まぶた の 上 に でき もの。 まぶたのふち、目のふちのできもの|日本医療協会

まぶたの「できもの」脂肪のような塊の正体と対処方法

まぶた の 上 に でき もの

できものの色は?(赤・白・黄色・茶黒) まぶたのできものの原因について考える時に、そのできものの色によって分けるのが一般的です。 できものが赤い できものが赤い場合には 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や 霰粒腫(さんりゅうしゅ)といったものが考えられます。 2つとも「ものもらい」と呼ばれ、簡単な見分け方は下のような感じ。 白い場合には膿を持っている。 できものが肌色~黄いろ できものが肌色、あるいは黄色である場合には 汗管腫(かんかんしゅ)、眼瞼黄色腫(まぶたおうしょくしゅ)、皮様嚢腫(ひようのうしゅ)といった原因が考えられますね。 できものが茶色 また、できものが茶色・黒色の場合には 「ほくろ・脂漏性角化症(良性腫瘍)」と 「がん(悪性腫瘍)」のふたつの可能性があります。 それでは、それぞれについて詳しく見て行ってみましょう! 1、麦粒腫(ばくりゅうしゅ) まぶたのできもので一番多いのが 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)です。 まぶたにぼつっとした赤い小さいできものが特徴で、まぶたやそのまわりにある腺(汗腺や脂腺)に細菌が入ることが原因でできてしまいます。 画像は(新しいタブで開きます、札幌医科大学のサイトより。 以下同) 症状は? 症状の特徴は下のような感じ。 赤い、あるいは膿をもって白い• 痛い(まばたきで痛むことも)• かゆい• 充血 初めは軽く痛んだりかゆいだけでも、徐々に 瞬きをするだけで痛んだり、できものの周りが腫れたり。 そのほか、目の充血やごろごろ感を感じることもあります。 白いぽつっとしたものが見える場合には、できものが膿を持っているということです。 治療について 化膿が進むと、できものが自然に潰れ、腫れやできものが消えます。 なので、 放っておくと自然に治っていたという事が多いです。 そのほか、自分で針で刺して膿を取り除くという方法もありますが、まぶたの近くなので危なく、炎症が広がる恐れもあるので、あまりおすすめはしません。 病院に行くと、 抗生物質の点眼薬が処方されるのがほとんど。 症状がひどくない場合には数日で治ってしまうでしょう。 腫れがひどかったり、できものが痛んだりという場合に塗り薬や内服薬をもらえる事もあります。 ということで対処法としては• 化膿して膿がでることでできものが治るまでまつ• 病院に行き、点眼薬などで治す の2つがあります。 早めに対処する事で症状の悪化が防げるので、個人的にはできものを病院で診てもらうのがおすすめですよ。 気になるかと思いますが、こすったりさわったりしないよう気をつけましょう。 参考: 2、霰粒腫(さんりゅうしゅ) まぶたのできもので麦粒腫の次に多いのが 霰粒腫(さんりゅうしゅ)というものです。 画像は(新しいタブで開きます) 原因は? できものができる原因は、まぶたの脂腺にあぶらがたまること。 で、このたまったあぶらのしこりに細菌が感染するが原因で炎症を起こし、できものが痛くなったり、赤く腫れたりします。 症状は? しこりは小さく丸く、 さわるとくりくりと動くなどの特徴があります。 しこりに炎症が起きると、 まぶたが赤く腫れたり、痛くなったりします。 また、まばたきをすると違和感があるだけではなく、外見的に非常にできものが目立って見えます。 治療は? 病院に行くとまず、炎症を起こしている場合には抗生物質の目薬が処方されます。 そのほか、できものが大きい場合には直接「副腎皮質ステロイド薬」というものを注射したり、局所麻酔をしてたまったあぶらを出す手術をすることになります。 どちらもそう難しい手術ではないので心配する必要はないでしょう。 対処法 個人で出来る対処法としては、 できものに毎日何回か温湿布をあてるというものもあります。 