口臭 簡単。 口臭を自分で簡単にチェックする5つの方法!ニオイの原因も紹介

口臭の原因と予防対策!口臭の簡単なチェック方法とは?

口臭 簡単

口臭の原因とチェック方法• 不快な口臭、その原因とは ほとんどの場合、口臭は口内のバクテリアによって発生します。 バクテリアは、ブラッシングをきちんとしなかったときや脱水状態にあるとき、または処方されている薬が原因で唾液分泌量が減りドライマウスの症状があるとき等に舌の上に発生します。 しかし、簡単なケアをすることで、舌のバクテリアを減少させ、息をさわやかにすることができます。 また、それ以外に、時間の経過とともになくなる口臭もあります。 例えば、ニンニクなど臭いの強いものを食べた後などは強い臭いがありますが、時間とともに消失していきます。 タバコによる口臭も、禁煙をすれば口臭はなくなります。 では、持続的、あるいは繰り返して発生する口臭にはどのようなものがあるのでしょうか。 虫歯 これは腐敗臭のような匂いがすることが多い口臭です。 虫歯が進行すると歯の象牙質だけではなく、タンパク質でできている神経にまでう蝕が進行します。 このとき、たんぱく質が腐敗して口臭となるのです。 歯周病 歯周病菌が増殖する際には細胞や血液などのタンパク質を分解します。 そのときに「メチルメルカプタン」というガスを発生させ、それが口臭として認識されるのです。 これは血の匂いのように感じることもありますし、腐敗臭のように感じることもあります。 ドライマウス ストレスや緊張、体質的な問題で唾液が十分に出ないと、お口の中で細菌が繁殖し、口臭の原因となります。 口腔内の細菌は酸素を嫌う細菌が多く、酸素が含まれる唾液が多くあれば繁殖しにくいので、水分補給などをして、口が乾くことを避けるようにしましょう。 口臭をセルフチェックする方法 口臭は自分ではわかりにくいものです。 万が一、自分に口臭があって、周りに迷惑をかけていたらと思うと、心配になるのではないでしょうか。 口臭のチェックをしてもらえる歯科医院に行けば、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドと言った口臭物質を計測できる「口臭測定器」があり、測定することができます。 しかし、その前に自分で簡単にチェックする方法もあります。 自分に口臭があるか気になる方は、まず、セルフチェックをしてみましょう。 唾液でチェック 舌の上や歯と歯ぐきの溝部分などを指で触ってみて、付いた唾液の匂いを嗅いでみてください。 唾液が臭いと、それが乾燥して口臭の原因になりますので、要注意です。 コップやビニール袋に息を入れてチェック この方法は簡単で、匂いがわかりやすくなっています。 しかし、朝起きた直後は「生理的口臭」と言って、就寝中に唾液が少なくなり、細菌が繁殖しやすいため口臭があります。 唾液が出てくれば解消するので、日常の口臭とは区別してください。 口臭チェッカーでチェック 歯科医院で使用しているものと精度は違いますが、市販の口臭チェッカーもあります。 客観的に数値が出ますので、セルフチェックで不安な方には、おすすめです。 セルフチェックで口臭が気になる場合は、虫歯、歯周病など、お口にトラブルがある場合もあります。 扁桃腺付近に膿が溜まる「膿栓(のうせん)」や、ごく稀ですが、お口や内臓の大きな疾患がある可能性もあります。 早めに歯科医院を受診しましょう。 口臭は、ほとんどの人に発生します。 慢性的な口臭は、深刻なケースとなる場合もありますが、たまに臭うくらいの口臭は、正しいオーラルケア習慣で簡単に予防できます。 毎日のブラッシングなど、お口のケアを心掛けてください。 注目記事.

次の

【女性必見】イヤ~な口臭を簡単&確実に消す方法

口臭 簡単

友だちとしゃべっている時に、仕事の会議中・・・ふと、 口のニオイが気になる!という方いらっしゃるのではないでしょうか。 歯科医・女性専用口臭治療・口臭予防専門外来の福田久美子さんに「生活の中で簡単に、しかし徹底的に口臭を予防・改善する方法」を教えて頂きました。 粉のようになった食べカスを、お口や喉に生息しているバクテリアが分解します。 その時に出るガス。 これが口臭です。 喉の表面には小さなくぼみがいっぱいあって、そこに食べカスが残るんです。 粉のようになった食べカスの9割は舌と喉に付着して、歯に付着するのはたった1割。 ですから、 口臭に限っては、歯ブラシやデンタルフロス、糸ようじといったグッズは、あまり役に立ちません。 「匂いが気になるならお肉や乳製品・卵は控えめに」 にんにくなど、ニオイの強い食べ物に注意するのはもちろんですが、お肉や乳製品・卵にも注意が必要。 これらには、硫黄成分が多く含まれるので、分解されると口臭の代表的なガスである硫黄ガスが発生します。 また 唾液は、口臭を発生させるバクテリアの活動を押さえる働きがあります。 パンやクッキーといったドライフードはその唾液を吸ってしまうので、食べると口臭が起きやすくなります。 唾液を吸収してしまうパンではなく、水分を加えて調理したご飯がお勧め。 パンを食べるなら、良く咬んで唾液をいっぱい出せるように、ハードタイプのパンにしましょう。 また、 「 緊張」「疲労」「空腹」といった状態では、唾液が出にくくなるので、口臭が起きやすくなります。 そういった時に、コーヒーや紅茶を飲むと、ますます口臭が起きやすくなります。 それは カフェインが唾液の分泌を抑制するため。 持ち歩くのもカフェイン入り緑茶よりも「水」の方が良いでしょう。 ほっぺたと歯の間、唇と歯の間にもお水が行くように。 こちらも15秒。 真上を向いてうがいをします。 以上、4つの工程がすべて15秒で、1セットちょうど1分間。 朝起きてすぐ、毎食後、そして寝る前のタイミングでやると、かなり口臭は防げます。 時間が無くて、「水トリートメント」を習慣にできない人は・・・ 全然やらないよりは1セットだけでもやった方が良いので、出来るタイミングでやりましょう。 外で食事をしたときも、最後に水を飲む時に、舌を水に浸すイメージで、気持ち目線を上げて飲むだけでも、違うと思います。 福田先生に口臭の相談にのってほしいと思った方は、先生のデンタルサロン「Fukuda MKM」へ。 女性専用・完全予約制で、他の患者の方と顔を合わせることもないので、安心して診療が受けられるそうです。 男性の方も、ホームペーをご覧の上、お問い合わせ下さい。 TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。 AM954kHz、FM90. 5MHz、PCやスマートフォンはでも。 聴き逃しても過去の音声がや、で聴けます。

