モノタロウ 爆発。 【高槻爆発】モノタロウの本社を業務上過失致死容疑で家宅捜索

高槻市爆発火災事故の原因はモノタロウだった!何故起きたのか?今後どうなる?

モノタロウ 爆発

今村産業の倉庫爆発事故 爆発事故が起きた当初ニュースでは下記のように報じられた。 大阪府高槻市の産業廃棄物収集会社で4人が死傷した爆発火災で、現場の会社役員が「約3週間前から、スプレー缶3千本のガス抜きをしていた」と説明していることが8日、大阪府警への取材で分かった。 府警は業務上過失致死傷容疑も視野に、ガス抜きが行われた状況や経緯などを調べている。 府警によると、ガス抜きをしていたのは機械部品の清掃をするためのスプレー缶。 現場の「今村産業」の男性役員の説明では、約3週間前から金づちでスプレー缶に穴を開けて廃棄する作業をしていた。 大量のスプレー缶が持ち込まれた経緯について、男性役員は「昨年の台風の被害でスプレー缶を保管していたコンテナが水没し、販売できなくなったものが持ち込まれていた」と話しているという。 火災は6日夜に発生。 ガス抜き作業をしていた男性2人が死亡、2人が意識不明の重体となっている。 yahoo. また、事故の起きる3週間前からは合計3000本のスプレー缶に金槌で穴を開ける作業も行われていたとのこと。 スポンサードリンク 火災が起きた今村産業とは? 今回、モノタロウが家宅捜索されることになったということで、この件の爆発事故がモノタロウで起きたのか?と勘違いされている方もいるかもしれない。 あくまでモノタロウはスプレー缶を今村産業に持ち込んだ通販会社。 今村産業は、産業廃棄物運搬会社。 会社名:有限会社今村産業 住所:大阪府高槻市柱本4丁目22番7号 電話番号:072-678-4700 業務内容:産業廃棄物収集運搬業、電気設備工事 産業廃棄物収集運搬業とは、いわゆる産廃業者と呼ばれる不用品回収業者。 工場や事務所などで出た廃棄物を収集運搬できる、産業廃棄物収集運搬許可を取得する業者。 そのため、企業や工場などから、通常では処分が難しいゴミを回収して処理している。 今回もモノタロウから大量の不要になったスプレー缶を引き取り、廃棄処理をしていたものと思われる。 スポンサードリンク 今村産業火災事故の被害者は誰? 今回の事故では、残念ながら2名が命を落とし、2名が重体の怪我を負う形となってしまった。 亡くなられたのは、山西潤さん(36)ら2名。 怪我をしたのは山西さんの中学1年生の次男ら2名。 亡くなった2名のうち一人の山西潤さんはモノタロウの社員だった。 重体の二人のうち一人はモノタロウの下請け会社の従業員の50代男性。 このことからわかる当時の現場の状況としては、モノタロウから、大量のスプレー缶を持ち込んだ、山西潤さんら4名。 4名は今村産業でスプレー缶を廃棄するためにはガス抜きを行う必要があるとわかり、ガスを抜き始めた。 そのガスが原因となって火災が発生した可能性。 今回、モノタロウが家宅捜索されているのは、このスプレー缶のガス抜きの際に、モノタロウが必要な安全対策を取っていなかった可能性があるとされているためである。 しかし、気になるのは、その4名の中に、山西潤さんの息子さんが含まれていたこと。 一人はモノタロウの下請け業者のため、このガス抜きをモノタロウの仕事として行なっていたのか? 子供が手伝っていることから、仕事以外の業務として行なっていたのか? どういう状況でこの4人がそこで作業をすることになっていたのか? この辺りが疑問ではあるが今後の家宅捜索で明らかになってくる可能性がある。

