNG-FU GENERATION、STRAIGHTENER、 そしてELLEGARDENの対バンツアーのこと。 15年ぶりにこの3バンドが誰ひとり欠けることなく集結し 対バンツアーを開催した。 ナナイロの話をする前に、語られなければいけない話が ひとつ。 ELLEGARDENというバンドの復活だ。 10年という大好きなロックバンドがライブをしない期間としてはあまりに長く、そして辛いであろう期間。 わたしは10年前からエルレが好きなわけではないし、 そもそも10年前の記憶なんて無いに等しい。 わたしなんかが10年間待ち続けたひとの気持ちを 推し量ることは出来ないけど、それでも活動再開が発表 されたあの日は、復活を心の底から待っていた全員が 泣き出しそうなほど嬉しくて幸せだったと思う。 むしろ泣いたひともいたと思う。 おかえりなさい、ELLEGARDEN。 あなたたちのライブを観ることがわたしの夢のひとつ でした。 そして、ナナイロとわたしの話。 わたしの頭は出来が良くないので、セットリストも あやふやでMCも一言一句間違えずに書き記すことが 出来ないけど、ナナイロに参加した証として遺してみる。 テナーはまっすぐで芯が通った音楽をするひとたちだと 思っていて。 あの日もあの声とあの音でわたしを少しだけ 強く、まっすぐな人間にしてくれた。 キラーチューンの 連発で、わたしがテナーと出逢った歌も披露してくれた。 自分の好きな歌がライブで披露されるというのは、 テンションがぶち上がらない筈がない。 演奏はバチバチに格好いいのに、MCになると途端にゆるくなるあの感じも、急に泣かせにくる時も、全部まとめて 心地よい空気感だった。 失礼を承知で言うが、このメンツのなかで1番歌を知らないバンドがアジカンだった。 わたしが知っている曲が終わって、内心 ドキドキしていたけれど、さすがベテランと言うべきか、 心にすとんと落ちてきて心配なんていらなかった。 オールスタンディングの会場を揺らすのもリズムにのせる のもいとも簡単にしてしまうこのバンドを観て、だから 愛されているのかと納得した。 活動再開を発表したあの日までに、何度か 「今年復活する」という話が出ていた。 そのどれもが嘘で 終わってしまって、変に希望を持たせたひとを憎みつつ、 活動再開なんてありえないと勝手に思っていた。 インテックス大阪にいたあの日も、始まるまで全く信じることが出来なかったし、ロゴが映し出されたときも実感が 全然湧かなかった。 ライブが始まってしまうと周りのひとが見えなくなるほど夢中になって、自然と口角が上がって 楽しくてたまらなかった。 あの時の気持ちをなんと呼べばいいのだろうか。 あの日、インテックス大阪でテナーとアジカンとエルレが くれた時間はどこを切り取っても素敵なもので、幸せが 溢れていて、わたしにとってとても大切な宝物だ。 その宝物はずっと心の中に閉まってあって、泣きたい時や 辛くて逃げ出してしてしまいたくなった時に、振り返って 勇気をもらっている。 バンドを続けることは綺麗事だけでは成り立たなくて わたしが想像も出来ないほどの苦労と挫折と苦しみが あると思うけれど、ずっと続くことを願ってしまう。 このご時世でライブが中止になり、ライブハウスをはじめとするライブ会場の経営が問題視されているけれど、 どうかこの波を乗り越えて、あの場所で、誰もが幸せになれるあの場所でまた笑い合える日々が来ますように。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の

【2019年10月23日ライブレビュー】ナナイロエレクトリックツアー2019に参加したら感動しかなかった!(アジカン・エルレ・ストレイテナー対バン)

ナナイロ エレクトリック

もくじ• ナナイロエレクトリックツアーのグッズの種類は? ナナイロエレクトリックツアーですが、 アジカン、エレルガーデン、ストレイテナーの 対バンツアーになるんですが これがなんと15年ぶりということで ファンの方にとっては夢のようなツアーなんです! ナナイロエレクトリックの開催は歓喜しかないし、テンション上がる要素しかないんだけれど、今となってはおっさんホイホイのこのイベントが全日平日開催という鬼畜仕様のため、色んなものと睨めっこしている今。 予めご了承ください。 アジアンカンフージェネレーションのツアーグッズ まずはアジカン。 10年は長かったな。 エレル復活を見れずに死んでいった同士も沢山いた事だろう。 なにせエルレはそういう人達の音楽だったからね。 — ミスター a. 春よりさらにゆるっと。 夏らしい配色で色んなアイテムに展開いただいております。 ロンTはタイポグラフィと袖にはテナーメンバーのイラスト入り。 Tシャツは楽曲「スパイラル」をイメージしたグラフィックになっております。 本日の出演するJAPAN JAM 2019から販売開始になります。

次の

ナナイロエレクトリックツアー2019の二次選考の倍率や結果はいつ?

ナナイロ エレクトリック

エルレおかえりなさい!ってことで、2004年のナナイロエレクトリックツアー以来、この3バンドで再びツアーができることを嬉しく思います。 一昨年、細美君から活動再開を告げられた時に、何かしらの形でまた対バンできたらと願っていたことが、最高の形で実現します。 昨年のマリンスタジアムのライブを観て、10年前に動きを止めたエルレガーデンの音楽が、10年前に止まったままではなく、僕にとってはその後の10年のためにあったような気がしました。 4人がそれぞれの音楽を鳴らしてきた10年があって今があるエルレガーデン、止まらずに新しい音楽を作り続けてきたアジカンとストレイテナー、この3バンドが今鳴らす音が、15年の時を経て、僕らを含めそこに集まるみんなにとって、どんな思いの上に響き合うのだろうとワクワクしています。 ちなみに、昨年末にゴッチと細美君と3人で食事に行った時に、ファンのみんなが予感し期待してくれた通り、このツアーが決まったんだよ! 楽しみにしててください! Close 「NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019」オフィシャルグッズ通信販売受付開始 「NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019」オフィシャルグッズの通信販売を予定より早め、10月31日17時より受付開始いたします。 このツアーにご来場いただけなかった方もぜひご利用ください。 なお、11月1日横浜アリーナ公演の会場グッズ販売は13:00販売開始予定です。 こちらはチケットが無いお客様も、各出演者グッズを含めお買い求めができますのでこの機会を是非ご利用ください。 Close 2003~04年にASIAN KUNG-FU GENERATIONが中心となりSTRAIGHTENERと共に開催していた対バンツアー「NANA-IRO ELECTRIC TOUR」が、約15年の時を経て今年10月に「NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019」として開催することが決定しました! 出演は、ASIAN KUNG-FU GENERATION、STRAIGHTENER、そして2003年仙台公演・2004年北陸2公演のツアーを共にしたELLEGARDENの3組。 当日の出演順も発表となり、3会場でそれぞれヘッドライナーをつとめます。 3組からのコメントもぜひご覧ください。 只今より、オフィシャル1次チケット先行の受付もスタートしました。 なお、本公演は「チケット不正転売禁止法」の対象となる「特定興行入場券 特定チケット 」での発売となり、チケット購入に関するご確認事項がございます。 HPにございます詳細をご確認頂きご了承の上お申し込みをお願いいたします。 最新情報は、当HPにて随時発表いたします。 Close.

次の