コロポックル。 古艪帆来 (ころぽっくる)

JAZZ Cafe Korpokkur/カフェ・コロポックル

コロポックル

コロポックルの正体とは? コロポックルは、アイヌよりも前から 蝦夷(北海道)に住んでいた先住民族との説があります。 明治時代の自然人類学者の坪井正五郎らが、日本の石器時代人はコロポックルであるという説を主張し、当時の学会では大きな論争になりました。 この論争は、考古学調査などの進展により、多くの研究者はコロポックルと呼ばれたのはアイヌであるという説を支持し、大正二年に坪井正五郎が死去したことにより終わりを迎えました。 また、日本の考古学者でアイヌ研究者の瀬川拓郎は、沈黙交易と呼ばれる交易相手との接触を避ける方法や、竪穴式住居に住む、土器を作るなどの習慣や風俗が一致することから、「 北千島のアイヌがコロポックルの正体」との説を提唱しています。 コロポックルの名前の意味 コロポックルという名前は、アイヌの言葉で「コロ」は「蕗の葉」、「ポツ」は「下」、「クル」は「人、神」をそれぞれ表し、 3つ合わせて「蕗の葉の下の人」という意味になります。 コロポクグル、コルポクウンクル、コロポツクカムイ等々いくつかの呼び名があるようです。 樺太には、「トチ・ウン・グル(土の家に住む人)」の伝承があり、トンチトンチなどとも呼ばれたりしていますが、そのトンチトンチとコロポックルは同類とみられています。 コロポックルとアイヌの怖い関係 アイヌが、蝦夷のその地に住み始めるよりも前から住み暮らしていたコロポックルを、迫害して追い出した、親切にした恩を仇で返すような真似をした、など地域によって諸説ありますが、アイヌが大変な怒りをかったというのは共通しているようで、その地を離れることにしたコロポックルは、去り際に次のような 呪いの言葉を吐いたとされています。 「 このコタン(集落)のものはこれから何でも焼ける。 このコタンはトカプチー(水は枯れろ、魚は腐れの意)と名付けるぞ。 」 それ以来この土地をトカップチコタンと呼ぶようになり、十勝の地名の由来になったとされています。 北海道各地に伝わるコロポックル伝説 アイヌに伝えられているコロポックルの話をいくつかご紹介します。 十勝のコロポックル伝説 十勝川沿岸に住んでいたアイヌの一族の元に、夜な夜な魚などが届けられる不思議なことが起きました。 真夜中に魚を置いていくものの正体を誰も見たことがなく、初めは気味悪がっていましたが、ふたりの青年が選ばれその正体を確かめることになりました。 真夜中になり青年たちが息を潜めて待っていると、窓から白い小さな手がそっと差し伸ばされました。 青年たちがその手を掴み、中に引きずり込むと、それは コロポックルの小さな可愛い女でした。 女は恐怖で泣きながら逃げ帰り、怒ったコロポックルたちは「鮭の皮の焼けただれたごとく死すがよい」と叫んでその地を見捨て、その後コロポックルたちの姿を見ることはなくなりました。 道北地方のコロポックル伝説 昔、まだシャモ(和人)がいなかった時は、天塩川筋で皆幸せに平和に暮らしていました。 その頃コルポツクンという小さい人がいて、時々珍しいものを持ってきてくれました。 夜明け前にやってきて、戸の隙間からそっとものを置いていくので、コルポツクンを見たものはいませんでしたが、コタンの老人たちは、その姿を見ると罰が当たると言って、誰もその姿を見ようとはしませんでした。 ところが一人の若者が、どうしても一度姿を見てみたいと思い、ある夜、戸の陰で待ち続けることにしました。 夜明けも近くなった頃、戸の隙間から小さな可愛らしい手が差し伸ばされました。 若者がその手を掴み中に引きずり込むと、現れたのは 裸の小人で、本当に可愛らしい人でした。 小人は自分はコルポツクンだと言い、姿を見られたからもうこの村にはこないと言って逃げて行ってしまいました。 コルポツクンが来なくなった頃からシャモが来るようになり、コタンは段々と滅びていったそうです。 芽室町のコロポックル伝説 十勝平野が果てない草原と密林で覆われていた頃、十勝川支流の美生川を、魚を追って遡るコロポックル族の一団がいました。 美生川を上流まで上っていくと、山の中の大きな滝にたどり着きました。 滝の下流は魚が多く、山には果物や木の実、原野には野草が群生していました。 コロポックル族はこの地を安住の地と定め、住まいを作って暮らし始めました。 平和に暮らしていたある日、 身の丈6尺(約182センチ)もある、眼光鋭い恐ろしい異民族が攻め上ってくるという話が伝わってきました。 コロポックル族は山の断崖を砦とし、異民族の攻撃に備えました。 やがて鮭を追って美生川を遡ってきた異民族は、コロポックル族の砦に激しい攻撃を加えました。 このような戦いが二度繰り返されましたが、数年後とうとう砦の後ろに回り込まれ、異民族に砦を奪われてしまいました。 その後、コロポックル族の姿はこの地から消えてしまったそうです。 物語の中のコロポックル 現在イメージするコロポックルといえば、佐藤さとるさんの「 コロボックル物語」が挙げられると思います。 シリーズ全5作(別巻1作)のこの作品の1作目は、秘密の小山に住む伝説の小人「コロボックル」と、彼らを守ろうとする「ぼく」の物語です。 小さい頃にこの本を読んで、小人に会いたいと彼らを探した人も多かったのではないでしょうか。 まとめ コロポックルの正体は石器時代の先住民族であるとか、北千島に住んでいたアイヌの人たちのことだったなどと、学術的な方面から研究者たちは考察していたようです。 伝説をみても、戦いに敗れた、無礼な振る舞いに怒ったなどの違いはありますが、元々コロポックルたちが住んでいた所を、後からやってきた者たちによって追われたということは共通していると思います。 ただ、「 コロポックルは人である」というよりは、蕗の葉の下に隠れられる 小さな体の妖精や、知恵を授けてくれる神様のような存在であるほうが夢がありますね。

