オイリー 肌 スキンケア。 脂性肌さんのスキンケア|オイリー肌を改善する習慣・おすすめ商品

【医師監修】オイリー肌(脂性肌)の原因とセルフケアによる対策法

オイリー 肌 スキンケア

脂性肌は化粧崩れしやすくなり、テカリやすくなります。 また酸化した皮脂が多く肌にある状態になり、皮膚表面の皮脂と水分のバランスが崩れることも。 その結果、常在菌が増殖し脂漏性皮膚炎やニキビを引き起こしやすくなります。 乾燥肌 水分量・皮脂量がともに少ないお肌。 カサカサ、ゴワゴワな手触り、肌が突っ張るような感覚が特徴です。 水分量が少なく乾燥肌が悪化すると、角質がどんどん剥はがれて皮膚のバリアー機能が弱くなります。 そうすると刺激に敏感になり、肌トラブルが起こりやすくなります。 ひどくなっていくと「敏感肌」と言われます。 普通肌 皮脂量・水分量のバランスが良いお肌。 トラブルも少なく健康的な状態なので、 普通肌が理想と言われています。 お肌のキメが整っていて、メイクのりも良い肌質です。 基本的には肌トラブルは少ないお肌です。 混合肌 混合肌とは、顔の部分部分に 脂性肌と乾燥肌の両方が存在しているお肌です。 脂性肌、乾燥肌どちらも持ち合わせているので、カサつきがきになる場所、テカりがきになる場所が両方あります。 違う特徴が1つの顔に2種類あるので、スキンケアもコスメ選びも大変で、手のかかる肌質です。 脂性肌(オイリー肌)の原因 脂性肌には原因があります。 もちろん生まれつきの肌質はありますが、原因を見直すことで少しでも改善ができます。 詳しく原因をみてみましょう!• 間違ったスキンケア• 食生活• ストレス• 生活習慣• テカりがきになるからと、1日に何回も洗顔・ゴシゴシ強く洗顔・あぶらとり紙を頻繁に使うなど心当たりはありませんか? これらのスキンケアは一時的には、テカりが抑えられます。 ですが根本的な改善にはなっていません。 むしろ悪化させています! 皮脂を余計に取りすぎると、表面の角質層が傷つくことでバリア機能が低下し、 肌を守ろうとさらに過剰に皮脂が分泌されてしまいます。 するとまたテカりが起こる……悪循環になってしまいます。 脂性肌さんがやりがちな間違ったスキンケアとは? A. 保湿をしないこと! 皮脂性の肌の方はテカリやベタつきを気にして保湿をしないことによる、インナードライになっていることがあります。 インナードライになった肌は、表面のバリア機能が落ちているため肌を守ろうとして皮脂を過剰分泌してしまいます。 そのため、皮脂性の肌になってしまうという悪循環になってしまうことが原因です。 糖質や脂質など中性脂肪になりやすい食べ物を過剰に摂取すると、皮脂の過剰分泌につながると言われています。 炭水化物中心の食生活、間食は甘いものやお菓子、ファーストフードばかり食べている方は注意が必要です。 食生活が乱れると、肝機能が低下します。 すると消化された栄養素を代謝する肝臓が弱まり、脂質の代謝が鈍くなります。 それ脂性肌の要因になるのです。 すると体が異常を察しいろいろな部分で、悪影響を及ぼします。 その1つが皮脂の過剰分泌です。 特に睡眠不足は、肌のターンオーバーが通常よりも早いサイクルで行われてしまいます。 