この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へばの意味。 この世おばわがよとぞ思う望月の 歌の解釈

「この世をば」藤原道長が詠んだ1千年前の満月が今日の夜空に。その意味とは。

この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へばの意味

藤原道長 出典:Wikipedia この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば どうして道長はこの歌を詠んだのか、そしてどうしてこの歌が残ったのかについて見てみます。 歌の意味 「この世は自分(道長)のためにあるようなものだ。 望月(満月)のように足りないものはなにもない」 現代語訳するとそういう意味です。 自信満々で、満足しきっている様子がありありの歌ですね。 人が「この世の中は自分のためにある」と公言できる状態というのはそうそうあるものではありません。 栄耀栄華を極めた藤原氏のトップですから気持ちは分かりますが、それを口に出してしまうところに奢りが感じられるのです。 だれが伝えた? 藤原道長について伝える書物や記録は複数あります。 しかし、道長の栄華を描いたという『大鏡』や『栄花物語』などいずれの書物にも「この世をば」の歌は取り上げられていません。 道長本人が記した『御堂関白記』にさえも歌は書かれていません。 この歌は右大臣になった 藤原実資 ふじわらのさねすけの日記 『 小右記 おうき』(しょうゆうき)にだけ登場し、注目された歌です。 歌われた場所と状況 この歌が詠まれたのは1018年。 場所は道長の邸宅です。 実はその年の3月に道長の三女の 威子 いしが、11歳になった後一条天皇の中宮(天皇の后)となったのです。 そのお祝いをするため多くの貴族たちが集まり、宴会が催されました。 宴もたけなわとなったところで道長は即興で藤原実資に向かって「この世をば」を詠んだのです。 まあ、いわば気分よく酔っぱらった勢いで、ついつい本音が歌に出てしまったという感じでしょうか。 通常、礼儀としては実資が歌を返さなければなりません。 しかし彼は丁重にそれを断り、代わりにその場の一同で一緒にこの「名歌」を声を揃えて詠ずることにしようと提案。 そしてその場の客人一同が声に出して繰り返したのです。 藤原道長の傲慢の理由と冷ややかなライバル なぜ道長は実資に向かってその歌を詠んだのでしょうか? 実資はなぜ道長のその歌に返歌せず、日記に書いたのでしょう? 道長が歌をうたった背景とは 道長が傲慢になるほど喜んだのには理由がありました。 道長は三女の威子の前に、 彰子 しょうしを一条天皇の后に、そして 妍子 けんしを三条天皇の后にさせました。 実に一家で三人の娘を天皇の后にすることに成功したわけです。 それはつまり貴族の中の藤原氏、そして藤原氏の中でも道長の家系が天皇家と混じり合って深く繋がり、権力がますます強大になったことを示していました。 だからこそ道長はもう「欠けたものは何もない」と言ったのです。 冷ややかな批評家・ライバル藤原実資 その歌を聞かされて日記に記したのは前述の藤原実資。 権力に媚びない良識人として知られた人物です。 学問に秀でており、 有職故実 ゆうそくこじつ(朝廷の礼式・法令などの古来のきまり)に非常に詳しく、朝廷にはなくてはならない人物でした。 しかも実資は藤原北家嫡流で莫大な資産を持った小野宮流を継承した公卿。 本来は分派である九条流の道長の家系より格上だったのです。 つまり彼は道長のライバル。 しかし、格下だった道長の栄達に嫉妬するような人物でもなく、ただ相手が誰でも理不尽なことは許せないタイプの人だったようです。 実際、彼は道長の政治力については認めていました。 また道長も朝廷が彼なしには回らないことを悟っており、一目おいていた、という友好的ながら緊張感のある関係です。 多くの人々が道長にこびへつらう中、良識に乗っ取って正面切って異を唱えることのできたのは、この藤原実資だけ。 奢った行いをする道長に対して批判や抗議することが何度もありました。 あの宴席で、(おそらく)酔った勢いのため自慢たらたらな歌をうっかり作ってしまった道長。 そんな歌に返歌をしなかったところに実資の心中が窺えるというものです。 おわりに この時以外にも藤原実資は何度か道長に批判的な行動をしたり、書いたりしています。 道長も選んだ相手が悪かったようですね。 こうして道長の歌は実資の日記「小右記」に書き残され、1000年後の彼のイメージを形作ってしまったんですから。 関連記事 >>>> その他の人物はこちら 平安時代に活躍した歴史上の人物 関連記事 >>>> 時代別 歴史上の人物 関連記事 >>>>.

