ダイレクト ドライブ クリーナー ヘッド。 「ダイソンV11」4種の違い(Absolute/pro/Fluffy/+)や口コミ・評判!旧コードレス掃除機シリーズとも比較

【楽天市場】ダイソン 純正 v10 v11 ダイレクトドライブモーターヘッド dyson

ダイレクト ドライブ クリーナー ヘッド

ダイソン ヘッドの分解掃除方法 ダイソンのヘッドには布団ツールやソフトブラシなど多くの種類のアタッチメントがありますが、主なヘッドは モーターヘッド(ダイレクトドライブクリーナーヘッド)と ソフトローラークリーナーヘッドの2種類になります。 ダイソンV10アブソリュートプロは2種類とも付いていますが、それ以外は「ダイソンV〇」に続く名前がmorterhead(モータヘッド)かfluffy(フラフィ)かでヘッドの種類が異なります。 メーカー公式のヘッドのお手入れ・掃除方法 まずはメーカーの取扱説明書に記載されているヘッドのお手入れ方法を紹介します。 ソフトローラークリーナーヘッドには大小2本のローラーが使われていますが、これを取り外して掃除することができます。 作業に当たっては1円玉などのコイン1枚が必要です。 手順 1 ヘッド裏側のネジを回し、ロックを解除する。 ヘッド裏側のネジをコインを使って左回り(反時計回り)に約90度回転させ、ヘッド横のキャップのロックを解除します。 手順2 ヘッド横のキャップを起こしてロックを解除する。 ヘッド横のキャップを起こしてロックを解除すると、太いローラーがスライドして取り外せるようになります。 手順3 大・小のソフトローラーブラシを取り外す。 大きいソフトローラーブラシはスライドして取り外し、キャップを取り外す(キャップは水洗い禁止)。 小さいソフトローラーブラシは持ち上げて取り外す。 手順4 大・小のソフトローラーブラシを水洗いし、乾燥させる。 大・小のソフトローラーブラシを水洗いし(お湯・洗剤は使用しない)、24時間以上風通しの良いところに干して完全に乾燥させます。 ブラシ(大)を干すときは、穴の開いた方を下向きにして干します。 手順5 ソフトローラーブラシが完全に乾いたら逆の手順で取り付ける。 ソフトローラーブラシは小銭1枚あれば取り外せるので、誰でも簡単にお手入れすることができます。 ダイソンが一般的な掃除機と違って優れてる点は、このソフトローラークリーナーヘッドの存在が大きいと思います。 掃除機の吸引力がどれだけすごくても湿気を帯びて床にくっついた埃はなかなか取れませんけど、ヘッドのローラーが回転することで微細な汚れまで取ってくれますし、柔らかい素材で床面を傷つけないので、フローリングや畳などどこでも使えて便利です。 ただし、ヘッドのローラーが汚れていると汚れをなすりつけることもあるため、月1回本体のフィルターを掃除するタイミングで、ヘッドも一緒に水洗いしてお手入れしてあげましょう。 ソフトローラークリーナーヘッドの分解・掃除方法 ヘッドのローラー部分を丸ごと取り外して洗えるならそれだけで十分な気もしますが、ダイソンのソフトローラークリーナーヘッドを長い間使っているとゴミが溜まって気になる部分があるんです。 大・小2つのソフトローラーブラシの間にある空間にわた埃がめちゃくちゃ溜まっているのが見えてるんですけど、先に説明したメーカーの取扱説明書のお手入れ方法では、ここを掃除することはできません。 メーカー側の見解としては、ここに埃が溜まっても吸引力など性能に影響はないらしいですけど、ダニなど微生物の温床になったり、悪臭の原因になったら嫌なので何とか取り除きたいですよね。 そこで、ヘッド部分を分解してこの埃が溜まった所を掃除してみたいと思います。 ヘッドの分解を行うには、ダイソン本体の分解にも使用した トルクスドライバー(T8サイズ)と プラスドライバーが必要です。 ダイソン本体の分解も検討している人には必要なものが全て入ったこのドライバーセットがおすすめです。 ヘッド裏面:トルクスネジ4本• ヘッド側面(キャップを外した側):トルクスネジ1本• ヘッド側面(ローラー軸側):トルクスネジ1本、プラスネジ1本 ヘッド裏面のネジ4本をトルクスドライバーで外します。 ヘッド側面(キャップを外した側)のネジを外す。 ヘッド側面(ローラー軸側)のネジを外す。 手順3 ヘッドの裏面と側面のパーツを分解して内部を清掃する 手順2まで行うと裏面と側面にあるグレーのパーツが外せるようになるため、分解してヘッド本体を清掃していきます。 ヘッド本体にはモーターへの電源ケーブルが配線してあるため、傷つけたり水に濡らしたりしないよう注意してブラシなどで掃除します。 ご覧のとおり、表から見えていたわた埃を取り除くことが可能です。 ローラーの軸部分には潤滑用のグリスが塗られている部分もあるので、ゴミや埃が付着しないように注意しましょう。 以上がダイソンのソフトローラークリーナーヘッドの分解・掃除方法になります。 