か りゅう の ごう よく そう。 日本製最新鋭潜水艦「おうりゅう」、世界が「リチウムイオン電池」初搭載に注目

「そうりゅう型」潜水艦の潜航深度と性能【2020年3月 11番艦 おうりゅう 引き渡し】

か りゅう の ごう よく そう

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

日本が次世代潜水艦の開発に着手

か りゅう の ごう よく そう

【新型コロナウイルスの感染予防に対する対応について】 いつもホテル瀞流荘をご利用いただき誠にありがとうございます。 当ホテルでは、お客様に安心してホテルをご利用いただけるよう、 新型コロナウイルスの感染予防対策として以下の取り組みを行っております。 お客様におかれましては、ご理解、ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。 全客室をアルコール消毒するなど、平常時とは異なる特別な清掃を実施しております。 フロント・レストラン・宴会入口などに消毒液を設置し、お客様にご使用をお願いしております。 健康な状態でお客様に応対するために、従業員の健康管理に細心の注意を払うとともに、 手洗い・うがいを徹底するよう指示しております。 なお、万一の感染拡大を防止するため、一部従業員がマスク着用のうえ、 お客様に応対させていただいております。 【入鹿温泉の源泉についてお知らせ】 現在、湯ノ口温泉を引き湯として営業しております。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。 瀞流荘に宿泊すると魅力ある自然体験が満喫できます! 瀞峡巡りジェット船、鉱山トロッコ電車、レールマウンテンバイク、川の熊野古道を巡る三反帆などオプションとして体験することができます。 宿泊限定プランのご用意ができました。 メイン料理には、「熊野地鶏鍋」をご用意いたします。 熊野材をふんだんに使用した木の香が漂い、豊富な湯量と良質な温泉で体の芯まで温もります。 瀞峡は、瀞八丁とも呼ばれる北山川の大渓谷です。 春には新緑、秋には紅葉と四季折々の景観が望めます。 壮大な断崖とともに、自然が作り上げた美しい芸術を是非ご堪能ください。 当ホテル瀞流荘は、湯ノ口温泉とは別の施設になります。

次の

潜水艦の魚雷って普通何本持ってますか。よく潜水艦ものの映画で敵...

か りゅう の ごう よく そう

そうりゅう 基本情報 建造所 運用者 艦種 級名 建造費 598億円 母港 所属 第5潜水隊 艦歴 計画 平成16年度計画 発注 起工 進水 就役 要目 2,900 4,200t 84. 0 最大幅 9. 1m 深さ 10. 3m 8. の1番艦。 艦名はの一つの別名である蒼竜に由来し、この名を受け継いだ日本の艦艇としては、の御召艦「」、「」に続き3代目にあたる。 艦歴 [ ] 「そうりゅう」は、に基づく平成16年度計画2900トン型潜水艦8116号艦として、で2005年3月31日に起工され、2007年12月5日の命名・進水式において、「そうりゅう」と命名され進水、2008年10月4日に公試開始、2009年3月30日に就役し、第5潜水隊に編入されに配備された。 2008年7月9日、三菱造船所の作業員5名が感電し火傷をする事故が発生した。 2012年10月8日午前7時前に定期検査後の確認運転のため、由良港を出港後、午前8時47分に潜航を開始。 午後2時18分頃、潜航中の「そうりゅう」で3曹が当直に表れず行方不明になり、浮上して捜索したところ、艦橋セイル内浸水部で溺死しているのが発見された。 事故調査委員会は3曹が自殺したものと結論づけた。 2013年9月2日、呉基地で停泊中の「そうりゅう」艦内の寝室で、2等海尉が艦内の格納庫から持ち出した拳銃で自殺を図った。 2等海尉に命に別状はなかったが、重い障害が残っている。 海自は2015年に自殺の原因を上官の暴行と断定し、上官と暴行を黙認していた関係者を停職数日程度の懲戒処分を実施した。 しかし、海自は2等海尉との協議が続いているという理由で処分を公表していなかったことが2016年1月12日に各メディアで報道された。 2等海尉の両親は2016年1月中に国を相手に3000万円の損害賠償を求める裁判をに起こすことを明らかにしている。 から16日までの間、及び同島周辺海空域において実施される日米印共同訓練(マラバール2018)に参加する。 参加部隊は「そうりゅう」の他、護衛艦「」、「」、「」、搭載航空機5機、哨戒機2機。 現在も第1潜水隊群第5潜水隊に所属し、定係港は呉である。 歴代艦長 [ ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 艤装員長 - 加納雅人 2007. 5 - 2009. 30 26期 そうりゅう艦長 そうりゅう艦長 1 加納雅人 2009. 30 - 2009. 30 防大26期 そうりゅう艤装員長 第5潜水隊司令 就任時2等海佐 2009. 1、昇任 2 笹木雅仁 2009. 1 - 2011. 24 防大31期 艦長 艦艇開発隊潜水艦科長 3 岡氏進一 2011. 25 - 2012. 24 防大35期 司令部 副長 4 竪山博幸 2012. 25 - 2013. 14 潜水艦教育訓練隊 潜水艦隊司令部幕僚 5 渡邊秀樹 2013. 15 - 2014. 30 潜水艦隊司令部幕僚 潜水艦教育訓練隊学生隊長 6 佐藤直幸 2014. 1 - 2016. 20 防大38期 潜水艦教育訓練隊 潜水艦教育訓練隊学生隊長 7 野村親永 2016. 21 - 2018. 9 潜水艦教育訓練隊 潜水艦教育訓練隊 8 坂井博之 2018. 10 - 潜水艦教育訓練隊 脚注 [ ]• 「海上自衛隊ニュース 航海中の「そうりゅう」で乗員1名が死亡」 『』第770集(2012年12月号) P. 100• 47news 2013年9月2日• 2016年1月13日, at the. 読売オンライン 2016年1月13日• 2016年1月13日. 2016年1月14日閲覧。 参考文献 [ ]• 『 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・・)。

次の