次の

「この世をば」藤原道長が詠んだ1千年前の満月が今日の夜空に。その意味とは。

この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へばの意味

古くより親しまれてきた日本の伝統文学である「短歌」。 花鳥風月の美しさを「五・七・五・七・七」の形式で表現し、歌人の心情を詠みこみました。 今回は「月」にまつわる有名な歌として 「 この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば 」をご紹介します。 この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば 藤原道長 日本人は古来「全てを自分の手に」と云う事を忌み嫌いました。 この後彼は病になり出家、子供に先立たれ、失意の晩年でした。 おやすみ為さいませ💤 — みやのすみれ sumiremiya 自らの権威を誇ったものとして有名な歌ですが、歌人の心情や詠まれた時代背景はどのようなものだったのでしょうか? 本記事では、 「 この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば 」の意味や表現技法・句切れ・作者について徹底解説し、鑑賞していきます。 「この世は私のためにあるように思う。 今宵の満月のように、私に欠ける部分は何一つないと思うので」 という意味になります。 藤原氏一族の栄華を極めた心情を詠んだ一首ということで、教科書でもおなじみの歌です。 古典文学としてよりも、歴史的資料として取り上げられることが多いでしょう。 この歌は勅撰集などの和歌集には記録されていません。 道長自身の日記『御堂関白記』にも載っておらず、藤原実資(さねすけ)の『小右記』に書き残したものが今の世にまで伝わっています。 文法と語の解説• 「この世」という語を強調し、五句体の調子を整えるために用いられています。 「わが世とぞ」 係助詞「ぞ」の形で、「わが世」の意味を強める働きがあります。 「望月(もちづき)」 望月は満月を意味しています。 月の形がまん丸を描いていることなどから、「望みどおりの月」という意味で「望月」となりました。 このことから「完全な」「完成」を例える語としても使われています。 「欠けたる」 「たる」は助動詞「たり」の連用形で、完了・存続・並列を表します。 ここでは、「欠けている」「不足している」と訳すことができます。 「ことも」 名詞などの体言につく係助詞「も」が使われており、並列「~と」・類推「~さえ」などを表しています。 動詞の「思ふ」の已然形「思へ」に「ば」がついているので、「思えば」「思うので」となります。 「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」の句切れと表現技法 句切れ 句切れとは、 意味や内容、調子の切れ目を指します。 歌の中で、感動の中心を表す助動詞や助詞(かな、けり等)があるところ、句点「。 」が入るところに注目すると句切れが見つかります。 この歌では二句目の「わが世とぞ思ふ」で流れが一旦切れていますので、 「二句切れ」となります。 二句切れでは、倒置や二つの内容を表現する時に用いられることが多いです。 倒置法 倒置法とは、 語や文の順序を逆にする表現技法です。 あえて文の調子を崩すことで、意味を強める効果があります。 短歌や俳句でもよく使われる修辞技法のひとつです。 この歌でも本来の意味どおりに文を構築すると、「望月の 欠けたることの なしと思へば この世をば 我が世とぞ思ふ」という語順になります。 「この世は私のためにあるように思う」という衝撃的なはじまりに、読み手は「なぜそんな風に考えたのだろうか」と今後の展開を期待させます。 このように倒置法を使うことで、 読み手に強い印象が残り、インパクトを与えることができます。 隠喩法 隠喩とは、 「~のような」などの比喩を表す言葉を使わずに、物事をたとえる表現技法のことです。 印象を強めたり、感動を高めたりする効果があります。 この歌でも今の自分の心情を望月にたとえ、「満ち足りている」「完璧だ」と表現しています。 