引き算 ハンバーグ。 引き算ハンバーグの作り方レシピ|ヒルナンデス

【ヒルナンデス】引き算クッキング「玉ねぎも卵も使わない!ジューシーハンバーグ」の作り方

引き算 ハンバーグ

【4人前】 ひき肉:440g 牛乳:100ml パン粉:50g 焼き肉のたれ:大さじ1 塩、こしょう:少々 赤ワイン:300ml 鶏だしの素:小さじ2 トマトペースト:大さじ1 小麦粉:大さじ1 塩、こしょう:少々 ベーコン:適量 15分でできる本格ハンバーグの作り方 1)ボウルにひき肉、牛乳、パン粉、焼き肉のたれ、塩、こしょうを入れてねばりが出るまでよくこねます。 ひき肉をしっかりこねれば空気を抜く工程は必要なしです。 2)1を丸めて1. 5cmほどの厚さに成形して4個分作ったら、中火のフライパンで焼きます。 3)2をひっくり返して少し焼いたら、その中に赤ワイン、鶏だしの素、小麦粉、塩、こしょう、ベーコンなどを加えてソースにします。 ふたをして火が通るまで3分位煮込みます。 安い赤ワインで構いません。 フォンドボーの旨味は肉汁の旨味で代用できます。 4)3のお肉に串を刺してみて、透明な肉汁が出てくれば、中はできています。 5)4を器に盛り付ければ完成です。 まとめ 卵も玉ねぎも使わず15分でできるハンバーグです。 簡単で良いですね!

次の

【ヒルナンデス】引き算ハンバーグの作り方!さわけん先生の引き算レシピ!

引き算 ハンバーグ

こねた1を1. 5センチほどの厚さに成形し、弱火~中火のフライパンで両面焼く。 フタをして火が通るまで加熱して完成。 【ハンバーグリメイクレシピ】スープ餃子のレシピ 材料(2人前) ハンバーグ:1個 餃子の皮(もちもちタイプ):10枚 ニラ:1本 中華スープの素(フリーズドライ):2個 おろし生姜:小さじ2 ごま油:少々 中華風味ペースト:小さじ1 お湯:400ml 作り方 1. 焼いたハンバーグを一口サイズに切る。 ニラを2~3センチの長さに切る。 半分の量のニラに、ごま油をあえ、なじませる。 餃子の皮にハンバーグをのせ、おろし生姜と中華風未ペーストを塗る。 ハンバーグの上にニラをのせ、包む。 スープを作る。 沸騰したお湯で餃子を1分ゆでる。 餃子を取り出して器に移し、弱火にして、中華スープの素・残りのニラを入れる。 スープを餃子にかけて完成。 マッシュルームと鶏もも肉は一口大にカットし、鶏肉には塩を振って、フライパンで炒める。 1に白ワイン・牛乳(300ml)を加える。 水につけたマカロニを加える。 小麦粉に牛乳(100ml)を加え溶かし、フライパンへ入れる。 バター・塩コショウで味を整える。 チーズを加えて混ぜ、器に入れて完成。 ピーマンはワタをとり、千切りにする。 牛肉は3センチ幅に切る。 耐熱容器に牛肉を入れ、焼肉のタレ・片栗粉を加えて混ぜる。 ラップをし、真ん中に楊枝などで穴を開け、電子レンジ(600W)で5分加熱。 全体をしっかり混ぜ合わせ、再び電子レンジで2分加熱して完成。 耐熱容器に春雨・水・鶏がらスープの素を入れ、ラップをして電子レンジ(600W)で6分加熱。 きゅうり・ハムを千切りにする。 きゅうりはポリ袋に入れて塩をなじませる。 1にポン酢を加え染み渡ったら、ごま油を加える。 切った2の具材を入れ、ごまを振り、混ぜ合わせて完成。

