小麦粉 ふるい。 100均ダイソーの「小麦粉ふりふりストッカー」は便利なんですがなぜか使ってないです

【お菓子作り】 周りに飛び散らない小麦粉のふるい方

小麦粉 ふるい

貴重なご試作ありがとうございます。 ならば、小麦の外皮 フスマ 部分は粒全体の約13. ある程度フスマを取り除こうと思えば篩を使うよりないのですが、場所はとるし作業性の悪い篩の設置はベーカリーさんでは難しいと思います。 そこで、精麦により白い小麦粒を作れるとしたら、革命的なことになるのでは?と思ったのですが、実際やってみるとこれがなかなか上手くいきません。 挽いている最中はかなり白い粉が出てきて期待が高まるのですが、吸水するとちゃんと茶色くなっていきます。 どうでもいいことかもしれませんが、ノアってオレンジ色のパンになるんですね。 肝心の味は?と言うと、風味の濃さでは断然ピーリングが少ない方に軍配が上がります。 食べやすさではオレンジ色の方かなと見た目では思いましたけど、何度も食べ比べすると食べやすさにはこれといった差はなく、しっかりした全粒粉の方が風味が濃いぶん美味しいと感じました。 パンを食べるにあたって粉に関心を集中していると、そもそも白い粉を好んで食べる意味も必要もないように思えてきます。 風味も栄養価も削られてしまってますからね。 なんでみんな白いパンが好きなんでしょうね? Posted in , 投稿ナビゲーション.

次の

小麦粉ふるい操作後の小麦アレルゲンの飛散動態の解析

小麦粉 ふるい

小麦粉の異物混入とは? 小麦粉をふるう目的には、「異物の混入を防止すること」があります。 通常、異物の混入はまずありえません。 しかし、小麦粉は(片栗粉などと比べて)栄養が豊富であるため、「虫の混入(コクゾウムシなど)」のリスクがないわけでもありません。 異物混入に関しては、「もしも」のためです。 ダマを残してはいけない理由 小麦粉には、ダマができます。 ダマを放置したまま調理を続けてしまうと、生地のミキシング、生地の発酵、生地の焼成など、いずれの工程においても「ダマは残り続ける」ことになります。 最終的には、焼きあがったパンの中にまで残ります。 ダマを除去するには、ふるうのがいちばんです。 多くのダマはふるっている最中にくずれますし、くずれきれなかったダマも確実に除去することができます。 ちょっとしたひと手間ですが、欠かすことのできない工程です。 空気を抱き込ませることのメリット 保管されている小麦粉は、粉の粒子が詰まっています。 そのままでは「ダマができやすい」「水分が浸透しにくい」などのデメリットが生じますので、ふるうことになります。 空気を抱き込ませるようにすることがポイントです。 小麦粉の粒子間の隙間を開けてあげることにより「毛細管現象によって水分を吸収しやすくなる」ことになり、各材料とのなじみ(まとまり)が良くなります。 この点に関しては、料理の仕上がりに大きく影響します。 まとめ 小麦粉は、ふるいにかけてから使用します。 それによって、「ダマがなくなり、粉の粒子に空気を抱き込ませることができる」ことになりますので、料理の仕上がりは格段に良くなります。

次の

篩(ふるい)を使わず、精麦機と石臼で白い小麦粉はできるのか?

小麦粉 ふるい

小麦粉の異物混入とは? 小麦粉をふるう目的には、「異物の混入を防止すること」があります。 通常、異物の混入はまずありえません。 しかし、小麦粉は(片栗粉などと比べて)栄養が豊富であるため、「虫の混入(コクゾウムシなど)」のリスクがないわけでもありません。 異物混入に関しては、「もしも」のためです。 ダマを残してはいけない理由 小麦粉には、ダマができます。 ダマを放置したまま調理を続けてしまうと、生地のミキシング、生地の発酵、生地の焼成など、いずれの工程においても「ダマは残り続ける」ことになります。 最終的には、焼きあがったパンの中にまで残ります。 ダマを除去するには、ふるうのがいちばんです。 多くのダマはふるっている最中にくずれますし、くずれきれなかったダマも確実に除去することができます。 ちょっとしたひと手間ですが、欠かすことのできない工程です。 空気を抱き込ませることのメリット 保管されている小麦粉は、粉の粒子が詰まっています。 そのままでは「ダマができやすい」「水分が浸透しにくい」などのデメリットが生じますので、ふるうことになります。 空気を抱き込ませるようにすることがポイントです。 小麦粉の粒子間の隙間を開けてあげることにより「毛細管現象によって水分を吸収しやすくなる」ことになり、各材料とのなじみ(まとまり)が良くなります。 この点に関しては、料理の仕上がりに大きく影響します。 まとめ 小麦粉は、ふるいにかけてから使用します。 それによって、「ダマがなくなり、粉の粒子に空気を抱き込ませることができる」ことになりますので、料理の仕上がりは格段に良くなります。

次の