次の

爆発火災で5人書類送検 スプレー缶ガス抜き―大阪府警:時事ドットコム

モノタロウ 爆発

非常に痛ましい事故が起きてしまいました。 モノタロウが委託したスプレー缶の処理で爆破事故があり、未成年を含む複数の死傷者がでました。 報道を引用します。 :火災は高槻市の産業廃棄物運搬会社「今村産業」で6日夜に発生。 現場で同社社員の20代の息子とみられる遺体が見つかったほか、モノタロウの社員、山西潤さん(36)とみられる男性が死亡した。 山西さんの次男(13)とモノタロウの下請け会社社員の50代男性とみられる2人が意識不明の重体となった。 : 警察によりますと、スプレー缶は兵庫県尼崎市にある取引先の通信販売会社「MonotaRO」から持ち込まれたもので、この会社の社員や関係者が3週間前からおよそ3000本のスプレー缶のガスを抜く作業をしていたということです。 この事故は、スプレー缶が大量で、3週間という長期間の処理、かつ、未成年を含む社員以外も死傷という3つの特徴があり、どんな安全管理をしていたのかが疑われる事態です。 大量:処理した本数は、札幌の25倍にあたる3000本。 一箱30本入りで18kgという商品があり、容器も含めての推定重量は約1. 8トンになります。 長期間:3週間に渡り処理• 社員以外も死傷し、一人は未成年:20代と13歳の息子も事故に合う 3000本のスプレー缶は台風で水没したものだそうです。 産廃業者に処理を依頼したといっても、トン単位のスプレー缶の処理の大変さはモノタロウ理解すべき事案でしょう。 ネット広告やWeb担当者が負う責任とは? この事故の原因究明、責任の所在の判明、そして再発防止策が待たれます。 そういう中ですが、私の身近な仕事でもあり、ネット広告やWeb担当者はいち早く動いて対応して欲しいことがあります。 検索広告の中でも、とりわけ「モノタロウ」などブランドキーワードに対する検索広告は即刻止めるべきです。 これが検索結果の画面ですが7月9日 15時40分現在、ブランド検索した時に表示される検索広告は掲載が続いています。 購買意図以外の検索が増えることが予想される中、広告を出し続けることは売上向上の効果は少なく、悪い評判がつくリスクが大きい状況です。 報道にある会社のコメントは 日経新聞:モノタロウは「今村産業とは廃棄物に関する取引をしていたが、缶の処理の経緯は確認中。 警察の捜査に協力する」としている。 とだけで、コミュニケーションメッセージが決まってないのは分かりますが、ひとまず、ブランド検索は止める 判断を取り付けるべきでしょう。 一方、Webのメインサイトには、速報的なお知らせ枠はあっても、今回の事故に対するコメントはまだ載っていません。 伝えるべきメッセージがまだ決まってないのだろうと思いますが、技術的に可能であればその前に、別のメッセージ、今回だと特定商品の自主点検のお知らせを一旦この枠から下げるだけでも現場で進められればと思います。 Webやネット広告は売上の場とか販促の手段の前に、企業のコミュニケーションの一部でもあります。 事件や事故という緊急の問題に対応することが責務である、そう私は考えます。 最後になりますが、この事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに事故にあわれた皆様の一日も早いご回復をお祈りいたします。 また、上部の新着のお知らせ表示が消えているのも確認しました。 意見はいろいろあるかとは思いますが、マーケティングおよび外部とのコミュニケーションとして、ブランド名検索の広告は止め、お知らせするべき大事な情報が別途あるという状態になっている今の方がよりいいと考えます。 会社としてのコメントがまだ出てないのは遅くて問題という意見も目にしますが、過半数の株を米国Granger社が持つという外資系企業ではなかなかままならないことがあります。 まずは事故を受けて対応を始めていることは評価されるべきことでしょう。 検索結果: 上部に表示されていた 広告が消えている トップページ:ジャスト と出ていたお知らせが消えている 「検索広告の中でも、とりわけ「モノタロウ」などブランドキーワードに対する検索広告は即刻止めるべきです」 「購買意図以外の検索が増えることが予想される中、広告を出し続けることは売上向上の効果は少なく、悪い評判がつくリスクが大きい状況です。 」 たしかに、テレビ広告や新聞広告であれば広告を下げたか否かは分かりにくいです。 しかしながら、ネット広告においては(下げたりすることで)検索結果に「違和感」が出るわけで分かりやすいため、それはそれで「目立たぬようにしている」「隠蔽をはかっている」といったマイナスな側面を出すのではないでしょうか?? また、「売り上げ向上の効果は少なく」といえども、モノタロウは事業者向けのネット通販で一定の「固定客」はあるわけですし、現状、プレスリリースに含めないことについても、捜査段階であれば書けないこともありえます。 (ただ、委託先ではなく自社のお社員さんが亡くなられているので見つけやすいところに記載があるべきとは思いますが) 個人的に執筆者さんは、もう少し大局的な見地でものを見られた方が良いような気もしますね。。