次の

Kra OFFICIAL FANCLUB コロポックル

コロポックル

【 屋根のメリット 】 雨除け、 風除け、 日除け(UV)、 傘を持たずに安全運転! 一年中使える便利グッズ!、 自転車の屋根ショップ コロポックルは身長や自転車の種類に応じて製作販売しているオーダーメイドのお店です。 当店はお客様の身長やお使いの自転車、また使用環境に応じたオールシーズンの屋根を手作りのオーダーメイドで製作しているお店です。 そして今、 自転車とバイクどちらにも転用引っ越しでき簡単取り付け可能なモデルが出来上がりました。 多少別途パーツ必要) 各テレビメディアの様々なテレビ放映を以下に添えつけましたのでご覧ください。 Made in Japan To the world of everyone who wish to better bicycle life , try out to play on each product page. 関西の人気テレビ番組、ヨ~イドンの司会歌手、円広志から隣りの人間国宝になりました! 読売テレビ、スマタンZIPから京都の東映太秦村の一部を貸し切って風速40mの風に挑戦 パナソニックギュット、ヤマハバビー、ブリジストンアンジェリーナの上の動画は前カゴタイプ、下の動画は前子供いすに付けた屋根の状態と乗り心地を短い動画にしました。 Click on the image! When you click on the product image will change the bottom to the type of product page *お使いの自転車に合うお探しの商品のタイプをクリックしましたらHPの下の方が商品ページに変わります、商品選びのコツは後ろがヘッドレストの椅子か、カゴか荷台かと言う事です、その他はバイク、3輪自転車、電動車をクリックしてください、なお前は余り関係なく、20インチのギュット、バビー等の前カゴモデルだけお聞きください! *当ショップでの自転車への屋根取り付けはお問い合わせください。 *当ショップは自転車を含まない屋根の部分を製造販売しているショップですが自転車も・・と言うお客様の相談も対応しています。 その他、台風や自転車どうしの事故等、自転車には多くの注意事項があります。 このような転倒、事故の屋根の損傷、紫外線による早期の屋根生地の劣化は、お客様の管理問題で、申し訳ありませんが商品の補償範囲ではありません。 The secret to ride any day of the typhoon? お支払いは、銀行振込、郵便振替がご利用頂けます。 沖縄、北海道はお問い合わせください。 ・組立てたものは返品出来ません。 ・万一発送中の破損、不良品、あるいはご注文と違う商品が届いた場合は、返送料はこちらが負担いたします。 ・お客様の理由によるご返品の場合、返送料はお客様負担となりますので、よろしくお願い致します。 お問い合せは、メール・電話・FAXにて承っております、お気軽にお問いあわせください。 MAIL: TEL:06-7162-1132 携帯番号:080-9160-0771 営業時間 9:00~19:00 【定休日】年中無休(但し不定休がある場合はカレンダーに記載します。

次の

蕗の葉よりも小さな人たち コロポックルの正体とは?

