私の少年 完結。 星狩りと魔王

「実は私は」完結記念!ハマった理由を勝手に語ります

私の少年 完結

Contents• 「実は私は」はこんな物語 高校に通う主人公。 考えていることがすぐ顔に出る、通称「アナザル(穴の開いたザル)」。 ヒロインにラブレターを渡そうと放課後の教室に入ったときに、 うっかり羽を伸ばしてコウモリを飛ばしているヒロインを見てしまいます。 実はヒロインは吸血鬼。 ミステリアスで人を寄せ付けない雰囲気だったのですが、その理由は「人間に吸血鬼だとバレたら、実家に連れ戻される」ため、 単にキバが見えないようにしていただけとのこと。 ヒロインの両親も父親が吸血鬼、母親が人間なんですけど、過去、主人公たちと同じ高校に通っていた頃、吸血鬼であるとバレてしまい、卒業するという目標も絶たれてしまいました。 共存が挫折したことに絶望し、人間との距離を置いたという過去を持っています。 (クライマックスの過去編で明かされました) 主人公という「人間」にばれたということで、学校を去ろうとするヒロイン。 そんなヒロインに恋心を抱いていた主人公は、「秘密がばれたことを秘密にすればいい」と、吸血鬼であるという秘密を隠して卒業するため、「友達になってください!」と セリフを間違えてしまいます。 …あれ?キミ、ラブレター渡しに来たんだよね? そのポケットに入ってるよね? 「友達になってください」じゃないだろう? そして、ヒロインの「私なんかでええなら よろこんで!」から、物語は始まります。 第一話より 数々のトラブルを乗り越え(最終章の盛り上がりとハラハラドキドキ感はすごかった!)、主人公とヒロインは最終章で婚約まで行ってるんですけど、最終話にて、 第一話の放課後に渡すはずだった、渡せていなかったラブレターが読まれ というか気づいてなかったんかい、改めて「私なんかでええなら よろこんで!」と、同じ言葉で返事をもらいます。 言葉は同じでも、今度はちゃんと、告白に対しての返事。 第一話と最終話でリンクさせるという演出! しかも映像が「あの放課後」に戻ってるし、もう大号泣ですよ。 全員が何かしらの秘密を持っているよね、という、笑って泣いて、すごく幸せな物語でした。 もうこの漫画、絶対手放さない。

