デレステ 理論編成。 デレステ計算機配布所

デレステ スコアの計算や編成について

デレステ 理論編成

先月登場した新アイドルのお二人が恒常ガシャにてSSRでも登場です。 しかもなんと新スキル持ち!!スキル名は「ロングアクト」と「フリックアクト」 スコアアップ系統のスキルの新スキルですね。 オバロとかを上回って理想編成に入ってくるのか…?というか限定じゃないんですねコレ。 最初限定ガシャだと思ってました。 今回はこの新スキルであるロングアクト・フリックアクトについて考えてみます。 ロングアクト・フリックアクト考察 秒数は最強 アクト系スキルがもらった秒数は一見すると弱秒数である、9高・7高のように見えます。 ただ、今回のスキルをよく読むと 9高のちとせの継続時間はしばらくの間、 7高の千夜の継続時間は少しの間になっているんですよね。 一般的なスコア系スキルの継続時間は9高は少しの間、7高はわずかな間です。 つまり継続時間が1段階上の長さになっています。 具体的には特技レベルが最大の時、9高のロングアクトは7. 5秒間継続、7高のフリックアクトは6秒間継続と非常に長いカバー率を持っています。 この継続時間・カバー率は、強秒数と言われる他のスコア系スキルの9中・7中と同じです。 つまり アクト系スキルは7中・9中と同じカバー率でありながら、発動確率だけ高確率になっています。 0 17回 102 80. 95 1. 5 13回 97. 5 77. 38 0. 性能をざっくりと検討してみる。 スコア系スキルで最高峰の7中・9中オバロと比べると、カバー率は同じであり、発動確率の点で若干アクトの方が優れていることはわかったので、スコア倍率について比べてみます。 100ノーツ中対象のノートがどれくらいの割合であれば(同秒数の)オバロを上回るかを計算します。 もっとも、単体性能のみで計算するとアクト系特技が弱すぎます。 2857 以上より、 アクト対象のノーツが総ノーツの14. ということでスキブと併用することでさらに差が出そうなので計算してみる。 スキブ時オバロ 1. 5 スキブがかかっている状態であれば対象ノーツ割合が12. 5%以上でオバロを上回る結果。 ロングやフリックノーツの割合ってどれくらい? とりあえず、ロングアクトの対象にスライドを含むかわからなかったので、というかおそらく含まれないんじゃないかと思ったので、スライドは含めず考えます。 総ノーツ数が915なのでロングノーツの割合は 13. 微妙に14. 7中と比べると微妙か?11中のコンセには勝てなさそう。 一方、フリックノーツ数は238。 割合は 26. これはエグい。 カバー率最高の7高なこともあって、フリックアクト(白雪千夜)は理想編成に入りそう。 そういえばロング連打のところとか大フリック地帯があったような。 これは・・・ 『Fascinate』のロングノーツ数は204。 割合は 21. つまり、デメリット無しの9中コンセ並(9中コンセは現状存在しない)。 さらにスキブを使った場合も考えるとロングアクトめちゃくちゃ強そう。 一方、フリックノーツ数は314。 割合は 32. もっと強い。 やばい。 もっとも、こういうノーツが極端に偏った譜面の場合、対象のノーツ地帯でアクトが発動していなければ全く意味ないので、曲と発動間隔の兼ね合いも超重要。 2曲しか見てないけどロングアクトよりフリックアクトの方が強そうかな? 楽曲のノートの種類ごとの数ってどこかにまとめあるかなぁ。 もしかしたら暇があればいくつか数えて簡単なデータは追記するかも。 まとめ• フォーカスやシナジーなどの他のスコアアップ系スキルと併用• スキブがいるとさらに真価を発揮• 楽曲に大きく左右されるが強スキル• おそらく理想編成にも絡む• 7高フリックアクトが最強ぽい• 限定じゃなくていいのかこれ 性能が楽曲によって大きく左右される特技ですね。 スパークルで結構難しくなっていたデレステのスコアタですが、アクトの登場によってより難しくなったと思います。 今後は、楽曲のロングノーツやフリックノーツの割合も気にする必要が出てきました。 まぁ、何も考えずに使っても強そうではあるけども。 まだ書いてある情報でざっくりと強さを測ってみたみただけなので、実測したりちゃんとした計算機叩いてみないことにはアレだけどとりあえずは今後の理想編成を変えそうな強スキルぽい。 今後の検討によってはこの記事の加筆・修正・追記を進めていくつもりです。 間違いとかもありそうだし。 トリコ編成のスパークルやシナジー3編成に食い込む余地はあるかとか、ロングアクトとフリックアクト併用する余地はあるかとかも考えたい。

