ネイリスト 年収。 ネイリストの給料・年収・収入

ネイリストのお給料はどれくらい? 求人情報をチェック! 収入をUPさせるにはどうすればいいの?

ネイリスト 年収

このページの目次 CLOSE• 未経験のまま就職した場合の給料 未経験の状態で就職活動をし、採用をもらい、晴れてネイリストとして働くことになっても、はじめのうちの給料はなかなか厳しいことでしょう。 なぜかというと、未経験で働く場合、正社員ではなく アルバイトからのスタートになるケースが多いからです。 やはりサロン側からしても未経験を採用するということはかなりリスクがあり、いきなり正社員として雇っても、サロン勤務に耐えられずに辞めたり、成長意欲が全くない場合などに大きな痛手を負うことになります。 そのため、まずはアルバイトとして採用し、アルバイトとしてある程度経験を積んだ後に正社員登用という流れのサロンが多いです。 未経験でアルバイトの場合は、大体 時給800-900円が相場です。 未経験者でも正社員として採用してくれるネイルサロンもありますが、どちらにしても最初の3ヶ月ほどは研修期間となり、アルバイトとして働くことがほとんどです。 考えてみてください。 もし、時給800円で1日8時間勤務で月20日働いたとします。 ですので、特に家賃や物価の高い都心で一人暮らしをしたままネイリストとして生活をする場合は、 はじめのうちは生活がかなり苦しくなる可能性がありますので、それに備えて貯蓄をしておいたり、給料が安定するまでは実家から通ってみるなどの工夫を考えておいた方が良いと思います。 未経験の状態で正社員として採用された場合の初任給はだいたい 17-19万前後です。 大体専門学校卒の初任給くらいですね。 新卒でネイルサロンに就職した場合などは、あまり気にならない額だと思います。 ここまで読まれて、どう感じられましたか? 高校や大学を卒業し、そのままネイリストを目指す方には「ふーん」程度に思われる方が多いと思います。 かたや、一般企業に勤めていて、ネイリスト業界を目指している方だと、なんだか物足りないなと感じるかもしれません。 しかし、今まで自分がやっていた仕事とはまったく違って、実務経験のない仕事をするとか、 好きなことを仕事にすると考えれば納得といえば納得の給与ではないでしょうか。 でも安心してください。 ネイルサロンに限らず、美容業界や営業などノルマのある職種では、 経験を積むに従って、確実に給料の相場も高くなっていきます。 実務経験が1年以上経過してる場合の給料 実務経験1-3年の方の給料の相場は アルバイト: 1000-1300円 正社員: 21-24万 大体上記のとおりとなります。 スキルアップのための研修や接客業務を必死にこなしながら1年も経つと、ネイリストとしてある程度十分なスキルもつくころだと思います。 一般的なサラリーマンであれば、1年働いただけでは給料のベースや、市場での価値が上がることはほとんどありません。 (むしろ1年で辞める人はマイナス) しかし、技術職であるネイリストの求人業界では、 未経験者とたった1年でもサロンで経験を積んだ実務経験では市場価値が全く違うのです。 独立・開業した場合の収入 個人でサロンを開業した場合、 収入はもちろん売り上げに比例します。 お客さんを取れなければ 0円…どころか、経費でマイナスになってしまいます。 逆に、固定客や来店頻度の高いお客さんに来てもらうなどして売り上げが上がるようになれば、サロンに雇われて働く場合とは 比べものにならないほどの収入を得ることが出来ます。 そのため、ある程度サロンで働いてお客さんをつかめるようになった方などは、独立して開業という道を選ぶ場合も多いようです。 上記のように、サロンに雇われて働く場合も、自分で開業する場合も、スキルや経験年数と収入は比例します。 そのため、日々デザインセンスや技術を磨いていくことが必要になります。 好きこそものの上手なれ、と言いますが、まさに 「ネイルが大好き」でなければ続けられない仕事だと思います。 注目すべきは検定の合格実績。 ネイリスト技能検定合格者の方の半分以上がヒューマンアカデミーさんで学んでいるのです。 さらに、3級から1級まで全てにおいて合格率が全国平均を大きく上回っているのです。 もちろん 全国各校JNA認定校です。 ヒューマンアカデミーさんのスクールに興味がある方は、ぜひ公式サイトをご確認ください。 ただDVDを見て学習するだけなく、日本ネイリスト協会本部の認定講師が実技添削をしてくれます。 しかも添削回数は無制限! 2級合格保証付きなので、合格するまで何回でも学習できます。 ヒューマンアカデミーさんの通信講座に興味がある方は、ぜひ公式サイトをご確認ください。

