赤クマ 解消。 クマの種類(紫・茶色・青・黒・目頭)と解消法

黒クマは加齢や涙袋が原因?【自宅で解消方法をご紹介!】

赤クマ 解消

赤クマの2つの原因 目周りの血行不良 目の下の皮膚は他のパーツよりも薄いつくりになっています。 そのため、血流が悪くなり静脈と動脈がうっ血すると、血管が皮膚から透けて赤くみえてしまうのです。 眼窩脂肪の突出 眼窩脂肪は目の下にあり眼球を守るクッションのような役割をします。 通常、眼窩脂肪は靭帯によって支えられていますが、老化によって機能が弱まると眼窩脂肪を支えきれず前にでてきてしまうのです。 眼窩脂肪が突出すると目の下の筋肉が押し出され、血管が透けることにより赤クマが発症します。 あなたは大丈夫?赤クマのセルフチェック 赤クマは主に血行不良が原因で発症しますが、いったいどんな特徴があるのでしょうか? 以下に、赤クマのチェック項目をご用意しましたので判断の参考にしてみてください。 ・クマが赤い ・眼の下の脂肪が前にでている ・パソコンやスマホの使用頻度が高い ・冷え性である ・頬を下に引っ張ると赤みが増す ・目をこするくせがある 赤クマを隠すメイク方法 赤クマは、コンシーラーとコントロールカラーを上手に使用することで隠すことができます。 以下、赤クマを隠すメイク方法を実際にみていきましょう。 コンシーラー選びのポイント ・リキッド・クリームタイプのものを選ぶ ・イエロー系のものを選ぶ ・自分の肌と同じor暗めのものを選ぶ コントロールカラーを使用する 赤クマを隠すには、ブルーのコントロールカラーの使用がおすすめです。 赤の補色であるブルーを使用することで赤みを目立たせなくする効果があります。 赤クマを隠すメイクの仕方 1. コントロールカラーを目の下に塗る 目の下の赤クマだけに塗るのがポイントです。 顔全体にリキッドファンデーションを薄く塗る 赤クマを隠したいからといって厚塗りしてしまうと目元のメイクがよれる原因となります。 ファンデーションを塗るときは顔全体に薄く広げるよう注意しましょう。 赤クマの部分にコンシーラーを薄く重ねる 赤クマにコンシーラーを薄く重ね、指先でポンポンと馴染ませましょう。 フェイスパウダーを馴染ませる 余分な粉を落としたフェイスパウダーを顔全体になじませたら完成です。 赤クマを解消する2つの治療法 赤クマには、目の下の血管を目立たせなくする治療法と眼窩脂肪を取り除く2種類の治療法があります。 ここでは、そんな赤クマを解消する2つの治療法についてみていきましょう。 脂肪注入法 赤クマは下まぶたの薄い皮膚から静脈と動脈が透けている状態です。 その対策として用いられるのが脂肪注入法。 皮膚の下に脂肪を注入することで血管を目立たせなくすることができます。 下眼瞼脱脂術 赤クマの原因が眼窩脂肪の突出である場合に効果的な治療法で、下瞼の内側を切開して眼窩脂肪を取り除きます。 顔に傷をつけることなく施術を受けられるためダウンタイムが少なく、1~2週間程すればメイクでごまかせるようになります。 まとめ 赤クマの主な原因は目周りの血行不良です。 赤クマの症状が一時的である場合は、メイクで隠しながら上手に付き合っていきましょう。 しかしながら、赤クマの原因が眼窩脂肪の突出である場合、完治には病院での治療が必要になります。 慢性的な赤クマでお悩みの方は、いちど病院やクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

次の

目の下の赤クマの原因と治し方!赤クマに特化したアイクリームはコレ|目の下の色素沈着を簡単に改善!茶クマはだれでも簡単に消すことができる!