次の

ハイキュー完結最終回、なぜ402話で終わり?いつ発売?【単行本最終巻 考察付】 │ anichoice

私の少年 完結

あらすじ [ ] ある年の春、東京のスポーツメーカーに勤務する30歳のOL・ 多和田聡子は、自宅近くの公園で 早見真修という12歳の小学生と出会い、彼にサッカーを教えることになる。 同じころ、聡子は元恋人で上司の椎川文貴から飲みに誘われる。 聡子は誘いに応じるが、その席で椎川から婚約者を紹介される。 椎川の仕打ちにショックを受けた聡子は真修の前で涙を流し、真修に慰められる。 一方で真修も複雑な家庭の事情を抱えており、聡子と真修は次第にサッカーの練習以外でも交流するようになる。 しかし、2人の関係を知った真修の父親は怒り、聡子の勤務先に処分を求める。 これを受けて、聡子は仙台市にある支社への異動を余儀なくされる。 異動から2年が経った秋、聡子は33歳の誕生日を迎える。 その夜、聡子は、中学校の修学旅行で仙台を訪れていた真修と偶然再会する。 聡子との交流の再開を願っていた真修は連絡先を彼女に教え、2人は再び交流を始める。 その後、聡子は椎川から、彼が立ち上げたプロジェクトチームに加わるよう要請され、東京に戻ることを決意する。 聡子が上京した夜、真修は聡子に告白するが、大人と子供という立場の違いを理由に断られる。 真修は落ち込むが、聡子の妹・真友子からアドバイスを受け、改めて聡子と向き合うことを決意する。 一方、聡子は、上京を決めて以来、真修の家庭環境を改善して彼を救いたいという思いに駆られていたが、中学校進学後、彼の家庭環境は改善されていた。 真友子の協力を得てその事実を知った聡子は、真修を救いたいという思いは建前であり、本当はただ真修のそばにいたかったのだと気づく。 登場人物 [ ] 多和田 聡子(たわだ さとこ) 本作の主人公。 スポーツメーカー「ヨネサス」に勤めるOL。 大学進学を機に上京し、ヨネサスの東京本社に就職するが、30歳の秋、仙台支社に異動する。 その後、33歳の冬、椎川の要請に応じる形で再上京する。 大学時代はサークルで活動しており 、そのときの経験を活かして、小学生時代の真修にを教えた。 早見 真修(はやみ ましゅう) 東京で聡子が出会った美少年。 小学生のときはだったが、中学校進学後は髪を短くしている。 母親とは死別しており 、小学生のころは父や弟と3人で暮らしていた。 中学校進学後は父親の単身赴任に伴い、祖母の支援を受けて暮らしている。 第1話の時点ではサッカークラブに所属しており、聡子とは、クラブのレギュラーを決めるテストに向けて練習しているときに知り合った。 その後、父親の指示でクラブをやめ、学習塾に通うようになる。 椎川 文貴(しいかわ ふみたか) スポーツメーカー「ヨネサス」の会社員。 東京本社に勤めており、聡子にとっては上司に当たる。 聡子とは大学時代、同じフットサルサークルに所属しており、1年間交際していた。 小片 菜緒(おがた なお) 真修が所属していたサッカークラブのコーチの娘。 真修とは小学校・中学校ともに同じクラスであり、加えて同じ学習塾にも通っている。 多和田 真友子(たわだ まゆこ) 聡子の妹。 「」を自称するほど洞察力が高い。 仙台の実家で暮らしていたが、聡子と真修の関係に関心を抱き、再上京を決意した姉と共に上京する。 作風 [ ] 本作は、30歳のOLと12歳の男子小学生が出会って次第に互いを必要な存在と感じていくという内容であり 、いわゆる「」に分類される漫画である。 物語は主人公・聡子の淡々としたとともに進み、静かで優しく、かつ透明感のある印象を読者に与える。 その一方、過去のおねショタ作品と比べて、成人女性が未成年の男子と関わりを持つことをよりハードルが高いものとして描いているという一面もある。 また、メインキャラクター2人のキャラクター性も本作の特徴となっており、双葉社で本作を担当していた編集者は、本作の見どころを問われた際、30歳OLとしての感情が丁寧かつリアルに描かれている聡子と、子供らしい純粋さやひたむきさを持った美少年・真修のキャラクターを挙げている。 書評サイト「マンガHONZ」に掲載されたレビューでは、本作は「30歳OLのリアルさと、非現実的なまでの12歳の美少年の可愛さが高次元でハイブリッドした稀有な作品」と評されている。 ライターのbookishは、おねショタはもともと男性向けのジャンルだったと述べた上で、本作を「 女性向けおねショタ」と評している。 そのため、男性読者が多い『週刊ヤングマガジン』への移籍の発表は驚きをもって迎えられたが、作者は、講談社の編集者から「これまでの支持層ではない読者が読んでいる雑誌だからこそ、連載するメリットもあるんじゃないか」と説かれ、移籍先に『週刊ヤングマガジン』を選んだと語っている。 制作背景 [ ] 作者によると、担当編集者との会話中、「年の差もので、かつ、その2人が歳を重ねた場合の関係性はどうなるのか」という話題で盛り上がったことが本作の源流だという。 当初、本作は「少女とカメラマンの男性の物語」として進められており 、菜緒はもともとこの物語の主人公として生まれたキャラクターだった。 しかし、の段階で行き詰まってしまい、そのときに作者がメインキャラクター2人の性別の交換を提案したことで本作が誕生した。 作者は、メインキャラクター2人の性別の交換に伴う変化を2点挙げている。 1点目は「加齢の恐怖」をありありと描写できるようになったこと 、2点目は主人公のモノローグが描きやすくなったことである。 一方で、作者は少年にはそれほど興味がなかったといい、真修を描く際はそんな自分をも納得させられるような少年を描こうと意識した、と語っている。 評価 [ ] 『』に掲載されたレビューでは、本作が人気を獲得した要因として、「30歳の女性と12歳の少年」という組み合わせの大胆さが挙げられている。 