次の

ネイリストの給料は低い? 高い? 働き方で大きく変わる“ネイリストの収入”特集!【美プロ】

ネイリスト 年収

福祉ネイリストとは 高齢化社会に伴って需要の増している福祉ネイリストですが、一般的なネイリストのイメージとは少し異なります。 基本的には、ネイリストのようにネイルケアやネイルアートを行うこととしていますが、施術対象が高齢者ということは考慮しながら行います。 そのため 高齢者に関する知識も取得しており、ネイリストの技術を高齢者に合わせた形で活かしながら活動しています。 年齢を重ねても、おしゃれをするという気持ちを持っている人もいます。 しかし、高齢者は周りとの協調などを意識して抑えてしまう傾向が強いものです。 おしゃれは自己表現ができたり、自信にも繋がり、精神的にも体力的にも活力が沸く要因ともなります。 ネイルというと女性のもので男性には関係のないことと想いがちですが、男性にもネイルケアをすることで健康やおしゃれにより関心を持つという効果が期待できます。 このように 男性にも女性にも、ネイルを通して好循環が生まれる効果があることから福祉ネイリストが注目されています。 また一般的となったネイルケアやネイルアートをネイリストから施術を受けたことがある世代が、これから高齢者となる時代を迎えるにあたりより一層の注目と需要が高まることが予想されます。 福祉ネイリストの資格は、 認定資格となっています。 一般社団法人シニアチャレンジメンタルビューティー協会が主催している 福祉ネイリスト認定制度を受講することで、民間資格である福祉ネイリストの認定がされます。 しかし、美容師などのような国家資格ではなく、上記のような認定もなくとも、誰でも施術を行うことが可能です。 ネイリストのように資格がなくても施術ができるのと同じく、福祉ネイリストも資格取得しなくても施術可能ですが、 高齢者施設での施術を考えると資格取得は、信用度や信頼度の目安となるでしょう。 高齢者施設側から依頼されることを考えると 資格取得は、アピールできるポイントであり、高齢者に合わせたネイルケアができるという証になります。 資格取得のために必要な講習には、通信講座はなく通学にて認定校の受講をする必要があります。 技術の習得に関わるものなので通学にて身に付けることが、高評価をもらえる福祉ネイリストになる近道ではないでしょうか。 福祉ネイリストはどんな人にオススメ? 仕事内容の部分でも触れましたが、スキンシップも大切な部分となるのが福祉ネイリストです。 ネイルの状態やハンドマッサージなどをすることで、高齢者の気分転換や気持ちの安定、日々の行動を積極的になるような刺激を与えられる部分に関与します。 このような施術時に黙ってすることは、おすすめできません。 ですから、 基本的に話をすることが好きな人ということが求められます。 高齢者が相手となるので、時には話を聞いてあげることも施術の一部となることもあるでしょう。 ネイルケアよりも話を聞いてあげるなどの部分で好評を得られる可能性もあります。 その中で、ネイル技術を活かせるようなテクニックを考えたりできる向上心があればより楽しめそうです。 福祉ネイリストは、 ネイリストではありますが介護職でもあるという認識が持てる人に向いているのかもしれません。 まとめ これから迎える超高齢化社会に求められる介護現場の取り組みのひとつとして、高齢者のネイルケアに注目が高まりつつあります。 そのような状況での福祉ネイリストの資格は、高齢化施設からの需要が高まることが期待されるだけでなく、他のネイリストとの差をつけるためにもおすすめ。 さらになるべく早く活動をして、福祉ネイリストとしての経験値を積むことができれば、これから 介護業界やネイル業界でもっと注目されるであろう福祉ネイリストとして、さらなる 活動の広がりが期待できます。 また介護職としてのスキルアップとしてもおすすめで、さまざまな種類の介護施設を持つような大きなグループ内で、横断的に活躍することができれば組織内で欠かせない人材になることも可能と考えられます。 ぜひ資格取得に挑戦してください。