赤クマ 解消

そこでまずメイクに入る前に押さえておきたい2つのポイントがこちら• クマがあるだけで5歳も老けて見える クマは、実はちゃんと隠せないと老けて見えてしまいます。 せっかく女性はメイクで綺麗になれるのですから、クマをしっかりと隠すメイク方法のポイントを押さえて、いきいきとした肌で自信のある顔にしていきましょう! では、クマ隠しメイクをご紹介していきます。 赤リップや口紅を使ってクマを隠す方法 クマを隠す方法として、最近雑誌でも取り上げられているのは「赤リップや口紅」を使用したメイク方法です。 目の下にできたクマの部分は、コンシーラーを塗っただけでは、そのクマの存在を消すことが難しいんです。 ただし、赤リップや口紅を使うことで、肌が血行が良くなったかのようになります。 では、どうやって赤リップや口紅を使用していくのか、詳しいメイク方法を紹介していきます。 Step1. 普段やっているベースメイクをします Step2. Step3. 赤リップの上に等間隔でコンシーラーを乗せる Step4. 指でコンシーラーをポンポンと叩くように肌になじませる Step5. シェーディングなどをする人の場合は、最後にファンデーションを筆でのせてぼかしたりすると思いますので、その時に赤リップを塗ってクマを隠した部分も一緒に塗ってもOKです。 厚塗りにならないように薄く最後はファンデーションをのせて仕上げるのを忘れずに! 動画でやり方を確認! 文章でやり方を紹介していきましたが、いまいち分かりづらいなと思う方は、やり方を動画で紹介している方がいますので、こちらをみてみましょう。 参考になると思います。 パール感のある口紅を選ぶ メイクの方法がわかったところで、頭に浮かぶ疑問は「何を使えばいいの?」ですよね。 赤リップや口紅はどれを選べばいいのか迷ってしまうと思います。 そこで、選んで欲しいのがパール感のあるもの。 肌のくすみカバーにもなるようなので、オススメです。 動画で紹介されていたものを使用してもいいと思います。 チークにもリップにもなるコスメをクマ隠し用に使用する方は多いようなので、口につけるものを目の下につけるのに抵抗があるという方は、このタイプのものを使用するのがいいでしょう。 口に使用するものを使う場合は、必ず指に口紅やリップを取ってから目の下に使用するようにしましょう。 コンシーラーは何を選べばいいか コンシーラーも何を使用すればいのか気になりますよね。 コンシーラーは、スティックタイプのコンシーラーや筆ペンタイプのものなど様々なものがあります。 使っていて、使用しやすいのは筆ペンタイプのコンシーラーやアプリケータータイプ(動画で使用されていたスティックの先にスポンジが付いているような形状のもの)が重ね付けには使用しやすいです。 リップや口紅の色が混ざってしまわないように注意をすれば自分の持っているもので基本問題ありませんが、1つ選ぶときのポイントがあります。 コンシーラーを選ぶ時の注意点 コンシーラーは自分の肌に合ったものを使用しましょう! コンシーラーを選ぶ時に一番重要なのが色! 自分の肌に合う色を選ばないと、目の下だけ頬やおでこなど肌の色と違う色になってしまい、目の下だけ浮いてしまい不自然になってしまいます。 この点だけ、コンシーラーを選ぶ際に注意しておきたいポイントです。 自分の肌に合う色合いのものを普段から選んでいるでしょうか? クマ隠しのメイクだけに限らず、コンシーラーは自分の肌に合うものを使用することをおすすめします。 簡単にできるので気軽にトライ! クマを隠すメイクは、使うコスメさえ手元にあれば誰でも簡単に行えます。 寝不足でクマがひどいなぁとか、最近ファンデーションを塗った後でも目元の色が違うんだよなぁと思っている方は、クマ隠しメイクを1度試してみてください。 血色が良く見える肌の色になって、クマが目立たなくできると思います。 クマ隠しメイクの紹介はここまでですが、メイクの時の注意点や、メイクの時のやりがちNGなど、もう少しプラスで知っておくと日頃きっと役に立つことをこれから紹介していきますので、お時間ある方はお付き合いください。 メイク時の注意点 メイクの時の注意としては、コンシーラーの付け方! コンシーラーは「しっかり塗るけど、薄づきを意識」と覚えてください。 厚く塗らないことがポイントです。 クマ隠しメイクでなくても、普段のメイクでも薄づきがポイントです。 また、コンシーラーは肌が弱い人はかぶれることもあります。 そんな方は、固形タイプのコンシーラーを使用するのがおすすめです。 肌への負担が少ない固形コンシーラーを指の腹でとり、トントンと目の下になじませることで、クマ隠しメイクも普段のメイクもできます。 固形コンシーラーを直接ぬりつけると肌への負担がかかりますので、肌が弱い方で心配な人は、からなず指を使って塗っていきましょう! メイクのポイント!やりがちNGに気をつけて メイクの時にやりがちなNGポイントは次の2つ!• コンシーラーの色を重ねて塗る• 黒グマを隠そうとコンシーラーに頼る この2点は、やりがちNGです。 コンシーラーにはオレンジ系やイエロー系など明るい色のカラーコントロールがありますが、もともとの肌の色と違うものを使用してしまうと、不自然になります。 コンシーラーの選び方でも紹介しましたが、クマ隠しメイクに限らず、コンシーラーを選ぶ時に色を重ねて塗るというやり方は、やりがちNGなので気をつけましょう! 次に黒グマを隠そうをコンシーラーに頼ってしまうというのは、黒グマは影になっているのでコンシーラーに頼るだけじゃ隠せないんです。 