フロイト 発達 段階。 肛門期

心理性的発達理論

フロイト 発達 段階

心理性的発達理論(しんりせいてきはったつりろん, Psychosexual development)とは、のによる、のについての理論。 フロイトの「性理論三篇」(1905年)にて発表された。 子どもには(infantile sexuality)に基づいて、、、(エディプス期)、、という5つの成長段階があり、その期間には身体成長と性的発達が複雑に絡み合って進展するとする。 ではなじみが薄い理論だが、、特にでは「の思考発達段階説」と並び、を支える2本の柱の一つとして重要視されている。 ちなみにではこの心理性的発達理論を社会的発達理論まで拡張した()という考えがある。 この考えがフロイトの性理論に基づいている事にはあまり認識されていないが、それでもこの理論自体は広く受け入れられているようである。 背景 [ ] フロイトは精神分析学で確認された根本的なエネルギーとしての性的欲動が、小児期を通して上手く発展したり、分化したりする事の重要性を説いた。 この場合の性欲は、成人の狭い意味の性欲とは異なり、広義の性欲を意味する。 あるいは、あらゆる身体器官から発せられるのようなものを想定している(部分欲動)。 フロイトは、これら性行動をともなわない性欲を充足させられるか否かがその後の人格形成に大きく寄与すると考えた。 また、これらの性欲がある期間に固着する事により、やが発症すると仮定した。 また、年少期からをする女性は、しない女性に比べノイローゼやヒステリーの発症率が低いことを突き止めた。 性的抑圧が強い女性にそれらが後に多く現れると主張した。 また、異常とまではいかなくても、成人後の性格がどの時期の満足をいちばん求めているかによって、人の性格分類ができるとした。 (infantile sexuality)• 人間の性本能はに初めて発現するのではなく、生後間もなくから存在し、さまざまな活動の中にその満足を求めており、これをリビドーと名付け、人間の生命の原動力である()。 リビドーの対象の身体部位は発達とともに変わっていく()。 これらの各々の時期に十分なリビドーの満足が得られないと、偏った人格や、神経症などの異常が発生しやすくなる。 例として以下のようなものを上げている。 口に関連した異常であるアルコールや薬物のなどは、口唇期の障害に起因する。 は肛門期の障害が原因。 このの発表当時は大きな反対にあった。 当時のの人たちにとって、ショック以外のなにものでもなかった。 その後の、、の発展と多くの臨床観察からこれらはかなりの部分受け入れられるようになった。 また、この学説は弟子らによって受け継がれ、改善され、発展した。 特にエリク・H・エリクソンの功績が大きい。 リビドー論 [ ] フロイトは人格形成をすべて広義の性欲()に求め説明した。 この考えは後にと呼ばれるようになるが、これはあらゆる人間の行動や活動を()に求める事に対する非難的な言葉として使用されるようになる。 そのため一般の人々からも的見地からも多くの批判を受けた。 この汎性欲論は未だに現在の精神分析学においても根強く存在している。 それは精神分析がリビドーや性欲動などの性的な欲動に強く注目し、それを精神病理の原因とするためである。 ただし現在ではこの幼児性欲はフロイトの一理論として限定されているようである。 それでも後のなどでは今でも強く性欲動が注目されているため、この批判は常々される。 フロイトの心理性的発達段階 [ ] フロイトの精神性的発達段階(心理性的発達理論, Freudian psychosexual development) 段階 年齢 リビドーのエネルギー 性格特性 満1歳ころまで 母乳を吸うことと関連し、リビドーの満足は主に口唇周辺に求められる。 依存的、常に人に頼り自主性がなく社交的、寂しがり屋でを怖れる。 このタイプは往々にして本来の口唇的欲求も強く、食いしん坊、甘いもの好き、食道楽、嗜癖に陥りやすいなどの傾向がある。 2,3歳 排泄のしつけと関連し、肛門の感覚を楽しむ。 具体的には排泄後の快感である。 几帳面、、、自分の世界を他人に乱されるのを極端に嫌う。 反面、でだらしない。 5,6歳まで 関心が男根に集中する時期 攻撃的、積極的、自己主張が強く人前に出ることを怖れない。 を取りたがる。 あるいは人を傷つけないことを怖れない。 学童期 幼児性欲は一時影をひそめ、子供の関心は知的方面に移行し、比較的感情が安定する時期。 思春期以降 初めて性器を中心とした性欲の満足が求められる時期 具体的な言及はないが、成熟したを持ち、人を愛しできる、いわば理想的人格。 対象関係論と発達段階 [ ] 性的発達段階を元に、の分離個体化理論(separation-individuation theory)、が提唱されている。 発達段階理論 口唇期 自閉、共生 原始的 信頼 - 不信 肛門期 文化期、練習期 要求を満たすこと 自発性 - 自己不信 男根期 対象恒常性、 対象恒常性 自発性 - 罪意識 潜在期 勤勉 - 青年期 性的性欲、二度目の個人形成 対象愛 - 同一性の混乱 性器期 成熟した性器性欲 親密さ - 孤独 脚注 [ ]• Kaplan; V. Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』(3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt. 『』(Die Traumdeutung)1899年(出版1900年)• 『性格と肛門愛』(Charakter und Analerotik),1908年•

