ベイサイド マリーナ プレ オープン。 【リニューアル情報】横浜ベイサイド(オープン予定日・テナント・店舗数等)│三井アウトレットパーク

三井アウトレットパーク横浜ベイサイド,オープン延期,プレオープン中止,テナント

ベイサイド マリーナ プレ オープン

三井不動産は10月9日、横浜市で全面建替え工事を推進している「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」を2020年4月10日にグランドオープンすると発表した。 <三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド> 敷地面積は約3万2000m2と建替え前と同じだが、延床面積を約1万9700m2から約5万3000m2と約2. 7倍に増床、店舗数は約80店から2倍となる約170店に拡大する。 駐車台数は約1200台から約3000台に増強する。 施設コンセプトは、「NEW MARINA LIFE」で、アジア最大級のマリーナを眺めながらのショッピングや食事、広場でのアウトドア体験イベントなど海辺の環境ならではの上質なライフスタイル提案をする。 横浜や湘南、葉山・逗子、鎌倉といった地域色を取り入れ、海辺の心地よさと賑わいを感じてもらえる滞在価値の高い施設づくりを目指す。 <施設全体図> 最大街区となるA ブロックでは、サーキット型にモールを配置し、2 階には他ブロックとの行き来をスムーズにするブリッジを設置するなど、ショッピングを充実させる回遊性を強化した。 Aブロック2・3 階は、空がひらけマリーナの空気を感じられるオープンモール、1階は季節や天候に左右されない室内型のエンクローズドモールとした。 異形態のモール空間を同ブロックに配置し、屋外の開放感と屋内の快適性の両方を享受できるショッピング環境を実現する。 <オープンモール> <エンクローズドモール> モール通路には「garage YOKOHAMA」のオリジナルプランターを配置し、洗練された感度の高い空間を演出する。 マリーナに面したCブロックは、海辺の倉庫をイメージした三角の切妻屋根が連続した外観デザインを採用する。 東側にはフードコートを配置、西側には「BAYSIDE FOOD HALLが出店するなど飲食機能を集積する。 海側の飲食店舗とフードコートには、潮風を感じられる開放的なテラス席を設け、海辺の環境ならではの賑わいを演出する。 <海沿いのテラス席> マリーナの魅力を最大限に活かし、海に面したエリアを中心に、飲食機能を充実・強化。 商業施設初出店店舗や、横浜・湘南・鎌倉など地元の人気店など、「ここならでは」の店舗を集積。 ランチからディナーまで、幅広い世代のお客さまにくつろいでいただける、新たな滞在価値を提供する。 江の島・鎌倉の人気店や、横浜エリアで話題のラーメン店など商業施設初出店3店を含む10店が集結。 テイクアウトメニューも充実し、屋内だけでなく、テラス席や広場などでも自由に食事が楽しめる。 <フードコート> 「ここに訪れる楽しさ」「海辺の賑わい」を提供する、これまでにないフードホール「BAYSIDE FOOD HALL」が出店。 アウトレット初出店の高品質な食品を取り扱うグローサリーショップや、こだわりの食材を使ったSNSで人気のスイーツショップなど、日常を豊かに彩る話題の食物販店舗が出店する。 専門店では、アウトレット日本初出店12店、関東初出店3店のほか、人気海外ブランド、セレクトショップ、上質なライフスタイルを提案するブランドや地元の名店、幅広い世代が楽しめる飲食店舗が多数出店する。 DIESELのカフェ併設新業態「DIESEL/Glorious Chain Cafe」、日本初出店の「FREDY&GLOSTER OUTLET」、関東商業施設初出店で、「植物と暮らす」をコンセプトに、植物とそれに合うインテリアを扱うグリーンショップ「garage YOKOHAMA」などを誘致する。 アウトドアの「mont-bell/mont-bell factory outlet」は、施設中心部に位置する中庭のボルダリングウォールで、ボルダリング教室を開催する。 ワイングラスのリーデルの新業態「RIEDEL THE CELLAR Ginza」では、ワインのテイスティングセミナーを開催し、好みやスタイルに合うワイングラスを提案する。 キッチン用品の「COOK&DINE HAYAMA」では、鉄鍋を使った料理の美味しさ・楽しさを体感できる、手作りベーコン講座やローストビーフ講座のほか、溶接体験講座やペイント教室など、アウトドア系イベントも開催する予定だ。 <セントラルコート> ショッピングの途中やお帰り前に一息つきたいお客さまや、外で遊びたい子どもたちを迎える2000m2超の大規模な中庭「セントラルコート」を配置。 大きな桟橋のデザインを中心に、3つのゾーンを形成する。 コンテナをイメージしたカラフルな外壁によって、マリーナに隣接する施設にふさわしい賑わいの空間を演出する。

次の

三井アウトレットパーク横浜ベイサイド 建て替え 2020年6月4日(木)開業!全157テナント一覧!最新情報も!