赤リップや口紅を使ったクマ隠しのメイク方法だけでは、黒クマタイプの方は実は不十分なんです。 そんな方には、「視線誘導メイク」という方法がおすすめです。 視覚誘導メイクの方法 視覚誘導メイクとは、クマに目がいかないように視線を誘導してあげるメイクテクニックのことです。 では、どこに視線を持っていくかというと「アイメイク」と「チーク」です。 メイクのポイントは次の3つ• アイラインをしっかりと引き、ブラウン系のアイシャドウを重ねる• 頬が高く上がるとろこにチークをふんわりつける• 口元は明るく艶やかな色味に クマを目立たなくする方法は、視覚誘導メイクでもカバーすることができます。 アイラインをなじませるためにブラウン系のアイシャドウをおすすめしていますが、アイメイクがバッチリできていればOKなので、アイシャドウのカラーは普段のメイクで様子を見ながら変えていっても大丈夫ですよ。 ここで考えて欲しいのは、クマが気になってくると目の下のクマだけに気がいってしまってその他に目が向いていないということ。 視覚誘導メイクがあるよということで、他に視線を移しましょうと紹介していますが、その前に、目の下だけに集中してメイクしていないか考えてみてくださいね。 目の下のクマだけでなく、目も頬も口も普段通りメイクしていれば女性は無意識にカバーできているんじゃないかと思います。 そんなことにならないためにも知っておきたい3つのポイントを紹介します。 NGにならないための3つのポイント NGメイクにならないためには次の3つのポイントに気をつけましょう!• 肌の色にあったコンシーラーを使う• コンシラーは「薄く塗る」を心がける• 視線誘導テクニックを利用 全て紹介してきたことですが、大事なのでもう一度紹介させていただきました。 NGメイクにならないためにも、この3つのポイントはとても重要なので覚えておいてくださいね。 視覚誘導メイクの詳しいやり方はこのページを遡れば見れますが、下のリンクをクリックしても確認できます。 いつまでも続かないよ!メイク以外にもクマを解消する方法 メイクでクマを隠せても、永遠にメイクだけでカバーするのは厳しいですよね。 メイク以外のケアで、クマを根本からの解決を目指すことが理想です。 では、みんなが同じクマかといえばそうではありません。 自分のクマがどのタイプかを判断してケアをしていく必要があります。 先ずは自分のクマがどの種類かを判断しよう! 茶クマcheck 目の下を引っ張っても消えない 青クマや黒クマは似ていますが、黒グマはメイクで隠すのが難しくなります。 青クマと茶グマはメイクで隠すことができますが、メイク以外でもケアをしていきましょう。 では、それぞれのクマのケア方法を紹介していきます。 青・黒・茶クマのケア方法 青クマのケア 青クマのケアはツボ押しや運動などを生活に取り入れてケアをする方法がおすすめです。 一時的なケアとしてホットタオルも活用しましょう。 長時間のデスクワークが多いという方は、血行が悪くなって青クマになっている方も多いんじゃないかと思いますが、そんな方はウォーキングや首や肩をほぐすストレッチを日頃から意識的に取り入れてケアをしていきましょう。 青クマの方は、生まれつきの要素が強い方もいて、遺伝からの青クマは消すことがなかなか難しいのも現実です。 そんな方は視覚誘導メイクや、クマ隠しメイクもうまく活用してカバーしてみてください。 黒クマのケア 黒クマの場合、目の下のエイジングサイン(たるみ)をケアしていきましょう。 日頃のスキンケアに、レチノール入りの美容液またはレチノール入りのクリームを日々のお手入れにプラスするのがおすすめです。 レチノールは紫外線に弱いという特徴を持っているので、夜のお手入れにプラスしてください。 黒クマは美容治療でも難しく、美容外科で手術を行う治療やレーザーなどでハリをだす美容治療も行われているようですが、手術をすると腫れや違和感が2週間続いたりすることもあるようなので、あまりオススメできません。 劇的に変化する必要がある!という方でない限り、美容治療は必要ないと思います。 40代になると黒クマが目立ってくるのも、目元のエイジングサインがきっかけで目立ってくるようになります。 加齢に伴って目元が衰えてくるのは自然なことですが、エイジングケアをしてひどくならないようケアをする事を大事にしましょう。 黒クマになったら、じっくりとケアしていくことが大切なので、スキンケアでしっかりケアをして、メイクをする際は「視覚誘導メイク」を活用していきましょう。 茶クマのケア 茶クマは、目をこするくせがある人は目元がくすんで茶クマなってしまっているケースと、シミやくすみが目の下にできてクマのように見えてしまっているケースの2通りです。 花粉症やアレルギー性結膜炎などの場合、目がすごく痒くなる人がいますが、この時に強くこすってしまうと皮膚が黒ずむだけでなく硬くなってしまう場合もありますので良くありません。 私も目にアレルギーの症状が出るタイプなので、痒くて我慢できないんだよ!って思って、こすってしまう時がありますが、目の周りに最近クマっぽいのか、目の周りだけなんだか色が違うんだよなぁと思った経験があります。 おそらくこれは茶クマです。。 同じようなタイプの方は、ピーリングを取り入れることとビタミンC誘導体配合の化粧品でのケアがおすすめです。 クマ別おすすめコンシーラー メイク以外の方法でクマを根本からケアをするといっても、すぐには無理だと思いますので、それぞれのクマに対してオススメのコンシーラーを紹介させていただきます。 コンシーラーの購入を考えていた方は、参考にしていただけたらと思います。