しこりが小さい場合にはこれだけで数週間で治る事もあります。 できものが大きい場合には病院での対処と並行しておこなうことで、治りが早くなるでしょう。 参考: 3、汗管腫(かんかんしゅ) 「汗管腫(かんかんしゅ)」は下の3つの特徴があります。 まぶたのできものが1mm~5mmの小さなぶつぶつ• できものの色が肌色に近い• 思春期以降の女性に多い 汗管腫は良性のできものなので、 特に治療する必要はありません。 ただ、女性は化粧をする時などに気になるでしょう。 病院に行くと取り除いてもらう事ができます。 治療について 数が多くない場合にはひとつずつ表面を削ります。 数が多かったり、大きい場合には「切除」というかたちになるでしょう。 個人でできる対処法というのはありませんが、汗管腫だとしたら、そこまで不安になる必要もないでしょう。 4、眼瞼黄色腫(まぶたおうしょくしゅ) 眼瞼黄色腫(まぶたおうしょくしゅ)の場合には下のような特徴があります。 まぶたのできものが平ら・黄色っぽい• 痛くもかゆくもない• 結構目立つ 画像は。 原因は? 原因は血液中の脂質が皮膚にもれ、脂肪が細胞化してしまうこと。 なので、高脂血症(高コレステロール血症)や中年以降に多いとされています。 対処法は? 一応、 良性腫瘍ですが、見た目的に非常に目立ってしまいます。 また、心筋梗塞などほかの病気が併発している場合もあるため、個人での対処法というより、病院に行く事をおすすめします。 病院では通常、検査のあと、局所麻酔をして摘出手術をおこないます。 5、皮様嚢腫(ひようのうしゅ) 皮様嚢腫(ひようのうしゅ)は 幼児に多い、まぶたの上のほうのぼこっとしたできものを言います。 生まれる前に皮膚が奥にめり込んでしまうなどの原因がいわれていますが、なぜかははっきりしません。 放っておくと袋が大きくなり眼球を圧迫する事もあるため、2歳までに切除するのが通常です。 全身麻酔で手術を行う事が多いです。 画像は。 できものが茶色~黒色の場合 まぶたのできものが茶色から黒といった暗い色の場合にも「ほくろ・脂漏性角化症( 良性腫瘍)」の場合と「がん( 悪性腫瘍)」である場合のふたつが考えられます。 見分け方は? まぶたにある黒や茶色のできものが良性か悪性かは医者でも簡単に見分けるのは難しいものです。 目安としては、 できものの表面が「つるっ」としているか(良性)、それともいぼいぼとしているか(悪性)。 また、良性のできものはかたちが 楕円形なのに対し、悪性の場合には かたちがいびつな事が多いそうです。 そのほか、 悪性腫瘍は数週間のあいだに急激に大きくなったり、数が増えたりします。 なので、昔からあるほくろやできものなら良性である可能性が高いでしょう。 参考: どうすればいい? まぶたの茶色や黒のできものが気になる場合にはまずは病院で診てもらうのが良いでしょう。 脂漏性角化症などの加齢による良性のできものかもしれませんし、悪性だとしても、早い発見で何事もなく治療できる事も少なくありません。 個人での判断や対処法よりは、医者に診てもらった方が確かですし、安心できます。 何科に行く? まぶたのできものの場合には、皮膚科に行くべきか眼科に行くべきか迷うかもしれません。 どちらでも診てもらえるのですが、よりしっかりした診断なら 「眼科」の方が良いでしょう。 まぶたのできものは眼に関する場合の方が多いですし、手術や切除をするとなると当然、眼科の担当分野になります。 ただ、近くにそう言った専門科がない場合には内科でも大丈夫です。 おわりに まぶたのできものについて特徴別に見てきました。 ただ、当然ここに載せきれなかったものもあります。 できものが赤くても悪性腫瘍の場合もありますし、乳頭腫などほかにもいろいろな原因が考えられます。 まぶたにできものができて気になる場合には、ここに書いた事は参考程度にとどめておいて、個人で対処するよりもまずは病院で診てもらうようにしてくださいね。 症例の画像については下のサイトからお借りしています! (まぶたの腫瘍 できもの ).

