基礎 代謝 年齢。 基礎代謝量の計算方法&日本人の平均基礎代謝【年齢・男女別】

年齢ごとの基礎代謝の計算方法(基礎代謝基準値表あり)

基礎 代謝 年齢

基礎代謝: Kcal 基礎代謝とは? そもそも基礎代謝とは何なのか、簡単に説明します。 私達が1日で消費するカロリーのうち、 何もせずとも体の組織を維持・作用させるためのカロリーのことです。 つまり、 運動したり食事をしたりする際に消費するカロリーを除いた分のカロリー、 言い換えれば、 一日中運動や飲み食いせずにボーっとしていた時に消費するカロリーを指します。 普通の生活をしていれば、 基礎代謝は1日の全消費カロリーのうちの 6~7割程。 もちろん、運動をほとんどしない人は1日の消費カロリーのうち基礎代謝の割合は高くなり、 運動量が多い人は基礎代謝の割合は低くなります。 基礎代謝は体の組織を維持したり作用させる際のエネルギーなので、 体が大きい人程その量は多くなります。 脂肪や筋肉がついたら基礎代謝量は増え、 逆に落ちたら基礎代謝量は減るということです。 年齢とともに筋肉が落ちて体の機能も衰えてくるため、 基礎代謝は年々下がっていきます。 基礎代謝の概要をまとめると以下の通り。 1日に消費されるカロリーのうち、運動や食事の際に消費されるカロリー以外のカロリー• 何もしなくても消費されるカロリー• 消費カロリーのうち6~7割を占めるカロリー• 基礎代謝量は体の大きさによって増減する• 基礎代謝量は年々下がっていく 基礎代謝量の計算方法 基礎代謝量を正確に求めるなら体組成(体脂肪率・筋肉量など)を測定する必要がありますが、 性別・年齢・体重から簡易的に求める方法があります。 計算方法は色々あるのですが、 代表的なものは年齢・性別ごとに定められた 『基礎代謝基準値』を 『体重』にかけるといったものです。 年齢・性別ごとの基礎代謝基準値は以下の通り。 年齢 男性 女性 1~2 61. 0 59. 7 3~5 54. 8 52. 2 6~7 44. 3 41. 9 8~9 40. 8 38. 3 10~11 37. 4 34. 8 12~14 31. 0 29. 6 15~17 27. 0 25. 3 18~29 24. 0 22. 1 30~49 22. 3 21. 7 50以上 21. 5 20. 7 この値を体重にかけることで基礎代謝量を計算します。 ちなみに、最初にご紹介した計算機もこの計算を用いています。 日本人の平均基礎代謝一覧表 続いて、日本人の平均基礎代謝量について見ていきましょう。 以前、日本人の年齢や性別ごとの身長・体重・BMIの平均についてまとめましたが、 これと今回紹介した基礎代謝基準値を用います。 以前の記事はこちら。 以下の表が男女の年齢ごとの平均基礎代謝量です。 (小数点以下は切り捨て) 年齢 男性 女性 1歳 616 597 2歳 762 722 3歳 783 736 4歳 909 814 5歳 1024 897 6歳 908 846 7歳 1036 921 8歳 1056 972 9歳 1207 1145 10歳 1222 1134 11歳 1421 1322 12歳 1329 1175 13歳 1475 1364 14歳 1587 1397 15歳 1501 1216 16歳 1571 1277 17歳 1744 1254 18歳 1456 1180 19歳 1632 1116 20歳 1550 1105 21歳 1644 1109 22歳 1586 1127 23歳 1711 1160 24歳 1538 1138 25歳 1466 1173 26~29歳 1687 1173 30~39歳 1587 1128 40~49歳 1574 1204 50~59歳 1464 1138 60~69歳 1425 1103 70歳以上 1311 1041 基礎代謝をダイエットに活用する方法 さて、基礎代謝量について色々と見ていきましたが、 これをどのようにしてダイエットに活かせばよいのか。 ダイエットにおいてよく 「基礎代謝を上げると楽に痩せることができる」と言われますが、 これは誤りです。 基礎代謝を上げるには体を大きくしないといけないので、 ダイエットをしながら基礎代謝を上げるなんて不可能ですからね。 詳しくはこちらに解説しています。 基礎代謝は1日の消費カロリーの目安になります。 なので、これを基にして目標体重・ダイエット期間を定めることで、 1日に摂取できるカロリーが計算できるのです。 基礎代謝量自体ではなく、 基礎代謝量を基にした「1日の消費カロリー量」が大事ということですね。 これについては以下の記事をご覧ください。