次の

ネイリストの仕事に向いている人の特徴は?仕事内容やキャリアについても教えます!【ジョブール】

ネイリスト 年収

この記事の目次• ネイリストの給料・年収 まずは、ネイリストの給料や年収について確認しておきましょう。 いくらネイリストの仕事が楽しくても、給料がなければ単なるボランティア。 仕事としてネイリストを選ぶ以上、給料や年収は重要なんです。 ネイリストはどのくらいの給料・年収を稼ぐことができるのでしょうか? ネイリストの年収は300万円程度 ネイリストの給料は、18~30万円程度が相場になります。 初任給は18~20万円前後、経験を積んでいけば、少しずつ給料は上がっていくものの、それほど高くありません。 平均すると、 給料は23~25万円、年収にすると300万円程度になります。 国税庁の平成28年分民間給与実態統計調査によると、女性の正社員の平均年収は373万3000円となっていますので、 ネイリストの給料・年収は平均よりもやや少ないということなんですね。 ネイリストはキラキラしたイメージがあるので、しっかり稼げてオシャレな生活を送ることができるというイメージがあるかもしれませんが、現実は給料はそれほど期待することができないんですね。 お店&腕によっては稼げることも ネイリストの給料は、そんなに高くありません。 むしろ、平均以下です。 でも、先ほど紹介した給料は23~25万円、年収300万円というのは、あくまで平均であり、目安です。 ネイリストはお店と腕によっては、もっと稼ぐことが可能です。 まずは、ネイリストとしての腕を磨かなければいけません。 「このネイリストにネイルをしてもらいたい!」と思ってもらえて、お客様から指名されて、固定客がつくようなスキルですね。 そのようなスキルを身につけたら、 お客様から指名を受けたらインセンティブをもらえるネイルサロンへ転職しましょう。 指名料をもらえて、さらにその指名料が高いネイルサロンで働いたら、腕次第でどんどん稼ぐことができますよね。 そうすれば、年収400万円以上を稼ぐことも可能なんです。 独立開業すれば年収アップできることもありますが… ネイリストで給料・年収をアップさせたいなら、独立開業をするという方法もあります。 自分でネイルサロンを開業するんです。 そのネイルサロンにお客様がたくさん来て儲かれば、あなたの給料・年収はどんどん上がります。 経営者なんですから、売上次第では年収1000万円以上も十分に可能です。 ただ、それはネイルサロンが成功した時だけ。 独立開業したものの、ネイルサロンが必ず流行るとは限りません。 まったくお客様が来なければ、赤字になり、借金だけが増えていくという可能性も十分にあるんです。 ネイルサロンの開業は、ハイリスク・ハイリターンということですね。 ネイリストとしてのスキルや人脈に自信があるなら、トライしてみると良いかもしれませんね。 ネイリストの仕事内容 ・カラーリング=爪にマニキュアを塗る ・ネイルアート=爪にラインストーンや3Dアートなどのデザインを施す ・ネイルケア=爪の形を整えたり磨いたり、甘皮を取り除いたりする ・リペア=欠けた爪の補修・修復を行う ネイリストはマニキュアを塗ってデザインをするだけでなく、指先・爪周りのケアを行うのが仕事なんです。 トレンドをしっかりキャッチしたデザイン力が必要 ネイリストの仕事をするなら、常にトレンドを意識していないといけません。 どんなものが流行っているのかを常にキャッチして、それをネイルアートのデザインに活かさないといけないんです。 また、ネイルアートの技術はどんどん新しいものが出てきています。 それをすぐに取り入れ、新しい技術を生かしたデザインを考えて、お客様に提案しなければいけません。 ネイリストは、 常にアンテナを張り巡らして、トレンドや新しいものをキャッチし、それをネイリストの仕事に活かしていくことが重要なんですね。 コミュニケーション力も必須 ネイリストは、上手にカラーリングをして、ネイルアートができれば良いというわけではありません。 コミュニケーション力もとても大切です。 なぜなら、 お客様とコミュニケーションをとることも、ネイリストとしての仕事の1つだからです。 お客様がどんなネイルにしたいのかを把握するためには、お客様と話して、要望を上手に聞き出さなければいけません。 また、ネイルサロンに来るお客様は「特別な時間」、「ちょっとしたリラックスできる時間」と思っていることが多いです。 だから、ネイリストはお客様とお話して、「ネイルサロンに来ると楽しい。 」とか「特別な時間を過ごせた」と思ってもらう必要があるんです。 いくらネイルアートのスキルがあっても、頑固な職人気質ではネイリストの仕事はできません。 キラキラしているような女子トークができる必要があるんですね。 意外と体力勝負の仕事 ネイリストの仕事内容は爪周りのことをするだけだし、基本的に座って仕事をするだけだから、ネイリストの仕事は楽そうと思うかもしれません。 でも、ネイリストの仕事は意外と体力勝負です。 お客様の指先に神経を傾けるので、とても疲れます。 肉体労働のように筋肉が疲れるのではなく、神経が疲れるという感じですね。 