ベイサイド マリーナ プレ オープン

三井不動産は10月9日、横浜市で全面建替え工事を推進している「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」を2020年4月10日にグランドオープンすると発表した。 <三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド> 敷地面積は約3万2000m2と建替え前と同じだが、延床面積を約1万9700m2から約5万3000m2と約2. 7倍に増床、店舗数は約80店から2倍となる約170店に拡大する。 駐車台数は約1200台から約3000台に増強する。 施設コンセプトは、「NEW MARINA LIFE」で、アジア最大級のマリーナを眺めながらのショッピングや食事、広場でのアウトドア体験イベントなど海辺の環境ならではの上質なライフスタイル提案をする。 横浜や湘南、葉山・逗子、鎌倉といった地域色を取り入れ、海辺の心地よさと賑わいを感じてもらえる滞在価値の高い施設づくりを目指す。 <施設全体図> 最大街区となるA ブロックでは、サーキット型にモールを配置し、2 階には他ブロックとの行き来をスムーズにするブリッジを設置するなど、ショッピングを充実させる回遊性を強化した。 Aブロック2・3 階は、空がひらけマリーナの空気を感じられるオープンモール、1階は季節や天候に左右されない室内型のエンクローズドモールとした。 異形態のモール空間を同ブロックに配置し、屋外の開放感と屋内の快適性の両方を享受できるショッピング環境を実現する。 <オープンモール> <エンクローズドモール> モール通路には「garage YOKOHAMA」のオリジナルプランターを配置し、洗練された感度の高い空間を演出する。 マリーナに面したCブロックは、海辺の倉庫をイメージした三角の切妻屋根が連続した外観デザインを採用する。 東側にはフードコートを配置、西側には「BAYSIDE FOOD HALLが出店するなど飲食機能を集積する。 海側の飲食店舗とフードコートには、潮風を感じられる開放的なテラス席を設け、海辺の環境ならではの賑わいを演出する。 <海沿いのテラス席> マリーナの魅力を最大限に活かし、海に面したエリアを中心に、飲食機能を充実・強化。 商業施設初出店店舗や、横浜・湘南・鎌倉など地元の人気店など、「ここならでは」の店舗を集積。 ランチからディナーまで、幅広い世代のお客さまにくつろいでいただける、新たな滞在価値を提供する。 江の島・鎌倉の人気店や、横浜エリアで話題のラーメン店など商業施設初出店3店を含む10店が集結。 テイクアウトメニューも充実し、屋内だけでなく、テラス席や広場などでも自由に食事が楽しめる。 <フードコート> 「ここに訪れる楽しさ」「海辺の賑わい」を提供する、これまでにないフードホール「BAYSIDE FOOD HALL」が出店。 アウトレット初出店の高品質な食品を取り扱うグローサリーショップや、こだわりの食材を使ったSNSで人気のスイーツショップなど、日常を豊かに彩る話題の食物販店舗が出店する。 専門店では、アウトレット日本初出店12店、関東初出店3店のほか、人気海外ブランド、セレクトショップ、上質なライフスタイルを提案するブランドや地元の名店、幅広い世代が楽しめる飲食店舗が多数出店する。 DIESELのカフェ併設新業態「DIESEL/Glorious Chain Cafe」、日本初出店の「FREDY&GLOSTER OUTLET」、関東商業施設初出店で、「植物と暮らす」をコンセプトに、植物とそれに合うインテリアを扱うグリーンショップ「garage YOKOHAMA」などを誘致する。 アウトドアの「mont-bell/mont-bell factory outlet」は、施設中心部に位置する中庭のボルダリングウォールで、ボルダリング教室を開催する。 ワイングラスのリーデルの新業態「RIEDEL THE CELLAR Ginza」では、ワインのテイスティングセミナーを開催し、好みやスタイルに合うワイングラスを提案する。 キッチン用品の「COOK&DINE HAYAMA」では、鉄鍋を使った料理の美味しさ・楽しさを体感できる、手作りベーコン講座やローストビーフ講座のほか、溶接体験講座やペイント教室など、アウトドア系イベントも開催する予定だ。 <セントラルコート> ショッピングの途中やお帰り前に一息つきたいお客さまや、外で遊びたい子どもたちを迎える2000m2超の大規模な中庭「セントラルコート」を配置。 大きな桟橋のデザインを中心に、3つのゾーンを形成する。 コンテナをイメージしたカラフルな外壁によって、マリーナに隣接する施設にふさわしい賑わいの空間を演出する。