次の

エリクソンの発達段階と発達課題とは?ライフサイクル理論を分かりやすく解説

フロイト 発達 段階

絶対に言い間違えてはいけないと細心の注意を払っていたにもかかわらず、言い間違いをしてしまう、または、言おうとしたことと反対のことを言ってしまう、などという経験がある人もいるでしょう。 フロイトは、こうした錯誤行為は無意識の願望の表れであると考えました。 「妨害される意向」と「妨害する意向」という、二つの相容れない意図が葛藤した結果、このような錯誤が生じるのです。 そんな単純ことが言えるでしょうか? 人の行動や心が、すべて線で説明できるとするならば、その線を研究すれば人間の行動パターンもすべて分かります。 人間の行動パターンが分かれば、政治は必要なく、戦争も起こりません。 しかし、意識だけをいくら研究しても、人間の心はたくさんの矛盾や不可解をはらんでおり、すべてを線でつなぐことは不可能です。 フロイトは、意識だけでなく無意識についても合わせて研究することで、多くの人間の心、行動が線として説明できる、と主張しました。 エスとは、簡単に言えば、欲望のこと。 心地いいことだけを求めて、嫌なことを避けたいという、すべての人間に原始的に備わった性質です。 何が良いか、何が悪いかなど一切考えずに、ただひたすら自分の快楽と解放だけに向けた力を、エスと言います。 赤ちゃんは、エスだけに突き動かされて生きている、と言われています。 人の行動や心のほとんどは、無意識に支配されています。 しかし、無意識を自ら自覚することはできません。 なぜならそれは無意識だから……。 この無意識を知るための唯一の手段としては、夢を分析するしかない。 そう考えたフロイトは、自身の医院を訪れる患者の治療のために、夢の研究を始めました。 そして、「こんな夢を見た人にはこんな無意識が隠れている」という夢分析の手法を考えたのです。 その手法は、著作『夢判断』の中に詳しく書かれています。 現代の臨床にも生きるフロイト学説 フロイトの学説は、統計やデータに基づいた科学的な学説ではなく、単にフロイト自身の考え方・思想である、と批判する人もいます。 しかし、フロイトは本来、学者というよりは町医者です。 目の前の患者の治療のために、多くの患者から得られた経験をもとに、自らの考えをまとめています。 姿勢としては、思想家ではなく、立派な科学者。 精神分析学者です。 今でこそ心理学者として名高いフロイトですが、当時の時代背景や社会システムの影響を受けて、現代では現実的ではない学説も多く唱えていたことは事実です。 しかし、フロイトが唱えた多くの学説が、統計的根拠をともなった上で、現代の心理カウンセリングの基礎に置かれているということを忘れてはなりません。 おすすめの関連本 精神分析入門 上下巻 新潮文庫 フロイト 著 , 高橋 義孝 翻訳 , 下坂 幸三 翻訳 『精神分析入門』は、1915年から1917年までウィーン大学で一般向けに行われた講義の記録です。 対話的手法で書かれているので大変読みやすくなっていて、フロイトの精神分析の世界を理解するための助けとなるものです。 文章量は多いですが、翻訳本でありながら口語形式なので頭に入りやすく、基本的なフロイトに関する知識があれば理解しやすいでしょう。 精神分析入門・夢判断 まんがで読破 ジークムント フロイト 著 フロイトの『精神分析入門』『夢判断』の2作をわかりやすく漫画化した本です。 登場人物はフロイト自身や妻、娘、さらにフロイトと関連性の深い精神科医ユングなどであり、フロイトの半生やフロイトの診察風景などを垣間見ることができ、興味深く読み進められます。 カウンセラーを目指す人だけではなく、カウンセリングを受けてみたい人にも好評で、実践的なカウンセリングにも活かせる情報が詰まっています。 フロイト最後の日記 1929-1939 ジグムント・フロイト 著 , 小林 司 翻訳 これまで歴史学者や歴史家によって存在だけがほのめかされていた、『フロイト最後の日記』が翻訳された貴重な資料です。 フロイトの死の間際までの思考を読み取ることができ、ほかの入門書などとは格の違いを感じさせてくれます。 大型本で価格も高いですが、フロイトの深層部に触れたい人におすすめです。 自我論集 ちくま学芸文庫 ジークムント フロイト 著 , 竹田 青嗣 編集 , 中山 元 翻訳 「意識」と「無意識」、「理性」と「リビドー」、「自我」と「超自我」の概念などをわかりやすい日本語で翻訳した本です。 「欲動とその運命」「抑圧」「子供が叩かれる」「快感原則の彼岸」「自我とエス」「マゾヒズムの経済論的問題」「否定」「マジック・メモについてのノート」編があり、硬い翻訳文が苦手な人でも読みやすくなっているので、初めてフロイトの本を読む人にもおすすめです。 ひとはなぜ戦争をするのか 講談社学術文庫 アルバート アインシュタイン 著 , ジグムント フロイト 著 , 浅見 昇吾 翻訳 , 養老 孟司 解説 , 斎藤 環 解説 1932年に国際連盟がアインシュタインに行った、「今の文明においてもっとも大事だと思われる事柄について、いちばん意見を交換したい相手と書簡を交わしてください。 」という依頼に答えて、フロイト相手に「戦争」というテーマで語り合った内容です。 書簡なので読みやすい文体でサクサク読めて、養老孟司氏と斎藤環氏による書きおろし解説も収録されているので、「人間とは何か」という命題についてわかりやすく理解を深めることができます。