次の

【デレステ】特技秒数についての基礎知識【編成強者への道】

デレステ 理論編成

Contents• 「ユニット」とは? デレステの「ユニット」とは、いわゆる「チーム」です。 あからじめユニットにセットされたアイドルがライブに参加します。 タップ、フリック時のスコアはユニットにセットされたアイドルの基本として計算されます。 ユニットの編成は「アイドルタブ」の「アイドル編成」からか、ライブ前のユニット確認画面で行えます。 MVに登場するのもユニットにセットされたアイドルのみとなります。 「あんきら!?狂騒曲」のように二人だけ登場するMVに移るのはセンターのアイドルとその左隣のアイドルのみとなりますが、能力値の参照はしっかり行われているので心配せず楽曲をプレイしてください。 尚、通常ユニットには同じ画像のアイドルは複数編入できません。 ただし、画像が別なら同じ名称のアイドルを何人でも編入可能となっています。 つまり、別レアリティ、別エピソード、特訓前、特訓後の同じ名称のアイドルは同時編入可能です。 頑張ればユニットメンバーが全員同じアイドルという芸当も出来ます。 ただし、同キャラユニットでMVを再生した場合、アイドルは分身することなく、別アイドルに置き換わります。 能力値は置き換え前のアイドルのものが適用されるため、能力値が減少したりなどのデメリットは一切ありません。 スポンサーリンク ユニット編成のコツ ユニットは楽曲のスコアに大きくかかわります。 そのため、 ユニットの編成はデレステにおいて非常に重要な事項です。 以下にユニット編成で重視すべきところを記述していきます。 出来るだけレアリティの高いアイドル、能力値の高いアイドルを編成する 基本的にレアリティの高いアイドルを優先してユニットに編成しましょう。 レベルが同じくらいのアイドルを比べるとわかりますが、アイドルは当然よりレアリティが高い方が能力値が高い傾向にあります。 高いスコアが欲しいなら、特に序盤は出来るだけレベルやレアリティが高いアイドルを編成しておきましょう。 タイプを合わせる アイドルにはそれぞれキュート・クール・パッションのタイプが振られています。 楽曲にも同じようにタイプが振られています。 この楽曲タイプとアイドルのタイプが一致した場合、対象のアイドルの能力値に補正が入るようになっています。 勿論、ユニット全員が同じタイプの場合は全員に補正が入ります。 更に、センターに置いたアイドルのみが発動することが出来るセンター効果は、多くの場合センターと同じタイプのアイドルにのみ適用されるものとなっています。 一人でも別タイプのアイドルが居た場合、その別タイプのアイドルはセンター効果の恩恵を受けることが出来なくなります。 挙句、ユニット全員が同属性であることが発動条件のセンター効果や、特技も存在します。 それを使用した場合、一人でも別タイプのアイドルがユニットに存在すると発動すらしなくなってしまいます。 ユニットを組む上で非常に大事なこととなっているため、手持ちアイドルが充実して来たら各タイプごとにユニットを編成しておくと良いでしょう。 アピール値の傾向を合わせる アイドルのアピール値の傾向を考えて編成すると、センター効果をより活かすことが出来ます。 例えば【コマンドー・オブ・ステージ】大和 亜紀をセンターにする場合、センター効果が「クールアイドルのビジュアルアピール値90%アップ」なので、ビジュアルアピール値が高い傾向のクールアイドルを編成した方がより高い効果を得ることが出来るということです。 普通にアピール値が高い順でクールアイドルを編制するよりも効果的となります。 尚、全能力値に補正をかけるブリリアンス系効果持ちのアイドルをセンターにする場合は、気にしなくても良いでしょう。 特技のシナジーを考える 特技は単体でも強力なものが存在しますが、組み合わせることでより効果を発揮するものもあります。 例えば強力ですがデメリットの存在する「オーバーロード系」の特技をより活かすため、同じユニットに「ライフ回復系」や「ダメージガード系」、「オールラウンド系」特技持ちを編成するなどです。 その他、特技は同じ効果のものは重複して発動しないため、同じコンボボーナス系を編成しても6秒毎のアイドルと18秒毎のアイドルを組み合わせるなど、発動間隔が被らないように注意しましょう。 クリアするだけなら「ダメージガード系」の発動間隔が違うアイドルを数人編入し、「」や「パーフェクトサポート系」でガチガチに固めてしまえば、ライフの減少を精一杯抑えることが出来ます。 フルコンボを狙うだけなら「パーフェクトサポート」「コンボサポート」「」などのコンボ継続を補助する特技を多めに編成してください。 尚、コンボを繋げれば繋げるほどスコアは高まるため、フルコンボを狙うことは高得点を狙うことと同意義と言えるでしょう。 ちなみに特技のシナジーを極限まで高めた編成の一つが「放置編成」です。 推奨はプリンセス系センター効果(フォーカス系特技)持ちのアイドルが二人となりますが、一人しかいない場合はコンボボーナスを二人以上入れましょう。 オーバーロードは強力ですが、あまり入れすぎるとライフを削られすぎて一回のミスでライブ失敗になりかねません。 絶対に失敗しないと思える時は大丈夫でしょうが、ミスが出そうな楽曲をプレイする場合はオーバーロードの編成は抑えめに行きましょう。 ユニット編成は一見適当に編成しておけばいいように見えて、奥の深いものです。 最初のころは強いアイドルだけを入れておけば良いのですが、ゲームを進めて行くうちにアイドル間のシナジーなどを求めなければならなくなります。 ここで挙げられたコツなどを参考にしつつ、プロデューサーさんはそれぞれやりやすい方法を追求していってください。