次の

(株)MonotaRO【3064】:株式/株価

モノタロウ 爆発

大阪府高槻市で産業廃棄物運搬会社の倉庫が燃え4人が死傷した火災で、大阪府警捜査1課は9日、取引先の工具通販会社「MonotaRO(モノタロウ)」(兵庫県尼崎市)の本社などを業務上過失致死容疑で家宅捜索した。 火災当日、4人は同社が持ち込んだスプレー缶のガス抜きをしていたとみられ、同課は詳しい経緯と安全管理が適切だったか調べている。 火災は高槻市の産業廃棄物運搬会社「今村産業」で6日夜に発生。 現場で同社社員の20代の息子とみられる遺体が見つかったほか、モノタロウの社員、山西潤さん(36)とみられる男性が死亡した。 山西さんの次男(13)とモノタロウの下請け会社社員の50代男性とみられる2人が意識不明の重体となった。 捜査関係者によると、モノタロウから機械部品の洗浄用のスプレー缶約3千本が今村産業に持ち込まれ、4人がガスを抜く作業をしている最中に爆発が起きたとみられる。 同課は9日午前、安全対策を怠ったままスプレー缶の処分をさせて爆発を引き起こし、20代とみられる男性を死亡させた疑いがあるとして、モノタロウの本社と山西さんが勤務していた尼崎市内の同社事業所を家宅捜索した。 モノタロウは「今村産業とは廃棄物に関する取引をしていたが、缶の処理の経緯は確認中。 警察の捜査に協力する」としている。 爆発火災で2人死亡 スプレー缶持ち込んだ会社を捜索 大阪 高槻 2019年7月9日 13時43分 大阪・高槻市にある産業廃棄物関連の会社でスプレー缶のガス抜き作業中に爆発が起き、2人が死亡した火災で、 警察は9日スプレー缶を持ち込んだ兵庫県内の会社を業務上過失致死の疑いで捜索しています。 爆発火災で2人死亡 スプレー缶持ち込んだ会社を捜索 大阪 高槻 2019年7月9日 13時43分 シェアする 大阪・高槻市にある産業廃棄物関連の会社でスプレー缶のガス抜き作業中に爆発が起き、2人が死亡した火災で、警察は9日スプレー缶を持ち込んだ兵庫県内の会社を業務上過失致死の疑いで捜索しています。 今月6日の夜、大阪・高槻市の産業廃棄物収集運搬会社「今村産業」の倉庫で、スプレー缶のガス抜き作業中に爆発を伴う火災が起き、 作業にあたっていた4人のうち2人が死亡し、ほかの2人も意識不明の重体になっています。 警察によりますと、スプレー缶は兵庫県尼崎市にある取引先の通信販売会社「MonotaRO」から持ち込まれたもので、 この会社の社員や関係者が3週間前からおよそ3000本のスプレー缶のガスを抜く作業をしていたということです。 スプレー缶は去年の台風で水没したため処分する予定のものだったということです。 警察は9日朝から「MonotaRO」の本社などを業務上過失致死の疑いで捜索していて、スプレー缶が持ち込まれたいきさつや、安全管理が適切だったかなどについて詳しく調べています。 コチラも読まれています• オーシャンスカイ勤務の従業員、 池田莉菜(21)(源氏名 まりあ)=札幌市中央区南10西13 交際相手の相... 22件のビュー• どうもこんにちわ!unianikiiです。 そうか・・・ バイク終わりか・・・。 22件のビュー• いける 22件のビュー• 第17位. モモ 中国にルーツを持つフルーツ。 なめらかな甘味とジューシーな果肉が特徴的。 特に日本... 21件のビュー• 元暴力団員ら男性3人を殺害したなどとして、殺人や逮捕監禁致死などの罪に問われた住所不定、無職、 上村隆被告... 19件のビュー• 後続車にモデルガンのようなものを向けながらあおり運転を繰り返したとして、埼玉県警越谷署は8日、暴行の疑いで、越... 19件のビュー• 18件のビュー• 嘘をついてた模様 17件のビュー• なんで股間は無事なんや おしっこ漏れるかららしい これ放送したらアカンやろ・・・... 16件のビュー• どうもこんにちわ!unianikiiです。 今日はすいてそうだしくら寿司行こうかな!! 1: おなやみ... 15件のビュー.

次の