シンフォギア2 最終決戦 未来。 PF戦姫絶唱シンフォギア2は勝てるのか?|前作とのスペック比較と実戦した感想

CRF戦姫絶唱シンフォギア パチンコ 保留・信頼度・継続率・評価・感想・ボーダー

シンフォギア2 最終決戦 未来

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア「最終決戦」100戦の記録 戦姫絶唱シンフォギアで最もアツくなれる場面「最終決戦」をひたすら楽しみ、約半年間をかけて100戦を戦い抜いた適合者(筆者)の記録をまとめてみました。 もちろん全てライトミドル199ver. のもの。 仕事終わりの稼働メインでコツコツと打ち続けた結果に、シンフォギア好きは共感してもらえると思います。 ライトミドルでクリスとクリスマスを過ごしながら読んでほしい!そんな、とっておきたい、とっておきの激闘録をご一読ください。 目次 基本情報 CRF. 戦姫絶唱シンフォギア199ver. さすが主人公!意外にもクリスでも勝てる可能性も高めになりましたが、体感的にはチャンスアップなしで勝つのは一握りなので、特にフィーネ画面の出現を祈りたいところ。 実は、この 4つ目の響パネルで勝って、SCでの1回転目に当らなかったことはあります。 ちなみに全員パネルに変化したのはクリスパネルから1回と翼パネルから2回。 サプライズを演出してくれる頼りになる存在です。 ついでにシンフォギアチャンスの連チャン数も集計してみました。 平気へっちゃら 半年間の収支 最終決戦の結果を2018年7月から記録し続けて、100戦を達成するまでに費やした期間は約半年。 仕事終わりに諭吉さん1人でフィーネに戦いを挑むことを基本戦術として、休日は飽きるまで打つスタイルで戦いました。 その結果は、 稼働日数 80日 戦績 29勝51敗(勝率:3割6分) トータル収支 +232,800 なんと、赤!…じゃなくて、予想を覆す黒字収支! 奇跡の1ヶ月があったおかげなんですが、ライトミドルのスペックらしからぬ激しく変動する収支グラフを描きました。 以下にて月ごとの詳細もまとめましたので、ぜひご覧ください。 7月 実践記録スタート シンフォギアがよく回るお店を見つけて、仕事帰りに愉しむようになりました。 しばらくは打ち方を模索していましたが、夕方からの投資は諭吉1人までが丁度良いことに気づいた1ヶ月でした。 お盆は定石を守って打ちに行かず、大幅プラス収支を記録。 また、最高連チャン数を記録した神掛かった8月でした。 しかも大当りなく諭吉さんが消える日も多く、収支は下方修正かと思いきや、連チャン率の高さでギリギリプラス収支を守りました。 半月もの間、当たらないだけでなく、当たっても単発を繰り返すだけ。 プラス収支を何とか守れたのが奇跡です。 1kあたり23回転の台を50k費やしてノーボーナスだった時は、さすがに心が折れる音が聞こえました。 最終決戦の勝率は高く、シンフォギアチャンスの継続数がもっとあればもっとプラス収支を見込めたはず。 ただ、甘デジシンフォギア導入の影響から、回らない日が少なからず増加傾向にあったことが懸念されます。 本機の面白さが凝縮された最終決戦は、パネル決定の時点で諦めるのはまだ早い! 100戦で最高の配置はコレ! 100回も最終決戦を戦って、絶唱2枚すら出現しなかったのは不甲斐ないとしか言えません。 2枚目の絶唱と3枚目が当選していましたが、1枚目を外しても平気へっちゃらな安心感が素敵すぎました。 それを外したあとの響もまさかの外れ。 そんな絶望的な状況に諦めていた5枚目のクリスが何のチャンスアップなく当選。 これが最終決戦の面白いところですね。 こんなパネルなのに当った数がおかしい! これは既に諦めるべきパターンですが、2枚目の翼で赤文字のみのチャンスアップで難なく撃破。 4枚目、5枚目も当選しているなんて防人さん有能すぎです! 勝利を零した激アツハズシ 約半年間をかけて1万回転以上も稼働すれば、絶対に外してはいけない演出も外してしまいます。 そんな高信頼度の激アツハズシを紹介していきましょう。 7テンはこんなはずじゃないのに! 投資39kで903回転目に、聖詠演出から7テンパイ。 しかし、無情にも最強の未来さんリーチに発展してそのまま外れ。 もちろん復活当りもなく普通に変動した瞬間、さすがに心の中で絶唱しました。 しかし70億の絶唱でチャンスアップなく外れました。 初当り100回で出現したプレミア演出 最後に、100回の初当りと61回のシンフォギアチャンスで実際に出現したプレミア演出を紹介します。 個人的には、夢夢ちゃんを見たかったし、青保留のまま消化してみたかったけど、さすがにそれは達成できませんでした。 みなさんはいくつ見たことがありますか? 通常時 プレミアステージ 桐生七美 響ランプ前兆予告虹 戦姫絶唱しないタイトルロゴ 愛 この後ッ!?