この当時、朝廷内では熾烈な権力争いが繰り広げられていたため、言外に真意を置く歌が多く、気持ちを直接的に表現することは少なかったようです。 しかし、圧倒的な強者として不動の地位を確立した道長には、周囲へ気兼ねする必要がなかったのでしょう。 隠喩を使いながらも、 誇れる気持ちがストレートに伝わってきます。 第66代天皇:一条天皇・藤原 彰子(長女)• 第67代天皇:三条天皇・藤原 妍子(次女)• 第68代天皇:後一条天皇・藤原 威子(四女) となります。 これは当時としても驚くべきことで、『小右記』にも 「一家三后を立つるは、未曾なり。 」と述べられています。 こうして道長は三皇后を全て自分の娘にすることで、他の藤原氏の中でも特に抜きん出た存在となりました。 この歌が詠まれたのも、まさに一家三后が実現したその時です。 寛仁二年( 1018年) 10月 16日、四女・威子が女御として入内した日、道長の自宅で祝宴が開かれました。 道長は返歌を求めた上でこの歌を詠んだのですが、藤原実資は「御歌優美なり。 酬くひ答えるに方なし(優れた歌で、とても返歌は作れません)」として丁重に断ります。 代わりにその場に居た一同で唱和することを提案したのでした。 道長もこれを大いに喜び、歌が返されなかったことについて責めなかったといいます。 この一首の背景には、 無邪気な道長の姿がありました。 「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」の鑑賞 満月にことよせて自身の権威を高らかに歌い上げた道長。 この歌によって、「道長といえば、尊大な権力者」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。 確かに道長は悲願であった藤原家のゆるぎない地盤の完成を確信し、この歌を詠んだことでしょう。 しかし、この頃すでに道長の目には、 月が欠けていくように権勢の翳りが見えていました。 道長は 30代の頃から様々な病気を繰り返し、晩年は糖尿病やその合併症に苦しんでいます。 この歌が詠まれる前年の寛仁元年( 1017年) 2月、従一位・太政大臣を辞任し、寛仁三年( 1019年) 3月には剃髪して 出家しています。 これらの行動は、まだ隠居するほどの年齢ではなかったことから、おそらく健康状態を考慮してのことだと考えられます。 だとすると、この歌は酒の酔いに任せ「今まさに絶頂期にあるのだ」と強がってみせたもので、 「このまま月が欠けなければよいのに」という本音が吐露されているのかもしれません。 また、道長が著した『御堂関白記』にはこの夜の宴についての記載はありますが、和歌については触れられていません。 道長にとってはあまり深い意味がなかったのかもしれません。 作者「藤原道長」を簡単にご紹介! (藤原道長 出典:) 藤原道長( 966年~ 1027年)は、平安時代中期の公卿です。 法成寺を建立したことから「御堂関白」とも呼ばれますが、実際は関白の地位についたことはありません。 藤原北家、摂政関白太政大臣・藤原兼家の五男で、当初は有能な兄に隠れあまり目立つ存在ではありませんでした。 しかし 30歳の頃( 995年)、長兄関白・道隆と三兄・道兼が相次いで病没し、出世の道が開きはじめます。 さらに翌年には長徳の変で兄の子との政争にも勝ち、左大臣に昇進しました。 35歳( 1000年)のとき、すでに定子(道隆の娘)という皇后がいる一条天皇に、娘の彰子を入内させます。 そうして生まれた皇子が後一条天皇として即位し、初めて孫となる天皇の摂政をとりました。 さらに続々と自分の娘を中宮にさせ、一家三立后を成し遂げた道長は実質上最高の権力者となります。 誰もがうらやむ栄華を極めた道長でしたが、この摂政の地位をたった一年で辞し、息子の頼道に譲っています。 糖尿病とその合併症を患っていた道長は、政界から引退した後に、 54歳( 1019年)で出家しました。 死期が近づく中で壮大な法成寺を建立し、そこで病気療養しながら静かに暮らします。 浄土教にすがり極楽浄土を願うも、 62歳( 1028年)にこの世を去りました。

