クロス レイズ アビリティ。 DLC

SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ | バンダイナムコエンターテインメント

クロス レイズ アビリティ

あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 「機動武闘伝Gガンダム」「機動新世紀ガンダムX NEXT PROLOGUE「あなたと、一緒なら」」「機動戦士ガンダムAGE」「Gのレコンギスタ」の4作品から新たなユニットやキャラクターの一部が参戦。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 また最新のアップデートを適用の上、ご利用ください。 重複購入にご注意ください。 あらかじめご了承ください。 また、報酬として入手できるBGMは原曲ではなく、ゲーム用にアレンジされた楽曲となりますので、あらかじめご了承ください。 登場作品:G GENERATIONシリーズ ティターンズ所属のニュータイプ研究機関ライプチヒ研究所によって提案された軍事計画プロジェクト・セイレーネにおいて、その中心となる機体でもある『テラ・スオーノ』の護衛機として開発されたMS。 主にテラ・スオーノに接近する敵の排除を目的としており、性能もコスト度外視で機動性を追求した設計となっている。 その中でも高機動戦闘形態『オフェンスモード』はニュータイプの反応速度をも超えると言われる性能を発揮する事が可能で、通常のMSとは比較にならない超高速戦闘を可能とする。 しかし、この形態での機動性は強化人間ですら対応できないほどの殺人的なものであった為、通常はリミッターにより性能を抑制する事でオールドタイプでも扱えるようにされた。 本機はテスト中に反地球連邦組織『エゥーゴ』によって奪取された後、専用のカラーリングに塗装され、シグ・ウェドナーの愛機となった。 尚、この機体はガンダムタイプのMSではあるが特徴的なデュアル・アイではなく、ティターンズの量産型MSハイザックのようなモノアイを採用している為、その外観から兄弟機であるデスパーダと共に『モノアイガンダムズ』と呼ばれた。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルの指令により開発された『セカンドステージシリーズ』の1機。 ZGMF-X42Sデスティニーは地球連合との戦争末期に投入され、その存在は長らくシン・アスカが搭乗する一機のみだと思われてきたが、近年公開された史料から他にも同型機が存在することが明らかとなった。 それらは『コンクルーダーズ』と呼ばれる特殊部隊に配備され、最強のモビルスーツとパイロットを組み合わせることで連合の戦力を一蹴し、その戦意を阻喪させる計画となっていた。 本機はその一員として選ばれたハイネ・ヴェステンフルス専用に調整された機体だったが、ハイネは機体の完成間近で戦死してしまい、部隊も実際に編成されることがなかった為、今も兵器保管庫の中で目覚めの時を待ち続けている。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女• しかし、それでも基本性能は高く、パイロット能力と合わさることで圧倒的な強さを発揮する。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女• 型式番号:MBF-P01-Re03<AMATERASU フェアネス・ツヴァイクレを守る為、破損したガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナを改修したMS。 改良前は本体が副座式となっていたが、改修する際に本体に1人、ヤタガラスに1人の形に変更され、分離する事でそれぞれを独立して動かすことが可能となった。 ヤタガラスの翼部分は『天羽雷』と呼ばれ、機体を覆い込んで防御力を高めることが出来る。 さらに『ヴォワチュール・リュミエール』を発展させたシステムも内臓しており、翼で作り出したエネルギーを推力に変換できる他、それを攻撃に転用することも可能としていた。 先にお知らせしました内容を、以下に訂正させていただきます。 お客様の混乱を招き、ご迷惑おかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。 また最新アップデートが必要な場合はアップデートの上、ご利用ください。 購入の際はご注意ください。 手に入るアビリティや報酬にも変化。 「エキスパンション・パック」では キャラクターを強化する「キャラクターアビリティ」や ユニットを強化する「オプションパーツ」に新たなものが追加。 キャラクターとユニットを強化して、 インフェルノモードへ挑もう。 エキスパンション・パックで追加予定の一部アビリティ 【EX】射撃能力Lv.2 射撃値+200。 物理属性を持つ武装のPOW+300。 【EX】射撃技術強化 キャラクターアビリティによる射撃値の上昇値を1.7倍する。 命中率+3%。 【EX】特殊強化装置ATK OPによる攻撃力上昇値を1.5倍する。 【EX】特殊増設ハンガー 戦艦のチーム数+1。 装備したユニットの宇宙適性を空中適性に反映する。 エキスパンション・パックでは 「エキスパンションステージ」が追加される。 もちろん、それぞれに難易度は「インフェルノ」まで存在。 強化した部隊で攻略せよ。