成長していない未熟な角化細胞で構成されることで、バリア機能が低い肌になってしまうため、外部刺激から肌を守ろうと、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。 そのため、男性に脂性肌の人が多いのです。 しかし女性でも必ず男性ホルモンは分泌されています。 ストレスを感じたときなどに多く分泌され、男性ホルモンが増加すると皮脂分泌量が多くなります。 また、生理前に出る「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、皮脂を多く出すのでこの時期にニキビができやすいのです。 脂性肌(オイリー肌)を改善するスキンケアのポイント 原因が分かったところで、改善するスキンケアのポイントをご紹介します。 ポイントを抑えて皮脂の分泌を抑えましょう。 正しいクレンジング・洗顔• 皮脂を落としすぎない• 正しい保湿• 肌に刺激を与えない• クレンジングや、洗顔料の 洗浄力が強い可能性がありますよ。 お肌に優しい洗顔料を選んでくださいね。 また、テカつきが気になるからとゴシゴシと強く擦り洗いをしている方も、 誤った洗顔方法です。 優しく撫でるようにしましょう。 詳しい洗顔方法は後ほどご紹介します! Q. クレンジング・洗顔で気を付けるポイントは? A. 指の腹を使ってやさしく洗う 洗いすぎやゴシゴシ摩擦をかけるのは禁物です。 指の腹で優しく洗顔しましょう。 洗顔料はよく泡立てて指と肌の間に泡の層を作り、泡を転がすようにして優しく洗いましょう。 また清潔な肌を保つことを意識して、洗い残しなどはないようにすることも大切なポイントです。 皮脂は必ずしも悪いという訳ではありません。 皮脂には潤いのヴェールで肌を守るという大切な役割があるのです。 そのため皮脂を過剰に落としすぎると、肌が乾燥していると認識してしまいさらに皮脂の分泌をしてしまいます。 余計な皮脂の分泌を抑えるためにも、 皮脂を落としすぎないのは大切なことです。 サッとあぶらとり紙などで、皮脂を抑えた後にミストで保湿してあげましょう。 脂性肌の原因のひとつに、ただ単に皮脂量が多いだけでなく、肌内部の強い乾燥が原因となっているケースも少なくありません。 肌は乾燥すると防衛反応で皮脂を多く分泌するようになります。 そうならないためにも、化粧水でしっかり保湿をして、クリームなどで水分が蒸発しないよう蓋をしてあげましょう。 必要に応じて美容液などもつけてあげるといいですよ。 皮脂分泌が多いTゾーンなどは、付ける量を調節してくださいね。 脂性肌でも保湿は必要? A. 必ず必要です! 必ず必要です! インナードライからの悪循環を起こして皮脂性の肌になってしまうこともあります。 清潔な肌にしてから十分保湿してください。 肌のバリア機能は表皮を覆っている薄い皮脂膜や、薄い角質層などで構成されてます。 このバリア機能が正常に働くことによって肌は水分を保持し、異物の混入を防いで美肌を叶えてくれます。 ところが強い力での洗顔・タオルでを拭き取るときのゴシゴシと擦ってしまっている・汚い手で顔を触るなど、肌に刺激を与え過ぎると、このバリア機能が低下してしまうのです。 