次の

三井アウトレットパーク横浜ベイサイド,オープン延期,プレオープン中止,テナント

ベイサイド マリーナ プレ オープン

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う営業開始延期のお知らせ 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた行政の協力要請を受け、13日の営業開始を見送り当面の間休館とさせていただきます。 【休館】 4月8日 水 ~当面の間 参照元: テナント 店舗 情報 アウトレットとして日本初出店が12店舗、関東初出店が3店舗等、人気海外ブランド、セレクトショップや、地元の名店、飲食店が多数出店します。 リニューアルオープンする店舗の詳細はを御参照ください。 なお、出店店舗一覧情報はを参考にしてくださいね。 店舗数は従前から2倍の約170店舗(アウトレット日本初出店12店舗、関東初出店3店舗)に拡大し、洗練されたライフスタイルブランドやこだわりの地元飲食店など注目店舗が多数出店します。 参照元: 海辺の環境ならではのデザインと共用部の充実によって、過ごしやすく滞在価値の高い施設空間へ 白を基調とした外壁と海を感じさせるネイビーの差し色などによって、マリーナ沿いの環境ならではの賑わいを演出しました。 また、木調のナチュラルな素材や潤いのある樹木・芝のデザインを配置し、温かみと居心地の良さを醸成しています。 中庭や広場では、出店店舗との連携イベントなどさまざまなプログラムを展開し、訪れるお客さまにリアル施設ならではの価値を提供します。 参照元: マリーナ、地域企業・団体、行政とのコラボレーションを深化させ、より地域に根付いたアウトレットへ 当施設は「日本初の本格的アウトレットモール」として誕生し、開業後 20 年間、大きく変化する時代の中で、地域の皆さまに支えられて成長してまいりました。 今般の全面建替えにより生まれ変わった当施設においても、地域団体との包括的・継続的な取組みを通じてさらに関係性を深め、発展させてまいります。 参照元: 三井不動産初のアウトレット建替え事業「(仮称)三井アウトレットパーク横浜ベイサイド建替え計画」12 月 3 日着工 2020 年春 開業予定 三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、神奈川県横浜市金沢区白帆5-2 にて、「(仮称)三井アウトレットパーク横浜ベイサイド建替え計画」を推進しており、本日(12 月3 日)新築工事を着工いたしましたので、お知らせいたします。 なお、開業は2020 年春を予定しています。 本計画は、首都高速湾岸線「杉田」IC・横浜横須賀道路「並木」IC から約 1. 5km、横浜シーサイドライン「鳥浜」駅から徒歩5 分という自動車・公共交通機関双方のアクセス至便な立地にあります。 1998 年9 月以来、「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」(開業当時の施設名:横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツ)として多くのお客さまにご愛顧いただきました施設を一時閉館し、お客さまや時代のニーズに応じた施設へと機能を刷新するものです。 参照元: 「(仮称)三井アウトレットパーク横浜ベイサイド建替え計画」計画概要を決定 2020年春 開業予定 三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、今般、神奈川県横浜市金沢区白帆5-2における、「(仮称)三井アウトレットパーク横浜ベイサイド建替え計画」の計画概要を決定しましたのでお知らせします。 解体着工は2018年9月、開業は2020年春を予定しています。 本計画は、日本初の本格アウトレットとして1998年9月の開業以来、多くのお客様にご愛顧いただいてまいりました「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」(開業当時の施設名:横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツ)を、2018年9月2日(日)の営業をもって一時閉館し、建替え工事を行なうものです。 建替えにより、現在約80店舗の店舗数を約150店舗に拡充する予定です。 国内外のファッションブランド・高感度セレクトショップ・キッズ・スポーツ&アウトドア・生活雑貨など、幅広いブランドをより一層充実させることで、カップル、ファミリー層からシニアまで幅広い世代のお客さまが楽しめる施設を目指します。 