次の

息が臭いのは病気? 口臭の原因と簡単な対策法 [歯・口の病気] All About

口臭 簡単

歯医者って、歯が痛くなっていく場所でしょ。 ということです。 私が思うのは、 歯が痛くなって歯医者に行くのは遅すぎる。 私が通う歯医者さんは、• 歯が痛くならないように定期的に歯医者に来てほしい• 自宅ではできないメンテナンスや予防が歯医者でできるから と言っています。 私もその歯医者と出会って、1年間に3~4回、歯科検診のために通っています。 通い始めた当初は虫歯があったり、しつこい歯石があったりと通院も半年近くかかりましたが、その1回を超えると、後は簡単に歯石をとって表面のクリーニングをするだけなので、すぐに終わります。 歯石というのは、目で見えるところだけではなく、歯周ポケットにもあることは知らなかったですが、歯医者に行って初めて知らされました。 歯槽膿漏になると、口臭もひどくなるので、定期的に歯医者にいって快適な口腔環境を整えることが重要です。 歯ブラシは1カ月に1本変えるとともに歯間ブラシも使う 定期的に歯医者に通っても、日ごろのケアがきちんとなっていないと、都度虫歯の治療となってしまいます。 また、ブラッシングをしなければいつまでも口の中に食べかすがついたままになり、食べかすをえさとする菌が口の中で増えます。 そこにたばこやコーヒーなどといったものが加わると、歯医者に定期的に行っていても口臭は防げません。 (定期的に歯医者に行く人は歯への意識が高いので、ここまでする人はいないと思いますが) 食事の後は、歯ブラシをすることで口臭を防ぐことができます。 昔から歯ブラシは毛先が広がると交換だと言われていましたが、それでは歯ブラシの効果がすでに減っています。 毛先が広がるとは、すでに弾力性が失われており、歯や歯茎への適切なブラッシングが出来ない状態になっています。 私は、ぱっとみて毛先がまだ広がっていないようでも、 1カ月に1度は歯ブラシを新しいものに交換しています。 私が好きなのは、毛先が細くなっているもの。 毛先が細いことで、歯と歯茎の間にもブラシが届く感じがするとともに、細かくゆっくり歯ブラシすることで歯茎がマッサージされていることも感じるから。 私は、 普通の歯ブラシの他に歯間用の歯ブラシも使っています。 この歯ブラシは先端が三角形の形をしており、毛の長さも数ミリ程度でしっかりとした毛のかたさ。 この歯ブラシを歯間や歯と歯茎の間に当ててゆっくりと細かくブラッシング。 このブラシを使うことで普通の形をした歯ブラシでは取り切れない狭い場所の汚れをとってくれます。 それが終わるとフロスで歯間の汚れをとります。 「はみがきが終わればそれでよし」というのもいいと思いますが、ここでひとつ口臭ケアをとりいれてみてはどうですか? 昔からあるマウスウオッシュですが、口に液体を含んで20~30秒ほど「ブクブク」と口の中をゆすぐだけの簡単ケアです。 私はこれまでいくつかマウスウオッシュを経験しましたが、アルコールを含んでいるものは口にマウスウオッシュを入れた瞬間に【口の中がピリピリ】して少し苦手でした。 そこで、目をつけたのが「ノンアルコールタイプ」のマウスウオッシュ。 「ノンアルコールタイプ」のマウスウオッシュは口の中に入れてもあの「ピリピリ」する刺激がない。 だから、しっかり20~30秒、口の中でマウスウオッシュをゆすぐことができるのです。 そのようなマウスウオッシュの商品の中で、私がお気に入りなのが 「ライオン(LION)~NONIO(ノニオ)」。 私が使っているのは、 「ノンアルコールタイプ・ライトハーブミント」。 この商品、ノンアルコールタイプなので、口の中でゆすいでも刺激はほとんどなく、 使った後の柑橘系を思い出させるようなほのかな香りが大好きです。 商品によっては、強い香りが口の中に残るものもあります。 でも、NONIOは自然な香りで使った後も、口の中がさわやかで、さらに、あの柑橘系のほのかな香りがするので、朝から気持ちが最高です。

次の