次の

加齢によるからだの変化|健康のつくりかた|タニタ

基礎 代謝 年齢

(糸川嘉則ほか 編 栄養学総論 改定第3版 南江堂, 141-164, 2006. ) 筋肉は22%となっており、安静時代謝量のうち約2割を占めています。 また、基礎代謝量は、身長と体重、年齢で、凡その値を計算することができます。 その基礎代謝量から一日の目安となる摂取カロリーも算出できるのです。 以下は、「ハリス-ベネディクトの式」(日本人式)というポピュラーな基礎代謝計算式です。 男性 66+13. 5 つまり、身長155㎝、体重50キロ、年齢35歳の女性の、一日の基礎代謝量 は1163. 5kcalということになります。 どの部位を鍛えると代謝量を上げるのに効率が良い? 「大きな筋肉」を鍛えることが重要であり、基礎代謝量を上げるのに効率的と言われています。 ここでは、「太もも」の代表的なトレーニングの1つ「スクワット」を紹介しましょう。 1足を肩幅程度広げる 2足先を少しだけ外側に向ける 3背中を曲げずに、ゆっくりと腰を落としていく 3 の時、体重はかかとにかけておく 4太ももと床が平行になるまで下げ、元に戻す 5この動作を20回繰り返す 6インターバル 30秒 7残り2セット行う 8終了 代謝量を上げて、運動等カロリーバランスを整えていこう 一日に必要な摂取カロリーは、先ほどの自分の基礎代謝量に、日常生活における身体活動によるエネルギー消費量をプラスしたものになります。 推定エネルギー必要量(kcal/日)(身体活動レベル:ふつうの場合) 女性 12歳~14歳 2,400kcal 15歳~17歳 2,300kcal 18歳~29歳 1,950kcal 30歳~49歳 2,000kcal 50歳~69歳 1,900kcal 男性 12歳~14歳 2,600kcal 15歳~17歳 2,850kcal 18歳~29歳 2,650kcal 30歳~49歳 2,650kcal 50歳~69歳 2,450kcal これはあくまでデスクワーク程度の仕事で適度に動き、買い物や家事、軽いスポーツなどを行う一般的な活動レベルによる必要カロリーの目安です。 もっと運動が少ない場合、常に動き回っている場合などは、上下しますのでよく自分の日々の活動量を振り返ってみてください。 一日に必要な摂取カロリー量を上回って食べてしまうと、脂肪が蓄積されて、太る結果になります。 反対に、これらのカロリー量より下回って食べる習慣を続けることで、やがて脂肪が減っていくということになります。 脂肪はそのままではエネルギーにならず、エネルギーとして使われる形に分解されたとしても、すぐに使われなければ再び脂肪に戻ってしまうからです。 運動によるカロリー消費は、続けるのが大変な割にはカロリー消費量は少ないかもしれません。 ダイエット中の場合、一日に必要な摂取カロリーよりも下回って食べることが、ダイエットの近道だといわれています。 しかし、摂取カロリーが推定エネルギー必要量よりも、大きく下回ることはよくありません。 指定エネルギー必要量以下のカロリー量で過ごすということは、常に生命活動レベルのエネルギーが不足するという危険な状態ということ。 無理な食事制限が、身体に支障をきたすのはこのことも原因と考えられます。 ダイエットのために減らす摂取カロリー量の目安は、およそ200~300kcal程度といわれています。 一日に2,000kcal必要な人は、1,700~1,800kcalからはじめてみましょう。

次の

基礎代謝量の計算方法&日本人の平均基礎代謝【年齢・男女別】

基礎 代謝 年齢

若いころみたいにたくさん食べていると大変なことに! 基礎代謝は年齢とともに確実に落ちてきます。 自分の基礎代謝を知りましょう。 基礎代謝とは 基礎代謝とは、呼吸や血液の循環、消費、吸収など、生命を維持するために最低限必要なエネルギーのことで、一日の消費エネルギーの約6割を占めています。 基礎代謝が低下すると、消費エネルギーも少なくなり、太りやすくなります。 あなたの基礎代謝は?実際に計算してみよう 基礎代謝は、以下の計算式から求めることができます。 2 23. 2 30〜39 23. 1 22. 0 40〜49 22. 5 21. 1 50〜59 22. 4 20. 9 60〜69 22. 0 20. 9 70以上 21. 6 20. 8 基礎代謝の低下が肥満の要因 基礎代謝は、年齢とともに低くなっていきます。 また運動量が減ることによっても低下していきます。 消費エネルギーの必要量が減っているのに、摂取するエネルギーが変わらないのであれば、それが肥満となって現れてきます。 中年太りに気をつけて 中年を過ぎても今までと同じような食事をしていると、たとえ大食でなくても消費エネルギーが摂取エネルギーよりも少なくなり、太りやすい条件がそろってきます。 美しいプロポーションを手に入れるためには、適度に運動をして基礎代謝を高めること、食事量を調節しながらエネルギーの収支バランスを整えることが重要です。 しかし、基礎代謝が低下する年齢になると、そのバランスを取るのはとても難しいもの。 また、自分一人で毎日運動を続けることのハードルの高さに誰もが直面したことがあるかもしれません。 ウォーキングや体操を始めたけれど、続かなかったということはありませんか?そのような方こそ、プロポーション・アカデミーがぴったりです。 スリムマシンには、運動効果があるため、座ったり寝たりしたままの姿勢で受動的に運動したのと同じ効果が得られます。 運動が苦手な方も気軽に基礎代謝量を高められます。

次の