次の

アビリティ一覧

クロス レイズ アビリティ

パイロット パイロットのキャラクターアビリティについて。 マスターまたはリーダーとなるパイロットは、艦長の項目で解説している一部のアビリティも有用。 パイロットにオススメのキャラクターアビリティの構成 アビリティ 解説 スーパーパイロット 敵の防御力に関係なく固定のダメージを与えるため、ユニットの攻撃力を強化しない状態で敵の撃破が可能。 超浪費家 武装の消費ENが増えるが、敵への与ダメージを増やす。 【EX】特殊強化能力 習得しているLv. 【EX】射撃能力Lv. 1 射撃値と射撃武装の射程を増やす。 射撃知識Lv. 1 射撃武装の射程を増やす。 【EX】格闘能力Lv. 1 格闘値と格闘武装の射程を増やす。 格闘知識Lv. 1 格闘武装の射程を増やす。 好機Lv. 1 チャンスステップの最大数を増やす。 パイロットの候補となるキャラクターアビリティ アビリティ 解説 射撃知識Lv. 2 射撃武装の射程とクリティカル発生率を増やす。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合は非推奨。 格闘知識Lv. 2 格闘武装の射程とクリティカル発生率を増やす。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合は非推奨。 物理知識Lv. 1~2 物理武装の射程やクリティカル発生率を増やす。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv. 2は非推奨。 光学知識Lv. 1~2 BEAM武装の射程やクリティカル発生率を増やす。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv. 2は非推奨。 射撃技術Lv. 1~3 射撃武装の攻撃力を増やす。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv. 2~3は非推奨。 格闘技術Lv. 1~3 格闘武装の攻撃力を増やす。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv. 2~3は非推奨。 物理技術Lv. 1~3 物理武装の攻撃力を増やす。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv. 2~3は非推奨。 光学技術Lv. 1~3 BEAM武装の攻撃力を増やす。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv. 2~3は非推奨。 好機Lv. 2 チャンスステップの最大数を増やす。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合は非推奨。 浪費家 超浪費家とセットにして敵に与えるダメージをさらに増やすと良い。 協調性Lv. 1~3 支援攻撃・支援反撃の時、敵に与えるダメージを増やす。 逆襲Lv. 1~3 反撃の時、敵に与えるダメージを増やす。 威圧 自分と敵のMPの差が大きいほど敵の防御力を減らしてダメージを計算をする。 インフェルノモードでは敵のMPが高い(差が小さい)ため、非推奨。 影の軍神 支援攻撃・支援反撃の時、敵に与えるダメージを増やす。 ガンダムマイスター ガンダム系のユニットに搭乗している時のみだが、テンションが「強気」の状態からステージを開始できる点が便利。 チームトリニティ このアビリティをもつキャラクターへの支援攻撃に参加した時、敵に与えるダメージを増やす。 監視者 ユニット・パイロットの獲得経験値を増やす。 限界突破後の育成用として是非ほしい。 育成が終わったら別のアビリティにする。 兄貴分 支援攻撃・支援反撃の時、敵に与えるダメージを増やす。 カテゴリーF このアビリティをもつキャラクターへの支援攻撃に参加した時、敵に与えるダメージを増やす。 慈愛の精神 このアビリティをもつキャラクターの周囲5マス内にいる味方ユニットのMPを毎ターン増やす。 部隊内に1人いると便利。 【EX】直感力 最終命中・回避率を上げる。 敵が習得している命中・回避率を上げるアビリティを相殺できる。 孤高の戦士 敵への与ダメージと最終回避率が上がる。 『勇猛果敢』などとは異なり、1対1の制約がない。 艦長 艦長のキャラクターアビリティについて。 艦長にオススメのキャラクターアビリティの構成 アビリティ 解説 統制Lv. 1 グループ範囲を広げる。 インフェルノモードではグループ範囲が狭いため必須。 統制Lv. 2 〃 統制Lv. 3 〃 プリベンター 〃 面壁九年・堅牢堅固 戦艦連携による与ダメージを増やす。 ディアナ親衛隊隊長 戦艦連携の攻撃力を上げる。 「アルガス騎士団の魂」を受け継ぎし者 グループ範囲内にいる味方ユニットのHP・ENを毎ターン回復できる。 黄金龍の導き このアビリティをもつキャラクターの周囲10マス内にいる味方ユニットの最終命中・回避率を上げる。 敵が習得している『若きカリスマ』などの命中・回避率を上げるアビリティを相殺できる。 艦長の候補となるキャラクターアビリティ アビリティ 解説 リーダーシップLv. 1~3 戦艦連携の攻撃力を上げる。 慈愛Lv. 1~3 グループ範囲内にいる味方ユニットのHP・ENを毎ターン回復できる。 索敵能力Lv. 1~3 グループ範囲内にいる味方ユニットの最終命中率を上げる。 敵が習得している回避率上昇のアビリティを相殺できる。 危機管理能力Lv. 1~3 グループ範囲内にいる味方ユニットの最終回避率を上げる。 敵が習得している命中率上昇のアビリティを相殺できる。 歌姫 グループ範囲内にいる味方ユニットのMPを毎ターン増やす。 監視者 ユニット・パイロットの獲得経験値を増やす。 限界突破後の育成用として是非ほしい。 育成が終わったら別のアビリティにする。 進み続ける意思 グループ範囲内にいる味方ユニットの移動力を上げる。 スーパーパイロット 戦艦連携に効果はないが、敵の防御力に関係なく固定のダメージを与えるため、連携を使わない場合に有用。 戦艦クルー 戦艦クルーのキャラクターアビリティについて。 戦艦クルーにオススメのキャラクターアビリティの構成 アビリティ 解説 サポートクルー 限界突破した後にクルーステータスを上げる手段。 真のイノベイター 〃 スーパーコーディネイター 〃 スーパーコーディネイターの失敗作 〃 ファーストコーディネイター 〃 選択への決意 同じ効果の『選択への覚悟』でも良い。 習得理由は『真のイノベイター』等と同じ。 カリスマ性Lv. 6 ゲストの場合。 役職に合わせたクルーステータスの上昇アビリティを習得する。 カリスマ性Lv. 7 〃 上記について、素の能力値が4550以下の時は1. 5に変えた方が良い。 根拠となる計算式は次の通り。 3倍アビリティを除外する。 戦艦クルーの候補となるキャラクターアビリティ アビリティ 解説 作戦補佐Lv. 1~5 副長用。 情報解析Lv. 1~5 通信用。 操縦技術Lv. 1~5 操舵用。 機械知識Lv. 1~5 整備用。 カリスマ性Lv. 1~5 ゲスト用。 関連コンテンツ• Category.