次の

27.まぶたの病気とQOL|目と健康シリーズ|三和化学研究所

まぶた の 上 に でき もの

組織 [ ] 、等のにより構成される。 外側(表面)はであり、その動物のの他の部分と同様にが生えていたりする。 周囲の部位 [ ]• 目を開けた時にできる、上眼瞼とその上との境の皺を 前頭眼瞼溝(ぜんとうがんけんこう)(ラテン語:Sulcus frontopalpebralis)と呼ぶ。 日本人では白人と比較するとこの溝が浅い。 下眼瞼と頬の間の皺を 瞼頬溝(けんきょうこう)(ラテン語:Sulcus Palpebromalaris)(英語:nasojugal groove)と呼ぶ。 「ライン」「ゴルゴ線」「鼻頬溝」「眼頬溝」「mid cheek line」と呼ばれることもあるが、いずれも正しい解剖学用語ではない。 機能 [ ] 通常は、目を開けているときも上下のまぶたの間隔は眼球の径より狭く、向きが動く眼球も頭に位置を保持している。 人為的にされたは衝撃等で眼球がまぶたよりも外に露出し易い。 また、まぶたを眼球より大きく開き眼球の半分以上を露出させる事をとしている人もいる。 まぶたの開閉 上下のまぶたのうち、片方が主に動き、筋肉によって伸縮して、開閉したり開いている幅を調節したりする。 では上まぶたが開閉する。 目を開けるといえば上下のまぶたを離して開ける事であり、目を瞑る(つぶる、つむる)といえば上下のまぶたを着けて閉じる事であり、上下のまぶたの間を少しだけ離して開ける事を「目を細める」等という。 また、目を開けていて、まぶたを閉じて直ぐ再度開く事を、(まばたき)という。 に開閉したり、に閉じられたり瞬きしたりする。 役割 [ ] 眼球の保護 物体や刺激等から眼球を保護しようと、あるいは随意に閉じて眼球を覆う。 視界が遮られる。 眠っているときは通常閉じるが、完全に閉じない人もいて、「薄目を開けて寝ている」等といわれる。 また、陸上では、瞬き等で無意識あるいは随意に閉じる事により、眼球の表面にを供給して湿潤を保つと共に、のように眼球表面の塵埃を除去する。 眼球が乾燥するは、眼球が傷む。 光量の調節 の補助的に、に入るを調節する。 非常に明るく瞳孔を収縮しても眩しい時や、急に明るくなった時にのように瞳孔の収縮が遅い動物は、目を細める。 また、のと同じく、目も開口が小さい程が合い易い為、の悪い人は目を細める事がある。 モザイクの映像を目を細めて見ると、修正前の映像が見えるというがある。 コミュニケーションの手段 手段になっている。 など種によっては、等のの一部である。 威嚇では通常大きく見開くが、人では寧ろやや細めて「睨む」、「眼を付ける」等という。 人では、簡単な合図に閉じたり、他のの機能が障害された重度のコミュニケーションに使われたりする。 視界の遮断 人では、視界を遮る為に閉じる事がある。 恐怖や嫌悪の対象を見ないようにする為や、思考に集中する為にで最もの多い視覚を遮断する場合などである。 哺乳類のまぶた [ ] まぶたの縁に、が生えている。 