また、既存施設では営業最終日の9月2日(日)まで「閉館セール」を開催しています。 参照元: 「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」建替え計画に伴い2018年9月2日(日)に一時閉館 三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、日本初の本格アウトレットとして1998年9月の開業以来、多くのお客様にご愛顧いただいてまいりました「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」(開業当時の施設名:横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツ)を、2018年9月2日(日)をもちまして一時閉館いたします。 今回の一時閉館は施設建替え計画に伴うものです。 建替えスケジュールおよび新施設の詳細については別途お知らせいたします。 当施設は閉館までの期間、長年のご愛顧に感謝の気持ちを込め、セールやイベントなど、お客様に最後まで喜んでいただける取り組みを行ってまいります。 2018年4月20日(金)から5月6日(日)の期間には、閉館前「最後のGWセール!」を開催し、旅行やお出かけに最適な夏物衣料や雑貨をアウトレットならではのお買い得価格でご提供いたします。 参照元: 横浜市の公式発表 平成30年第2回定例会審議速報 5月25日(金)一般質問 1 黒川勝議員 横浜ベイサイドマリーナ地区にあるアウトレット施設は今後リニューアルされ、店舗数を大幅にふやすとともに、海が望めるカフェ、レストランや海辺の4つの広場を整備し、一日中過ごせる場を目指すと聞いています。 また、旧南部市場のにぎわい施設も、新たな観光資源として外国人旅行者の積極的な取り込みを図るべきです。 参照元: 区長メッセージを更新しました 30年度No. 10年後、20年後、そして30年後の100周年へと、金沢区が将来に向けてますます輝けるよう、70周年がそのきっかけになればと考えています。 参照元: 横浜ベイサイドマリーナ地区(第1期地区)A街区・C街区・D街区の事業予定者が決定しました 横浜ベイサイドマリーナ地区(第1期地区)A街区・C街区・D街区は平成 30 年4月以降の事業予定者を公募していましたが、三井不動産株式会社よりアウトレット施設開発事業の提案があり、審査の結果、事業予定者に決定しました。 本提案は、横浜ベイサイドマリーナ地区の魅力の向上と賑わいの創出に貢献してきた同社が、新しい海辺のライフスタイルを創出する内容となっており、横浜ベイサイドマリーナ地区の魅力をさらに向上させることが期待されます。 現行のアウトレット施設を建て替えて3階建てにし、店舗数を現状の80 店舗から150店舗、店舗面積を現状の 4,500 坪から 8,000 坪へと増やし、量・質両面のスケールアップを図ります。 あわせて、賑わいの場として活用する中庭、海辺のカフェやレストランを充実させるなど、ショッピングだけではなく、1 日中過ごせる場所の創出を目指します。 参照元: ホームページ リニューアル関連記事 店舗の屋上が公園!? 横浜ベイサイドにユニクロとジーユーが一緒に買える近未来型店舗「UNIQLO PARK」が誕生 ユニクロとジーユーは4月13日、家族で買い物を楽しめる大型店舗「「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド」、 および「ジーユー UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」をオープンします。 1つの建物に2ブランドが同居する合同店舗です。 2020年4月13日(月)、ユニクロが神奈川県横浜市金沢区に新コンセプトの大型ストア「ユニクロ パーク 横浜ベイサイド店」をオープンした。 ファーストリテイリングのもうひとつの基幹ブランド、ジーユーも擁するファミリー向けの複合店舗だ。 親子で楽しめるUNIQLO PARKに行ってみた!ファッションエディターが見所をレポート 「ユニクロが公園に!」というグランドコンセプトをトータルプロデューサーの佐藤可士和が構築し、建築家の藤本壮介が「PLAY」というコンセプトのもと基本構想とデザイン監修を行った。 最大の特徴は、1階から3階まで段々に広がる建物の屋上にまるで公園のような遊具付き庭園があること。 一体どんな店舗なのか、フジテレビュー!! はオープンに先駆けて店舗に行ってみた。 ファッションエディターである記者が、店内リポートをはじめ、この春おすすめのアイテムやコーディネートについてもお届けする。 