コロポックル

コロポックルの正体とは? コロポックルは、アイヌよりも前から 蝦夷(北海道)に住んでいた先住民族との説があります。 明治時代の自然人類学者の坪井正五郎らが、日本の石器時代人はコロポックルであるという説を主張し、当時の学会では大きな論争になりました。 この論争は、考古学調査などの進展により、多くの研究者はコロポックルと呼ばれたのはアイヌであるという説を支持し、大正二年に坪井正五郎が死去したことにより終わりを迎えました。 また、日本の考古学者でアイヌ研究者の瀬川拓郎は、沈黙交易と呼ばれる交易相手との接触を避ける方法や、竪穴式住居に住む、土器を作るなどの習慣や風俗が一致することから、「 北千島のアイヌがコロポックルの正体」との説を提唱しています。 コロポックルの名前の意味 コロポックルという名前は、アイヌの言葉で「コロ」は「蕗の葉」、「ポツ」は「下」、「クル」は「人、神」をそれぞれ表し、 3つ合わせて「蕗の葉の下の人」という意味になります。 コロポクグル、コルポクウンクル、コロポツクカムイ等々いくつかの呼び名があるようです。 樺太には、「トチ・ウン・グル(土の家に住む人)」の伝承があり、トンチトンチなどとも呼ばれたりしていますが、そのトンチトンチとコロポックルは同類とみられています。 コロポックルとアイヌの怖い関係 アイヌが、蝦夷のその地に住み始めるよりも前から住み暮らしていたコロポックルを、迫害して追い出した、親切にした恩を仇で返すような真似をした、など地域によって諸説ありますが、アイヌが大変な怒りをかったというのは共通しているようで、その地を離れることにしたコロポックルは、去り際に次のような 呪いの言葉を吐いたとされています。 「 このコタン(集落)のものはこれから何でも焼ける。 このコタンはトカプチー(水は枯れろ、魚は腐れの意)と名付けるぞ。 」 それ以来この土地をトカップチコタンと呼ぶようになり、十勝の地名の由来になったとされています。 北海道各地に伝わるコロポックル伝説 アイヌに伝えられているコロポックルの話をいくつかご紹介します。 十勝のコロポックル伝説 十勝川沿岸に住んでいたアイヌの一族の元に、夜な夜な魚などが届けられる不思議なことが起きました。 真夜中に魚を置いていくものの正体を誰も見たことがなく、初めは気味悪がっていましたが、ふたりの青年が選ばれその正体を確かめることになりました。 真夜中になり青年たちが息を潜めて待っていると、窓から白い小さな手がそっと差し伸ばされました。 青年たちがその手を掴み、中に引きずり込むと、それは コロポックルの小さな可愛い女でした。 女は恐怖で泣きながら逃げ帰り、怒ったコロポックルたちは「鮭の皮の焼けただれたごとく死すがよい」と叫んでその地を見捨て、その後コロポックルたちの姿を見ることはなくなりました。 道北地方のコロポックル伝説 昔、まだシャモ(和人)がいなかった時は、天塩川筋で皆幸せに平和に暮らしていました。 その頃コルポツクンという小さい人がいて、時々珍しいものを持ってきてくれました。 夜明け前にやってきて、戸の隙間からそっとものを置いていくので、コルポツクンを見たものはいませんでしたが、コタンの老人たちは、その姿を見ると罰が当たると言って、誰もその姿を見ようとはしませんでした。 ところが一人の若者が、どうしても一度姿を見てみたいと思い、ある夜、戸の陰で待ち続けることにしました。 夜明けも近くなった頃、戸の隙間から小さな可愛らしい手が差し伸ばされました。 若者がその手を掴み中に引きずり込むと、現れたのは 裸の小人で、本当に可愛らしい人でした。 小人は自分はコルポツクンだと言い、姿を見られたからもうこの村にはこないと言って逃げて行ってしまいました。 コルポツクンが来なくなった頃からシャモが来るようになり、コタンは段々と滅びていったそうです。 芽室町のコロポックル伝説 十勝平野が果てない草原と密林で覆われていた頃、十勝川支流の美生川を、魚を追って遡るコロポックル族の一団がいました。 美生川を上流まで上っていくと、山の中の大きな滝にたどり着きました。 滝の下流は魚が多く、山には果物や木の実、原野には野草が群生していました。 コロポックル族はこの地を安住の地と定め、住まいを作って暮らし始めました。 平和に暮らしていたある日、 身の丈6尺(約182センチ)もある、眼光鋭い恐ろしい異民族が攻め上ってくるという話が伝わってきました。 コロポックル族は山の断崖を砦とし、異民族の攻撃に備えました。 やがて鮭を追って美生川を遡ってきた異民族は、コロポックル族の砦に激しい攻撃を加えました。 このような戦いが二度繰り返されましたが、数年後とうとう砦の後ろに回り込まれ、異民族に砦を奪われてしまいました。 その後、コロポックル族の姿はこの地から消えてしまったそうです。 物語の中のコロポックル 現在イメージするコロポックルといえば、佐藤さとるさんの「 コロボックル物語」が挙げられると思います。 シリーズ全5作(別巻1作)のこの作品の1作目は、秘密の小山に住む伝説の小人「コロボックル」と、彼らを守ろうとする「ぼく」の物語です。 小さい頃にこの本を読んで、小人に会いたいと彼らを探した人も多かったのではないでしょうか。 まとめ コロポックルの正体は石器時代の先住民族であるとか、北千島に住んでいたアイヌの人たちのことだったなどと、学術的な方面から研究者たちは考察していたようです。 伝説をみても、戦いに敗れた、無礼な振る舞いに怒ったなどの違いはありますが、元々コロポックルたちが住んでいた所を、後からやってきた者たちによって追われたということは共通していると思います。 ただ、「 コロポックルは人である」というよりは、蕗の葉の下に隠れられる 小さな体の妖精や、知恵を授けてくれる神様のような存在であるほうが夢がありますね。

次の