次の

【デレステ】新スキル、ロングアクト・フリックアクトについて考える

デレステ 理論編成

放置編成はいいぞ、と声を大にしていいたい。 サラリーマンが業務時間中にスタミナを消費できる• イベントを走っても心が死なない• Android派ならNoxPlayter等のエミュレータを使いPCで放置プレイができる などなど、放置編成には様々なメリットがあります。 太古の時代、放置編成はスコアB止まりの非効率な選択でした。 しかし現在ではトリコロールシナジーの実装、特技発動率やライフのポテンシャルが追加されたことにより、スコアS放置可能な楽曲はどんどん増えています。 また放置編成で走れるイベントはアタポン形式だけではありません。 試してみると他の形式のイベントも普通に走れました。 特に「Live Groove」と「進めシンデレラロード」はシナジーなしでも放置走り可能です。 ネタ被りになったのは申し訳ないですが、二ヶ月更新なかったからちりめん氏飽きたのかなーって思っちゃったんです……すまんやで。 基本的な組み方 基本のユニット編成はちりめん氏の先行研究そのままです。 スキル・ブースト(スキブ)をセンターに置いて特技発動率を上げる。 ダメージガード(ダメガ)は 中確率7秒を必ず採用する。 こいつがクリアの要。 パーフェクトサポート(判定強化)を2名入れる。 トリコロール・シナジー(シナジー)を入れて回復とスコアアップを両立する。 シナジーを持ってない場合はスコアを妥協してオールラウンダーを入れるか、安定度を犠牲にしてコンセントレーションを入れてみる。 ゲストにはトリコロール・ボイス(Voトリコロ)、トリコロール・ステップ(Daトリコロ)、トリコロール・メイク(Viトリコロ)のどれかを借りる。 スコアを犠牲にしてライフアップ系のアイドル(パッション・クロス)を借りるという択もあります。 そして可能な限り下記の条件を満たすようにユニットを作ります。 トリコロ、スキブ、シナジーの得意ステータス Vo,Da,Vi を一致させる。 楽曲の属性 Cu,Co,Pa のアイドルをゲスト含めて4人いれる。 理想はトリコロ、スキブ、シナジー 、判定強化1名が属性一致しており、属性不一致の役割をダメガに押し付けること。 詳細は後述。 もし上記条件が満たせなくても 曲によってはステータス不一致だったり、属性一致が2名でもスコアSが取れます。 リハーサルで試してみてください。 放置編成の具体例 前章で説明した編成の具体例として、私が検証で使ってるユニットを紹介しておきます。 判定強化が2名いてスキブとシナジーの得意ステが一致してれば、三属性ともにそこそこ強い放置編成が作れると思います。 ポテンシャルの振り方 日比野ちりめん氏の先行研究そのままです。 属性一致 属性不一致 中確率 特技ポテ+4 特技ポテ+8 高確率 不要 特技ポテ+6 なおスキブとシナジーはハイスコア狙いのユニットでも使う人が多いと思いますが、特技ポテを振ることでスコアが下がるのが嫌ならイベントを走る時だけ魔法の時計で振りなおすしかないです。 