次の

[ジージェネ クロスレイズ]攻略:ガンダムマイスター稼ぎのすすめ[アビリティ]

クロス レイズ アビリティ

まずは結論。 青い字のボーナスダメージは、 アビリティによって上昇した能力分、追加されたダメージが表示されているだけ。 能力が上昇するアビリティをつけていても、 能力値999を超えられない。 検証してみる。 今回は、以下の状況のときのダメージを検証。 パイロットの元の射撃値が819で、射撃能力Lv. 6をつけた状態で攻撃。 パイロットの元の射撃値が998で、射撃能力Lv. 6をつけた状態で攻撃。 パイロットの元の射撃値が999で、射撃能力Lv. 6をつけた状態で攻撃。 相手は、鉄血のステージ1に出てくるクランク二尉のグレイズで、難度はノーマル。 6 実質の射撃値は999。 青い字のボーナスダメージ1559も含んで、合計ダメージは11993。 ダメージにランダム性が無いようで、何度セーブデータをロードし直しても、結果は同じ。 以下の検証も同様。 6 理論上、射撃値は1178となるはず。 ダメージボーナスはたった8となり、合計ダメージは11993と変わらずでした。 射撃能力Lv. 6による射撃値追加量はたった1となっており、 実際の射撃値は999扱い。 以下も同様。 ダメージボーナスは全く発生しておらず、もとのダメージだけで11993。 つまり、もとが999だとアビリティは全く効いていない。 まとめ。 もうすでに 能力値が999に達しているなら、射撃能力Lv. Xや格闘能力Lv. Xは意味がない。 その他、能力値上昇系のアビリティも同様。 支援や連携ダメージを上げたりするアビリティなどに変えてしまうのがおすすめ。 おわりに。 もうすぐ2019年も終わりですが…。 止まるんじゃねぇぞ…🕺.

次の