ユニクロパーク ひっそりとオープン 当初は4月10日に金沢区白帆にオープン予定だった三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド店と隣接するUNIQLO PARK。 政府の緊急事態宣言を受け、三井アウトレットパークは開業延期に、ユニクロパークは週末を避け13日にオープンした。 ユニクロ 新店舗オープンの背景 感染拡大 厳しい船出 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、ユニクロの新店舗が13日にオープンした。 神奈川・横浜市にオープンしたのは、「ユニクロ」と「GU」の合同店舗「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」。 感染拡大の影響は、ユニクロにも及んでいる。 ワインテイスティングもできる体験型ワイングラスショップがアウトレットに初出店 2020年4月10日(金)オープン 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド『リーデル・ザ・セラー銀座』 オーストリアのワイングラスカンパニー「リーデル」を展開するRSN Japan株式会社 本社:東京都港区、代表取締役社長:ウォルフガング・アンギャル は、2020年4月10日(金)にグランドオープンとなる三井アウトレットパーク横浜ベイサイドに、ワインテイスティング業態併設としてアウトレット初となる『リーデル・ザ・セラー銀座』を出店いたします。 ヨットの内装をイメージした店内には、デイリーで活躍するカジュアルウエアや子供服のみならずビジネスウエアも取り揃え、横浜を訪れる多くの方にお楽しみいただける都市型のアウトレット店舗です。 三井アウトレットパーク/170店集積「横浜ベイサイド」来年4月10日開業 三井不動産は10月9日、横浜市で全面建替え工事を推進している「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」を2020年4月10日にグランドオープンすると発表した。 敷地面積は約3万2000m2と建替え前と同じだが、延床面積を約1万9700m2から約5万3000m2と約2. 7倍に増床、店舗数は約80店から2倍となる約170店に拡大する。 駐車台数は約1200台から約3000台に増強する。 2020年4月10日 金 に横浜ベイサイド店が、4月24日 金 に有明ガーデン店がそれぞれ開店する。 横浜のアウトレットパークが大規模リニューアル! 遊び場も充実 神奈川県横浜市のアウトレット施設「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」が、2020年4月10日(金)に、全面建替え工事を経てグランドオープンします。 店舗数が約2倍に拡大するほか、中庭のボルダリングウォールや無料の室内遊び場、フードコートのキッズスペースなど、子供向けのコンテンツが充実します。 建て替え中の「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」開業日が決定、ディーゼルのカフェ併設店など約170店舗が出店 全面建て替え中の「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」の開業日が、2020年4月10日に決定した。 また、店舗数を建て替え前の2倍に増やし、アウトレット日本初出店12店舗、関東初出店3店舗を含む170店舗が出店する。 三井不動産、全面建て替えの「横浜ベイサイド」を20年4月にオープン 2階建てだった建物を3階建てにすることで、延床面積を約2. 7倍の約5万3000平方メートルに広げる。 約1200台だった駐車台数は約3000台(臨時駐車場を含む)に増やす。 2000平方メートルを超える中庭を設け、子供たちの遊び場や休憩場所にする。 フードコートには湘南エリアの人気店や横浜で話題のラーメン店など10店舗が出店。 テイクアウトメニューを充実させ、屋内だけでなくテラス席や広場などでも食事を楽しめるようにする。 自家焙煎コーヒーや自家製アイスクリーム、手づくりのフレッシュチーズなどの小型ショップを集めたフードホールも設置するほか、食品関係では成城石井がアウトレット施設に初めて出店する。 三井アウトレットパーク 魅力ある施設とは 金沢区白帆の「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」が4月に全面建て替え後のグランドオープンすることを受け、1月29日、運営会社の三井不動産商業マネジメントと横浜市立大学が協働でワークショップを行った。 