ランキングボード100位を目指す理論値追及勢でなければ特技ポテに振っても悪影響はないと思います。 特技についての考察 ダメガは7秒中確率が最適で、これはカバー率の高さも理由ですが、単に最速で発動して欲しいからです。 よって今後も6秒以下のダメガが出ない限りは7秒中確率が最適解であり続けると思います。 スキブ、判定強化、シナジーを考える上で大事なのは、判定強化はスキブが発動してないと無意味、シナジーは判定強化&スキブが発動していないと無意味なため、この3種類の特技は 同時に発動していて欲しいということです。 スキブは8秒が明らかにカバー率が高いため優先的に採用しましょう。 カバー率が低い上にダメガと効果時間が被る 7秒スキブは非推奨です。 判定強化とシナジーは9秒間隔で合わせてあげると同時発動する範囲が増えスコアが伸びやすくなります。 98 秒 少し 85. 43 秒 しばらく 92. 97 秒 かなり 89. 44秒 わずか 49. 98 秒 少し 49. 43 秒 しばらく) 49. 98秒 少し 66. 43秒 しばらく 67. またスキブとシナジー+トリコロとで得意ステータス(Vo,Da,Vi)が不一致の場合スコアは1. (判定強化の秒数や曲によって変わるのですが、おおざっぱな傾向として) なので原則として、スキブについては属性、ステータスの片方が不一致だとしても10秒より8秒を採用した方がスコアは上がります。 クリア可能な楽曲リスト 各種イベントの走り方 アタポン形式 イベント楽曲を放置できるかどうかとりあえずリハーサル で試してみましょう。 イベ曲の放置が難しい場合でも、ライフにポテンシャルを振るか、ライフ値アップのセンター効果 (パッション・クロス) をゲストに呼ぶなどすれば放置できる場合があります。 また マスターよりマスプラの方が放置しやすい曲もあるため、マスプラも確認を行います。 通常楽曲はグランドライブのForteがmasterの1. 5倍ぐらいの時間効率で、スタミナ効率もやや上です。 グランドライブ放置編成の組み方はググって調べてください。 グランドライブ放置編成が組めない人でも2000位ぐらいは本稿で紹介したmaster放置で取れるので諦めないでください。 時間はかかりますがスタミナ効率は悪くないです。 サラリーマンが2000位を目指すなら放置編成のみでは厳しいですが、走るのが楽になるのは間違いないです。 まとめ• 開始7秒で死なない曲は放置可能。 開始7秒で死ぬ曲もポテンシャルとクロス・パッションのセンター効果で放置できるかも。 スキブは8秒がオススメ。 色んなイベントを放置編成で走れるぞ。 シナジー入りの放置編成は必要な限定SSRが多くハードルは高いのですが、ついに限定スカチケが実装されました。 微課金でもスコアS放置編成を組みイベントを走る、そんな時代が到来しつつあるのかもしれません。 あ、Cu,Co,PaにVoトリコロを配置してくれる同僚を募集します。 私は4属性すべてトリコロ美嘉を置いています。 弱くてすまンゴ… ゲームID : 441953378 以上、Cu,Co,Pa曲向け放置編成でした。

次の