また、ずっと座って、やや前傾姿勢になって仕事をするので、腰痛になるネイリストも多いんです。 そして、ネイリストの世界は、体育会系の縦社会であることが多く、先輩ネイリストには気を遣わなければいけません。 お客様にも、もちろん気を使って仕事をしますよね。 だから、ネイリストは決して楽な仕事ではなく、 むしろ大変で体力勝負で、神経をすり減らすような仕事なんですね。 でも、ネイリストは客の立場から見ると、キラキラしているように見えますよね。 その理想と現実のギャップにショックを受ける新人ネイリストは少なくありません。 ネイリストになるための資格 ネイリストになりたい人は、ネイリストになるための資格にはどんなものがあるのか気になりますよね。 ネイリストになるための資格について、詳しく説明していきます。 ネイリストは資格は必要ないけれど… ネイリストになるためには、実は資格は必要ありません。 だから、大げさに言うと、あなたが今「私はネイリストです」と宣言すれば、その瞬間からネイリストになることも可能なんです。 医師や弁護士、看護師などは免許や資格を取得しないと、その職業に就くことはできませんよね。 でも、 ネイリストの仕事は免許制ではありません。 国家資格があるわけではないので、「この資格を持っていないとネイリストになれない」ということはないのです。 だから、資格がなくてもネイリストになることができますし、ネイルサロンでお客様にネイルアートを施すこともできるんです。 ただ、自称ネイリストではなく、本格的にネイリストとしてお客様に施術をするためには、ネイリストの資格を持っておいた方が良いでしょう。 ネイリストの有名な資格一覧 ネイリストには国家資格はありませんので、民間の資格になります。 そして、ネイリストの資格は1つだけではなく、いろいろな民間の団体がそれぞれの資格を作っています。 ここでは、ネイリストの代表的な資格をご紹介します。 【I-NAIL-Aネイルスペシャリスト技能検定】 I-NAIL-Aネイルスペシャリストは、NPO法人インターナショナルネイルアソシエーションが認定している資格です。 学科試験と実技試験が行われます。 【I-NAIL-Aジェルネイル技能検定】 I-NAIL-Aジェルネイル技能検定は、先ほどと同じNPO法人インターナショナルネイルアソシエーションが認定しているジェルネイルに関した資格です。 ジェルネイル技能検定試験は3級、2級、1級と分かれていて、ステップアップ方式となっています。 3級は学科試験と実技試験が行われ、2級と1級は実技試験のみとなります。 【JNECネイリスト技能検定】 JNECネイリスト技能検定は公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが認定している資格で、1級、2級、3級の3つに分かれています。 実技試験と筆記試験で行われ、3級の合格率は80~90%、2級と1級の合格率は40%前後となっています。 【JNAジェルネイル技能検定】 JNAジェルネイル技能検定は、NPO法人日本ネイリスト協会が認定している資格で、初級・中級・上級の3段階に分けられています。 飛び級はできませんので、初級から受験していく必要があります。 【ネイルサロン衛生管理士】 ネイルサロン衛生管理士は、NPO法人日本ネイリスト協会が認定している資格で、安全で安心なネイルサービスの普及と公衆衛生の向上を目的として作られました。 自分でネイルサロンを開業したい人は、取得しておくべき資格ということができるでしょう。 ネイリストの資格を取得するための道 ネイリストの資格をご紹介しました。 ご紹介したネイリストの資格は、スキルと知識さえあれば取得することができます。 ただ、ネイリストとして何も学んでいない人は、いきなり資格を取得するのは難しいと思いますので、ネイリストの資格を取得するための3つの道をご紹介します。 ・ネイリストの給料と年収 「年収:300万円程度」「月給:23~25万円」「お店&腕によっては稼げることもある」 ・ネイリストの仕事内容と仕事のポイント 「手や爪をキレイにみせるための仕事」「トレンドをしっかりキャッチしたデザイン力が必要」「コミュニケーション力も必須」「意外と体力勝負の仕事」 ・ネイリストになるための資格 「I-NAIL-Aネイルスペシャリスト技能検定」「I-NAIL-Aジェルネイル技能検定」「JNECネイリスト技能検定」「JNAジェルネイル技能検定」「ネイルサロン衛生管理士」 ・ネイリストになる方法 「専門学校に通って学ぶ」「通信教育で学ぶ」「ネイルサロンで働きながら学ぶ」 ネイリストの給料や年収、仕事内容、資格などについてまとめました。 キラキラした華やかなイメージが強いネイリストですが、実際はなかなか大変です。 ただ、常にアンテナを張り巡らせ、トレンドをキャッチし、自分のアイデアをデザインに活かしていくこと。 そして、それをお客様に提供して、ネイルサロンで特別な時間を過ごし、お客様の日常をネイルで華やかにすることは、とてもやりがいがある仕事であることは間違いありません。 ネイリストになるには特別な資格は必要ありませんが、プロのネイリストとして仕事をしていくなら、資格を取得したほうが良いでしょう。

次の