私と同じようにヘッドの隙間にある埃が気になった方はぜひ分解して掃除してみてください。 ミニモーターヘッドのお手入れ方法と分解掃除の必要性 ダイソンのモーターヘッド以外(フラフィなど)の製品にはミニモーターヘッドのアタッチメントが付いています。 ミニモーターヘッドのブラシはかき出す能力が強いので、フローリングなどに使うと傷をつける可能性がありますが、ベッドや布団など生地に入り込んだゴミを取り除くのに適したブラシです。 毛足が長いカーペットは毛が絡んで使えませんが、短いカーペットであれば髪の毛なども取り除けて非常に便利です。 でも、取り除いた髪の毛がどんどんブラシに絡まってきます。 これを掃除するお手入れ方法が取扱説明書のほうに載っています。 ミニモーターヘッドのお手入れ ミニモーターヘッドを掃除するのはとても簡単です。 側面にあるロックをコインで外します。 するとローラーブラシを引き抜くことができるので、絡んだものを取り除き掃除します。 ここまでは取扱説明書に載っている異物を取り除く方法ですが、ソフトローラークリーナーヘッドのようにさらに分解して掃除をする必要があるのでしょうか。 少しだけバラしてみたいと思います。 ミニモーターヘッドの分解 ミニモーターヘッドは、側面のトルクスネジ2本を外すと駆動側のカバーを外すことができます。 外した状況がこちらになります。 モーターと回転を伝えるギアやベルトが見えますが、思ったほど汚れていません。 ブラシ側を見てみると塵が入りにくい構造になっているようです。 ダイソンのミニモーターヘッドは簡単に分解できますが、主として使うブラシではないのと、構造上ゴミがカバー内にあまり入らないようなので、 分解して中まで掃除する必要は無さそうです。 ブラシに絡んだゴミが気になった時にブラシだけ外して掃除をするようにしましょう。

次の

ダイソンのソフトローラークリーナーヘッド、ダイレクトドライブクリーナーヘッド、カーボンファイバーブラシの違いを比較

ダイレクト ドライブ クリーナー ヘッド

ダイレクトドライブクリーナーヘッド• カーボンファイバーブラシ この2つは固いブラシなので、フローリングや畳には不向き ソフトローラークリーナーヘッドは特に畳がある和室がある家庭に選ばれています 畳はデリケートですので、固いブラシでゴシゴシ掃除してしまうと、畳の目がボロボロに・・・ 毎日、固いブラシの掃除機を使っていると綺麗だった畳が劣化してきますので、ブラシが柔らかいソフトローラークリーナーヘッドを使う必要があり そして、畳の目に逆らわないように目に沿って掃除機を動かすと畳の寿命を延ばす事ができますよ 畳だけでなく、フローリングの床を傷つける事も少なくなります 固いブラシのコードレス掃除機を使うと、木を固いブラシが削る事になるので細かいキズが出来てしまう原因に! ダイソンの、ダイレクトドライブクリーナーヘッド、カーボンファイバーブラシの2つのブラシは固い! 特にダイレクトドライブクリーナーヘッドの使い方に注意! 床と当たるような音がします! ダイレクトドライブクリーナーヘッドはブラシが固く露出面積も大きいのでフローリングと当たる音がします 実際に動画で聞いてください 畳・フローリング用のソフトローラークリーナーヘッドだと音はしません ダイレクトドライブクリーナーヘッドに交換すると、硬いブラシと床が当たっているような「ブルウゥゥゥ~~」という響く音がします この音を出しながら掃除すると、アパート、マンションで使うと下や隣の部屋から苦情がくるでしょう 床に当たる音って、下の部屋に迷惑になるので気をつけた方がいいですよ、トラブルになる事もありますから そのため、フローリング・畳を掃除する時は必ずソフトローラークリーナーヘッドを使いましょう 音だけでなく、この固いブラシで掃除したらどうなるのか?、床が傷つくリスクが高くなるのは想像できる カーボンファイバーブラシも同じような音がするの? カーボンファイバーで、フローリングの床を掃除しても、ダイレクトドライブクリーナーヘッドのような音は出ないと思います その理由は、ブラシの露出面積ですね 2つを比べてみましょう 先程の、固いブラシと比べると見ただけでフサフサして柔らかいのが伝わってきます 柔らかいブラシであれば、床を優しく撫でるように掃除できますので傷つくリスクを減らせます このような事を知らずにフローリングの床に、固いブラシのダイレクトドライブクリーナーヘッド、カーボンファイバーブラシを使ってしまうと、フローリングコーティングをしても傷が付いてしまう 細かいキズを付けたくないのであればブラシが柔らかいソフトローラークリーナーヘッドを使ってください 猫砂も吸い込む、ソフトローラークリーナーヘッド 猫砂は固いので、固いブラシだとぶつかって弾いてしまうので掃除が難しく、また固いブラシと固い物が当たると床がガツッ!