上まぶたが開閉する。 まつ毛に何かが触れると、により目を瞑る。 ヒトのまぶた [ ] 人種分類別の特徴 [ ] 東洋人の瞼 を含むモンゴロイドは目頭が で覆われている者が多く、目が小さく見える傾向にある。 これは寒冷地に適応したのをにもっているためである。 特に一重まぶたは、モンゴロイドのみにみられる。 欧米においては「アーモンド・アイ」と呼ばれる目(まぶた)の形が美しいとされる傾向がある。 北東アジア人は、基本的にアーモンド・アイなので、日本語にアーモンド・アイに相当する言葉がなく説明が難しいが、端的には目の両端が細くなっている目の形のことである。 一重まぶたなどはアーモンド・アイの典型例の一つであり、北東アジア人自身が思うようにマイナス要素とは見做されていない傾向がある。 ただし、つり目は東洋人のわかりやすい特徴であるだけに、時として揶揄の対象にもなる。 暑いアフリカ大陸が出自であるため、大きなぱっちりとした目をしている者が多い。 上瞼の横ひだ [ ] 上まぶたのまつ毛の少し上に、溝があって開けた時に折り畳まれて二重になるまぶたを 二重まぶた(ふたえまぶた)といい、溝の狭いまぶたを 一重まぶた(ひとえまぶた)という。 二重まぶたで、まつ毛と溝の間の幅が狭く溝が隠れてわかりにくいまぶたを、俗に 奥二重(おくぶたえ)と呼ぶ。 にである。 一重まぶたは、にの中で、二重の溝が尾側に移動して生じたとされる。 これは、二重では寒冷地で凍結した際にまぶたがくっついて動かなくなるのを防ぐために環境適応したものである。 完全に下まで移動したものを一重といい、幅が狭いが若干上の方にあるものを奥二重という。 まぶたが一時的に三重以上のようになったり、一重まぶたが二重の状態になったり、逆に二重まぶたが一重まぶたの状態になる事もある。 的に自然に一重まぶたが二重まぶたになる事もあり、高齢になるほど一重まぶたの比率は減少する。 左右で異なる人もいる。 容姿への影響 [ ] まぶたの形は目の外見を大きく左右する。 はヒトを視認するとき目(まぶた)の形に注目することが多いため、的に重要な部位とされ、が施されることが多い。 目(まぶた)はヒトがヒトを見分けるときに重要な部位なのでなどで隠すとを判別し辛くなる。 美容整形 二重まぶたのほうが目がぱっちりと見えるため魅力的だと考え、一重まぶたをやで二重まぶたに変える者がいる。 ただし、一重まぶたが加齢により二重へ自然に変化することがあるため、後天的に二重へ変化した人でも手術やアイプチを行っているとは断定できない。また、二重でも目の開きが少ない者もおり、目頭切開手術をあわせて行うこともある。 その他 [ ] まぶたの筋肉が衰え、まぶたが伸縮しづらくなると、目を開けるのにを動かしてまぶたを持ち上げるためにも動き、額への皺が形成される。 片目は開けたまま、もう片方のまぶただけ瞬きする事をというが、幼児には難しいことから、この行為はの発育の目安の一つとされる。 まぶたの病気 [ ]• 瞬膜 [ ].