次の

PF戦姫絶唱シンフォギア2 |パチンコ 新台 最終決戦 演出 信頼度

シンフォギア2 最終決戦 未来

概要 とのカップリング。 という間柄で二段ベッドなのに同じ段のベッドで寄り添って寝たり、未来が響のレポートを手伝ったり未来が響の着替えを手伝ったり、お互いに隠し事をしないよう約束しあったり、一緒に運動してお風呂にも入ったり、響が特訓しているところを未来が後ろで見守ったり、響が危険な目に遭ってる事を知って喧嘩しても一緒に危険な目に遭って仲直りしたり、どう見てもです。。 しかし、そんな2人にも幾度となくトラブルは降りかかり、無慈悲にも2人を傷つける…。 以下には2人の間に起きた主な出来事を記す。 第1期 にて• 物語が進むにつれ、自身がの装者であることを隠し続けた響と未来の間には少しずつ溝が出来ていき、そして響の「隠し事」が未来に知られてしまった後に2人は完全に仲違いをしてしまう。 第7話• 未来がお好み焼き屋のおばちゃんを助けるため囮になり、共に危機を潜り抜けたのを機に2人は和解し、互いの絆を確かめ合った。 「 私の全部を預けられるの、響だけなんだから」 第8話• 最終決戦では、未来の働きかけがエクスドライブ発動やデュランダル制御のきっかけとなり響を救った。 最後は約束通り2人で流れ星を見上げ、強い絆を確認し合った。 第13話 にて だが、シリーズ第2期にあたるGの第9話では、 と言わんばかりの衝撃の展開が待っていた。 響の体内のガングニールの破片が彼女の肉体を徐々に蝕み、そして最終的には彼女が死亡するか人間でなくなってしまうという衝撃的な事実が発覚。 第6話• からこの事実を聞かされた未来は響を戦いから遠ざけるため必死に努力するが、未来の奮闘むなしく2人は引き離されてしまう。 第8話• 拉致された未来の「響を守りたい」と言う想いはに利用されてしまう。 第9話• ひびみくは敵同士として再会。 未来を助けるために自身の命を危険にさらして未来と戦わざるを得なくなった満身創痍の響と、響を戦わせないために響を傷つける洗脳された未来と言う最悪の構図が出来上がってしまった。 しかし紆余曲折を得て最終的に響は未来の説得及び救出に成功。 響はとっさの機転で未来のであるシェンショウジンから放たれた 聖遺物を分解する光を自ら受けることにより、2人の体を蝕んでいたそれぞれの聖遺物を完全に除去するのに成功し、事なきを得た。 また無自覚ではあるが、響の未来に対しての感情もしっかり描写されているため、ひびみくファンなら必見。 響は人助けのための力で人を傷つけてしまうのを恐れ、戦うことができなくなってしまう。 そんな響に、「響の歌は誰かを傷付ける歌じゃないよ」と激励。 ようやく変身できた響は転落しつつある未来をして救出。 迷いが消えたを未来に向ける。 そして「行ってくる」「待っている」と短い言葉のやり取りで通じ合うところはまるで長年ののようである。 第4話• 思わぬ形で再会したと響の話し合いの場を設けるため、未来がパイプ役を務める。 他の家庭の事情に関与することは相当気を遣うことだが、それを惜しまない未来の響への誠実さが分かる。 第8話• との決戦終結後、響は自分の無力さに打ちひしがれる。 しかし未来は「響の拳は特別。 世界で一番優しい拳だもの」と励ます。 響の話し相手が未来に一任されている辺り、他の装者達からもひびみくの絆の強さが認識されていることが分かる。 第13話• から帰国した響の話を傾聴する未来。 このとき未来はさり気なく響の髪を整えていて、響の方もされるがまま。 仲の良い肉親同士であってもなかなかここまでしないであろう。 第3話• 譲れない想いを抱えたを否定するために戦えないと苦悩する響に、「勝たなくてもいいよ」「だけど絶対に負けないで」と激励。 相手に勝つ(否定する)必要はなく、負けない戦い=響の在り方を貫いて欲しい。 未来が響の戦うことの意味を理解しているのが分かる。 第5話• 神の力に取り込まれてしまった響を救出する作戦が遂行される中、未来が響に誕生日の祝いの言葉を投げかけ手を伸ばし合う。 響が未来のことを自分のひだまりだとは常々発言していたが、未来の方も響を自分のお日様であると表現し返した。 なお、未来を切り札として投入することを決めたのはであり、ひびみくの絆はS. 内で周知されていることが分かる。 第12話• 響が「お互いがお互いの正義を信じて拳を握り締めている戦いは……簡単に解決なんてできない」と苦悩していると、未来が「響が自分を信じられなくても、私は響を繋いだ手は離さない。 何があっても握り締めているから」と励ます。 第13話 ひびみくに最大の試練が訪れる。 響の傷心中のへの対応のマズさに未来が激怒。 未来はかつて自分のせいで響を危ない目に遭わせてしまったことをずっと気に病んでいたことも遂に打ち明ける。 第5話• の謀略により未来は拉致され、最終的にアヌンナキのの依り代とされてしまう。 「 誰かが私を困らせていたら その時は響に止めて欲しいな」「 中略 私の大好きな 世界で一番優しい拳で」「お願いね。 だって 私の全部を預けられるのは響だけなんだから」 第6話~第8話• 響は神殺しの拳を振るえば、シェム・ハ撃退自体は成しえても、 未来もろとも葬ることになってしまうという事実に喘ぐ。 しかしキャロルからのアドバイスを受けたこと、の言葉を思い出したことによって、響は未来への想いの強さで2千年の呪いを書き換え、未来からシェム・ハを追い出すのに成功。 第13話• 破壊の援護に現れた未来は、響の背中を見るのではなく、一緒に並んで歩きたいと想いを吐露。 シェンショウジンのを纏ったその姿は さながら花嫁のよう。 システム破壊後は響と未来が揃って「神様も知らないヒカリで歴史を創っていける」とシェム・ハに宣言する。 第13話• エピローグ、再び2人で流れ星を観測する。 そして互いに「 ずっと自分の言葉で伝えたかったことがある」と打ち明け合う。 最後に響が「私の伝えたいことが未来と同じだったら嬉しいな。 」と告げたところで、シンフォギアTVシリーズは幕を閉じる。 第13話• また、その後2019年11月12日には、ひびみくを主役とした特別なシナリオが付属するメモリアカードを取得できるイベント、『運命の相手』の開催にあたり、エクスドライブモードのひびみくが連携して必殺技を放つ「連携技」を持つシンフォギアカード『小日向未来【交響日向】』が実装され、併せて後述の『いつかの虹、花の想い出』も実装される、というひびみく尽くしの一日がやってきた。 そのタイトルは いつかの虹、花の想い出 作詞: Elements Garden 作曲:岩橋星実 Elements Garden 2人でのデュエットソングである。 歌詞中にて「ずっと一緒にいようね」や「いつも、いつも、大、大、大好き……!」 などと歌っているあたり、やはりこの2人は互いに友情以上の感情を抱いてるのだと考えられる 尚、一部の適合者からは 甘すぎて砂糖吐いたなどの声も上がっている……らしい? また、余談だが、響と未来の持ち歌には お互いのアイデンティティワード(響なら「響」「立」「花」「太陽」未来なら「未来」「陽だまり」など。 他にも「レインボー」「メモリア」など曲題の一部も該当する)が 必ず含まれており、当然ながらこの曲にも含まれている。 (まあ、この曲の場合、そもそも曲題が響の持ち歌の「rainbow flower」と未来の持ち歌の「陽だまりメモリア」から取られているので当然と言えば当然なのだが。 ) 関連イラスト.