と傷が付きます しかし、ソフトローラークリーナーヘッドだと猫砂を柔らかいブラシで包み込みながら吸い込むので猫砂もしっかりと掃除できます 実際に、ソフトローラークリーナーヘッドで猫砂を掃除している動画を見てください• ダイレクトドライブクリーナーヘッド• カーボンファイバーブラシ この2つが大きなゴミを掃除するのが苦手な理由は、吸い込み口の狭さにあります こちらの画像を見てください 吸い込む入り口が狭いのがわかると思います 前面にプラスチックのカバーが付いているので入り口が狭く、大きなゴミだと吸い込み口に入っていかない! これが原因で、猫砂のような大きなゴミを吸い込む事が出来ないんですよ 次にソフトローラークリーナーヘッドの画像を見てください 前面にプラスチックのカバーが無く、ブラシが剥き出しになっていますよね? ブラシが剥き出しになっているので、大きなゴミをしっかりとブラシで押さえ込んで吸い込む事が出来るのです あくまでも、以下の2つは、「じゅうたん・カーペット」用に作られているので吸い込む入り口が狭いんですよ 動画を見ると、フローリング・カーペットのゴミを綺麗に吸い込んでいるのがわかりますね ソフトローラークリーナーヘッドは柔らかいブラシなので、ゴミを上手く取り込んでくれるのでゴミが大きくても問題なく吸い込みます この動画を見ると、カーペット・じゅうたんの掃除も出来るのでは?と思う人もいますが カーペットの表面の見えるゴミは綺麗にできますが、ソフトローラークリーナーヘッドはカーペットの表面を、なでるようにブラシが回転しているので毛の奥に住んでいるダニ、ゴミを綺麗に吸い込む事は難しい・・・ カーペット・じゅうたんの奥のゴミやダニを綺麗にしたいのであれば、ダイレクトドライブクリーナーヘッドを使う事を勧めます• カーペットが多くある人• じゅうたんを敷いている人 ソフトローラークリーナーヘッドはブラシが柔らかいので、毛の長いカーペット・じゅうたんの奥のゴミを掻き出す事ができないので、カーペット等には不向きです ダイレクトドライブクリーナーヘッドの特徴 ソフトローラークリーナーヘッドよりも、固いブラシのダイレクトドライブクリーナーヘッドは、じゅうたん・カーペットの掃除に最適なブラシです 固いブラシが、じゅうたんの毛を大きく動かし、奥からゴミ・ダニの死骸などを掻き出してくれるので掃除能力が高い! また、ブラシには静電気を除去する効果がある、カーボンファイバー繊維を使っているので、カーペット・じゅうたんの静電気を除去しながら掃除する事が可能 カーペット・じゅうたんは静電気が発生しやすいので、その静電気でゴミがくっついて離れない まるで、磁石の+と-のように、カーペットとゴミが引き寄せられているので、これでは普通の掃除機では完全に綺麗にする事は出来ない 実際に、静電気がゴミが付着する映像を見てください 動画では最初は普通の糸を使っていますが、静電気が発生してしまう 23秒からカーボン素材の糸を使うと、静電気の発生が止まった! この動画を見ると、本当にカーボンファイバーが静電気の発生を防いでくれると納得したでしょ? 以上の事からも、カーペット・じゅうたん掃除をする時は、ダイレクトドライブクリーナーヘッドを選びましょう ソフトローラークリーナーヘッドには、静電気を除去するカーボンファイバーブラシが少ない・・・・ そのため、ソフトローラークリーナーヘッドはじゅうたん・カーペットの掃除は苦手 2つを比べてみました! 実際に、ソフトローラークリーナーヘッドとダイレクトドライブクリーナーヘッドでの、カーペットのゴミを取り除く能力を動画で紹介します 実験内容 ソフトローラークリーナーヘッドで掃除したカーペットを、ダイレクトドライブクリーナーヘッドで掃除すると取りきれなかったゴミが取れている! このように、カーペット・じゅうたんの掃除能力はダイレクトドライブクリーナーヘッドの方が高い事が証明されました 静電気の発生を防ぎながら、じゅうたんの奥に入り込んだゴミをしっかりと掻き出すからこそ、高い掃除能力があるんですね ちなみに、他のメーカーの掃除機には、カーボンファイバーは使えません なぜなら、カーボンファイバーはダイソンが特許を取得しているので、ダイソンしか使えないヘッドなので他社のコードレス掃除機には真似が出来ない! じゅうたん・カーペットをメインに掃除するのであれば、ダイレクトドライブクリーナーヘッドで掃除してください ダイレクトドライブクリーナーヘッドの弱点 ダイレクトドライブクリーナーヘッドは毛の長いカーペット・じゅうたんに対応するため、床と吸引口との間が狭い! そのため、フローリングに散らばった大きなゴミ、ペットのエサ(ガリガリ)、猫砂を吸い込むのが苦手。。。 