次の

27.まぶたの病気とQOL|目と健康シリーズ|三和化学研究所

まぶた の 上 に でき もの

マイボーム 腺梗塞 ( せんこうそく ) まぶたのふちの小さな白いできものはマイボーム腺梗塞です。 まぶたの中にはマイボーム腺という、涙を構成する成分の一つである油(脂質)を分泌する腺が数十個並んでいます。 このマイボーム腺の管はまぶたのふち、まつ毛の付け根の内側に開口しています。 通常マイボーム腺梗塞は無症状ですが、大きなものでは異物感を生じることがあります。 またマイボーム腺梗塞があると麦粒腫や霰粒腫ができやすくなったり、マイボーム腺から分泌される脂質が減ることでドライアイになったりします。 1.原因 マイボーム腺の分泌物である脂質が固まり、マイボーム腺が詰まることで生じます。 マイボーム腺の脂質や角化物が固まると白色や透明の固形物となります。 開口部にこの固まりが出来ると、まぶたのふちに白いぷちっとしたものが見られるようになります。 2.治療 マイボーム腺梗塞が飛び出して異物感がある場合や、見た目が気になる場合は、これを除去します。 まぶたのふちを圧迫して固まりを押し出しますが、なかなか出てこない場合は切開して摘出することもあります。 まぶたを蒸しタオルで温めてマッサージをしたり、まぶたのふちをきれいに洗浄したりすることも大切です。 毎日続けて行うことでマイボーム腺の詰まりをとり、マイボーム腺梗塞をある程度予防することができます。 油っぽい食事や、アイメイクがマイボーム腺梗塞の原因になることもあるといわれているので注意しましょう。 麦粒腫 ( ばくりゅうしゅ ) 麦粒腫は、俗に「ものもらい」、「めばちこ」、「めぼ」、「めいぼ」などと呼ばれるものです。 まぶたのふちの一部が赤く腫れ、痛みを感じます。 炎症が強いとまぶたが大きく腫れたり、白目が充血したりすることもあります。 進行すると中に膿が貯まりますが、ほとんどの場合は自然に潰れて膿が出たのち、時間をかけて治っていきます。 ただし、まれに感染が周りに広がり 眼瞼膿瘍 ( がんけんのうよう )や 眼窩蜂窩織炎 ( がんかほうかしきえん )という重篤な状態になることもあるので、麦粒腫ができたら早めに眼科を受診しましょう。 1.原因 まぶたに存在する腺に細菌が感染することで起こります。 皮脂腺(Zeis腺)や汗腺(Moll腺)にできたものを外麦粒腫、マイボーム腺にできたものを内麦粒腫といいます。 原因菌の大部分は、まぶたの常在菌である黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌です。 2.治療 細菌感染が原因なので、基本的には抗生剤で治療します。 点眼や軟膏の塗布、内服が行われます。 膿が貯まっている場合は、針で刺したり切開したりして排膿すると、治りが早くなることもあります。 霰粒腫 ( さんりゅうしゅ ) 霰粒腫は麦粒腫と同様に、まぶたにある腺の炎症によりまぶたが腫れる病気です。 麦粒腫が細菌感染による急性 化膿性 ( かのうせい )炎症であるのに対し、霰粒腫は非感染性の慢性 肉芽腫性 ( にくげしゅせい )炎症といわれています。 典型的なものではまぶたにしこりが出来て、押しても痛みはありません。 ただし、霰粒腫でも感染を合併すると急性霰粒腫や化膿性霰粒腫と呼ばれ、赤く腫れて痛みを生じる場合もあります。 霰粒腫は放置するとしこりとなって残ることがあるので、早めに眼科を受診しましょう。 1.原因 まぶたにあるマイボーム腺が詰まり、貯留した分泌物が変性し、炎症反応を起こした結果として生じます。 マイボーム腺とは、まぶたの中に数十個並んでいる油を分泌する腺で、まぶたのふちに開口しています。 鏡で自分のまぶたのふちをよく見てみてください。 うっすらと丸いものが見えると思います。 2.治療 霰粒腫の治療には一般的にステロイド点眼や軟膏が使われます。 ステロイドの注射が行われることもあります。 化膿していれば抗生剤を投与します。 それでもなかなか治らない場合や、繰り返し霰粒腫ができる場合は、手術で霰粒腫の摘出を行います。 まぶたの皮膚を切開することもあれば、まぶたの裏を切開することもあります。 いずれも貯留した組織をすべて摘出します。 中年以降に繰り返しできるものは悪性腫瘍の可能性もあるので注意が必要です。 摘出したものを病理検査に提出し診断します。 まぶたのふちにできる 腫瘍 ( しゅよう ) まぶたのふちに腫瘍ができることもあります。 腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。 良性腫瘍には 母斑 ( ぼはん )や 脂漏性角化症 ( しろうせいかくかしょう )、脂腺腺腫、乳頭腫などがあり、悪性腫瘍には基底細胞癌、扁平上皮癌、脂腺癌などがあります。 脂腺癌は霰粒腫との鑑別が重要です。 脂腺癌 脂腺癌は脂腺(マイボーム腺、Zeis腺)から発生する悪性の腫瘍です。 初期の段階では霰粒腫と見分けがつかないことがあり、霰粒腫の再発と診断されて何度か切開や摘出手術を施行されていることもあります。 霰粒腫と比べ、脂腺癌は高齢者に多く、黄色や黄白色で、霰粒腫よりも固いといった違いがあります。 そのため中年以降の霰粒腫の手術では、念のため摘出したものを病理検査に提出する必要があります。 のお話です。

次の