ナイシトール 下痢。 ぽっこりお腹に、ナイシトール!実際の効果を検証!

ナイシトールは効果なし?痩せない人はここを間違えています!

ナイシトール 下痢

・18種類の生薬をブレンドした漢方薬「防風通聖散」で内臓脂肪対策 年齢や性別に関わらず気にしないといけないのが、皮下脂肪や内臓脂肪です。 健康のためにはもちろん、ダイエットしてシェイプアップしたい方にとっても余計な脂肪はなんとかしたいものですよね。 特にお腹周りの脂肪は落としにくいと言われており、実際に年齢を重ねてからお腹周りにお肉が付き始めダイエットしてもなかなかウエストや腰回りだけは細くならないことに悩んでいる方も多いと思います。 そんなお悩みにおすすめしたいのが、薬局やドラッグストアで買うことのできる小林製薬の医薬品「ナイシトール」です。 ここではナイシトールとはどんな効果のある薬なのか、有効成分とその効き目などについて詳しくご紹介します。 脂肪を減らせる薬「ナイシトール」とは? ナイシトールは小林製薬が製造・販売する医薬品で、お腹の脂肪対策に効果のある生薬を配合しています。 お腹の脂肪やウエストの太さが気になる• 食生活の乱れや栄養の偏りがある• 運動不足で痩せにくい• 便秘しやすい などの悩みがある方におすすめの薬です。 ナイシトールの有効成分は「防風通聖散」 ナイシトールに含まれる有効成分は、数種類の生薬を組み合わせた 「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という生薬です。 デトックス効果とともに 脂肪の分解・燃焼を促す働きが認められており、ナイシトール以外にも様々な医薬品に配合され販売されています。 ナイシトールにはさまざまな種類がある 防風通聖散が配合されている薬はドラッグストアにも数種類あるのですが、その中でもナイシトールは防風通聖散の配合量によって• 白色脂肪細胞 基礎代謝量を低下させ太りやすい体の原因となる脂肪細胞• 褐色脂肪細胞 体温を上げて基礎代謝を活発にさせ痩せやすい体を作る 防風通聖散は 痩せやすい体を作る褐色脂肪細胞に作用し基礎代謝量をアップさせます。 さらに、 太りやすくなる白色脂肪細胞を小さくすることでお腹の脂肪を落としていくことがわかっています。 6種類の生薬が脂肪の燃焼をサポート 脂肪細胞への働きかけの他、 防風通聖散の18種類の生薬のうち6種類の生薬は脂肪の分解・燃焼をサポートすることも研究から判明しました。 内臓脂肪や動脈硬化の予防 胃や肝臓などの内臓に脂肪が付いてしまう内臓脂肪と、そして血管内に脂肪やコレステロールが付着し血管が硬く狭くなる動脈硬化、どちらも防風通聖散で予防や改善ができることも研究で効果が認められています。 内臓脂肪細胞で作られる善玉物質の「アディポネクチン」は抗動脈ホルモンとも呼ばれ、内臓脂肪が増えるとアディポネクチンが減少し、内臓脂肪が減るとアディポネクチンが増えるという特徴があります。 ある研究では 防風通聖散を飲むことによってアディポネクチンの数が増えていることが確認されており、内臓脂肪や動脈硬化からくる心筋梗塞などの悪化を予防する効果が期待できます。 食欲を抑える効果 防風通聖散は食欲を抑える効果も研究によって認められています。 防風通聖散を飲んでいる人に食欲減退効果が確認できたため詳しく検査をしたところ、 食欲増進ホルモン「グレリン」の血中濃度が低下していることがわかったのです。 食べるのがなかなかやめられないという方のダイエットや健康維持をサポートする効果への期待も高まっています。 デトックス効果で痩せやすい体を作る 私たちは発汗や排尿によって体内の毒素を排出しているのですが、生活習慣の乱れや加齢による体質の変化によって毒素の排出が上手くできなくなると毒素が体内に蓄積してしまいます。 本来なら排出されるはずのものが体内に残ったままになると細胞や内臓が正常に機能できなくなり体調不良を起こしたり、余分なものまで体内に取り込んでしまい太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。 防風通聖散に含まれる18種類の生薬には、 太る原因となる毒素のため込みを防いで痩せやすく太りにくい体を作ってくれます。 また、排便を促す効果があるので、便秘に悩む女性にもおすすめです。 防風通聖散配合の薬はネット販売でも購入OK! ナイシトールなど 防風通聖散配合の薬は処方箋なしで購入することが可能です。 ドラッグストアや薬局はもちろん、医薬品を扱うネット通販で購入可能です。 