すると肌はバリア機能を補おうとして、過剰に皮脂を分泌するようになるのです。 顔に触れるさいは、 「清潔な手で優しく撫でるように」が基本です。 脂質の代謝に関わるビタミンB群がオススメですよ。 パントテン酸(ビタミンB5) 皮脂の分泌を抑えて脂質や糖質の代謝を助けてくれます。 ビタミンB2が不足すると、脂性肌になりやすくなります。 ビタミンB6 ビタミンB6は皮脂の分泌をコントロールして脂性肌改善に役立つ成分です。 不足するとイライラしたり、肌荒れを起こしたりします。 ビタミンC 抗酸化作用があるので、美白やアンチエイジングにも必須な成分ですが、皮脂を抑えてくれるので脂性肌にも役立ちます。 優しく円を描くように、くるくると馴染ませます。 すすぎ残しがないように注意してくださいね。 Point クレンジングは洗浄力が強いです。 クレンジング料が肌に残ると毛穴詰まりを起こし、ニキビの原因になってしまいます。 肌に優しいクレンジング剤を使うことが重要ですよ。 顔を濡さないで洗顔料を使うと、肌の負担になる可能性がありますよ。 キメの細かい泡が理想的です。 円を描くように泡を転がすイメージで、洗っていきます。 泡のクッションを使うように、 なめらかに力をかけずに洗いましょう。 洗い残しがないように優しく、しっかりと流してくださいね。 化粧水・美容液 How To 清潔な手のひらか、コットンに化粧水をのせ優しく 押しこむように馴染ませていきます。 Point 付ける量に注意しましょう。 使用量が少なすぎると効果が弱まりますが、多すぎても油分を過剰に補う場合もあります。 その製品の使用量や使用法を確認しましょう。 また、強く叩き込んだり、引っ張るように伸ばすのは摩擦を起こしてしまうのでNGです。 スキンケア以外で脂性肌を改善する方法 食生活 脂質の過剰摂取に気をつけてください。 特に飽和脂肪酸を含むバターや牛脂、肉類は、毛穴の詰まりの原因です。 また、糖質にも注意です。 小麦粉、白米、加工されたパンや麺類、ケーキ、クッキーなどはできるだけ摂らないようにしましょう。 糖質は血糖値を急激に上げてしまいます。 そうなると「インスリン」と呼ばれるホルモンが分泌され、インスリンが皮脂線を刺激して、皮脂の分泌を促進させてしまうのです。 暴飲暴食をしない、十分な睡眠をとる。 自分なりの方法で ストレスを発散することが大事ですよ。 マットかツヤ肌かはそれぞれ好みがあると思います。 なりたい肌質を目指しましょう! パウダーファンデーションはリキット・クリームファンデーションに比べると油分が少なく崩れにくいし、今ではマット用もツヤ肌用もあります。 ただし、油分が少ない分乾燥しやすいのでよく保湿してからメイクすることをおすすめします。 小鼻や、目のきわなどもしっかりと塗っていきましょう。 気になる肌トラブルは、ファンデーションの重ね塗りではなくコンシーラーを使いましょう。 パウダーの場合は、コンシーラーは先に塗っておきましょう。 ブラシの場合は、くるくると回すようにのせていきましょう。 パフの場合は、顔の中心から外側に向かって伸ばしていきます。 脂性肌(オイリー肌)のファンデーション選びのポイント では、脂性肌(オイリー肌)のファンデー... noel編集部.

