チョコ ムース 生 クリーム。 ムースケーキの人気レシピ!簡単プロの味の作り方やアレンジも紹介!

ムースケーキの人気レシピ!簡単プロの味の作り方やアレンジも紹介!

チョコ ムース 生 クリーム

数字が低いほうがあっさり、高い方がコクがあるというのはなんとなく知っている方も多いと思うのですが、他にはどのような違いがあるのでしょうか。 お菓子作りをするときにはどのパーセンテージのものを選べばよいのでしょうか。 比較してその違いをみていきたいと思います。 パーセンテージは何をあらわしているの? 生クリームのパーセンテージの数字は乳脂肪分の量をあらわしています。 生クリームは牛乳を遠心分離して水分を減らし、乳脂肪分を高めて作られています。 乳脂肪分が高い物に比べると泡立つのが遅いです。 濃厚でコクのある味わいです。 泡立つ時間の差 乳脂肪分が高い方が泡立つ時間が早いということだけれども、どのくらいの差があるのでしょうか。 (どれも100ccの生クリームに7gの砂糖を入れて氷水につけて泡立てています) まずハンドミキサー低速で1分半泡立てた結果です。 選び方 では、実際にお菓子を作るときにどの脂肪分の生クリームを使えばいいのでしょうか? レシピ通りのものを使う レシピにパーセンテージが記載されている場合は、そのパーセンテージのものを使用すれば良いでしょう。 近いパーセンテージのものを選べば良いと思います。 これは、好みによるのでどっちが絶対にむいているとはいいきれないところです。 チーズケーキやガトーショコラもやはり好みかなと思います。 こればかりはコツをつかまなければという感じです。 35%生クリームで失敗する原因は以下の点が考えられます。 ・きちんとホイップができていなかった(8分立てできたつもりでもきちんと見極められていなかった) ・ナッペや絞りに時間がかかってしまう(その間にダレてきてしまうう) ・室温が高い まとめ 知っているようで知らなかった生クリームのパーセンテージによる違い。 ぜひ参考にして下さいね!.

次の

生クリームのパーセンテージについて

チョコ ムース 生 クリーム

コメントで教えて頂いた方ありがとうございました。 また、試されて焦げた方がいらしたみたいで大変申し訳ありませんでした。 以降の動画はそういったミスを防げるようにしていきます。 大変失礼いたしました。 今年の目標 1. Ch登録者数1万人 2. キッチンカー購入 3. で旅をする その後は想像を掻き立ててください。 笑 4. YouTube月・火・木・金・土更新 目標達成できるように頑張ります。 の模様はYouTubeで公開予定です。

次の

生チョコは生クリームなしの牛乳で代用できる?その違いや比率は?

