いなご。 イナゴとバッタの違い!区別はあるの?食用にできるのは?

いなごの佃煮

いなご

好きなところに飛べます• バッタとイナゴの違いは? 結論から言うと分類的にはイナゴはバッタの仲間に含まれます。 つまり 『バッタ>イナゴ』ということですね。 さらにバッタの仲間はイナゴ科とバッタ科で分けられたりいています。 簡単にいうとそこら辺に生えている植物を『雑草』というのと同じですね。 イナゴはその中の一部ということになります! また、分類以外でも 日本では私達が食べているお米の稲を食べてしまう害虫となるバッタ類を『イナゴ』と呼ぶそうです。 個人的には稲を食べてしまうものが『イナゴ』と考えるのがわかりやすいと思います! イナゴは食べてバッタは食べないけど味が違うの? Sponsored Link イナゴは稲を食べる害虫駆除を兼ねて大量に獲ることができたため、食用にする風習が出来たと言われています! そのため、日本ではトノサマバッタもイナゴとして扱われることがあります。 なので一概に 『バッタは食べない』というわけではなさそうです。 バッタとイナゴどちらにも共通することですが、 食べるか食べないかは種類によります! そして、日本で古くから佃煮にして食べられているイナゴは主に『コバネイナゴ』です。 それ以外にも食べられている種類もありますが、 食べる上で重要視されているのはやはり『美味しさ』と『大きさ』のようです。 特に美味しさは重要でいくら捕まえやすいバッタや大きいバッタでも不味いものは食べないという印象を受けます。 よく見かけるショウリョウバッタなどは苦味があることから食べられるけど食用には向いていないそうです! バッタとイナゴに見分け方 今までお話してきたように イナゴとバッタを大きく分けると『稲を食べてしまうか食べないか』です。 そのため見分け方の話になってくるとそれぞれの種類についてになってしまいます。 今回は特に食べられているコバネイナゴとトノサマバッタの見分け方を簡単に解説します。 コバネイナゴ 目の後ろに真っ直ぐ伸びる太い線があるのが特徴的です。 また、名前の通り翅が短く、おしりより先に翅が伸びていません。 トノサマバッタ 比較的大きく、目の後ろには不明瞭な線が入っており、翅には縞模様が入っています。 飛翔能力が高いこともあり翅も大きく、後ろ足がオレンジ色している姿が特徴的です。 その他にもイナゴやバッタの種類は多くありますが、 コバネイナゴは翅が短いので簡単に見分けることができます。 また、 トノサマバッタも大きくて足の色が特徴的なのですぐにわかります。 中々自分で獲って食べる機会はないと思いますが、意外と見分けられるようになると楽しいものです。

次の

イナゴとバッタの違い!区別はあるの?食用にできるのは?

いなご

ケニアでは今年1月16日、バッタの大群が襲った(ロイター) 中国にWショック。 同国武漢で発生した新型コロナウイルスは中国政府の19日発表で、死者2004人、感染者も計7万4185人に増加した。 感染の恐怖が世界中を震撼させるなか、今度はイナゴ(バッタ)の大群が押し寄せて大飢饉をもたらすとの情報が飛び出している。 仰天の3600億匹のイナゴが、アフリカ東部から中東、インドを経て、中国に侵入する可能性があると国連の専門機関が警告したのだ。 襲われた地域は壊滅的被害を受け、数千万人が飢饉など大災害の犠牲になるというから、未曽有の天災になりかねない。 米CBSニュースが伝えた。 これに対し、中国の当局者は「大群の足取りを追い、警戒しているので心配ない」と返答し「特に現在は冬季なのでイナゴは国境には到達しない」と続けたが…。 FAOによると、中東での記録的な大雨と、2回のサイクロンがもたらした大雨により、イナゴの大群はオマーンの砂漠で大繁殖。 これまでイエメン、イラン、パキスタン、インドなどで、すでにイナゴの甚大な被害が報告されている。 特にアフリカ東部のエチオピアやケニア、ソマリアなどが大被害を被っており、深刻な食糧不足が心配されているという。 この地域では、穀物などの作付けから収穫を今の時期から6月にかけて行う。 だが、すでに約2000万人の住人が食糧不足に苦しみ、再びイナゴによる被害が襲いかかれば、ここ数十年間で最悪の大飢饉が発生する危機に直面しているとしている。 さらに恐ろしいことに、FAOは同地域ではこの先、数週間ほど多くの降水が予想され、それによりイナゴの繁殖が加速度的に進んで大きく成長し、6月ごろまでには現在の約500倍に膨れ上がると推測している。 今月生まれた幼虫が4月には3600億匹にまで膨れ上がる計算だという。 巨大な黒い雲が空を覆いながら、農作物を食い尽くして移動するというから、その情景はまるでこの世の終わりのように、人々を震え上がらせるだろう。 イナゴと中国といえば過去にも大規模な被害があった。 同国では「蝗害(こうがい)」と呼ばれ、大天災として歴史にも数多く記録されている。 中でも有名なものでは唐代の785年の蝗害で「夏にバッタが発生し、東は海から西は黄河の上流まで、10日以上にわたって群れが天を覆った。 草木や家畜に群がり、死骸が道をふさいだ」と歴史書「旧唐書」に記されている。 また、明代や清代にも度々農作物の壊滅的被害は起きている。 最近では2005年に海南省を襲ったもので、同省ではこの年の稲が全滅した。 FAOは現在のところ、イラン、パキスタン、インド、中国などの国では食糧不足は起きていないとみている。 FAOによると、1平方キロ内のイナゴの群れには約4000万匹がおり、1日に3万5000人分の作物を食い尽くすというから、その数が3600億匹にもなれば、多くの地域で大飢饉が起きることは想像に難くない。 新型コロナといい、人類は今、世界規模の大危機にさらされている。

次の

キャロブ豆栽培│寛尚ファーム

いなご

大量の植物を食べるイナゴ 現在、アフリカ東部では、巨大なイナゴの群れが広がっており、大きな被害を出しているという。 このためソマリアでは非常事態宣言を発令。 農業大臣も「バッタが大量の植物を食べてしまうため、ソマリアの脆弱な食料の安全保障の状況が、大きな脅威にさらされた」と述べた。 また収穫が始まる4月前にも、この状況がコントロールできないかもしれないと危惧されているそうだ。 国連は、イナゴがソマリアやエチオピアで、この25年間で最も大きな群れを作っていると述べている。 一方、隣国のケニアは70年前に経験したようなイナゴの脅威にはさらされていない。 The Desert Locust outbreak in the Horn of Africa could provoke a humanitarian crisis. The invasion is the worst in decades to strike Kenya, Ethiopia and Somalia. 🎙️ Keith Cressman provides an update on the locust situation 👉 — FAO FAO This is the desert locust situation in East Africa right now. Farmers can barely see the sky. We need to help them now! 's appeal for urgent support 👉 — FAO FAO 6月までに500倍に膨れ上がる可能性 ソマリアでの対策が不安定な状況では、現在飛行機を使って空から殺虫剤を撒くこともできないという。 このため1月には国連の「食糧農業機関」が、「アフリカの角」と呼ばれる東部における虫との戦いにおいて、国際社会に対し援助を求めたそうだ。 その際、同機関はこの地域におけるイナゴの数が、6月までに現在の500倍に膨れ上がる可能性があると警告している。 イナゴは一日に150kmも移動でき、成虫は毎日自分と同じ体重の食料を食べるそうだ。

次の