この動画はダイソンDC62のカーボンファイバーブラシですが、固いブラシと床との間が狭いのが同じなので、ダイレクトドライブクリーナーヘッドを使っても同じようになりますので参考にしてください 動画を見ると、ダイソンDC45の方は毛の長いカーペットの上でもヘッドブラシの回転数は落ちないですが ダイソンDC35の方は毛の長いカーペットの上ですと、ブラシの回転数が落ちているのがわかりますね ヘッドブラシの回転数が落ちるという事はそれだけ、掃除能力は落ちてしまいハウスダストを取り逃してしまう事に・・・ そのため、毛が長いカーペット・じゅうたんを使っている場合はダイソンDC35は選ばない方がいいでしょう 他の、ダイソンV6、DC62、DC45モデルであればブラシモーターの性能が高いので毛が長い、カーペット・じゅうたんでも回転数が落ちないので確実にゴミを掻き出し吸い込みます カーボンファイバーブラシはダイレクトドライブクリーナーヘッドと同じように、静電気を逃がすカーボン繊維が付いているのでカーペット・じゅうたんの掃除に適しています ただ、先程も書きましたが V8、V7、V6モデルに搭載されているダイレクトドライブクリーナーヘッドの方が、カーペット・じゅうたんの毛の奥のゴミ・ダニを掻き出し吸い込み能力は高い そのため、家族に喘息・アレルギーがある人はハウスダスト除去能力が高い、ダイレクトドライブクリーナーヘッドを選んだ方がいいでしょう どうして、ダイレクトドライブクリーナーヘッドの方が掃除能力が高いのか? ここで気になる事が出てきます、どうして同じカーボンファイバー繊維を使っているのに、ダイレクトドライブクリーナーヘッドの方が掃除能力が高いのか? それは、ブラシの露出面積の違いです! 実際に画像を見てもらった方が早いので、以下のブラシの露出面積を見てください ダイレクトドライブクリーナーヘッド こうして、比べてみると、ダイレクトドライブクリーナーヘッドの方がブラシの露出面積が大きいのが一目瞭然! ブラシがカーペット・じゅうたんに接する面積が大きいので、より多くのゴミ・ダニ・ハウスダストをダイレクトに掻き出して吸い込む事が出来る! だから、「ダイレクト」という名前が付いている理由 カーボンファイバーブラシの方は、ブラシの露出が少ないのでカーペットに接する面積が小さいので、ゴミを掻き出す力は弱くなる このような違いから、ダイレクトドライブクリーナーヘッドの方が掃除能力は高いですよと書いているのです また、ダイレクトドライブクリーナーヘッドのブラシは固く露出面積が大きいので、これでフローリングの床を掃除たら傷つきやすいのは想像できますよね? ただ、カーボンファイバーブラシの方は露出面積が小さいので、フローリングの床を傷つけるリスクは、ダイレクトドライブクリーナーよりは少なくなりますが、床が傷つくのが嫌なら素直にソフトローラークリーナーヘッドを選んだ方がいいでしょうね DC45・DC35のブラシの形が違います DC45・DC35はカーボンファイバーブラシを搭載しているのですが V6・DC62とはブラシの形が違います 実際に画像を見てください• ソフトローラークリーナーヘッド• ダイレクトドライブクリーナーヘッド• 5時間 重さ2. 72kg・集塵容量0. 54L 充電台がある バッテリー残量表示ある 運転時間表示ある ゴミの詰まり表示ある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 72kg集塵容量0. 54L 充電台がある バッテリー残量表示ある 運転時間表示ある ゴミの詰まり表示ある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 72kg・集塵容量0. 54L 充電台がある バッテリー残量表示ある 運転時間表示ある ゴミの詰まり表示ある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 72kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量表示ある 運転時間表示ある ゴミの詰まり表示ある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 58kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量ランプある ゴミの詰まりランプある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 58kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量ランプある ゴミの詰まりランプある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 48kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量ランプある ゴミの詰まりランプある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグの掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 61kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量ランプある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 61kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量ランプある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 61kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量ランプある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 40kg・集塵容量0. 54L ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 34kg・集塵容量0. 4L ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 3kg・集塵容量0. 5時間 重さ2. 3kg・集塵容量0. 5時間 重さ2. 72kg・集塵容量0. 54L 充電台がある バッテリー残量表示ある 運転時間表示ある ゴミの詰まり表示ある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 72kg集塵容量0. 54L 充電台がある バッテリー残量表示ある 運転時間表示ある ゴミの詰まり表示ある ハンディ掃除機にもなる ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 48kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量ランプある ゴミの詰まりランプある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグの掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 61kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量ランプある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 55kg・集塵容量0. 54L バッテリー残量ランプある ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 40kg・集塵容量0. 54L ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 27kg・集塵容量0. 4L ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 10kg・集塵容量0. 4L ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) フトンツール (布団掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 10kg・集塵容量0. 4L ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 1kg・集塵容量0. 4L ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 1kg・集塵容量0. 4L ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2. 04k・集塵容量0. 4L ポストモーターフィルター (0. 5時間 重さ2kg・集塵容量0. 5時間 重さ2kg・集塵容量0. 5時間 充電5. 5時間 重さ2kg・集塵容量0. 5時間 重さ2kg・集塵容量0. 5時間 重さ2. 3kg・集塵容量0. 5時間 重さ2. 3kg・集塵容量0. 5時間 重さ2. 2kg・集塵容量0. 4L ミニモーターヘッド (ソファ・ラグ掃除に便利) バッテリー (Vモデルより寿命が短い) 排気フィルター (Vモデルより性能が低い) ダイソンの情報一覧 良く読まれている、ダイソンに関する情報です V11・v10・V8・V7・V6の性能の違いを紹介 DC74、DC62、DC45、DC35の性能の違いを紹介 ・ソフトローラー ・ダイレクトドライブ ・カーボンファイバー 3種類の掃除ブラシの違い ジャパネットたかたモデルの性能・機能を説明 別売りで買える、付属品まとめ ダイソンを収納出来る、スタンド一覧.