次の

オイリー肌・脂性肌のスキンケア方法!その洗顔方法や保湿、間違ってるかも…。

オイリー 肌 スキンケア

[目次]• 脂性肌(オイリー肌)とは お肌は「肌質」という観点から大雑把に、「普通肌」、「乾燥肌」、「脂性肌(オイリー肌)」、「混合肌」の4つにわけて考えられます。 この中で「脂性肌(オイリー肌)」は、最もはっきりと自覚している方が多く、肌トラブルが深刻化しやすいタイプと言えます。 この4つを並べると、どうも乾燥肌の対局に位置するのが脂性肌と誤解してしまいそうですが、実はそうではありません。 脂性肌は、簡単に言ってしまうと「何らかの原因で皮脂の分泌が過剰になっている肌」のことです。 一方、お肌の水分量が低下(30%以下)している肌を「乾燥肌」と言いますが、脂性肌でも乾燥しているケースがあり、そういったケースを最近では特に「脂性乾燥肌(オイリードライ肌)」と言ったりもします。 脂性肌に長年悩まれている方の中にはこの「乾燥」が見落とされている場合があるので、注意が必要です。 脂性肌のメカニズム 脂性肌のメカニズムを簡単にご説明します。 脂性肌とは、皮脂の分泌が過剰になっている肌のことですが、この皮脂の分泌を司っているのが男性ホルモンの一種「テストステロン」やステロイドの一種「アンドロゲン」です。 これらのホルモンは、皮脂腺を増やしたり、皮脂を合成したりと、皮脂腺の分泌活性を高める役割を担っています。 しかし、ストレスや生活習慣、遺伝的要因などにより分泌が過剰になると、それにより皮脂の分泌も過剰になり、結果的に脂性肌になってしまうと考えられています。 これらのホルモンが分泌されるピークは思春期と、30代後半~40代にかけての2度あり、これらの時期は脂性肌になりやすい時期と言えます。 特に思春期に脂性肌の傾向の強い女性では、アンドロゲンの影響で40歳くらいまで脂性肌の肌質が続きやすいと言われます。 また、ホルモンとは別に、遺伝的に皮脂腺が大きいケースや、加齢によって毛穴が開き皮脂が出やくなっているケースでも、脂性肌になりやすい様です。 脂性肌の原因 そもそも、脂性肌の原因とは、何なのでしょう?様々な要因が考えられますが、多いものとしては、「食生活」、「生活習慣によるホルモンバランスの乱れ」、「不適切なスキンケア」が挙げられます。 もちろん、元々の体質がベースになっていることは言うまでもありません。 「食生活」では、脂質の過剰摂取は避けた方がよいと思います。 特に、飽和脂肪酸を多く含むバターや牛脂、ラード、肉類、ショートニングなどは摂りすぎない様に気を付けて下さい。 皮脂を分泌する皮脂腺は、体内の不要な脂を排泄する器官ですが、飽和脂肪酸は融点が高いため、毛穴詰まりの原因ともなります。 脂っこいものは外せないという方は、脂ののった魚に置き換えるのも効果的です。 多く摂れば皮脂腺から分泌されるでしょうが、サラサラしているので毛穴に詰まりにくくベトつき感もあまりなく、「お肌を保護する」という皮脂本来の役割を果たしてくれます。 また、「生活習慣」は睡眠不足や不規則な生活、ストレスなど、思い当たるところがあれば改善するとよいでしょう。 皮脂の分泌に直接関わっているのは「男性ホルモン」で、生活習慣を正すことで全体のホルモンバランスが整えば、男性ホルモンの働きも正常に戻り、皮脂の分泌も正常にコントロールされるというわけです。 一見回りくどいようですが、生活習慣の見直しはとても重要です。 そして、「不適切なスキンケア」として、意外に多いのが、過剰に分泌された皮脂や汚れを「取りすぎている」ケースです。 難しいところですが、ある程度の皮脂は必要!ということを念頭に置いてケアすることが大切です。 セルフケアによる脂性肌の対策法 脂性肌では、スキンケアとして特に気をつける点は「皮脂をとりすぎない」、「洗顔は優しく」、「保湿はしっかり」の3点です。 お肌を保護するため、お肌には常にある程度の皮脂は残しておきましょう。 洗顔はとにかく優しく、洗顔後は、保湿を中心に、必要な成分を補います。 油分の少ないものがよいですが、アルコールの入ったものは水分が失われてしまうため避けたほうが無難です。 脂性肌は、ケアを誤ると様々な肌トラブルを招く他、乾燥肌や敏感肌とも隣り合わせだということを頭の片隅に置いて、優しくケアしてあげて下さい。