風邪薬と同じように気軽に購入できるので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。 防風通聖散は内科で処方してもらうと安くなる? 防風通聖散は 内科などの病院でも治療薬として処方されている薬の一つです。 病院でもらう薬は健康保険が使えるため、ドラッグストアなどで購入するよりも割安なのは事実です。 病院で処方される場合、ツムラの62番やクラシエの62番などが処方され、 1gあたりの価格は5. 3〜8. 1日あたりの費用は50〜60円程度で済みます。 一方、市販薬のひとつであるナイシトール85aは1日あたり160円と約3倍の費用がかかります。 単純に比較すると内科で処方してもらう方が割安でお得です。 ただし、保険適用は病気のみ! 単純に薬代のみを比較するとツムラやクラシエの62番がお得ですが、 保険適用で処方してもらうには病気であることが認められないといけません。 病気予防など健康のため、またはダイエットのために防風通聖散を飲みたいという理由での受診だと、治療目的ではなくなってしまうため薬代だけでなく診察費は全て実費となり市販薬を購入するより高額な負担額になる可能性が高いです。 ちなみにどの程度から病気という診断が付き治療目的で防風通聖散を処方してもらえるのかというと、 防風通聖散の正しい飲み方と、副作用やリスク 防風通聖散は 医薬品なので、病院でもらう薬と同じように用法・用量を守って飲みましょう。 防風通聖散は漢方薬の一種なので、他の漢方薬と同じく食前 食事をとる30分ほど前 に飲みます。 食前に飲むのを忘れてしまったから食後に飲むというのも問題はありませんが、 漢方薬は胃酸で分解されると効果がより高くなると言われているため、できるだけ食前に飲むことをおすすめします。 市販品の場合、食前・食後のどちらに飲むか、1度に飲む量がどれくらいか、それぞれ製品によって違います。 ここではあくまで一般的な漢方薬の飲み方を紹介したので、購入した製品の用法・用量を守って飲んでくださいね。 防風通聖散の副作用やリスク 防風通聖散で最も多く報告されているのが、服薬後の腹痛と下痢です。 防風通聖散には便通をよくする作用があるため、体質によっては腹痛や下痢が起こることがあります。 その他、以下のような方は防風通聖散によって体調が悪くなったり、症状が悪化する可能性が考えられます。 妊娠・授乳中• 持病があり服薬・治療中 特に心臓・肝臓に病気がある方は主治医へ相談を!• 排尿障害のある方• 虚弱体質 服薬する前にかかりつけのお医者さんや薬剤師さんに飲んでも大丈夫かどうかを確認してから飲むようにしましょう。 その中でも特におすすめしたいのが、ドラッグストアをチェーン展開させているです。 おすすめの防風通聖散、生漢煎の気になる価格は? 生漢煎は1箱90包入り30日分で通常価格が7,800円ですが、初回購入限定で半額の3,900円で購入できます。 1日あたり130円と市販の防風通聖散の中で最安値クラスのお得さです。 初回限定半額は定期コースなど解約の必要なコースへの加入は必要なく、1度だけ試してみたいという方でも気軽に購入できる形で販売されています。 さらに、定期コースなら初回半額で購入できる上に、 アインズトルペは全国に実店舗もありますが、生漢煎が購入できるのは今のところ公式サイトだけになっています。 Amazonなど大手通販サイトでの取り扱いもなく、公式サイトのみで買うことができるタイプの医薬品です。 お腹周りの痩せにくさに悩んだ時は防風通聖散を試してみよう ダイエット効果や健康効果で人気の高い防風通聖散について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?防風通聖散はぽっこりお腹の原因となる皮下脂肪や内臓脂肪を効率よく落とせるように、植物由来の生薬を18種類もブレンドして調合された漢方薬です。 脂肪燃焼や食欲抑制、デトックスとダイエットにうれしい効果がたくさん詰まっている上に、医薬品なので効果はお墨付き。 防風通聖散は食べ過ぎ・飲みすぎなど生活習慣の乱れによる肥満はもちろん、油っこいものをよく食べる方や内臓脂肪・動脈硬化が不安という方の健康維持・病気予防にもおすすめです。 また、加齢や出産後の体質変化で太りやすくなってしまったという方のダイエットにもおすすめの漢方薬です。 色々なサプリメントを試してみてもなかなか効果が実感できなかったという方は、防風通聖散を試してみてはいかがでしょうか? 防風通聖散を探している人は必見!アインズ&トルペの「生漢煎」.