次の

藤原道長について!摂政や家系図・娘、「この世をば」の歌について解説!

この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へばの意味

タナトフォビア 死恐怖症 だったことが知られている先人、有名なのは 芥川龍之介や ナポレオンなど。 手塚治虫も、戦争体験で多くの死に直面し「 死にたくない、なぜ死ななければならないのか」を自問自答し続けてきたと言われています。 便利な現代では、大体の困難はどうにか克服できます。 すると、 避けられない「死」を恐怖する人が、どんどん増えてくるのではないかと筆者は思います。 快適に満たされた生活。 充実してます。 しかし反面、これがいつか終わる「いつか訪れる死」を連想してしまいます。 人類が克服できていないこと、それは死ではないでしょうか。 本記事では、 日本の歴史を紐解いて、当時の生活環境と死生観がどんな風に関わっているのか書いていこうと思います!裕福な平安貴族は、なぜ 浄土信仰にこだわったのでしょう? 目次• 稀代のタナトフォビア、「平安貴族」藤原道長 精神医療が確立されて、死を恐れることに「死恐怖症」というワードが当てはめられたのは最近のことです。 栄華を極めた平安貴族たち。 「 この世に思い通りにならないことはない」と、歌を詠みながら、 晩年は死を恐れ、浄土信仰にすがりながら死んでいきました。 特に藤原道長は、完全なタナトフォビアです。 藤原道長のやりたい放題の現世 平安貴族って普段何していたのかと思いますが、天皇に仕えて政治の代行をするというのが彼らの仕事でした。 道長は、賢い兄が病死したのをきっかけに政権を握り、自分の娘を4人も天皇に嫁がせます。 嫁いだ娘の子どもが天皇になれば、天皇の祖父として摂政(天皇の代わりに政治をするポジション)になれるというわけです。 道長は摂政になり、幼い孫天皇に代わりあらゆる決定権をゲット。 それはもう好き勝手に暮らします。 いかに 彼が絶好調だったかは、道長が祝賀の時に詠んだ歌からバッチリ読み取ることができます。 「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」 訳:「この世は 俺のためにあるようなものだな 満月みたいな感じ 満ち満ち」 最高に調子に乗ったこの歌、こっそり書いて引き出しにしまっていたわけではないんですよ。 自分の娘の結婚式で詠んで、みんなの前で発表したのですから、お父さんやめてって感じですよね。 望月が欠けてきた晩年 そんな道長、この歌を詠んだ 翌年には、糖尿病、白内障、心臓病などの生活習慣病を併発し、自力で排泄すらできなくなります。 目も見えなくなり、日々胸痛で呻いていたようです。 背中にビックサイズのおできが出来て、それも彼を苦しめたとのことです。 翌年ですから、恐ろしいですよね。 あっという間の転落。 癌も患っていたという説もあります。 当時の平安貴族の生活といえば、不健康そのもの。 重い着物を着て運動せず、デザート付きの食事を1日に何度も食べていました。 白い肌が雅な証なので、 屋外にあまり出ないのも、ビタミン欠乏につながったと言われています。 基本的に貴族は短命だったのです。 仏教の死生観にすがった道長 短期間で、身体をボロボロに患ってしまった道長。 いよいよ死期を意識します。 すると彼は 髪を剃り、仏門に入りました。 道長の死に際には、 「金で出来た阿弥陀如来像と自分を五色の糸で結んで繋げ」、「その周りを何十人もの位の高い僧侶に取り囲ませ読経」させました。 必死やん……、といった感じです。 ブルーハーツでいう、 天国へ賄賂を送る、とはまさにこのこと。 死の恐怖に取り憑かれた道長は、自分の持ち物を全て差し出しても助けを乞いたくなったのでしょう。 この世で築き上げてきた富、名誉。 死の前では無価値、一つもあの世には持っていけないのだと気づいたのではないでしょうか。 想像を絶する恐怖。 なにがなんでも死後に極楽浄土に行けるように、自らも読経しながら絶命したと伝えられています。 絶好調の時点でタナトフォビアだったのでは? 道長が死に怯えながら死んでいったというのは、学校の日本史でも語られるほど有名な話。 先ほどの「 絶好調の歌」も、道長のうぬぼれソングとして教科書で紹介されます。 この、 娘の結婚式で詠んだうぬぼれソング、既にタナトフォビアを感じさせる箇所があります。 この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば 月は、平安時代の文化芸術に頻繁に登場するモチーフのひとつ。 舞台は豪華絢爛の祝賀だったにも関わらず、敢えて空を見上げ、満ち欠けする月について触れる。 