次の

オイリー肌(脂性肌)必見!【悩み別】おすすめ化粧水10選

オイリー 肌 スキンケア

オイリースキン?インナードライ?2タイプあるオイリー肌 脂性肌 の特徴 まずオイリー肌には、二つのタイプがあるのをご存知でしょうか? オイリー肌の中にもオイリースキンタイプとインナードライタイプに分かれます。 オイリー肌のスキンケアについて、まずはそれぞれの特徴を踏まえておくことが大切です。 オイリースキンタイプ オイリー肌におけるオイリースキンタイプというのは、オイリー肌のイメージとして挙げられるものです。 一目でわかるほど、肌の油分が多くテカリが気になる状態を指します。 オイリースキンタイプでは、Tゾーンや頬骨部分などてかてかとした皮脂成分が目立ちます。 洗顔を十分に行ったとしても、すぐに皮脂の分泌が起こり、テカリが出るようになります。 また、メイクを行った後でもメイクの内側から皮脂が分泌されていますメイク崩れが起こることもあるのがオイリースキンタイプです。 インナードライタイプ あまり知られていないオイリー肌は、インナードライタイプです。 インナードライタイプは、 化粧崩れを起こしやすく肌の表面はテカリがあるのに、乾燥によるしわや粉吹きなどが起こっている状態となります。 つまりインナードライタイプとは、肌の表面上はオイリー肌で、べたついているように見えるにもかかわらず、肌の内部には水分が足りていない状態です。 肌の水分量が足りていませんので、内側の乾燥が際立ち隠れ乾燥肌とも呼ばれています。 肌トラブルを引き起こすことも!オイリー肌の原因 オイリー肌の状態で、悩みを抱えた方も多いでしょう。 肌トラブルにさえ発展するのがオイリー肌ですが、 肌になってしまいがちな原因をまとめました。 必要以上の洗顔やクレンジング• あぶらとり紙の多用• 睡眠不足による原因• 食生活の偏りや不摂生• 普段の生活の中で、洗顔を多く行っていたりクレンジングを毎日のように行う方は、肌が刺激され余計に皮脂成分が分泌されるようになってしまいます。 さらに分泌された皮脂を取り払おうとして、洗顔を強くしたり多く行ってしまうと余計に肌を傷つけ、オイリー肌を悪化させてしまいかねません。 気づかないうちにオイリー肌をさらに悪化させていることも考えられます。 肌をさっぱりさせたりメイクを直す際に使いますが、あぶらとり紙の活用はオイリー肌の原因になるのです。 あぶらとり紙を使用したその瞬間は、肌の皮脂は抑えられるでしょう。 しかし、根本的な解決にはなっておらず、肌を傷つけたりバリア機能の低下を引き起こします。 バリア機能を低下させてしまえば、上記と同様に肌を守ろうという働きによって、余計に皮脂が分泌されるようになるのです。 睡眠不足もオイリー肌の原因となり得るのです。 日常的に睡眠時間を十分にとれていない状態では、肌の新陳代謝に異常をきたします。 早い段階で肌のターンオーバーが行われ、未熟な状態で肌の表面が構成されてしまうのです。 結果として、刺激に弱くなりは他のバリア機能の低下を引き起こします。 外界からの刺激から、弱くなった肌を守ろうという働きが起こり皮脂が多く出てくるようになるのです。 ジャンクフードや脂質の多い食生活、野菜をあまり食べないといった生活をしている方は注意が必要です。 糖質や脂質を多く摂る方は、皮脂の過剰分泌に繋がり、肌質の悪化を引き起こします。 食生活は直接肌に影響が出るといっても過言ではありません。 皮脂が分泌されるのには、男性ホルモンが関わっています。 男性にオイリー肌の人が多いのはそのためですが、女性にも男性ホルモンが少なからず分泌されているのです。 日常的にストレスにさらされていたり、ストレスを発散できない期間が続いていると男性ホルモンが増幅されます。 男性ホルモンが過剰に分泌されれば、皮脂も多く発生するようになるでしょう。 日常的にストレスを抱え、発散できていない場合はオイリー肌になってしまうのです。 オイリー肌を改善しよう!正しいスキンケアのやり方&気を付けるべきこと オイリー肌は、ニキビの原因にも繋がりますからしっかりと普段からスキンケアを行う必要があります。 正しいスキンケアと気を付けたいポイントを抑えておきましょう。 洗顔の時は、肌を優しくいたわってあげることが第一に挙げられます。 皮脂を取り除こうとして、 洗顔の際顔を強くこすってしまうのは好ましくありません。 洗顔以外にも、化粧水を塗るときに叩くなどの刺激は与えないでください。 洗顔に比べて、クレンジングやピーリングは洗浄力が強く、肌が弱い方の場合は表面を削り過ぎてしまう危険性があります。 こちらもまた肌への刺激となり、皮脂の分泌を促してしまいかねませんから、洗顔だけの日を作ってあげてください。 皮脂が出ているオイリー肌ですが、原因は乾燥や肌への刺激があります。 刺激を少なくするためには、乳液などで肌のバリア機能を補佐してあげる必要があるのです。 しっかりと余分に出ている皮脂を洗浄したなら、その分肌を守るために保湿を心がけましょう。 夜に洗顔料を使ったなら、朝は水で洗う程度にしておきましょう。 必要以上に洗浄してしまうことによって、ニキビの原因となりますし肌への刺激となりますから、肌異常がある場合は洗顔はあまり行わない方が良いでしょう。 水の温度が冷たすぎても、熱すぎても肌に刺激を与えてしまいます。 洗顔料の優しさも必要ですが、普段から使用する水の温度も肌に優しいものである必要がありますね。

次の