次の

効果的な飲み方|脂肪を燃やす!余分な脂を出す!

ナイシトール 下痢

ナイシトールは発汗・利尿・便通作用のある医薬品であり、それによってダイエット効果を期待することができるということで注目を集めています。 そんなナイシトールには服用する際に副作用があることがあります。 その中でも代表的な副作用として知られているのが下痢。 人によっては服用を始めてから3日から1週間ほど下痢に悩むという人もいます。 ナイシトールの服用で下痢が起きてしまう原因は? そもそも、なぜナイシトールを服用することによって下痢が起きてしまうのでしょうか? その原因としていわれているのが、成分として含まれている生薬の作用です。 ナイシトールには主な成分としていろいろな漢方や生薬が含まれています。 その中でも特に代表的なものとして配合されているのが、• 大黄(だいおう)• 芒硝(ぼうしょう)• 甘草(かんぞう) などが含まれている「調胃承気湯(ちょういじょうきとう)」という処方のものです。 この大黄を含んだ調胃承気湯の特徴は、便通を改善し、体内にあまっている熱を取るという効果を持っていること。 これによって便秘に悩む方の便通を改善し、下腹部のポッコリを改善することができるようになっています。 ですが、これらの生薬の作用は比較的強いものです。 したがって、体質的に合わない人や、元々便秘傾向がないという人が服用してしまった場合、下痢を起こしてしまう原因となってしまうのです。 ナイシトールは便秘解消に効く もともと「調胃承気湯(ちょういじょうきとう)」そのものが、便秘解消のために処方される生薬です。 ナイシトールそのものが便秘解消の効果を持っているというのはパッケージにも記載されている事実。 便秘を解消することによって、肥満症の解消やダイエット効果を得ることができるようになっているのです。 下痢を起こすこと自体は、下腹部にたまっている便通を改善していると考えることができます。 しかし、胃腸が弱い人や便秘体質ではない人(普段から下痢気味な人)が服用すると、症状を悪化させてしまう可能性や、脱水を起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。 副作用が出たら ナイシトールを飲み始めてから下痢の状態が続くという場合は、副作用の可能性があります。 その際は、ナイシトールの服用を一旦止めてみてください。 ナイシトールの服用を止めたら症状が改善されたという場合は、体質的に合わないと判断することができます。 そのまま服用を中止する方がいいでしょう。 ナイシトールの服用を止めても症状が改善されないという場合は、一度内科を受診してみることをおすすめします。 はこちらの記事.

次の

ナイシトールに気をつけろ!