テーマは「若者が来たいと思うアウトレットパーク」。 インターネットなどで買い物をする若者が増加する中、学生の生の声を聞くことで、新たな施設の在り方を探った。 ユニクロ、ジーユー/横浜ベイサイドにファミリー向け大型店2020年春 ファーストリテイリングは10月9日、横浜市金沢区に新しいタイプのファミリー向け店舗「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」「ジーユー UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」を2020年春オープンすると発表した。 (仮称)三井アウトレット横浜/建替工事着工、飲食拡充し滞在型施設に 三井不動産は12月3日、横浜市金沢区で「(仮称)三井アウトレットパーク横浜ベイサイド建替え計画」工事を着工した。 1998年9月開業した「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」(開業当時の施設名:横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツ)を一時閉館し、刷新する。 リニューアルした「(仮称)三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」の開業は、2020年春を予定している。 同施設は、首都高速湾岸線「杉田」IC・横浜横須賀道路「並木」ICから約1. 5km、横浜シーサイドライン「鳥浜」駅から徒歩5分という自動車・公共交通機関双方のアクセス至便な立地にある。 リニューアルで、従前80店舗の店舗数を約150店舗に拡充する。 国内外のファッションブランド、高感度セレクトショップ、キッズ、スポーツ&アウトドア、生活雑貨など、幅広いブランドをより一層充実させる。 20年春に新装開業 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド 三井不動産は5日までに、建て替えで一時閉館中の「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」(横浜市金沢区)が、2020年春に開業予定と発表した。 テナント入居数は約80店舗から約150店舗に拡充。 国内外のファッションブランド、スポーツ・アウトドア用品、生活雑貨など幅広い商品を取り扱う。 「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」が着工 2020年春に開業予定 三井不動産が神奈川県横浜市金沢区白帆で推進している「(仮称)三井アウトレットパーク横浜ベイサイド建替え計画」の新築工事が12月3日、着工した。 施設は9月2日から一時閉館しており、2020年春にこれまでの80店舗を約150店舗まで増やしてリニューアルオープンする予定。 南部市場に複合商業施設臨海部が横浜活性化をけん引 横浜の経済活性化にとって臨海部の発展は欠かせません。 みなとみらい21地区では「新港地区客船ターミナル」の建設が進み、「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」は20年春にリニューアルオープンを迎えます。 山下ふ頭の再開発も動き始め、民間企業の活力を生かした都市整備が大変重要な鍵を握っています。 2020年春の再会誓う 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド(金沢区白帆)が9月2日、一時閉館した。 閉館セレモニーでは地元小中学校の児童生徒がステージイベントを実施したほか、未来へのカウントダウンも。 再開業は2020年春を予定している。 同施設は1998年9月、日本初の本格アウトレット施設として開業。 20年にわたり、営業してきた。 再開業は2020年春を予定している。 今回の建替えにより店舗数は現在の約80店から150店と約2倍に。 国内外のファッションブランド、高感度セレクトショップ、キッズ、スポーツ&アウトドア、生活雑貨など幅広い商品を充実させるという。 「横浜ベイサイド」が20年春リニューアル 三井不動産(東京都中央区)は、横浜市金沢区の商業施設「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」を九月二日に閉館し、二〇二〇年春にリニューアルオープンさせる。 同日まで、春夏物商品を最大80%割引するなどの「閉館セール」を実施している。 現在の二階建てから鉄骨三階建てにし、延べ床面積は五万四千平方メートル(現二万平方メートル)に広げ、入居店舗は百五十店(同八十店)に増やす。 