益々のご活躍を祈念しております。 祈念の意味と社会人なら知っておきたい正しい使い方

祝電、人事(就任)電報の例文・文例集|【電報サービス】VERY CARD 法人専用

益々のご活躍を祈念しております

受け取る相手の取り方で大きく変わる言葉です。 期待しているのは言葉を贈る側が求めているというニュアンスがあります。 ですから友達や同僚や部下といった関係ならば良いのですが、 目上の方に期待していますというのは、やはりあからさまなのでしょう。 では?どのように言い換えるべきなのか? 「期待しております」ではなく「お祈りしています」 祈るというのは言葉を贈る側のみの思いであり、見返りがないと感じます。 ですから年配者や上司、先生などといった目上の方にに対しては、 やはり「お祈りしています」のほうが良いといえます。 ・楽しみにしています 「楽しみにしています」という言葉についても同じです。 求める意味合いが感じられます。 しかし、それを頑張ってくだいとそのままの言葉で上司にいうのはマナー違反。 その気持を置き換えた言葉が 「益々のご活躍をお祈りしています」となるのです。 しかし。。。 「応援しています」という言葉に 「陰ながら応援しています」と付け加えることですごく控えめに感じますよね。 陰ながら応援していますとなれば、 目上の人に使用しても差し支えなさそうです。 益々のご活躍の使い方はこの言葉に続く言葉でかなり違ってきます。 「益々のご活躍を期待しております」 「益々のご活躍をお祈りしています」 どちらも丁寧な表現には違いないのですけど、 「期待していますよ」という上から目線的な感じがあるとダメなのですね。 やはり頑張って欲しい気持ちを目上の人に伝えるのは、 「お祈りしています」ということばが一番無難だと思います。

次の

「ご活躍を期待しております」は失礼?「ご活躍」の正しい用例を伝授

益々のご活躍を祈念しております

気になる項目をクリック• 「ご活躍」の意味 「ご活躍」の意味は想像が付くかと思いますが、「 生き生きと活動する」「 手腕を振るって成功する」といった意味合いになります。 特にビジネスシーンであれば、「仕事で結果を出す」という意味合いが強くなります。 1-1. 「ご活躍」を使うタイミング 「ご活躍」が使われるタイミングは、 ビジネスでの挨拶、新規事業立ち上げ、新春、などです。 口頭で使用する場合もあれば、メール等の文書に含める場合もあります。 あとは、就職活動や人事の経験のある方ならわかるかと思いますが、いわゆる「お祈りメール」にも含まれていることが多いです。 就職活動で不採用通知の時に「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。 」というお祈りメールをもらった方は、「ご活躍を」あまりいい印象を持っていないかもしれませんね。• 「ご活躍」の使い方と注意点 次に、「ご活躍」の使い方と注意点について解説します。 日本語は相手が目上か目下かによって言葉の使い方が変わる難しさがあり、を誤ると、たとえ敬語を使用していても失礼になります。 もちろん誤って失礼な敬語を使ったからといって怒る人はほとんどいないかと思いますが、印象が良くありません。 また社内では注意を受ける、評価が下がる、といった悪影響もあるかもしれませんね。 「ご活躍」も相手が目上か目下かによって使い方の変わる敬語なので、ぜひ間違った使い方をしないようご注意ください。 2-1. 目上にも目下にも使える「ご活躍」 「ご活躍」は使い方によって目上の方に対して失礼になる可能性があるということでしたが、厳密には「ご活躍を」に続く言葉によって目上に使えるかどうかが変わってきます。 「ご活躍」という言葉自体は相手が目上でも目下でも使用できます。 ご活躍を祈念しております 「ご活躍を祈念しております」というは相手が目上でも目下でも問題なく使用できます。 その理由は、「祈念」という言葉が目上に使用しても問題ない単語です。 「祈念」はもともと神仏に対して祈るという意味合いがあり、当然神仏は人間より目上です。 もともと目上のものに対しての言葉なので、結果的に「ご活躍を祈念しております」は目上にも使用できます。• 2-2. 目下にのみ使える「ご活躍」 次に、目下にのみ使える「ご活躍」を紹介します。 考え方としては、「ご活躍」に続く言葉が目上に使えないものであれば、その文章は目上には使えません。 ご活躍を期待しております 「ご活躍を期待しております」は目下の人にしか使えません。 なぜなら、「期待する」は目上には失礼に当たるからです。 「期待する」は成果を信じて待つという意味で、成果を確認する立場の人間の発言です。 つまり、ビジネスシーンで使われる「ご活躍を期待しております」を言い換えると、「あなたが私の満足いく結果を出すことを信じて待っています」。 期待は自分の目下の範囲内で満足のいく結果を待つ意味なので、目上に対して使用するのは明らかに失礼です。 「ご活躍」は法人には使わない 実際は法人に対して「ご活躍」を使用しているケースも多いので問題はないのですが、 本来は個人に対して使用する用語です。 なので、一応避けた方が無難でしょう。• ただし、 普段接点があまりない人に対して使うと、「拝見している」という表現が違和感に感じます。 そのため、知名度が高い人や、普段接する機会の多い人に対して使用します。 お祈り申し上げます、という表現なので目上でも目下でも問題なく使用できます。 ただし、「ご活躍を期待しています」などの表現だと目下にしか使えないので注意が必要です。 「ご活躍」の類義語と使い分け 次に、「ご活躍」との使い分けがややこしい類義語の意味や使い分けについて紹介します。 「ご活躍」と意味が同じ言葉としてよく使われる言葉に、以下の2つがあります。

次の

「ご活躍」の意味と使い方、類語「ご健勝/ご多幸」との違い、言い換え、英語も紹介

益々のご活躍を祈念しております

ビジネス文書文例集ー結びのあいさつー。 皆様の一層のご健康を心よりお祈り申し上げます。 皆様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。 皆様の一層のご活動をご期待申し上げます。 皆様のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。 ご家族のますますのご多幸をお祈り申し上げます。 ご一同様のますますのご活躍を祈念いたしております。 ~様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。 貴サイトの益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。 今後ともよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。 これからも変わらぬご交誼賜りますようお願い申し上げます。 今後ともかわらずお引き立てのほど、よろしくお願い致します。 今後とも、ご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。 今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 今後とも変わらぬご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 今後とも変わらぬご厚誼とご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 いろいろご指導を仰ぐ機会もあるかと存じますが、その節はよろしくお願い申し上げます。 まずはお知らせかたがたご挨拶まで• とり急ぎ、ご連絡まで• とり急ぎ、お願いまで• まずは、とり急ぎお願いまで• まずは略儀ながら書中をもってごあいさつまで• まずはお詫びかたがた、お願い申し上げます。 まずはとり急ぎ、お見舞い申し上げます。

次の