ライターのもメインキャラクター2人の年齢設定を「絶妙」と評価しており、その理由として、30歳の女性と12歳の少年という組み合わせは親子のようにも見えるし、一方で30歳の女性は「お姉さん」と言ってもまかり通ることを挙げている。 また先述したとおり、本作では過去のおねショタ作品と比べて、成人女性が未成年の男子と関わりを持つことはよりハードルが高いものとして描かれている。 その中にあって、聡子が真修との関わりを深めていくことについて、ライターの宮本直毅は、物語序盤で聡子が昔の恋人の言動によって鬱屈を抱え、その澱みを真修が浄化するという展開が、読者に説得力を与えていると評価している。 賞歴・ノミネート歴 [ ] 発表年 賞 部門 対象 結果 2016 オトコ編 私の少年 2位 2016 コレ読んで漫画RANKING BEST50 6位 2017 俺マン2016 1位 6位 11位 コミックス部門 3位 書誌情報 [ ] 本作のコミックスは、のから計4巻、のから計7巻刊行されている。 なお、講談社版の第1巻〜第4巻の装丁や収録内容は双葉社版と同一であり 、第5巻以降の装丁も双葉社版を踏襲したものとなっている。 『私の少年』 双葉社〈アクションコミックス〉、全4巻• 2016年6月11日第1刷発行(同日発売 )、• 2016年12月12日第1刷発行(同日発売 )、• 2017年7月12日第1刷発行(同日発売 )、• 2017年12月12日第1刷発行(同日発売 )、• 高野ひと深 『私の少年』 講談社〈ヤンマガKCスペシャル〉、既刊8巻(2020年6月5日現在)• 2018年6月6日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年7月6日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年8月6日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年10月5日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年11月6日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年5月7日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年11月6日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年6月5日第1刷発行(同日発売 )、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ナターシャ 2015年12月25日. 2017年2月10日時点のよりアーカイブ。 2017年9月10日閲覧。 MANTAN 2018年4月25日. 2018年6月2日時点のよりアーカイブ。 2018年6月8日閲覧。 2016年7月12日. 2016年7月14日時点のよりアーカイブ。 2018年6月8日閲覧。 藤咲茂 2016年8月3日. このマンガがすごい!WEB. 2017年9月17日時点のよりアーカイブ。 2018年6月8日閲覧。 伊藤和弘 2018年9月28日. 好書好日. マンガ今昔物語. 2018年9月28日時点のよりアーカイブ。 2018年10月14日閲覧。 高野ひと深『私の少年 3』双葉社、2017年、5頁。 MANTANWEB. MANTAN 2016年7月23日. 2017年9月13日時点のよりアーカイブ。 2019年8月15日閲覧。 藤咲茂 2016年8月3日. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. 2017年9月13日時点のよりアーカイブ。 2017年9月13日閲覧。 マンガHONZ. 2017年9月13日時点のよりアーカイブ。 2018年6月8日閲覧。 1 2018年8月12日. 2018年9月20日時点のよりアーカイブ。 2019年8月15日閲覧。 マンガサロン『トリガー』 2016年7月5日. マンガHONZ. 2016年7月10日時点のよりアーカイブ。 2017年9月10日閲覧。 インタビュアー:粟生こずえ. このマンガがすごい!WEB.. の2017-09-13時点におけるアーカイブ。 2019年8月15日閲覧。 高野ひと深『私の少年 3』双葉社、2017年、166頁。 俺マン2016 特設サイト 2017年3月10日. 2017年9月11日時点のよりアーカイブ。 2019年8月15日閲覧。 立花もも「『私の少年』高野ひと深インタビュー」『』第25巻第6号、、2018年6月6日、 16-17頁。 『このマンガがすごい!2017』『このマンガがすごい!』編集部、宝島社、2016年、2頁。 コミックナタリー. ナターシャ 2016年12月20日. 2017年8月25日時点のよりアーカイブ。 2017年9月10日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2017年3月10日. 2017年3月10日時点のよりアーカイブ。 2017年9月10日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2017年2月1日. 2017年7月21日時点のよりアーカイブ。 2017年9月10日閲覧。 MANTANWEB. MANTAN 2017年3月28日. 2017年9月13日時点のよりアーカイブ。 2017年9月13日閲覧。 MANTANWEB. MANTAN 2017年8月23日. 2017年9月13日時点のよりアーカイブ。 2017年9月13日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年6月6日. 2019年8月13日時点のよりアーカイブ。 2019年8月15日閲覧。 双葉社公式サイト [ ] 以下の出典は『』内のページ。 双葉社版コミックスの発売日の出典としている。