次の

ダイソンヘッド(ソフトローラークリーナーヘッド)の分解掃除

ダイレクト ドライブ クリーナー ヘッド

それぞれの違いと役割をまとめると以下のようになります。 これだけではわかりにくいと思うので、もう少し詳しく説明していきますね。 ソフトローラークリーナーヘッド ダイソンDC74シリーズ 2014年 以降で採用され始め、現在のダイソン掃除機の主役となっているヘッドです。 カタログなんかにも「大小様々なゴミを吸引」って書いてあったりするんですが、これだといまいちピンとこないですよね。 「当たり前じゃないの? 」 と思う方もいるかもしれません。 ですが、これがまぁすごいことなんです。 小さなゴミ フローリングの目地に入り込んだホコリや、カーペットの中のホコリのことです。 これをしっかり吸引するためには下からしっかり吸い上げる力が必要です。 具体的にはヘッド前側の隙間を減らせばいいわけですね。 ただしこれでは大きなゴミはヘッドにぶつかってしまい、吸い込み口に入ることができなくなってしまいます。 大きなゴミ だいたいあずきくらいのサイズ以上のゴミのことです。 よくあるシーンとしては小さなお子さんがお菓子を食べこぼしてしまったような状況ですね。 こんな場合はヘッドに隙間を作る必要があります。 ただし、前を空けすぎると空気が漏れるため、下から吸い上げる力が弱くなります。 「前と下の両方から吸い込んだらパワーが分散される」と言った方がイメージしやすいかもしれませんね。 下から吸うパワーは主にカーペット掃除に必要です。 前から吸うパワーは主にフローリング掃除に必要です。 ですが、両立はできないものなんですね。 あちらを立てればこちらが立たずなんです。 それを見事に解決したのがソフロトーラークリーナーヘッドなんです。 ヘッドに隙間を作らずに大きなゴミも吸えるなんて賢いですよね。 私はもうかれこれ13年ほど掃除機を見てきましたが、その中で一番「おおっ!! 」ってなったのはこのヘッドを見たときですね。 また、太いローラーを採用しているおかげで、髪の毛が絡むこともほとんどありません。 回転の軸が太いので、髪の毛が巻きつく前に吸い込まれていく仕組みです。 フサフサのブラシは柔らかく、フローリングにも優しいとなかなか万能なヘッドなんです。 無駄に重いわけじゃなかったわけですね。 ただしこのソフロトーラーヘッドには弱点もあります。 ブラシが柔らかいせいで、カーペットに絡んだ毛を引っ掻いて浮かせることができないわけですね。 こういった"指でつままないと取れないようなゴミ"はブラシで一度引っ掻いて、床面から剥がす必要があります。 その"引っ掻いて剥がす"力があまりないんですね。 毛足の短いカーペットくらいなら持ち前のパワーでカバーできるのですが、ふかふかのカーペットだとかなり手こずります。 ソフトローラークリーナーヘッドは カーペット・フローリングどちらもしっかり吸引できて万能型のヘッドです。 ペットを飼っているという方はミニモーターヘッドに付け替えればOKです。 多くのモデルに採用されていますが、現行機種で一番値段が手頃なものですとこちらのモデルになるでしょうか。 ダイソンV7fluffy SV11FF2 運転時間はダイソンシリーズの中でも短めで 弱で20分 強で6分 となっています。 ですが、お掃除の頻度やお部屋の広さ次第では大丈夫という方も多いはずです。 ダイレクトドライブクリーナーヘッド ソフロトーラーヘッド同様に太い軸が採用されているヘッドです。 こちらは硬いブラシが少量採用されいます。 ブラシが少量ということもあり、ブラシの部分をわざわざ取り外さなくても、さっと拭いて手入れできるメリットがあります。 こちらも軸が太いだけあって、毛絡みは少なめですね。 また、カーペット用ヘッドという位置付けということもあり、細い車輪が使われています。 太い車輪の方がフローリングには優しいですが、引っかかって進みにくくなってしまうからですね。 ヘッド自体がそれなりに大きくて重いこともあり、細い車輪との組み合わせはフローリングに優しいとは言い難いかなぁと思います。 ダイレクトドライブヘッドは ペットを飼っていて、なおかつほとんどカーペットという場合におすすめです。 