次の

戦姫絶唱シンフォギア2が打ちたくないけど打ちたいデス!

シンフォギア2 最終決戦 未来

増台に次ぐ増台で、設置台数・人気ともに絶頂の今だからこその絶唱法則集!! これらを知ってから打てば、ただでさえ面白い 「シンフォギア」の演出が、より楽しめること請け合いだ。 他機種では期待できない青保留に強力な法則が存在。 なんと青色のままリーチになれば、その時点で大当たり濃厚だ。 前回から5回転以内の背景変化は超激アツ!! またプレミアステージに移行した場合も大当たり濃厚となる。 突如発生するアイキャッチが「シンフォギアの秘密8」なら、そのまま即当たり!! 大チャンスの「レバブル」がリーチコール時orリーチ最終あおり時orリーチハズレ後のいずれかで発生すれば、その時点で大当たり濃厚だ。 フリーズ予告が発生したら秒数を数えてみよう。 15秒以下での解除が大半だが、20秒を超えればアツい!! 実は左に止まった時点でリーチ発展濃厚= 信頼度は約95%だ。 フリーズ解除後に絶唱ゾーンor70億の絶唱リーチのどちらかに滞在していれば、その時点で大当たり濃厚!! 金系演出や絶唱ゾーンなどの強予告から、聖詠ボーナスチャンスに発展したら超激アツだ。 初代ガングニール装者の奏(かなで)と夢夢ちゃんは、幸福を呼ぶプレミアムキャラ。 また響の親友「未来」は、聖詠予告や装者リーチで出現すれば大当たり濃厚となる。 全回転リーチは発生=15R濃厚。 つまり大当たり後はそのままシンフォギアチャンスに突入するぞ。 イコライザーSU予告、キャラカットイン予告、キャラ決意予告、アクションルーレット予告などで出る「金」は大当たり濃厚。 また各キャラの最強攻撃や「押して参るボタン」、他にも最終変動での「小向未来」も大当たり濃厚となる。 シンフォギアチャンス中は15R濃厚演出が多数存在。 ここに挙げた以外でも「Vフラッシュ」「Vハンドル飛びだし」「復活大当たり」「全回転リーチ」も15R濃厚だ。 (C)Project シンフォギア (C)Project シンフォギアG.

次の