ナイシトール 下痢

検証1ヶ月の結果• 体重:106. 2kg (-4. 2kg)• 体脂肪率:27. 5% (-0. 胴囲が6㎝減っていますが、便秘解消による効果が結構大きいと思います。 朝起きてすぐ• 11時頃• 夕方16時頃 1日3回、可能な限り 空腹の時に飲めれば、この時間である必要はないです。 暴飲暴食は控えました なぜなら、さすがのナイシトールもカロリーをゼロにはできないからです。 ナイシトールの効果を実感するために、厳しい食事制限をする必要はありませんが、 過剰なカロリー摂取は控えましょう。 具体的に言うと 体重が100キロ程度なら、1日2000kcal以内に抑えるように気を付けてください。 多少の運動は意識した ナイシトールはお腹の脂肪を分解して燃えやすくしてくれますが、 飲むだけで燃焼することはないです。 分解した脂肪を燃やす作業が必要なので、 毎日少しでもいいので有酸素運動をしましょう。 と言っても何時間も歩いたり、ランニングする必要はありません! 実際に私は、可能な限り毎日4つ手前の駅で降りて30~40分かけて4㎞ほど歩いて帰っていました。 これが難しければ1駅手前、1㎞手前でも全然OKです! ナイシトールが痩せる理由 漢方の力で 脂肪燃焼を助け、排便を促すから痩せる! ご紹介した通り、食事と運動を多少気を付けながらも、私はナイシトールの効果で痩せることができました。 ただそもそもナイシトールの正体が何で、どうして飲むと痩せるのでしょうか? ナイシトールの正体は漢方「防風通聖散」 内側の脂肪を取る、という意味でナイシトールと名付けられていますが、 中身は「防風通聖散」という漢方薬です。 漢方薬は身体自身の免疫力や機能を高めてくれる存在なので用法用量を守っていれば、大きなリスクになることはありません。 ただ、体質的に合わない人は腹痛や下痢になる可能性があるので服用して違和感を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。 古くなった脂肪を分解して燃えやすくする ナイシトールの効果を一言で表すなら 「古くなった脂肪を分解して燃えやすくする」です。 そもそもお腹に蓄積した脂肪は老化をしていてなかなか分解されないために、燃焼されずどんどん溜まっていきます。 ナイシトールは蓄積したまま古くなった脂肪を、漢方の力で分解しやすくして、燃えやすくしてくれます。 脂肪を便と一緒に排出させる せっかく分解して燃えやすくされた脂肪ですが体内に溜まったままだと意味がありません。 ナイシトールにはお通じを良くする成分も入っていますので 分解・燃焼された脂肪を便と一緒に排出してくれます。 いわゆる下剤とは違い、即効性のあるものではないためお腹を痛める心配もないです。 太鼓腹の人• 脂肪太りで便秘がちな人• 漢方の実証タイプの人 聞きなれない言葉もあると思いますが、詳しくご紹介します。 太鼓腹の人 お腹の出方には2つの特徴があります。 太鼓腹:パンと張ったお腹• アンコ腹:ブヨブヨなお腹 「アンコ腹」、「太鼓腹」という言葉は、元々は相撲用語。 「アンコ」とは、お饅頭で言うところの「詰め物」のこと。 ヒフの下に何かを詰めたみたいにブヨブヨしているからこう呼ばれます。 「太鼓腹」は形が和太鼓の胴回りに似ているからその名前がつきました。 ナイシトールの効果が出やすいのは 太鼓腹の人です。 目安としては、胸もお腹もブヨブヨ…よりも、 お腹だけがパーンと張っているような人です! 脂肪太りで便秘がちな人 ナイシトールのWebサイトではこのような記述があります。 内臓脂肪、皮下脂肪が多く、便秘で悪い物が体に滞りがちの人に効果が出やすいです。 漢方の実証タイプの人 東洋医学では、不健康な人は2種類に分けられていて、それが 虚証と実証です。 体質に合わない• 服用方法が間違っている• 暴飲暴食している• 全く運動していない 実際の口コミと併せて解説しましょう。 体質に合わない Twitterでは実際にこのような口コミがあります。 2kg 累計:-2. 3kg 体脂肪率:23. — こぜ6ジャパン!! koze6japan この方の場合、ナイシトールを飲んで下痢をしているようです。 漢方で言う実証の人は便秘気味なので、ナイシトールでは下痢になりにくいです。 おそらく体質が防風通聖散に合わないので、そういう方は 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)という虚証向けの漢方が良いでしょう。 虚証の人の消化吸収を助け、体内のエネルギーを増強することによって、体に悪いものを排出させる効果がありますよ。 リンク 服用方法が間違っている Twitterでこんな口コミも発見しました。 