次の

クマの種類(紫・茶色・青・黒・目頭)と解消法

赤クマ 解消

赤クマについて 目の下が赤く腫れているようなクマを 赤クマと言います。 青クマが静脈のうっ血に対して、赤クマは 静脈・動脈両方のうっ血です。 目の下にふくらみが出来始めたら、赤クマになる前触れです。 この時点で、蒸しタオルなどで目の周りを温めることでクマを防げます。 赤クマは、他のクマよりも軽度なので、神経質になる必要はありませんが、 油断すると青クマや黒クマになってしまうこともあるので注意が必要です。 血行不良や目元のたるみからくる赤クマ。 血行促進のためには、 しっかりと睡眠をとることが必要です。 目を使い過ぎるのも赤クマにはよくありません。 長時間のパソコン作業なども適度に休みを取って行うようにしましょう。 赤クマの予防 赤クマ予防には ビタミンKが効果的と言われています。 ビタミンKは顔の赤みに効果があり、血液の拡張を抑える働きが期待出来ます。 精神的なものから病的なものまで、顔の赤みの原因は様々ですが、赤くなる原因となる毛細血管内の拡張を押さえてくれるのです。 ビタミンKが多く含まれている食べ物といえば、 ひき割り納豆・パセリ・しそ・海藻類です。 皮膚を引っ張ると赤みが増す赤クマは分かりやすいので、改善を実感するのも分かりやすいです。 目の下で血栓症が起きる事で出来る赤クマ、体の中からしっかりと予防することにより、目に無駄な疲労を溜めこまずクマをシャットダウンさせることに繋がるので、まずは ビタミンKを取り入れ効果的にクマを事前に防いでいきましょう。 赤クマが進化をすればケアが困難になっていくので、赤クマのうちに撃退するのが大切です。 赤くまの原因と診断方法、改善方法 理由 血行不良、血栓症 原因 目を酷使、寝不足 診断方法 目の下にぷっくらとふくらみがある。 重症度 軽度 眼輪筋という筋肉が透過したり 眼窩脂肪が突出し赤く腫れているように見えます。 膨らんでいるということは同時に影が出来、黒クマが出来てしまう事もあります。 つまり赤く膨らんでしまっている状態のくまを赤クマと呼ばれています。 主にパソコンやテレビ、携帯電話など長時間目を酷使しることによって生じます。 くまとしては軽度な状態ですが、放っておくと たるみの原因にもなり血行を促進することが先決です。 ホットタオルを目に覆うなどして血行が良くなれば改善されます。 ただ、睡眠も同時にしっかりとることで解消されるくまで、疲れを解消させるのが一番の方法です。 また血行促進は目だけではなく、風呂などにつかるなど全身の血行にも気を配りましょう。 とにかく 疲れを残さない事が大事です。 血栓症によって引き起こされる赤くまの場合には、ビタミンKを摂ることを心がけ海藻類の摂取やビタミンKが配合されている化粧品を使うなどする対策をすると良いと思います。

次の