次の

【ヒルナンデス】さわけんさん『引き算ハンバーグ』の作り方*玉ねぎ・卵不使用!約15分<2020年5月1日>

引き算 ハンバーグ

1、ボウルにひき肉・牛乳・パン粉・焼肉のタレ・塩・こしょうを入れ、手で粘り毛が出るまでよくこねる。 2、1のタネを4等分に分け、1. 5cmほどの厚さに成形する。 3、フライパンにオリーブオイルをひいて熱し、2を入れて弱火~中火で焼く。 焼き目がついたらひっくり返し、小麦粉を加えて焼き汁と混ぜる。 赤ワインを加えて沸騰させ、赤ワインが半分くらい煮詰まったら、鶏のだし汁の素・トマトペースト・ウスターソース・ベーコンを加える。 4、蓋をして、ハンバーグの中まで火が通るまで3分ほど蒸し焼きにする。 あとは器に盛り付ければ出来上がり。 画像とともに作り方を詳しくご説明していきますね。 ハンバーグ本体の食材の少なさに比べ、ソース用の材料が多めです。 赤ワイン300㏄はかなりの量ですね(笑) 【工程1】 ボウルにひき肉(牛7:豚3が理想)・牛乳・パン粉・焼肉のタレ・塩・こしょうを入れて、粘り毛が出るまでしっかりこねます。 通常ハンバーグにはコクや甘味を出す玉ねぎを入れますが、引き算レシピでは 焼肉のタレで代用します。 焼肉のタレにはニンニク・醤油・甘味など様々なものが既に入っているため、みじん切りにした玉ねぎを使わなくても良いんですね!今回私は、冷蔵庫に眠っていたエバラ焼肉のタレ中辛を使用しました。 また、通常は卵も使用しますが引き算レシピでは使いません。 卵はハンバーグの生地を柔らかくしてくれる役割があるのですが、 牛乳を通常より多めに加えることで代用します。 ここでポイント。 お肉が白っぽく粘りが出るまで しっかりこねます(3分ほど)。 よくこねておくことで、空気を抜かなくても焼いた時のヒビ割れ(型崩れ)を防ぐことができます。 【工程2】 こねたタネを4等分に分け、1. 5cmほどの厚さに成形します。 こんな感じにまとまりました。 タネはもちもちふわふわしています。 【工程3】 フライパンにオリーブオイルをひいて熱し、成形したハンバーグのタネを入れて弱火~中火で焼きます。 焼き目がついたらひっくり返し、ハンバーグを端に寄せて小麦粉を加えます。 ハンバーグから肉汁が出てきているので、その肉汁と小麦粉を混ぜ合わせます。 ハンバーグが焦げないように注意しながら数秒炒める程度でOKです。 【工程4】 赤ワインをたっぷり加え、沸騰させて半分くらい煮詰まるまで待ちます。 赤ワインは安い物でもなんでもOKです。 トマトペーストが我が家にはなかったので、ケチャップを使って代用しました。 トマトペーストの代わりにトマト缶を使ってもみたのですが、ケチャップのほうがやや美味しくできましたのでオススメです。 あとは蓋をして、ハンバーグの中まで火が通るまで3分ほど蒸し焼きにします。 レシピを信じて蓋をして待つこと3分、ソースの色が変わってツヤツヤになりましたよ!ハンバーグは、菜箸で軽く押してみて透明の肉汁が出たら火が通っている証拠です(竹串で刺すと旨味も流れ出てしまうので)。 ソースは、味を見て塩・こしょうで調えます。 ひと混ぜしてもう一度味見してみると・・・完璧!完成です。 作ってみた感想 ハンバーグの玉ねぎといえば、「面倒くさい」「みじん切りで目にしみる」「手が臭くなる」「飴色に炒めて冷ますのが時間がかかる」の4重苦。 この作業が省けただけでだいぶ楽チンでした。 しかも本当に15分で出来ちゃいましたよ。 ソースの食材が多くて少し面倒くさく思えますが、工程自体は簡単で納得の味に仕上がります。 食べてみると、あまりの美味しさに感動しました!玉ねぎを省くと味も引き算になるのではと半信半疑だったのですが、全くそんなことはなく、むしろほぼお肉のみのハンバーグになるのでジューシーで肉感が半端無かったです。 最も感動的だったのはソースのクオリティの高さ、もうプロの味です!!ソースに入れたベーコンが良い仕事をしていて味に深みと奥行きをもたらしてくれています。 ワインがたっぷり入っているのでコクもすごいですし、ハンバーグを食べ終わった後は、残ったソースをご飯にかけて食べたい、いや保存して何かに使いたい・・・などと考えてしまうほどの美味しさでした。 お肉たっぷりで贅沢感のあるこのハンバーグは普段の夕飯に出すにはもったいないくらいで、お祝いや記念日の特別な日のディナーの主役にしたいレシピだと思いました。 当サイト「オーサムスタイル」では、話題のレシピを実際に作った レビュー記事や、 プロのレシピ記事をたくさんまとめております。 宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。 オススメ まとめ 今回は引き算クッキングのハンバーグレシピをご紹介しました。 料理は調理工程が多くなるほど作るハードルが高くなりますよね。 私はズボラ主婦なので「あ、面倒そうだな」と思ったらすぐパスしてしまいます(笑)実際に作ったレシピのレビュー記事も書いていますが、どれも簡単なものばかりをチョイスしています。

次の