チョコ ムース 生 クリーム

生チョコは生クリームなしの牛乳を使ってできる? 結論から言うと、生チョコは生クリームがなくても、 牛乳を使って作れます。 ただ、生クリームの代用で牛乳を使う場合、 注意しないといけない点がいくつかありますので、そこは必ずおさえておきましょう。 お菓子、特にチョコレート菓子は自己流でやっちゃうと 盛大に失敗する可能性がありますので・・。 ちなみに 生クリームと牛乳、それぞれで作った 生チョコの味の違いはこちらの記事に書いています。 関連記事 生チョコや、チョコ作りが上手くいかないときの対処法、失敗したときのリメイクレシピなどを載せています。 他にも、生チョコやバレンタインについての記事をたくさんまとめています。 生チョコを生クリームなしの牛乳で代用する場合の注意点はココ! 生チョコのレシピの 生クリームの分量をそのまま牛乳に置き換えない ことです。 どういうことかというと、 よくある生チョコレシピの材料や分量は、 ・板チョコ 4枚 ・ 牛乳 100cc とやると、 確実に失敗します。 牛乳を使う場合は、生クリームよりも 牛乳の量を大幅に減らします。 生クリームの代わりに牛乳をそのまま置き換えてはダメなの? どうしてかというと、 牛乳と生クリームの特徴の違いがあるために 牛乳の分量を少なくしないといけないのですが、 まずは、 「牛乳で置き換えた生チョコのレシピ」をお伝えして、 それから、「牛乳と生クリームの違い」を説明し、 その違いから「どうして生クリームと牛乳とでは使う量が違ってくるのか?」について解説していきますね。 スポンサーリンク 生チョコを牛乳で代用するときのレシピ 山本ゆりさんののレシピを アレンジしたものです。 山本ゆりさんの、このレシピ、くちどけ柔らかでとーーーってもおいしいのですが、生チョコにすると、ちょっと切りにくく崩れやすかったりもするので、扱いやすくするため、やや固めにしています。 (ちなみに写真に写っている容器は茶碗です 笑。 レンジを出した直後、「まだ チョコの形が残っていてドロッと溶けてないけど!」という状態でOKです (逆にこの時点でドロドロになっていたら加熱しすぎの可能性があります。 ) 中の牛乳が熱いため、混ぜているうちにチョコが溶けていきます。 ゴムベラでグルグル混ぜていきましょう。 だんだん混ざっていきます。 (補足) 牛乳だと生クリームを使った時よりもコクが出ないので、バターあるいはマーガリンを入れると、 コク不足を補うことができます。 おすすめは 無塩バター(普通のバターは有塩バターといいます。 こちらだとちょっとくどくなるといわれているのでお菓子作りには無塩バターがおすすめされることが多い)ですが、なければ普通のバターやマーガリンを入れてもじゅうぶんおいしいです。 スポンサーリンク 生チョコで生クリームと牛乳を使うときの違い 生クリームと牛乳とで使う量が全然違うのはなぜ? これは、生クリームと牛乳とで、 乳脂肪分の割合が全然違うからです。 10倍以上の違いがあります。 (生クリームのほうが乳脂肪分の割合が多い) そのため、乳脂肪分の少ない牛乳を使うと、まず 味が水っぽくコクが出なくなるのですが、 それ以上に、 「生チョコが固まらない」という問題が発生します。 生チョコが固まらないのはなぜ? これは、牛乳のほうが 乳脂肪分が少ない分、水分量が多いことが特徴のためです。 チョコレートは水分が苦手で、 水と混ざると分離してしまいます。 (分離とはチョコが油とかたまりとに別れてしまうこと) 生クリームなら上手くチョコと混ざるところが、 同じ分量の牛乳を使うと水分量が多すぎるために、チョコが分離してしまい、 ドロドロしたりザラザラしてしまう、うまく固まらない、味もおいしくない・・という、 せっかく作ったのに切ない状態になってしまいます。 これを防ぐために、 牛乳自体の量を減らして、水分量を減らすという対策をします。 その結果が、上のレシピの牛乳の分量になるんですね。 関連記事 生チョコが固まらない 原因を、他にもいろいろあげ、 対処法を書いています。 気になる方はこちらもどうぞ。 生チョコで牛乳の比率はどのくらいがいい? おさらいになりますが、生チョコレシピで、 生クリームを使ったときと、牛乳を使った時の 分量の違いを比較してみます。 生チョコレシピ 生クリームを使った場合で、チョコと生クリームの分量 ・生チョコは牛乳で代用できますが、 ・生クリームと牛乳とでは、乳脂肪分の割合が違うため、 ・チョコの分離を防ぐ目的で、牛乳の分量を減らしましょう というまとめになります。 しっかり理解して失敗を防ぎましょう。 牛乳と生クリームの味の違いについて書いています。 参考記事 もし、この記事の通りにやっても、 チョコが固まらなかった場合、こちらの記事も参考になりますよ。 チョコと牛乳の比率だけでなく、 チョコの種類によっても、固まらなかったり・・ということもあります。 対処法についてはこちらです。 関連記事 手作りチョコのコツや、失敗したときの対処法についての記事をまとめています。 生チョコ系が多いです。

次の