それ以外だとこれ単体ではちょっと微妙かなぁというのが正直なところですね。 ダイレクトドライブヘッドはあくまで、万全を期すためのものであって常用というイメージではないです。 それだけに付属しているモデルは少なめです。 予算抑え目ならV7motorheadですが、生産終了でメーカーサイトからも消えています。 ネットショップならまだ見つかりますね。 V7motorhead SV11ENT 運転時間は 弱で40分 中で20分 強で8分 となっています。 ソフロトーラーヘッド装着時 最新V11はこちらのページで紹介しています。 モーターヘッド これが一番普通というか、国内メーカーのヘッドに近い形状ですね。 主にDC62 2014年 頃まで主力だったヘッドです。 また、こちらは硬いブラシも使われているので、ペットの毛も得意です。 ヘッドはダイソンの中では小さめで、割とスイスイ動いてくれます。 吸引できるゴミのサイズは米粒くらいが限界です。 これがこのヘッドが主役の座から降ろされてしまった理由なんです。 「ダイソンは大きなゴミ吸えないですよ」って散々国内のメーカーさんに言われてましたからね。 とはいえ、小さなお子さんでもいない限りは大きなゴミってそれほどないかもしれませんね。 ということで、2019年になって久々に復活しました。 ダイソン初の軽量路線モデルに採用されています。 ダイソンV7slim SV11SLM こちらもV7世代ということで、先ほど登場したSV11FF2と同じ運転時かん 弱20分・強6分 です。 短めのパイプにモーターヘッド採用で本体重量2. 2kgを実現しています。 ヘッドも自走式ではないものの、割とスイスイ動いてくれます。 SV11FF2など、多くのダイソンコードレスに付属するミニモーターヘッドはこちらには付属しませんのでご注意ください。 その代わり値段は抑えられていますね。 初期価格で4万円台とダイソンにしては手が届きやすい設定です。 同価格帯の掃除機から比べたらダントツの吸引力ですから、ある意味お得かもしれません。 電気屋さんが近くにある方はぜひ一度試してもらいたいです。 ミニモーターヘッド こちらはメインで使うヘッドではなく、付属ツールの小さめヘッドです。 また、ダイソンのパワーがこの小さな吸い口に集中するわけですから、吸引力もものすごいです。 マットレス掃除もシーツの上からでもOKです。 「ペットの毛も吸いたいけど、アブソリュートモデルは値段高すぎ・・」 こんな時にはミニモーターヘッドで代用が可能です。 ソフロトーラーヘッドはブラシが柔らかいので、その弱点を補うためのツールという意味合いもあるんですね。 吸引力が強く床に張り付きやすいこともあり、特にマット類など動かしにくい場面も多いです。 ブラスも結構固めなので、布ソファやシーツなんかは毛羽立ちができることもあります。 目立たない場所で試してもらってから使ってください。 ミニモーターヘッドは ミニモーターヘッドは多くのモデルで付属しています。 現行品 公式サイト掲載品 ならSV11SLM以外なら付属ですね。 ソフロトーラーヘッドの弱点を補う役目を持ちつつ、細かい場所のお掃除にも大活躍です。 最新性能で選ぶなら V11fluffy SV14FF 最新V11の収納スタンド無しモデルですね。 ミニモーターヘッドはしっかり付属していますので、置き場所が気にならこちらで予算を抑えることができます。 ペットを飼っている場合の対策は2通りですね。 先ほども書いたように、ソフロトーラーヘッドであっても、毛が短めのカーペットなら持ち前のパワーでなんとか乗り切れます。 あくまで、いざという時にどうするかというお話ですね。 ですから、SV11ENTやSV11SLMにはミニモーターヘッドが付属しないわけなんです。 そうやって価格を抑えているわけですね。 「大きなゴミはそうそう無いよ」 と言う場合はモーターヘッドでも良いかもしれません。 V7シリーズは運転時間短めですが、それだけクリアできればかなり使い勝手は良いと思います。 以上ダイソンのヘッドの種類の解説でした。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の