同社は「国内外のファッションブランドや子ども向け、アウトドアなどのテナントを充実させ、ファミリー層からシニアまで幅広く楽しめる施設にしたい」とする。 三井アウトレットパーク横浜ベイサイドがリニューアル — 2020年春開業予定、店舗数を約150に拡充 三井アウトレットパーク横浜ベイサイドがリニューアル。 2018年9月2日 日 より一時閉館、着工し、2020年春の開業を予定している。 日本初の本格アウトレットとして、1998年のオープン以来多くの来館者を迎えてきた三井アウトレットパーク横浜ベイサイド。 今回の建て替えリニューアルでは、2018年現在80の店舗数を約150まで拡充予定。 三井アウトレットパーク横浜ベイサイド/一時閉店、2020年春150店で開業 三井不動産は2020年春、横浜市金沢区の「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」をリニューアルオープンする。 「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」(開業当時の施設名:横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツ)は、日本初の本格アウトレットとして1998年9月開業した。 2018年9月2日の営業をもって一時閉館し、建替え工事を行う。 解体着工は2018年9月を予定している。 アウトレット「横浜ベイサイド」が拡張、2020年春に開業へ 三井不動産が、三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの建て替え計画の概要を発表した。 今年9月に解体着工し、2020年春に開業する予定だ。 昨年1月に横浜市は、三井不動産による新大型施設が2023年に開業すると発表。 今年4月には三井不動産が三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの一時閉館を発表し、今回の発表でオープンを2020年に前倒しした。 建て替えにより、アウトレット施設は現在の2階建てから3階建てになり、店舗数は80店舗から150店舗に拡大する。 三井アウトレットパーク横浜ベイサイドが建替えで一時閉館—2020年開業予定 三井不動産はこのほど、「 仮称 三井アウトレットパーク横浜ベイサイド建替え計画」の計画概要を決定した。 解体着工は2018年9月、開業は2020年春を予定している。 建替えにより、現在約80店舗の店舗数は約150店舗に拡充する予定とのこと。 三井アウトレットパーク横浜ベイサイド/9月2日に一時閉店、建て替え 三井不動産は4月13日、横浜市の「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」を9月2日に立替え計画に伴い一時閉店すると発表した。 建替えスケジュールおよび新施設の詳細は、今後、発表する。 三井アウトレットパーク横浜ベイサイドは1998年9月に、日本初の本格アウトレットとしてオープンした。 4月20日から5月6日の期間には、閉館前「最後のGWセール!」を開催し、旅行などに最適な夏物衣料や雑貨をアウトレットならではのお買い得価格で提供する。 アウトレット施設「横浜ベイサイド」が大規模リニューアル!約2倍の拡張で1日中過ごせる場所へ 横浜市は横浜ベイサイドマリーナ地区(第1期地区)A街区・C街区・D街区の2018年4月以降の事業者が三井不動産株式会社に決定したことを発表! 現在のアウトレット施設「横浜ベイサイド」を建て替えて3階建てに(現在2階建て)、店舗数も80店舗から150店舗、店舗面積を4,500坪から8,000坪へと増やしてスケールアップを図ります。 賑わいの場として活用する中庭や海辺のカフェやレストランを充実させるなどショッピングだけでなく1日中過ごせる場所を目指します。 アウトレットが2倍に拡大!横浜ベイサイドマリーナのリニューアル内容 「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」が2023年にリニューアルが決まったので、内容をご紹介します。 横浜ベイサイドマリーナ アウトレット大規模リニューアル 建て替え後にはOUTDOOR(アウトドア)ショップは入るのかな? アウトレット施設「横浜ベイサイド」が大規模リニューアル!約2倍の拡張で1日中過ごせる場所へ 昨年、横浜市の発表があってから、なかなか次の情報が出てこない「横浜ベイサイドの件」。 私が住む場所から、車で30分ほどで横浜ベイサイドには行けるので、よく訪れるんですが、大規模リニューアル後の店舗とか、なかなか発表がないですよね。

次の