次の

【名作紹介】ホーリーランド|傷だらけの少年たちの聖地【完結漫画】

私の少年 完結

男なら誰しも一度は強くなりたいと願うモノ。 ですが年齢を重ねるにつれて暴力・腕力を求める欲求は無くなっていきます。 大多数の方が痛い思いをすることも、させることも嫌ですからね。 あと単純に流血沙汰になるような暴力は犯罪行為です。 警察に捕まってしまいます。 『ホーリーランド』はそういった 普通の価値観から外れてしまった少年たちを描いている。 彼らの多くは暴力行為によってのみ自己の存在を確認できる悲しい少年たちです。 そして喧嘩は強くとも彼らは一般的に見ると 社会的弱者に当たります。 他者を傷つけながら何かを得ようとする少年たちは、自らの聖地を守れるのか… それでは、『ホーリーランド』が如何におすすめであるかを語っていきます。 元引きこもり少年が不良狩り!漫画『ホーリーランド』のあらすじ 高校一年の「 神代 ユウ(かみしろ ユウ)」は中学時代、 凄絶なイジメに遭っていた。 助けてくれる者など誰もおらず家族も憐憫の眼差しを向けるだけで何もしてくれない。 彼が学校に通わなくなるのは当然の帰結だった。 自分の部屋に引きこもっていても、何かをしていないと苦い記憶ばかり思い出してしまう。 「ユウ」はあり余る時間を無心で過すため書店で読んだボクシング本の内容を思い出す。 中学時代から現在までの二年間、彼は毎日 【五千回のワンツー】を振るい続けた。 高校に上がってからも「ユウ」は孤独な日々を過ごしていた。 以前と違いイジメられる事はなくなったが、他者と関わりを持つのをひどく恐れるようになったせいで常に独りだった。 学校や家に居ても安らげる時間は訪れない。 気づけば「ユウ」は何かを求めるように 夜の街を彷徨うようになった。 背が低く気弱な雰囲気を漂わせる「ユウ」は街にいる不良たちの格好の獲物でしかない。 不良に人気の無いところへ連れ出され金品をせびられる彼は、もう被害者になりたくない一心で 体に染みついたワンツーを繰り出す。 「ユウ」のパンチは面白いほど綺麗に当たり不良は倒れ伏す。 夜の街を彷徨っていると何度か同じ状況に陥ったが、そのたびに拳で相手を叩きのめす「ユウ」。 今はまだ非力な少年だが、彼はいずれ夜の街で中心となる男。 『ホーリーランド』では 柔道・空手・レスリングなど色々な格闘技経験者が登場しますが、それらと路上で戦う際の注意点が細かく出てきます。 ゆえに本作はストリートファイトの指南書といえるでしょう。 ( 実践する方がいるかは不明ですが) 序盤の「ユウ」はワンツーだけが取り柄のもやし小僧でしたが、様々な格闘技経験者と戦うことで複数の闘技をミックスした独自の戦い方を編み出していきます。 また成長期なので体もどんどん大きくなり、ワンパン一発で意識を刈り取る右ストレートも手に入れる。 そして強敵を倒すたびに強くなる「ユウ」は、いつの間にか 被害者から加害者へと変貌していく。 彼は中学でイジメに遭っていた時、無感になりたいと思っていました。 何も感じなければ辛い思いもしなくて済むという考えですね。 死の恐怖に怯え自殺はできなかった「ユウ」ですが、彼の精神はそんな事を試そうとするまで追い詰められていた。 彼の心には着実に理不尽への怒りと憎悪が積もっていたのです。 十代特有の不安定な心境を見事に描いている本作は、危うい魅力を持っていますよ。 路上のカリスマ「伊沢 マサキ」 作中で「ユウ」は何度か道を踏み外しかけてしまう。 初めて出来た親友が、自分に恨みを持つ者たちによって 入院するほどの重傷を負わされた時などがそうでした。 彼は街でようやく手に入れた自分の居場所を奪われ強い怒りを覚えます。 そして夜になると親友を傷つけた関係者たちを、次々と闇討ちしていくようになります。 この報復活動により皮肉にも多くの実践を経験した「ユウ」は、今まで学んだ全ての闘技を練り上げて 著しい成長を遂げる。 最終的に首謀者まで倒しますが、それでも怒りが収まらない彼は関係者の不良たちに対し、自らを含め 全員壊れるまで止まらないと宣言します。 いずれ潰されてしまうのは時間の問題でした。 そんな彼に対し、物語当初から事ある毎に「ユウ」を手助けしてきた「 伊沢 マサキ」が立ち上がります。 街の若者から絶大な人気を持つスターであり、かなりのイケメンなので女性からもモテまくり。 「ユウ」と「マサキ」は正反対の性格をしているようで根っこの部分が非常に似通っています。 二人とも消し去りたい過去を持っており、行き場を無くして街に流れ着いたという経緯も同じです。 「マサキ」は暴走する「ユウ」に無謀な真似は止めるよう諭しますが、結局聞き入れず言葉での説得を諦めます。 拳を使って強引に止める事になりますが、「マサキ」はこの展開を心の底では待ち望んでいました。 もう何もない。 そして最後もこの二人の戦いで終わる。 この二人にとってお互いの存在は、どうしようもなく惹かれ合う 半身のようなモノだったのでしょう。 大人と子供の狭間にある聖地!漫画『ホーリーランド』は十代の少年たちにおすすめ! この漫画では大人はほとんど登場しません。 出てくる子供は皆、何かしらの問題を抱え煩悶としながら生きています。 そして傷つけ合いながらも互いを理解し合い、徐々に 少年から青年へ成長していく。 暴力・ドラッグなどのセンセーショナルな描写が多い『ホーリーランド』ですが、人の心に強く働きかける メッセージ性を持っています。 多感な十代の少年たちにこそ、この漫画を読んでほしいですね。 全巻読み終えた時、 あなたは何かしらの格闘技を学びたくなるはずです。 少しでも興味を持たれた方は是非ご一読ください!.

次の