次の

ピアジェとフロイトの発達理論 : 心理学用語集

フロイト 発達 段階

そもそも使い所がよくわからない 「フロイトの性発達段階」について、まず最初に取り上げたい苦情はこれ 「使いどころがよくわらない」 ただ、この手の文句はフロイトの性発達段階に限ったことではなく、etcにも同じことが言える。 もちろんこれまでに、「フロイトの発達理論っていうのは、これこれこういう理論なんですよ」 と漠然と教えられり、勉強したりしてきたが、 率直な感想は 「ふーん、だからなに?」 である。 で、この様な印象を持ってしまうのは、精神分析の全体像を把握できていないことに起因すると考えられる。 無意識の意識化に立ち返ってみる そもそも、の目指すところは、「無意識に抑圧された葛藤や欲望を意識化することだ」というのは周知の事実かと思われる。 では、それが具体的に何を意味するか? という一歩踏み込んだ問いについて、 東京教育大卒の国分先生は次の様に述べている。 「今まで気づかずにいた自他の行動(反応)の仕方やくせに気付き(例、ニヤニヤ笑い)、そういう行動(反応)やくせの意図を知り(例、失愛恐怖のためだった)、なぜそういう感情を持つに至ったのか。 その由来を発見することである。 通俗的に言えば、 無意識の意識化とは、自他の性格を知ること である。 」 (引用:カウンセリングの理論,国分康孝,pp47-48より ) つまり、 性発達段階とは 、無意識の意識化に必要な自他の性格を捉えるためのツールということになる。 そして、この文章の後に、精神分析的性格理論について述べられていくのだが、そのことを図示すると以下の通りだ。 だから、どうするのかと言うと、 生育歴(過去)を追うわけですね。 精神分析では。 これについても国分先生がわかりやすく説明してくれているので引っ張っておきます たとえば おかしくもないのに笑う人間は、そういうかたちでしか「人の好意がほしい」「人の攻撃を防ぎたい」という欲求を充足できないのである。 そしてその原因は多分幼少期に、 そういう愛想笑いをしなければ生きられない状況にあったのであろうと推論する。 つまり 、 今ある彼は過去のどこかでの経験の結果なのである。 原因なしに愛想笑いのくせが身につくはずはない。 火のないところに煙は立たず、の思考方法、これが精神分析の基本 である。 このことを決定論 とも因果論 ともいう。 (引用:カウンセリングの理論,国分康孝,より ) だそうです。 ただ、ここで少し考えてみてください。 人間の過去ってそんな30分やそこらで全て語れるもんじゃないですよね? そこで、個人の欲望やトラウマを形成するきっかけとなった出来事が、 発達段階のどの時期にあるのかを、 ある程度予測するためのツールとして「 フロイトの性発達段階」があるわけです。 防衛機制からトラウマの所在を見立てる 具体的には、「 防衛機制」と「 性発達段階」の2つを用いて、問題行動から逆算します。 したがって、 今現在クライエントが表出している防衛機制から、 そのルーツが過去のどの段階にあるのかを導き出すことができるということです。 各発達段階 以上を踏まえて、各年齢ごとの発達段階に目を通してみようかと思う。 固着とは、 発 達の過程で欲求の過度な満足あるいは不満によって起こるとされ、固着が起きる発達段階を 固着点 と呼びます。 つまり、固着が原因で表出されるのが防衛機制というわけです。 口唇期(生後〜1歳半)と口唇性格 生後から1歳半までの時期を口唇期(oral phase)と呼ぶ。 授乳により母親から栄養を得ようとする時期。 この時期に、 適度な欲求充足が得られると、楽観的かつ社交的で、さらにはが獲得される。 一方、この時期に固着点がある人を 口唇性格と呼び、他者への依存心が強いパーソナリティ傾向となる。 