平安貴族的には通常運転なのかもしれませんが、やってることは なかなかセンチメンタルです。 策士・道長は「死の恐怖を小出しに放出」していた 道長は、たまたま娘を4人も天皇の嫁にねじ込むことができた、単なるラッキーおじさんではありません。 策士であり、娘のもとに天皇を足繁く通わせるために、紫式部などの優秀な女性歌人を家庭教師に雇うなど、 目的のために工夫を凝らせる賢い人物。 その賢い彼、絶好調の歌を詠んだ時、 浮かれながらも月が必ず欠けると言うことは十分理解していたことでしょう。 この漠然とした不安こそタナトフォビアです。 彼は栄華を極めた何不自由ない生活の中で、必ず訪れる死について薄っすらと不安を抱き、手元にある豪華絢爛な私物も、国で一番の権力も、何も死後に連れていけないことを頭では理解していた。 そこで、一見うぬぼれたキャラクターに沿った歌を詠むことで、 死の孤独を小出しに放出し、漠然とした不安から身を守っていたのではないでしょうか。 すると、 自分を励ます歌にも感じ取れるのです。 「極楽浄土!?それひとつください!」 平安貴族の間では、仏教が大流行しました。 様々な宗派がある中で、とりわけ彼らの心を掴んだのが「 阿弥陀仏による往生を願う、浄土信仰」。 「 死んでからも今みたいないいことで暮らしたい!極楽浄土?じゃあそれで!」という感じ。 そこで、 貴族たちがスポンサーになって建てられたのが「平等院鳳凰堂」。 この「平等」は 仏様は人間を平等に救ってくださる、という由来があります。 豊かさゆえの、失う恐怖。 からのタナトフォビア。 これは現代人にも通じるものがありますね。 今日生きるのに必死な「江戸町人」たち 同じ日本史上には、 平安貴族とは対照的な死生観を持っていた人達がいます。 歴史の資料で見る 江戸時代の風景は、華やかでエネルギッシュなイメージ。 しかしあれは富裕層や、結構マシな生活をしている人達の様子なのです。 基本的に江戸の町人たちはその日暮らし。 彼らの貧しいなりの生活、一体どんなものだったのでしょう。 大半の江戸の町人「かなり貧しい生活」 当時の 江戸の人口密度は、世界一と言われています。 また 死亡率もかなり高かったのだとか。 町人たちは食事の内容が悪く、脚気などの欠乏症になりやすい状態でした。 まだ治療方法も確立されていなかったため、「 病気になったら死ぬ」というのが、当然の流れでした。 当時の日本は、地方で生まれて増えた人口が出稼ぎ先の江戸へ流れ、死んでいくという流れ。 つまり、 都市が人口を間引いていたのです。 町人文化において身分は関係なかった 故郷の貧しさから、都市で出稼ぎをし、身を寄せ合って生活する。 スラム状態の江戸に生きていた町人達。 一方、江戸町人による大衆文化、例えば浮世絵なんかは海外の印象派の画家にも多大な影響を与えました。 このスラムで生まれは町人文化、生まれ持った身分や貧しさは関係なかったと言われています。 学術、芸術分野には、社会的な立場は関係なく誰でも門下生になり、挑戦することができました。 下の身分の者でも、深い知識を持っていれば、武士が教えを乞うこともあったそうです。 釣りバカ日誌のスーさんとハマちゃんを彷彿させます。 幕府の規制は厳しかったものの、取り締まられてはまたすぐ流行るといった状態。 大衆浴場は町人たちの社交場になり、娯楽や習い事の情報をそこで仕入れるのです。 楽しそう! 死と文化の発展が共存した町 死につながるほどの生活環境と、文化の発展が隣り合わせ。 当時の江戸の町は、インドの大都市によく似た雰囲気だったといわれています。 この環境が元になって生まれた、 江戸町人の独特の死生観を紹介します。 「浮世」という概念 浮世絵からも馴染みがある「 浮世」という言葉。 浮かれた世と読ませていますが、 元の漢字は「憂世」。 つまり、「 憂鬱で辛い世の中」という意味合いの言葉がもともとあり、それに「 浮」の字をあてたのが「浮世」なのです。 Advertisement 持ちすぎると死が怖くなる?幸せとはなんぞや 日本史上での違う時代、ふたつの死生観について書いてきました。 こうしてみると、「 何をもって、満ち足りた人生とするのか」考えてしまいますね。 実際は、タナトフォビアの江戸町人も、ヤンキーの貴族もいたと思いますが……。 短命かどうかではなく、「死を恐怖したかどうか」がキモかなと思います。 これから 「恐怖」の本質をもっと掘り下げていけたらな……。 国や性別年齢だけでなく、時代もすべて掘り返して タナトフォビアに効く死生観を取り上げていきます。 深く考えることで、「自分の死」に向き合った時、 自分を説得するための価値観の材料ができるはず。 自分で作り上げた価値観は、軸になり不動です……!•

次の