ナイシトール、粒がデカい。 1回4錠1日3回。 毎日あんなの12錠も飲んでたら飲み込む時のカロリー消費で痩せるわ。 また、空腹時に飲んだほうが効果が出やすいので、正しく飲めていない人がマイナスの口コミをしているように思います。 暴飲暴食している Twitterでたまにこういう懺悔も見かけます(笑) 昨日は酔っぱらって食べ過ぎた! 餃子に麻婆豆腐にetc…。 3㎏ 3月1日 ・本日79. ナイシトールの効果とは排便の回数を増やし、腸内に物を溜め込まないという、腹周りね贅肉の根本的な所に効果があると思います。 つまりは効能的には贅肉を減らすというより、贅肉を増やしにくくするというほうが正しい。 よってナイシトール+運動をしなければ痩せることは難しい。 魔法の薬だと思って購入して、運動せずに「痩せない!」と言っているケースには注意しましょう。 実際に私は3回リピートしていますが、結局他の防風通聖散を飲んでいます。 3回ナイシトールを飲んで分かった、GoodとBadをご紹介しましょう。 ナイシトールのGood ナイシトールの良い点は次の2つです。 1瓶(28日分)が高い• 1回に飲む量が多い• 地味に手が汚れる• おじさんのイメージが強い これも1つずつ見ていきましょう。 1瓶(28日分)が高い 私が購入していたのが「ナイシトールZa(420錠)」ですが、薬局で買うと7000円以上、 Amazonや楽天でも5500円前後でした。 しかも1ヶ月ではなく、中途半端に28日分というのがちょっと気になっていました。 実は他にナイシトールよりも安い防風通聖散もたくさんあります。 薬なので1日3回は仕方ありませんが、 5錠が結構きついです。 粒が大きく表面も乾燥しているので、 ちゃんと飲み込まないと喉に張り付いてすごく不快です。 しかも一気に5錠はまず無理なので、何回かに分けて飲むのも面倒でした。 地味に手が汚れる 実はこれがかなり嫌だったんですが、手でナイシトールをつまんで飲んでいると、 手に粉っぽいものと匂いが付いてしまいます。 いかにも薬のような匂いなのであまりいいものでもありません… あとは瓶の中に湿気を防ぐシートが入っていますが、このシートが後半になると粉まみれになってかなり気になりました。 おじさんのイメージが強い CMのお陰で知名度は高いですが、逆にそのイメージが強すぎました。 会社にも持っていきましたが、周りからは 「若いのにナイシトール飲むんだ」と言われました。 やはり おじさんが飲むイメージが強いんでしょうね…(筆者当時29歳) 最初の1本としては安心しておすすめできる ナイシトールのGoodやBadを見てきましたが、体質が合っていて用法容量を守っていれば必ず痩せる効果が出ると思います。 ポッコリお腹が気になるなら、行動をしないと何も変わりません。 まずは1本目として、安心のナイシトールをぜひ試してみてください!• 満量処方:1日約4500mg~• 1日あたりの金額 防風通聖散はメーカーやブランドによって内容量が異なります。 15日分、22日分、28日分、30日分とかなり異なります。 費用対効果を計算する場合はトータル金額だけでなく、 1日あたりの金額で計算しましょう。 例えばナイシトールZaは1日約185円ですが、成分が同じ阪本製薬のアンラビリゴールドという商品は1日あたり116円ほどです。 薬剤の形状 防風通聖散もそうですが、漢方薬はおおよそ 「錠剤」と「顆粒」に分かれます。 ナイシトールは先述の通り錠剤ですが、それだと手が汚れたり、匂いが付いたり、1回あたりに飲む量が多くなってしまいます。 顆粒の場合は小袋に分けられているので、1日3回は同じですが、1回の服用量は1包だけでOKです! 生漢煎・防風通聖散がおすすめ! 私がナイシトールから乗り換えて、 現在も継続しているのは生漢煎・防風通聖散です。 おすすめできるポイントは次の3つです。 1回1包だけ飲めばOK• 手が全く汚れない• 匂いも気にならない• 持ち運びがしやすい お昼にも飲む必要があるので、以前はナイシトールの瓶ごと会社に持っていきましたが、正直重いし結構邪魔でした。 顆粒タイプになってからは必要な小袋を1つだけ鞄に入れればいいので、ものすごく便利になったと思います。 何より手が全く汚れないし臭くならないのが最高ですね! イメージがおじさんっぽくない オシャレな包装でもないですが、イメージとしては龍角散ダイレクトみたいな感じなので、周りもあまり気にならないようです。 個人的にも周りの目を気にしながら大きな瓶と錠剤を表に出さなくて良くなったのは嬉しい変化の1つです。 デメリット:1日あたりの金額 あまり効果が変わらなくて、顆粒タイプでとても便利な商品ですが、唯一のデメリットが金額です。 生漢煎・防風通聖散の内容量は30日分です。

次の