乳児が空腹を感じる前にミルクを与えられるような、不快感や欲求不満の体験が少ない場合、怠慢や過度な依存心、図々しさなどに繋がる。 一方、空腹にさらされ続けたり、適切な世話をしてもらえないなど、過度な欲求不満や挫折を味わった場合には、悲観的、貪欲、不信感などが特徴となる。 (引用:臨床心理学 New Liberal Arts Selection ,有斐閣,p168,より ) ちなみに、 統合失調症、重篤なうつ病、双極性障害、重篤なパーソナリティ障害は、この時期にある病態として知られていて、 病的ではない場合でも、おしゃべり、喫煙、アルコールへの耽溺など、口を動かしたり、口から取り入れる物に惹きつけられる傾向が見られるそうです。 つまり、これらが、 この時期に特有の 、体内化(呑み込み :incorporation)、取り入れ(摂取:introjection)、投影(projection)、否認(denial)といった 防衛機制なのでしょう。 肛門期(1歳半〜3歳)と肛門性格 この時期は、トイレトレーニングの時期に相当し、『一定期間我慢し、適切なタイミングで放つ』ことがテーマとなるが、これは欲求の充足を延期するためのいわば、訓練なのだそうだ。 肛門期に固着があると肛門性格 とされ、頑固・倹約・几帳面と 特有の防衛機制に、反動形成(reaction-formation)、打ち消し undoing 、隔離 isolation 、知性化 intellectualization があ る。 固着が極端な場合 、頑固、 几 帳面、倹約、とパーソナリティ傾向となる。 逆に、 適度だった場合 、 社会ルールに従いつつも自律性を獲得することができ、真面目ではあるが、柔軟性を備えた性格となる。 ただし、 前者と真逆の、だらしない、金銭にルーズなどの性格傾向 は 同様に肛門性格とされる。 また、この時期の固着点があるとされる疾病に、 強迫症がある。 手洗いを何度も繰り返して島たり(手洗い強迫)、何度鍵を閉めても心配で確認してしまう(確認強迫)などの強迫行為は、防衛機制でいうところの 打ち消し undoing 、 隔離 isolation ということなのだろう。 男根期 ( 3-5歳)と性器的性格 この時期は男根期 phallic phase)ないしエディプス期 oedial phase と呼ばれます。 ついにでましたね、エディプス期。 フロイトはこう言いました 「無意識の中核がここにはある』 そうです。 その名の通り 「エディプスコンプレックス」が生じるのがこの時期 このくらいの時期から性別の違いを意識したり、 ちんちんいじりが始まったりするようです。 エディプス・コンプレックスとは、ギリシャ神話にもとづいてフロイトが叙述した概念で、異性の親に愛情を向け同性の親を憎み殺したいと願うこと(エディプス願望)、またそこで派生する同性の親から処罰を受ける不安(去勢不安)、異性の親を手に入れる(同時に同性の親を排除する)ことからくる罪悪感など、「父、母、子」の三者関係を巡ってさまざまな情報が入り乱れるさまを指す。 (引用:臨床心理学 New Liberal Arts Selection ,有斐閣,pp169-170,より ) ちなみに、知り合いの保育士の方がこんなことを言ってたので、で生育歴の聞き取りってやっぱり立場云々でなく重要なのかもしれませんね 知り合いの保育士が「昼寝の時間に性器いじりしてる子は虐待されてる」って言うんだけど、これについて明確な差が示されたら社会的意義は計り知れない。 固着がある場合は 強すぎる自己主張や、その逆があるようです。 前者の場合は、去勢不安の「否認」で、 後者なら去勢不安への「恐れ」という解釈になるようです。 ジムで過剰に鍛えてる人っていますよね? そういう方はもしかしたら「男らしさ」にコンプレックスをお持ちなのかもしれませんね。

次の